温泉と天草を巡る旅 ~〆とおまけ~ 2018年8月

<2018年8月18日>

 4泊5日の旅の最終日、帰る日です。

d0264892_01532782.jpg
 嬉野はお茶所。 来るときは目的地ばかりが気になって周りを見る余裕がありませんでしたが、温泉街を出るとすぐにお茶畑がありました。

d0264892_00401518.jpg
 海から近くにありながら、嬉野は山の中でした。

d0264892_00403777.jpg
 ほどなく大村湾が見えてきます。 空港はすぐです。

 レンタカー会社は空港への橋を渡る前にあります。 車を返して空港へはレンタカー会社のマイクロで送ってもらいます。

 空港内で昼食。 美味しくなかったので写真も無し。 締めくくりの食事としてはがっかりですが、まあこんなものでしょうか。

d0264892_00405891.jpg
 ほぼ定刻に離陸。

d0264892_00412924.jpgd0264892_00414779.jpg
 窓の日よけをおろしているので、気がつけば、伊豆七島。 やがて海ほたる。

 ほぼ定刻に到着。 今回は7月の北海道のように走らずにすんだうえ、一本早い新幹線にゆっくり乗ることができました。https://aprilmoon.exblog.jp/27021622/

 それぞれに趣も雰囲気も異なる4ヶ所の宿と、海に囲まれた異国情緒漂う風景。 なんだか海外旅行から帰ってきたような気分になりました。

<おみやげ>

d0264892_00421260.jpg
 嬉野の宿の売店でお茶を買いました。 たくさんの種類が並んでいて迷いましたが、玉露1種類と煎茶を。 どれも美味しいお茶でした。 

d0264892_00424576.jpg
 今回長崎は素通りでしたが、空港に行けばやはりカステラは外せないところです。
 一番好きな「岩永梅寿軒」はありませんでしたが、「糖庵」と、「松翁軒」のつもりがうっかり隣の「杉谷本舗」。 この2軒は「五三焼き」。 カステラはやっぱり「五三焼き」でないと! 初めて食べた「杉谷本舗」の「五三焼き」が今回一番美味しかった。
 東京でも買える有名どころはパスしようと思いましたが、東京も遠いので「文明堂」をつい。 「文明堂」はふつうのカステラでしたので味もふつうでした。

d0264892_00434566.jpgd0264892_00441260.jpg
家に帰ると、晩柑がすでに着いていました。 今回一番の収穫はこの晩柑かもしれません。 しばらくの間、天草の思い出とともに楽しんで食べました。 美味しかった!
  
by spring-ephemeral | 2018-09-19 01:59 | おでかけ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://aprilmoon.exblog.jp/tb/27115093
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2018-09-19 11:56 x
前回のブログを良く見ると、純和風の部屋でなくても配置や色使いで落ち着いて過ごせそうですね。新発見です。

さて、嬉野茶。既製品用の嬉野茶のシールも沢山刷らせてもらいました。
で 霧かぶせ と有るのは「かぶせちゃ」の事だと思うのですが、玉露ほど大々的に光を遮断しないで 藁の束をかぶせて育てる方法です。玉露に近い味の甘みとトロトロ感がとても良いのです。味わって飲んで下さい。
Commented by うつきよう at 2018-09-19 14:58 x
よし坊様、

 カラフルな色づかいでしたが、うるさくなく、
 とても良い印象が残りました。
 
 そうでしたか!
 よし坊様のところで刷られたシールにはもう出会えないと思いますが、
 そう伺うと、一層嬉野茶に親近感がわきます。
 どれも美味しいお茶でしたが、
 ただ、玉露は玉露らしい甘みと深みが足りませんでした。
 たしかに霧かぶせのほうが玉露に近い甘さがあって、美味しかったです。
 九州のお茶は八女茶と知覧茶を飲んだことがありますが、
 もちろん種類や値段の違いがあるので同列に比較はできませんが、
 嬉野のお茶は美味しかったです。 
 
<< 白骨温泉 『白船荘 新宅旅館』... 嬉野 『萬象閣・敷島』 201... >>