2018年 08月 09日 ( 1 )

「江差の繁次郎」2018年8月

<2018年8月2日>

宿は江差にとってあります。
大沼から江差まではおおよそ1時間20分。 思ったより近いです。

d0264892_00063812.jpg
日本海側に出ると海が目の前に広がります。 あまりきれいだったので、駐車スペースのあるところに立ち寄りました。 波打ち際で親子が遊んでいました。

d0264892_00071718.jpgd0264892_00111811.jpg
知らずに立ち寄ったのですが、「道の駅 江差」でした。 小さな売店やトイレがありました。

d0264892_00104559.jpgd0264892_00084861.jpg
逆光でうまく写りませんでしたが、海を背景に、手づくり感漂う、不思議な人物像が・・・

江差の繁次郎」なる人物です。

 ※ 板に書かれている文字が劣化していて、真ん中は判読不能でしたが、
   読める範囲で判読すると・・・

     夢っこOO 頑張れる
     夢っこ大きい程 ふんばれる
     (数行に渡って判読不能)
     こんな世だから
     なをさらに
     繁次郎さん
     オマハンば
     好ぎだ

幕末のころ、実在していた人物らしいのですが、
身の丈は150センチほどの小男で、母親と暮らしており、特徴は大きな頭と大きな目、大きな鼻。
「とんち」話がたいそう得意で、人々にずいぶんと人気があったらしく、繁次郎のとんち話が幾つも伝わっているそうです。

今でも地元に愛されているキャラクターだとわかる像でした。

宿に行く前にちょっと中途半端な寄り道になりました。

by spring-ephemeral | 2018-08-09 00:49 | おでかけ | Trackback | Comments(4)