温泉と天草を巡る旅 ~長崎空港へ~ 2018年8月

<2018年8月14日>

 お盆の休みに天草に行こうと計画を立てました。

 我が家も今年は17日(金)を休みにしたので、カレンダー上では9日間の休みが取れることになりますが、
 13日は迎え盆。 お盆の行事もありますので出かけることはできません。
 母に留守を頼んで14日からなら最大5泊の旅行ができますが、最終日の19日は旅行の後始末や、お盆の片付けにあてたいので、4泊とることにしました。
 4泊でも、我が家にとっては数年ぶりの長い休みになります。

 ジグソーパズルのような細切れの旅行しかできない我が家ですが、
 山登りをしていたころから思い返すと、北は利尻・礼文から南は屋久島まで、けっこう満遍なく渡り歩いてきていました。
 もちろん空白地帯もあるのですが、その中の1ヵ所が天草でした。
 天草だけなら2泊3日でも可能ですが、せっかく日数がとれるので、前後に1泊ずつ増やして、ゆっくり巡ってくることにしました。

 今年(2018年)6月30日に、 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」 が日本で22番目の世界文化遺産に登録されたことは記憶に新しいのですが、
 計画を立て始めた1年前には無かったできごとなので、とても驚きました。
 夏休みのさなかでもありますし、人出が多くなるかもしれませんが、さて、どうなるでしょう。

 台風とお天気が気になりますが、出発の14日はとても良い天気になりました。
 幸先の良いスタートになりそうです。

d0264892_00584718.jpg
この飛行機に乗ります。 ちっちゃめの飛行機です。

d0264892_00590608.jpg
ほとんど定刻に離陸。珍しい!

d0264892_00591974.jpg
並べたような雲が浮かんでいます。 良い天気なので富士山が見えるかと期待しましたが、機体右側の私の側からは見えませんでした。 富士山が見えないので日よけを下ろします。

d0264892_00583381.png


d0264892_00593860.jpg
1. 山口県上空。そろそろ関門海峡です。

d0264892_00595456.jpg
2. 博多・海の中道。

d0264892_01001756.jpg
3. 佐世保あたり。

d0264892_01003193.jpg
4.  ハウステンボス。

d0264892_01005177.jpg
5. 長崎空港の対岸、「琵琶ノ首鼻」という岬が見えます(左中央)。

d0264892_01011246.jpg

d0264892_01012668.jpg
ほぼ定刻に長崎空港に着きました。

車を借りて、まず、雲仙に向かいます。
   
by spring-ephemeral | 2018-08-20 02:19 | おでかけ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://aprilmoon.exblog.jp/tb/27062847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2018-08-20 11:17 x
窓際に座れると景色が見えて良いですね。
次々名だたる地名が出てさぞや御満足な事と思います。富士山は帰りに見られるかも知れないし。
さて、どんな事が待ち受けているのか楽しみです。
Commented by saint-arrow-mam at 2018-08-20 11:27
shinmamaです。

長崎には、電車、車、船でいったことがありますが、
飛行機で行く、というのが新鮮です。

大気は不安定では?と思いましたが、
死ぬほど揺れなくて良かったですね。
Commented by うつきよう at 2018-08-20 13:58 x
よし坊様、

 西へ向かう飛行機には十数年ぶりに乗りましたから、見える景色が目新しかったです。
 お天気が良かったので、地形がはっきり見えました。
 地理は好きですので、帰宅後、道路地図を広げながらどのあたりか確認するのが楽しかったです。
 行きも帰りも、飛行機は富士山の右側か、真上を通ったみたいで、
 座席が右側だった私の席からは結局富士山は見えずじまいでした。
 帰りもせっかく晴れたのに、残念でした。
Commented by うつきよう at 2018-08-20 14:14 x
shinmama様、

 上田から九州となると、さすがに陸路も鉄路も遠すぎます。
 長崎空港を利用するのは3度目になります。
 1度目は、昔、勤め先の同僚と長崎旅行に行った帰りで、
 その行きは寝台列車でした。 
 博多から虹の松原、佐世保、平戸、とバスで通った道筋を上から眺めていろいろ思い出していました。

 上空はとても安定していてほとんど揺れませんでした。
 一度、背中をつけていられないほど大揺れに揺れながら飛んできて、
 挙句着陸をやり直すという事態に遇ったことがあります。
 以来、飛行機に乗ると、知らず知らず肘掛をぎゅっと握っていることがあって、
 われながら苦笑します。
<< 温泉と天草を巡る旅 ~雲仙地獄... 天草へ >>