カテゴリ:おでかけ( 254 )

帰りのお昼は宿のお弁当 2018年11月

<2018年11月25日>

d0264892_23034135.jpg
 帰る日も良いお天気になりました。
 「夕日ヶ浦温泉」の大きな看板を見ながら帰途につきます。

 178号線から17号線へ。 与謝天橋立ICから宮津道路に乗ります。 実際はもう少し先まで道路は伸びているのですが、ナビに反映されていず、与謝天橋立からになりました。

 
d0264892_23035971.jpg
 動物注意の看板はどの高速でもよく見ますが、こんなに大きな看板は初めて見ました。 鹿の出没がよほど多いのだろうと思います。

d0264892_23050462.jpgd0264892_23044377.jpg
d0264892_23071480.jpgd0264892_23052894.jpg
 初日は雨模様でしたので、こういう景色だったのだと改めて眺めました。 紅葉の雰囲気がまだ残っていました。

 ところで、帰りのお昼をどうしようかとツレアイと話していました。

 旅行先では、たいてい遅めの朝食でたっぷりいただきますので、昼食は簡単に軽めに済ますことがほとんどです。
 一番手っ取り早いのは道の駅ですが、調べたところ、近くにはなく、
 高速も、敦賀までのあいだにあるのはPAのみ。 それもトイレしかない、小さなPAばかりです。
 さて、どうしたものか、と思案していたのですが、
 チェックアウトのとき、宿から「途中で召し上がってください」と、お弁当をいただきました。
 これはありがたい!
 途中のPAで食べることにしました。

d0264892_23363991.jpg
立ち寄ったのは小浜にある 加斗PA です。

d0264892_23080924.jpgd0264892_23073603.jpg





お茶もついています。
d0264892_23075776.jpg
 混ぜご飯の巻き寿司に、焼きたらこ、柴漬け、たくあんなど、彩りよく添えられています。 心遣いが伝わります。 助かりました。

d0264892_23365965.jpg

d0264892_23373343.jpg

d0264892_23375071.jpg
 敦賀の街が見えてきました。 こうして見ると大きな街です。
d0264892_23380426.jpg
 駅前に戻ってきました。 ガソリンスタンドを見つけるのに多少手間取りましたが、概ね順調でした。

 帰りの北陸線は問題なく動いており、新幹線にも時間通りに乗り継ぎができました。

 なお、北陸新幹線は金沢から先に延伸工事が進んでおり、金沢ー敦賀間 は2022年に開業予定とのことです。
 新幹線が敦賀まで延びれば、北近畿がさらに近くなります。
 楽しみです。
      
by spring-ephemeral | 2018-12-10 00:46 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

丹後半島 ~伊根の舟屋群~ 2018年11月

<2018年11月24日>

 天橋立を出て、丹後半島を左回りに一周します。

 海岸沿いを走るときは、海を左に見たほうが眺めが良いことが多いので、
 本当は半島の反対側から右回りに回りたかったのですが、
 いろいろな都合で左回りになってしまいました。
 でも、念願の丹後半島一周ですので楽しみです。

 d0264892_01205073.jpgd0264892_01031046.jpg
 丹後一ノ宮、「元伊勢 籠(もといせ この)神社」を車窓から失礼し、海岸沿いを伊根に向います。

<伊根の舟屋群>

 d0264892_01040559.jpg
天橋立から車で40分。
伊根湾巡り遊覧船」に乗って
舟屋に囲まれた伊根湾を巡ります。 一周30分弱。

12時の出航にぎりぎり間に合って飛び乗りました。
ですので、船の写真は下船後です。
d0264892_01041694.jpgd0264892_01043109.jpg
 天橋立を出るときは晴れていたのですが、雲行きが怪しくなって、ぱらっと雨があたりました。

d0264892_01045109.jpgd0264892_01050656.jpg
 船ではカモメに「かっぱえびせん」の餌やりもできますが、「かっぱえびせん」を買う時間が無かったので見てるだけ。 ただ、カモメはほとんどいなくて、トビが大挙してやってきていました。

d0264892_01052618.jpg
 舟屋群が見えてきました。
 「舟屋」は、1階が直接海に出られる船の格納庫で、2階が住居というつくりの家屋で、この土地独特の構造だそうです。
 その舟屋が230ほども、伊根湾沿いのおよそ5キロにわたって連なっており、
 国の 重要伝統的建造物群保存地区 に指定されています。
 かつては海からしか行く手立てが無かったそうです。

d0264892_01512921.jpg
 湾に沿ってびっしりと立ち並んでいる舟屋の景色は圧巻です。

d0264892_01054374.jpg

d0264892_01060564.jpg

d0264892_01062589.jpg

d0264892_01535845.jpg

d0264892_01542199.jpg

d0264892_01545261.jpg
 崖の上に見える建物は 道の駅 です。 船を降りたら行くつもりです。

<道の駅 舟屋の里 伊根>

 d0264892_01595046.jpgd0264892_02000772.jpg
 昔は無かった道も、今は集落の中を通っています。 狭い道をくねくねと登って、道の駅を目指します。

d0264892_02050654.jpg
 道の駅手前で、駐車場がいっぱいで順番待ちなので一段下の駐車場に停めたほうが良いと案内があり、5分ほどの坂道を歩いて登って道の駅に向いました。 途中、湾が見下ろせます。

d0264892_02002208.jpgd0264892_02003691.jpg
 海上から見えた屋根。 反対側の山の斜面には魚のモニュメント。 これは海からは見えませんでした。

 ここでお昼にするつもりでしたが、2ヶ所ある食堂はどちらも大行列。 1時間並んでもたぶん順番は来ないだろうと判断し、がらがらの軽食コーナーへ。
  写真撮り忘れましたが、食べたラーメンが結構美味しかったです。

 裏手に展望広場があって、伊根湾を一望できます。 

d0264892_02005838.jpg

d0264892_02020900.jpg
 上から見る舟屋群も見事でした。

d0264892_02201573.jpg
 舟屋群ばかりに目をとられていましたが、湾の反対側。 一時ぱらついた雨もどうやら上がる気配です。

d0264892_00504079.jpg
 伊根で少々時間をとったので先を急ぎます。 空が少しずつ明るくなってきました。 海が右手なので、眺めづらいのですが、ときおり視界に広がります。

<蒲入(がまにゅう)展望所>

d0264892_00510621.jpg
 道路沿いに突然ギリシャの神殿のようなモニュメントが現れました。 思わず車を停めて降りてみます。

d0264892_00512174.jpg

d0264892_00513975.jpg
 蒲入(がまにゅう)展望所でした。

d0264892_00515461.jpgd0264892_00521261.jpg
 ここまでで、半島のおよそ半分。 少し忙しくなってきました。

 この少し先に 経ヶ岬灯台 があります。 灯台好きとしては、丹後半島の先端にあるこの灯台を見たかったのですが、駐車場からだいぶ歩くとわかり、割愛。 

d0264892_00523631.jpg
 犬ヶ岬 が見えてきました。 ツレアイが駐車場をあっという間に素通りしてしまい、車窓から見送るだけになってしまいました。

d0264892_00525530.jpg
 見どころを逃さず見て回るには時間が足りませんでした。
 それでも、伊根の舟屋群を見ることができましたし、長年の夢だった丹後半島をひとまわりするドライブができて良かったです。
 次にまた来ることができたら、右周りに海を眺めながら走りたいと思います。

 二日目の宿泊地 夕日ヶ浦温泉 に向います。
       
by spring-ephemeral | 2018-12-04 01:35 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

丹後半島へ ~天橋立まで~ 2018年11月

<2018年11月23日>

 我が家が休みがとれる今年最期の連休に、京都府北部、丹後半島に行きました。

d0264892_13581291.png
 ずっと以前から行ってみたいと思っていたのですが、
 北陸新幹線もなく、高速も通っていないころは、
 日本海側からはもちろん、東海道新幹線利用で京都方面からアプローチしても、
 付け根まで行くのがやっとで、限られた日数で半島をひとまわりするのは不可能でした。

 その後年月が経ち、高速は北陸道から切れ目なしに舞鶴若狭自動車道、さらに京都縦貫自動車道へと繋がって天橋立まで行けるようになりましたし、 北陸新幹線は金沢まで延伸されました。
 特に北陸新幹線の開通は大きかった。 車で4時間かかるところを1時間40分で行けるのですから!

 今回はまず金沢まで北陸新幹線で行き、金沢で在来線に乗り換えて敦賀まで。
 敦賀で車を借りて丹後半島を目指します。

d0264892_00112304.jpg
 新幹線は時刻通り。 長野までは晴れていましたが、飯山まで来ると県境の山は雲に隠れ、早くも冠雪した山裾が雲の下から覗きます。

d0264892_00113367.jpg

d0264892_00114303.jpg
 今回は山側の席だったので、日本海側に出ると、後立山連峰に連なる山々が奥に見えます。 降ったばかりの今期の雪にちょうど日の光があたって、迫力です。

 順調に金沢に着きました。
 在来線の北陸本線のホームに移動します。
 が、トラブル発生

d0264892_00283992.jpg 「特急 しらさぎ」と「特急 サンダーバード」は敦賀まで同じ北陸本線を走りますが、
 その先 近江塩津で二手に分かれ、「しらさぎ」は琵琶湖の東側に進路をとって東海道線を経て名古屋に向かいます。
 一方「サンダーバード」は琵琶湖の西側に向かい、湖西線を経由して大阪へ行きます。

 敦賀までならどちらでも良いのですが、
 金沢での乗り換えが初めてだったので、わずかでも余裕を見て「サンダーバード」を取ってありました。

 ところが、新幹線でも案内があったのですが、湖西線で架線故障があって、折り返して「サンダーバード16号」になるはずの下りの「サンダーバード3号」が遅れているというのです。
 ホームの駅員さんに確かめると、おそらく金沢出発は1時間程度は遅れそうだとのこと。

 1時間というのも定かではないですし、待っている時間がもったいないので、
 同じホームの反対側に停車中の「しらさぎ」に乗っていくことにしました。
 指定席券が無効になってしまいますが、仕方ありません。
 自由席はほとんど満席になっていましたが、運よくふたりとも座ることができました。
 敦賀まで約1時間半です。
 電車は込んでいて、乗り降りにも時間をとるのか、少しずつ遅れて、敦賀到着は最初の予定とほとんど変わりなくなっていました。

d0264892_00120369.jpg
 休日でおまけに雨。 敦賀の駅前は閑散としています。 駅前の食堂でお昼。 作り手も休みなので揚げ物はできないというおばさんが、ひとりで対応している店でした。
 私はきつねそば、ツレアイは肉そばを頼みましたが、これが案外(失礼)美味しかったです。

 車は今回オリックスレンタカーを手配してくれてありました。営業所は駅すぐそばです。 雨脚が強くなりました。

 2つ目のトラブル発生! ナビが中国語しかしゃべらないのです。 スタッフに設定をやり直してもらい、ようやく出発となりました。

d0264892_01410714.jpgd0264892_01415878.jpgd0264892_01413157.jpgd0264892_01421769.jpg
 強い雨が降ったかと思えばぱったりと止み、日ざしがこぼれたと思うとさあっと雨になり・・・
 日本海側のこの時期らしい天気です。
 そろそろ天橋立というころ、青空に雨、天気雨になりました。

d0264892_01563129.jpg
 ツレアイも私も天橋立だけは2度3度来ていて、「またのぞき」も経験済み。
 今回はほとりに宿泊するのみです。(タイミングがずれてワイパーが写ってしまった写真です)

by spring-ephemeral | 2018-11-27 01:59 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

白石蔵王駅で ~白石と真田の物語~ 2018年10月

<2018年10月8日>

d0264892_23403546.jpg
 宿を出て、一路白石蔵王駅に向います。
 フロントデスクに、宿の奥様が折られた折り紙がありました。 季節ごとに変わるそうです。 写真の角度が悪かったのですが、左上は親子のキツネです。

 白石蔵王の駅まで、ガソリンスタンドに寄った時間を含めても40分かかりませんでした。
 
 返却時間も1時間近く早くなったので、レンタカー代が680円ほど割り戻ししてもらえることに。
 今回、駅レンタカーだったのですが、駅レンは割り戻しをしてくれます。 今までも他の駅ですが、2度ほど経験があります。
 駅レンは営業所がたいてい駅の近くにあるので便利です。 白石蔵王は近いも近い、改札を出て、前方すぐ右にありました。 ちなみに、上田は「お城口」を出て右に50歩のところにあります。
 列車と一緒に手配すると乗車券や特急券などが割引になりますが、我が家はふたりとも、もう「じぱんぐ倶楽部」の3割引が使えますので、駅レンのメリットは駅から近いことが一番です。
 ただ、駅レンの場合、ガソリンスタンドに寄れずに距離計算で精算しようとすると割高ですし、使い勝手の点で他のレンタカー会社のほうが良いことがあります。

 結局予定より1時間ほど早く駅に着いたので、新幹線も1本早くしようかとも思ったのですが、
 大宮で乗り継ぐ新幹線との連絡も考慮しなければなりませんし、そのままにしようということになりました。

d0264892_23411382.jpg
 待っている間に、自販機で調達した飲み物と、昨夜宿でもらったパンとで簡単にお昼にします。
 クリームと、ソーセージのデニッシュで、美味しいパンでした。
 
 
d0264892_23415083.jpg
 待合室の椅子に腰掛けながら窓を見て、「あっ」と気付きました。 外の像ではありません。

d0264892_23420683.jpgd0264892_23421739.jpg
 並んだ二つの家紋です。

 旅行の間、頻繁に「片倉小十郎」の名前を見かけました。
 白石城の城主であり、白石温麺も小十郎が推奨したそうです。

 ただ、聞いたことのある名前だというだけでなく、なにか、頭の中に引っかかるものがありました。 それがなんなのか、深くは考えもせずにいたのですが、
 並んだ家紋を見て、たちどころにひっかかっていたことが解けました。

 徳川と豊臣の最終決戦となった大阪夏の陣の決戦前夜、真田丸の真田信繁(幸村)は、我が娘阿梅(おうめ)と息子の大ハを、ひとりの敵方の武将に託します。(そのときの経緯には諸説ありますが)
 その武将こそが伊達正宗の重臣、片倉小十郎でした。

 小十郎は二人を守り通し、やがて阿梅を側室に迎え、大ハは名を変えて片倉の主家である伊達家に仕えさせます。
 徳川は、各大名の正室は人質として江戸屋敷に住まわせるように命じましたので、
 小十郎は、阿梅を正室として江戸に置くことで、その出自が知られるようになるのを危惧し、あえて側室として国元に置いたといわれています。
 大ハの子孫は数代ののち、ようやく晴れて堂々と「真田」を名乗れるようになりました。

d0264892_23455924.jpg
 白石は真田氏の上田と縁のある地でした。
 白石蔵王駅での待ち時間は、仙石武将の信・義・情と、その後の真田の物語に思いを馳せるひとときになりました。

d0264892_23422995.jpg
 予定通りの新幹線で帰宅です。 車窓の蔵王は頂を雲で隠していました。

 短い日数ではありましたが、今回も良い旅になりました。
   
by spring-ephemeral | 2018-11-01 02:45 | おでかけ | Trackback | Comments(6)

七ヶ宿 「滑津大滝」・「やまびこ吊り橋」 2018年10月

<2018年10月7日>

d0264892_01304632.jpgd0264892_01310138.jpg
 鎌先温泉を出て、まず113号線にある「道の駅 七ヶ宿(しちかしゅく)」に向います。

d0264892_01311524.jpgd0264892_01312887.jpg
d0264892_01320268.jpgd0264892_01321658.jpg
 レストランで軽く昼食。 ツレアイは温かい白石温麺、私は冷たい白石温麺。 素麺のように小麦粉でできている麺ですが、油を使わずに作られていて、腰が強く喉越しの良い白石温麺がすっかり気に入っています。 

<滑津大滝(なめつおおたき)>

お昼を済ませ、113号線を山形方面へ数キロ。 「滑津大滝」に行きます。
「るるぶ」のようなガイドブックでもあまり見かけないスポットですが、昨日、鎌先温泉の宿で行くつもりでいることを話すと、地元では知られている人気の場所とのこと。
 俄然期待が膨らみました。

d0264892_01324249.jpg
 「滑津大滝」の入り口には広い駐車場とちょっとした売店があります。 

d0264892_01325931.jpgd0264892_01331270.jpg
門をくぐり、やや長い階段を下りていきます。

d0264892_00123377.jpg
 あ、あれだな。

d0264892_00125886.jpg
 写真愛好家の撮影会か、カメラを据えて熱心に写真を撮っている方々がいました。 長靴をはいて、流れの中にまで入っていますが、岩盤が広く平らで、水量も多くありません。

d0264892_00133299.jpg
 高さ約10メートル、巾約30メートルの豪快な2段の滝です。 脇に階段があって一段目の滝の上まで登れますが、立ち入り禁止でした。

d0264892_00502734.jpg
 遊歩道の下におりて川ぎりぎりまで行ってみました。

d0264892_00150247.jpg
 流れはなめらかで、夏は水遊びもできそうです。

d0264892_00160773.jpg
 駐車場に戻り、売店の脇に展望台があるのに気がつきました。 滝を上から見ることができますが、展望台ができたころより、おそらく木が育ってしまっているのではないかと思います。 

見応えのある良い滝でした。

<やまびこ吊り橋>

 113号線から県道51号線へ、蔵王方面に戻る途中に 「やまびこ吊り橋」があります。
 
d0264892_01121012.jpg
 51号線から案内に従って集落の中の道を進むと、「横川渓谷公園」の駐車場にたどり着きます。
 「やまびこ吊り橋」は駐車場のすぐ脇にありました。

d0264892_01451055.jpgd0264892_01154723.jpg
 長さ120メートル、高さ20メートルの、東北一長い吊り橋です。

d0264892_01161337.jpg

d0264892_01163605.jpg
吊り橋の中央から上流を見ると、正面に蔵王連峰の一座、不忘山(ふぼうざん)を眺めます。 この日は残念ながら山頂は雲に隠れていました。

d0264892_01165188.jpg

d0264892_01171550.jpg
下流側は遠く開けていて、胸がすく景色でした。

d0264892_01173268.jpg
橋の中央は網になっていて、間から真下を見ることができましたが、 怖いほどの高さは感じませんでした。

d0264892_01180688.jpg
 おりしも台風が日本海側を通過しており、風があって吊り橋も少し揺れます。 風にあおられてダム湖の水面から水煙が上がり、岸近くにぱあっと虹が浮かびました。 急いでシャッターを切りましたが・・・

d0264892_01184229.jpg
 付近には遊歩道もあって、ダム湖のほとりまで行けるかと思いましたが、立ち入り禁止になっていました。 
 木の間越しに吊り橋を見ることはできましたが、横からの全景は望めませんでした。
 紅葉が進めば素晴らしい景色になると思います。

 このあと、吊り橋からも歩いて行くことができる「長老湖」に車で立ち寄ろうと思ったのですが、 どうやら道を見逃してしまったようで、通り過ぎてしまいました。
 「やまびこ吊り橋」から良い景色を眺めたのでよしとして、遠刈田の宿に向います。

by spring-ephemeral | 2018-10-23 02:10 | おでかけ | Trackback | Comments(8)

蔵王エコーライン・蔵王ハイラインで蔵王へ  2018年10月

<2018年10月6日>

 宮城県・白石蔵王に行ってきました。

 朝7時前の北陸新幹線で出発して、東北新幹線・白石蔵王駅に着いたのは10時少し前
 白石蔵王は、東京方面から向かうと、仙台のひとつ手前の駅です。
 今まで通過するばかりでしたので、今回初めて降り立ちます。

 さっそくレンタカーで蔵王に向かいます。 今回は駅レンタカーを手配してもらいました。

 蔵王には、ツレアイと、両親と、友人と、はたまた山登りにと、今までに幾度となく訪れていますが、 一度を除いて、全て山形側からのアプローチでした。
 ですので、今回は宮城側からアプローチします。
 
d0264892_00072383.png
 実は、除いた一度というのが、5年前、2013年の、やはり10月、今回と同じ宮城側から行こうとしました。
 ところが、エコーラインは頂上手前数キロメートルから渋滞。 車は遅々として進まず、諦めて途中から引き返してしまいました。
 従って、宮城側から上まで行くのは今回が初めてです。

d0264892_00180226.jpg
 「蔵王大権現」の大鳥居をくぐって、エコーラインへと入っていきます。 この大鳥居、元は朱塗りだったと聞いていますが、すっかり色が褪せてしまっています。

d0264892_23520938.jpg
 ふもとはまだ緑が濃い林です。
  エコーラインに入って、広葉樹林帯の道の途中に 「滝見台」という場所があります。
 三階滝、不動滝、を望むことができるスポットですが、 前回引き返した折に立ち寄ったので、今回は寄りませんでした。

 ※ 滝見台に立ち寄った折の様子はブログに揚げていたと思っていましたが、見当たりません。
   よくよく見返しましたら、ちょうどその頃パソコンが故障して約一ヶ月修理のために手元になく、
   その間ブログもストップしており、当該記事もお蔵入りでした。
   一週間ほどの違いはありますが、同じ10月。
   5年前のものですが、滝見台からの様子を載せておきたいと思います。


<2013年10月13日>

 
「滝見台」からは右手に不動滝、正面に三階滝を遠望できます。
 いずれも遠いので、コンデジの望遠でやっとでした。

d0264892_00490853.jpg

d0264892_00480002.jpg

d0264892_00482720.jpg


d0264892_00495807.jpg

d0264892_00492480.jpg

d0264892_00494488.jpg


今年の記事に戻ります。

d0264892_00182375.jpgd0264892_23522595.jpg
d0264892_00185094.jpgd0264892_00190241.jpg
d0264892_00192226.jpgd0264892_00193844.jpg
 広葉樹林帯を抜けると、次第に木々が色づいてきました。 順調に高度を上げていきます。

d0264892_01074753.jpg

d0264892_01065110.jpg
 5年前はここまで来れませんでした。 蔵王南面の山容が見てとれます。 天気も上々で久しぶりに気持ちが高揚します。

d0264892_01081758.jpg


 刈田峠から 蔵王ハイライン(有料 540円)に入り、刈田岳の駐車場へ。 道路を走る車は少ない印象でしたが、駐車場はかなり一杯でした。

d0264892_01090405.jpg
 駐車場の端からきれいな雲海が眺められました。 仙台方面かと思います。

d0264892_01092072.jpg
 西方に広がる山並み。 右のほうに大朝日岳があるのはわかりましたが、飯豊連峰まで見えていることは後で知りました。

d0264892_01094119.jpgd0264892_01095586.jpg
 駐車場のすぐ上にある 蔵王山頂レストハウス でまずはお昼を。 これが以外と(失礼!)美味しいお蕎麦でした。

 さて御釜まで行ってみます。 7~8年ぶりになるでしょうか。 
 (蔵王の御釜は、2~3年前 噴火警戒レベルが2になったことがありましたが、現在はレベル1に下がっており、「火山であることを留意して」ということで平穏です。)

 そしてその後、蔵王の最高地点、熊野岳まで登ってしまうことに・・・

d0264892_01135120.jpg

      
by spring-ephemeral | 2018-10-12 02:02 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

困ったときの 「道の駅」 ~国道7号線~ 2018年9月

<2018年9月16日>

 良いお天気になりました。
 もう一泊して帰るのですが、次の宿のチェックインまで約3時間
 移動時間が約1時間半
 従って、1時間半ほど時間を使わなくてはなりません。
 さて・・・
 帯に短し襷に長し・・・といった時間です。
 こんなときに頼りになるのが、やはり 「道の駅」 です。

<『道の駅 あつみ』>

d0264892_00080011.jpg
 あつみ温泉の宿を出て、前日来た道を戻ります。 つきあたった7号線を新潟方面の左へ。

d0264892_00082080.jpg
 平行して走るJR羽越線を、カラフルな車両が酒田方向へ通り過ぎていきました。 シャッターが間に合わず、先頭車両は行ってしまいました。

d0264892_00083585.jpg
しばらく行くと、海沿いに 『道の駅 あつみ』があります。 広い敷地に、船をイメージしたという木造の物産館やレストランが並んでいます。

 以前一度来たときは食事が目的で、レストランで岩牡蠣を食べましたが、 今回は宿を出たばかりですし、お昼には早いので、海を眺めて一服することに。

 
d0264892_00084754.jpg
 物産館とレストランの間を通って裏手に出ます。

d0264892_00090535.jpg
 遊歩道があって海のそばまで行くことができます。 前回は眺めただけだったので、下りてみることにしました。

d0264892_00092207.jpg


d0264892_00094166.jpg
 岩畳のようになっています。 潮が満ちると波の下になるのでしょう。 潮溜まりがところどころにあって、目を凝らすと小さな魚がいるのが見えます。

d0264892_00100411.jpg
 岩畳の先端まで来ました。 海はおだやかです。

d0264892_00101840.jpgd0264892_00103178.jpg
 沖に小さな舟が見えたのでズームしてみると、小舟で魚を採っているようでした。 奥に浮かぶ島はたぶん粟島です。 穏やかなりに小岩に波が砕けています。

d0264892_00442811.jpg
右手には、やって来たあつみ温泉方面が。

d0264892_00444932.jpg

d0264892_00450879.jpg
 遊歩道をさらに進むと、遠くに水車のような、観覧車のような、なにか縦に丸いものが見えたので、ズームしてみたところ、松が2本並んで立っているだけでした。

d0264892_00452667.jpg
 遊歩道をぐるっと回って反対側から広場に戻りました。

 物産館を一渡り歩いてみました。山菜のミズの玉があって買いたかったのですが、帰るのは翌日ですので見るだけで、先に進みます。

d0264892_00454715.jpg
 7号線は海から離れて山の中へ。

d0264892_21555159.jpgd0264892_21561493.jpg
 平野へ出ると、稲刈りの済んだ田んぼとまだ済まない田んぼが隣り合っています。

<『道の駅 朝日』>

d0264892_21564090.jpg
 「日本海東北自動車道」の朝日まほろばIC 近くに 『道の駅 朝日』 があります。

d0264892_21570698.jpgd0264892_21572516.jpgd0264892_22000013.jpg
 日帰り温泉、プール、「日本玩具歴史館」、物産館 などが立ち並んでいる、大きな道の駅です。 お昼も過ぎましたから、ここで食事にすることに。

d0264892_22001389.jpg大きな道の駅にしては食堂はあまり大きくありません。

名前を書いてしばらく待って、
中に通され、注文して、さらに待ち・・・

ツレアイは名物という「カレーラーメン」(写真無し)、
私は「あおさラーメン」を。
可も無し不可も無し。
 食事に思わぬ時間がかかったので、いろいろ歩かず車に戻りました。

 
d0264892_22003733.jpg
 「朝日まほろばIC」から「日本海東北自動車道」に入ります。 ここから「荒川胎内IC」までは無料区間です。
 ちなみに、「日本海東北自動車道」は 「新潟中央JCT」 までで、 その先が 「北陸自動車道」 になります。 

d0264892_22012894.jpg
荒川胎内ICを下りて、荒川沿いの113号線へ。
 目指すのは、私は1年ぶり、ツレアイは3年ぶりの山の宿。
  
by spring-ephemeral | 2018-09-30 23:01 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

「あつみ温泉」へ 2018年9月

<2018年9月15日>

 連休に山形県「あつみ温泉」に行きました。
 日本海側を車で北上するのは久しぶりです。

 
d0264892_23280604.jpg
 この日、長野県は朝からあいにくの雨でしたが、 県境を越え、上越JCTから北陸道下り線に入ると雨はやんでいました。 遠く、正面に上越のシンボル的山、 米山(よねやま)さん が見えます。

d0264892_23281741.jpg
 ♪ 米山さんから雲が出た 今に夕立が来るやら
   ピッカラ チャッカラ ドンガラリンと音がする・・・

 と歌われる 三階節 は柏崎地方の民謡で、父の十八番でした。
 声にこそ出しませんが、私もついつい頭の中で口ずさんでしまいます。

d0264892_23282824.jpg
 冬に新幹線で新潟近くの岩室温泉に行きますが、車で北陸道を走るのは何年かぶりです。 相変わらず交通量は少ない。

d0264892_23375727.jpg
 河口はまだ先ですが、千曲川から名前が変わった信濃川の川幅も広くなりました。

d0264892_23380627.jpg
 色づいた田んぼの向こうに 弥彦山 が見えます。 雨の気配はもうありません。 良かった。

d0264892_23390221.jpgd0264892_23391321.jpg
 栄PAでお昼です。 ツレアイはここの名物という「背脂ラーメン」(右)を。 私は「栃尾の大きつね蕎麦」(左)を。 栃尾の油揚げの大きなこと! 切れ目が入って2つになっていますが、これで1枚です! 油揚げにつゆが染みて、おいしかった。 

d0264892_23393385.jpg
 道路わきに立つポールで冬場の雪の深さが想像できます。

d0264892_23412764.jpg

d0264892_00474627.jpg

d0264892_00481866.jpg
 北陸道から7号線へ。 7号線は山中を通って新潟と山形の県境近くで海辺に出ます。

d0264892_00484536.jpg

d0264892_00490920.jpg

d0264892_00492527.jpg
日本海に沿って北上。
d0264892_00500444.jpg
 「あつみ温泉」は、山形県に入って間もないところにあります。 海辺からほんの2キロしか離れていないのが信じられない、山に囲まれた温泉です。

d0264892_00503442.jpg
 午後2時過ぎ、家を出発してちょうど5時間、「あつみ温泉」に着きました。

by spring-ephemeral | 2018-09-24 01:20 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

温泉と天草を巡る旅 ~〆とおまけ~ 2018年8月

<2018年8月18日>

 4泊5日の旅の最終日、帰る日です。

d0264892_01532782.jpg
 嬉野はお茶所。 来るときは目的地ばかりが気になって周りを見る余裕がありませんでしたが、温泉街を出るとすぐにお茶畑がありました。

d0264892_00401518.jpg
 海から近くにありながら、嬉野は山の中でした。

d0264892_00403777.jpg
 ほどなく大村湾が見えてきます。 空港はすぐです。

 レンタカー会社は空港への橋を渡る前にあります。 車を返して空港へはレンタカー会社のマイクロで送ってもらいます。

 空港内で昼食。 美味しくなかったので写真も無し。 締めくくりの食事としてはがっかりですが、まあこんなものでしょうか。

d0264892_00405891.jpg
 ほぼ定刻に離陸。

d0264892_00412924.jpgd0264892_00414779.jpg
 窓の日よけをおろしているので、気がつけば、伊豆七島。 やがて海ほたる。

 ほぼ定刻に到着。 今回は7月の北海道のように走らずにすんだうえ、一本早い新幹線にゆっくり乗ることができました。https://aprilmoon.exblog.jp/27021622/

 それぞれに趣も雰囲気も異なる4ヶ所の宿と、海に囲まれた異国情緒漂う風景。 なんだか海外旅行から帰ってきたような気分になりました。

<おみやげ>

d0264892_00421260.jpg
 嬉野の宿の売店でお茶を買いました。 たくさんの種類が並んでいて迷いましたが、玉露1種類と煎茶を。 どれも美味しいお茶でした。 

d0264892_00424576.jpg
 今回長崎は素通りでしたが、空港に行けばやはりカステラは外せないところです。
 一番好きな「岩永梅寿軒」はありませんでしたが、「糖庵」と、「松翁軒」のつもりがうっかり隣の「杉谷本舗」。 この2軒は「五三焼き」。 カステラはやっぱり「五三焼き」でないと! 初めて食べた「杉谷本舗」の「五三焼き」が今回一番美味しかった。
 東京でも買える有名どころはパスしようと思いましたが、東京も遠いので「文明堂」をつい。 「文明堂」はふつうのカステラでしたので味もふつうでした。

d0264892_00434566.jpgd0264892_00441260.jpg
家に帰ると、晩柑がすでに着いていました。 今回一番の収穫はこの晩柑かもしれません。 しばらくの間、天草の思い出とともに楽しんで食べました。 美味しかった!
  
by spring-ephemeral | 2018-09-19 01:59 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

温泉と天草を巡る旅 ~鬼海ヶ浦展望所・十三仏公園・下田から嬉野へ~ 2018年8月

<2018年8月17日>

 8月14日の夜に台風16号が通り過ぎたあとは不安定な天気が続いていて、天草に渡ってからの2日間、雨と雨の間をうまいことすり抜けるように巡ってきましたが、
 3日目になってようやく青空が戻ってきました。

d0264892_14095516.pngd0264892_14073649.png 



前日、にわか雨に遇って寄らずに通り過ぎた景勝地にあらためて寄りながら、

西天草の残りの海岸線を北上し、島原半島に戻り、さらに嬉野温泉を目指します。


<鬼海ヶ浦(きかいがうら)展望所>

d0264892_01280202.jpgd0264892_01282563.jpgd0264892_01290142.jpg
 宿をチェックアウトし、細い急坂を下っていきます。 

d0264892_01291715.jpg
下りきって、389号線に出たところに 『鬼海ヶ浦展望所』があります。『きかいがうら』と読みます。「おにみがうら」と読んで、宿の方に怪訝な顔をされてしまいました。 地名、人名は難しいです。

d0264892_01294400.jpg
真下に大きな岩の塊。 海岸まで下りて行ける遊歩道もありますが、今回はパス

d0264892_01302247.jpg
左手、小さな岩がある岬は『妙見浦』。 このあと目指す『十三仏公園』は、さらにその先です。

<十三仏公園>

d0264892_01441015.jpgd0264892_01435362.jpg
 <鬼海ヶ浦展望所>から車で約10分。 <十三仏公園> があります。

d0264892_01443312.jpgd0264892_01445340.jpg
 公園といっても、あるのは駐車場と、崖沿いの階段を上ったところの展望台くらいなものです。
 美しい夕日のスポットとしても知られているようです。

 展望台には与謝野鉄幹(寛) ・晶子夫妻の歌碑があります。 「五足の靴」の旅ののち、与謝野鉄幹は妻晶子を伴って、再びこの地を訪れました。

  天草の十三仏のやまに見る 海の入日とむらさきの波 (鉄幹)
  天草の西高浜の白き磯 江蘇省より秋風ぞふく (晶子)

d0264892_01451589.jpg

d0264892_01453740.jpg

d0264892_01460813.jpg


<「マーキーマート」・「レストラン椿」>

鬼池港に行く前に、下田の温泉街にあるスーパーに立ち寄ります。

d0264892_13554332.jpgd0264892_13580319.jpgd0264892_13582319.jpgd0264892_13584581.jpg
 来た道を戻ります。 389号線は大部分で広いバイパスができていますが、ところどころ、まだ道幅が狭いままのところがあります。

d0264892_13590638.jpg
集落を抜けて海沿いを走り、15分ほどで温泉街に入りました。 コピーの地図は宿でくださいました。

 
d0264892_14000827.jpg
 第一の目的は温泉街のスーパー「マーキーマート」さんで、夕食で食べた天草晩柑を調達すること。
 ありがたいことに、宿の料理長さんが連絡してくださっていました。
 ほどなくスーパーのご主人が収穫から戻っていらっしゃいました。 時期としては8月いっぱいだそうで、ぎりぎりのところでした。
 10キロの箱を送っていただくようにお願いしました。 家に届くのが楽しみです。

 目的は済みました。 時間は少し早めですが、この先食べられるところがあるかどうかわかりませんので、ついでに温泉街でお昼を食べることにしました。
 宿で地図と一緒にいただいた温泉街のガイドブックに、天草の新しいご当地グルメ 「天草Sea X Oh!南蛮ちゃんぽん」 なるちゃんぽんが食べられるレストランが載っていたので、そこに行くことに。

d0264892_14005885.jpgd0264892_14003787.jpg
 温泉街の奥にある、 下田温泉センター白鷺館 内の 『レストラン椿』。 建物の横から直接行けます。 道の奥に 温泉神社 がありました。

d0264892_14011946.jpg さて、ちゃんぽんですが・・・「ご当地ちゃんぽんを」と注文したのですが、
当のレストランの方はきょとんとしてご存知ない様子
天草Sea X Oh!南蛮ちゃんぽん というのがあるそうですが」と再度聞いてみたのですが、
「さあ・・・ふつうのちゃんぽんですけど」とおっしゃいます。
ガイドブックの勇み足? 企画で終わった?
ま、あまり追求してもなんですので、「普通のちゃんぽん」で。

普通のちゃんぽんでしたが、
今回の旅で3回食べたうちで一番おいしいちゃんぽんでした。

<鬼池港へ>

d0264892_23492946.jpgd0264892_23494447.jpgd0264892_23500372.jpgd0264892_23501557.jpgd0264892_23511580.jpgd0264892_23513026.jpg
「サンセットライン」と呼ばれる西海岸の海岸線を一路鬼池港に向かいます。

d0264892_23515549.jpgd0264892_23521220.jpg
イルカウォッチングの拠点もあり、イルカを見に行く船が出かけていきます。 少し先の海上に舟が集結しているのが見えるので、きっとそのあたりにイルカがいるのでしょう。

d0264892_23524194.jpg
 12時20分、鬼池港のフェリーターミナルに到着です。
 2日前に不具合のあった船はその日のうちに修理ができて、2隻体制に戻っています。
  お盆期間中は時刻表にかかわらず2隻でピストン運航していましたが、この17日からは通常運航に戻り、時刻表が生きます
 12時30分発ですから、ぎりぎりの到着でした。 時間もですが、2日前の口之津港のときと同様、乗れるかどうかもぎりぎりでした。 2日前は最期から3台目、今回は4台目で乗れました。 良かった。

d0264892_00322663.jpg
天草を離れます。 この海を再び渡る機会がいつかやってきますように。

d0264892_00353249.jpg
中間地点でもう一艘のフェリーとすれ違います。 すれ違うといってもかなり離れていますが。

d0264892_00354988.jpg
 口之津港に戻ってきました。 下船したら左手に行きます。 右手は雲仙へ。

d0264892_00360922.jpgd0264892_00363466.jpgd0264892_00365269.jpgd0264892_00370747.jpg
島原半島の西側を海沿いに、小浜温泉を通り過ぎて諫早へ。

諫早周辺はなぜか車の流れが悪くていつも渋滞気味。 抜けるのに時間がかかります。

d0264892_00373431.jpg
 長崎自動車道に乗ればこっちのもの。 大村湾が見えます。

d0264892_00375106.jpg
 海から離れると、急に山深くなります。
 今回最期の宿泊地、嬉野温泉 はまもなくです。
  
by spring-ephemeral | 2018-09-13 01:15 | おでかけ | Trackback | Comments(6)