発表会 2018年

<2018年2月4日>

 今年もギター教室の発表会がやってきました。

d0264892_082599.png


 個人レッスンのため、他の生徒さんみなさんに会えるのは、年末の忘年会と、この新年会を兼ねた発表会です。

 新規のメンバーで、始めてまだほんの三ヶ月、という方から、 
 もう長い方まで、
 都合で参加できない方も数名おられますが、
 ほとんどみなさん揃いました。

 みなさんの演奏を聞くのも、
 自分が演奏するのも、
 ドキドキしつつ、ワクワクしつつ、
 とても楽しみです。

 私は今年もソロで アルハンブラ を弾きます。
 昨年、爪がひどくて音にならず、志願の再挑戦です。

d0264892_0244482.jpg


 今の先生について5年くらいでしょうか。
 初参加のときから、なんとなく恒例になってしまった先生とのデュエット、今年もやります。
 「かあさんの歌」 と 「踊り明かそう」 の2曲です。

<「かあさんの歌」>
 
d0264892_0294458.jpg

私は上のパートです。
歌はよく知られていますし、単独で自分のパートを弾くのはそう難しいものではないのですが・・・
合わせるとなると、これが難しい・・・

一番のポイントはここ!
真ん中のページの最終段の2小節から、右のページの一番上の段の2小節に続くところです。
d0264892_0372915.jpgd0264892_0375538.jpg

主旋律は下のパートに移っていて、私は3連符でオブリガートのように伴奏するのですが、
主旋律と3連符はリズムがずれるので、主旋律に引っ張られると、たちまち合わないのです。
単独で弾くとなんの問題もないのですけど・・・
ほかの部分にもあるのですが、この部分は3連符部分が長いので特に苦戦しました。

もっとも、元々ずれているので、本当にずれても目立たず、気付かれにくいのが救いです。
実際、本番でずれましたが・・・
小節の頭で合わせて、なんとか・・・

<「踊り明かそう」>

d0264892_1851100.jpg

こちらも私は上のパート。 旋律です。
伴奏の先生は楽譜にとらわれず、自由にアレンジなさいます。
私の旋律は見たとおりに弾きやすいのですが、音を外すとごまかしが利かず、すぐわかってしまいます。
曲もよーく知られているので、かえって緊張します。

こちらのポイントはここ。
d0264892_116136.jpg ドの音の横に4とあるのは、左手の小指のことです。
 弦を押さえる左手の指は人差し指を 1の指、中指を 2の指、 薬指を3の指、小指を 4の指、と呼びます。

 人差し指で押さえているソの音から、 小指でドの音を押さえるときに失敗しやすくて、
 これを外すと、のっけからこけてしまうので、
 一番緊張する音です。

いやあ、なんとかまとまりました。

 アルハンブラ は、もちろん素人の域を出るほどの腕前ではありませんが、今弾ける最善の演奏の8割くらいのできだったと思います。
 長く悩んでいた爪と音も、良くなってきた実感がありました。
 
 私の目標は、80歳になっても アルハンブラ を弾けていること
 忘れないように、発表会が終わっても練習していようと思います。

 みなさんいっしょうけんめいで、それぞれに最善を尽くして楽しかったです。
 11番の「エルチョクロ」は、12番を弾かれた生徒さんと、そのご主人のフルートとのデュエットでした。
 ご主人は生徒さんではありませんが、特別参加です。

 このあとは新年会をかねての食事会。
 今回は立食の趣向でしたので、写真は写していられませんでした。

 お料理はいつものスペイン料理。
 アヒージョも、サラダも、カルパッチョも、オムレツも、
 ペペロンチーノのパスタや、3種類のパエリアも、
 カールスバーグのビールとワインをお供に
 どれも美味しくお腹一杯いただきました。
 
 さて、来年は何を弾きましょう?

 緊張しますし、練習通りにいきませんし、なにやってるんだろう、と自分で自分にあきれますし、
 指も震えて、心臓もおどりますが、
 発表会の緊張感はどうして癖になります。


  
# by spring-ephemeral | 2018-02-10 02:02 | コンサート・ギター | Trackback | Comments(8)