2018年 03月 20日 ( 1 )

『熱海ふふ』 ~部屋・食事~ 2018年3月

<2018年3月2日>

 『熱海ふふ』 での部屋は一番奥のつきあたり、 「昇(すすむ)」という部屋でした。

d0264892_2123931.jpgd0264892_2134447.jpg
シンプルな入り口を入ると・・・

d0264892_2175343.jpg
(自分でも撮りましたが、HPの写真が良かったので、HPから借用。 以下は自分で撮った写真です) 
d0264892_2213989.jpg
掘りごたつのある部屋でした。
JTBのパンフレットの写真から、洋室のリビング付きの部屋かと想像していたのですが・・・

全室設えが異なっており、掘りごたつのあるのはこの部屋のみですので、
気を利かせてくださったのかもしれませんし、ある意味「当たり」かもしれませんが、実は、掘りごたつの出入りは母には困難なことがあるので 「困った」 と思いました。
しかし、なんとか出入りもできて、本人も大丈夫というのでほっとしました。
とはいうものの、できれば高座椅子があればありがたいと思ったのですが、それはなく、代わりにスツール式の椅子をすぐに用意してくださいました。

d0264892_2272224.jpg
洗面所の左にトイレ、右にシャワーブースからテラスの露天風呂に続きます。

d0264892_229938.jpg


d0264892_2293675.jpg
壁には専用テレビ付き。 源泉が常に注がれています。 源泉温度が高いので水で調整します。

d0264892_2342789.jpgd0264892_2344419.jpgd0264892_235097.jpg
ネスプレッソと・・・冷蔵庫内はフリー。 

着替えて大浴場に行きます。

d0264892_2375867.jpgd0264892_2381217.jpg
部屋から通路を少し戻り、階段を下りたところに大浴場があります。 「露天風呂」と書かれていますが内湯付きの小さなお風呂です。

d0264892_2441547.jpgd0264892_2443667.jpgd0264892_2445471.jpg
お風呂は男女入れ替えになります。 

d0264892_2454959.jpgd0264892_2461051.jpg入り口には湯上りに飲み物とシャーベット。
右:「自然だけで作った」マンゴー、
   赤ぶどう、ユズのシャーベット。

写真は翌朝、入れ替わった後の右側 「きり」 の浴室。
d0264892_21371868.jpg

d0264892_21373522.jpg

カランは3つほど。 決して広いとはいえない浴室ですが、小さいながらサウナ付き。 露天風呂は竹林に囲まれています。 良く見ると桜の木があり、梢に数輪花が咲いていました。

ちなみに左側 「さくら」 のお風呂も同じ広さで、材質と形が違う内湯と露天風呂が左右対称の位置にあります。

<夕食>

 夕食は事前予約で部屋食が可能でしたので、部屋食をお願いしてありました。

 ※ 2018年2月より宿のシステムが変わり、食事は夕食朝食ともレストランになりましたが、2月より前に予約していましたので、予約通り、部屋でいただくことができました。

 
d0264892_220517.jpg


d0264892_2202915.jpgd0264892_22104738.jpgd0264892_221130.jpg
JTBの特典で飲み物がワングラス付きます。母は赤ワイン、私はシャンパンを。

d0264892_228546.jpg
「わあ!きれい」と思わず声を上げてしまう前菜。 二人分です。

d0264892_22193948.jpgd0264892_22235659.jpgこれが一人分。
灯かりは大根のかつらむき。
蓋物は茶碗蒸し。


d0264892_22283771.jpgd0264892_22333378.jpgきれいな緑の薄井豆の擦り流し。

地金目の若狭焼き。

d0264892_22361460.jpgお造り。

アレルギーは事前に伝えてもらっていましたが、
着いたときに他に苦手なものがないか、聞いてくれました。
シマアジがついていたのですが、母が苦手です。 
ふたりとも一緒に変えてもらいましたら、代わりにボタン海老でした。

下の段の黄色の器は 河豚の煮こごり


d0264892_22433045.jpgd0264892_2244242.jpg黒毛和牛と春野菜の鍋仕立て。
黒七味がいい仕事をしています。


d0264892_22492810.jpgd0264892_22494898.jpgじゃこと蕗の炊き込みご飯を、
まずそのままで。

d0264892_22524953.jpgd0264892_2253994.jpg続いてお茶漬けで。
これが絶品でした。
お代わりしてしまいました。


d0264892_22542259.jpgd0264892_2301517.jpgデザート。


盛り付けの華やかさ。 見た目の楽しさ。 どのお料理もおいしくて、
とっても良い夕食でした。 
最近の記憶に残る中で5本の指に入るかもしれません。

<2018年3月3日>

翌朝も良い天気でした。

d0264892_23441298.jpg



d0264892_23444099.jpg
前日は気付かなかったのですが、部屋の露天風呂から見上げると桜の木がありました。 なんの桜か、花が咲いていました。

<朝食>

d0264892_23511257.jpg
朝食はロビーのすぐのところにあるレストランに出向きます。

d0264892_2355235.jpgd0264892_23554361.jpgd0264892_23561089.jpg
オレンジとマンゴーのブレンドジュースとサラダをいただきながらお膳を待ちます。 ご飯は新潟こしひかり。

d0264892_2359101.jpg
朝食もたいへんおいしくいただきました。 上左端は マグロの漬けに卵の黄身、ほうれん草、 横は(たしか)地鶏の豆乳スープ、 その下の小さなお皿は自家製の明太子。 ご飯の焚き加減が好みでちょうど良く、とてもおいしかったです。 いやあ、良い朝食でした。

JTBのプランですので、12時まで居ることができますが、 帰りの時間の都合もあるので11時にチェックアウトしました。

帰りも送迎をお願いしてありますが、宿の車は出払っているためタクシー対応でした。

良い温泉とおいしい食事。 館内ちょっと歩きましたけど、それもおまけ。 良い宿でした。


d0264892_09975.jpg宿のショップで見つけた「食べる酢」のグミ。 
柚子、青みかん、ブラッドオレンジの3種類のミックスをひと瓶買いました。
おいしかった。
缶入りの大きいのにすればよかったなあ。


この日は土曜日。
熱海に降り立つ人が大勢。 駅前も混雑していました。

東京駅で途中下車して、今年も日本橋三越に寄り、なじみの店員さんに会い、春のゴルフウェアを調達して帰ってきました。





















   
by spring-ephemeral | 2018-03-20 00:17 | お宿記 | Trackback | Comments(6)