人気ブログランキング |

『赤倉観光ホテル』2018年6月

<2018年6月23日>

ドックの後の打ち上げで、今年も『赤倉観光ホテル』にやってきました。

d0264892_16034343.jpgd0264892_16035810.jpg
d0264892_16041106.jpg
早目に着いたので、ロビーでセルフの飲み物を飲みながら案内を待ちます。 目の下には雪の時期にはスキーゲレンデになる庭。

ではお部屋へ。 今回も昨年同様、2016年に開業した『プレミアム棟』の部屋をお願いしました。

d0264892_23253722.jpg
カフェテラスの横を通って、本館から新館へ。

d0264892_23272556.jpg

d0264892_16052985.jpgd0264892_16055309.jpg
エレベーターは2ヶ所ありますが、水盤のあるアクアテラスの横を通り、レストラン「アクアグリルダイニング」の前にある奥のエレベーターで下の階へ。

d0264892_16061866.jpgd0264892_16064324.jpg
エレベーターを出たところから『プレミアム棟』。 142号室が今回の部屋ですが、昨年は隣の141でした。

d0264892_16070605.jpgd0264892_16075944.jpg
ドアを開けると、右にトイレのドア。 部屋は左のドア。

d0264892_16083257.jpg

d0264892_16085724.jpg

d0264892_16103672.jpgd0264892_16101775.jpg
d0264892_16105746.jpg

d0264892_16095102.jpg
部屋の設え、内装はどのツインの部屋も同じとみえます。 眺めは正面に斑尾山。ホテルのどの場所からも同じ風景ですが、左右の位置の違いで見える範囲が微妙に違います。

d0264892_00060790.jpgd0264892_00062574.jpg
食事場所以外は浴衣に部屋備え付けの2部式の着物(男性は単の着物)を着れば歩くことができますが、面倒ですし、湯上りが暑いので、綿100のビッグシルエットのワンピースを持参しました。 相当に古いのですが、生地がたっぷり使われていたので何かの役にたつかも?と、とっておいたのが役にたちました。

d0264892_00072145.jpg

d0264892_00064104.jpg

d0264892_00075036.jpg源泉かけ流しの大浴場へ。
眺めをさえぎらないように特に目隠しなどはなく、
気持ちの良い露天風呂です。(写真はHPより)

湯上りにはアクアテラスでプチケーキとドリンク。
嬉しい新サービスです。

夕食は今年も「アクア グリル ダイニング」で。

d0264892_01055515.jpgd0264892_01061808.jpg
お風呂用のワンピースから、もうちょっとちゃんとした服に着替えて「アクア グリル ダイニング」にでかけます。
本館にあるメインダイニング「ソルビエ」は本格的フレンチですが、こちらはフレンチにこだわらない洋食です。

d0264892_00555889.jpgd0264892_00561142.jpg
メニュー右手のアップグレードのコースに変更してもらいます。
d0264892_00563709.jpg
雨は少し降っただけで、上がったようです。アルコールランプの青がきれいです。

d0264892_00565190.jpgd0264892_00570751.jpg鮪のマリネは大きな切れ目がたっぷり3枚。
さすが、新潟の海が近いだけのことはあります。
d0264892_00572487.jpgd0264892_00592381.jpgパスタがいい味でした。
量もある程度あって嬉しいです。

パンは焼きたて。
ツレアイが思わず「あちち」(笑)
d0264892_00574719.jpgd0264892_00580172.jpgd0264892_00583428.jpgd0264892_00581980.jpg
「アクア グリル ダイニング」のワインはカリフォルニアワインです。ワインリストはぶどうの種類別でした。
頼んだのはシャルドネの "on that road again" というワイン。 長い名前が気になって・・・帰宅後調べましたら、こちらのワイン、毎年ニックネームをつけるのだそうです。2013年のニックネームが"on that road again"でした。
びんは厚手で、ずっしり重さを感じます。おいしいワインでした。  
d0264892_00585939.jpg

暮れてきました。空の端の明るさに明日の晴天を期待します。

d0264892_00593644.jpgd0264892_00594949.jpg魚も肉もたっぷりあって、アップグレードは価値があると思います。
d0264892_01000356.jpgd0264892_01001717.jpg
質・量・味、今年も大満足でした。昨年に比べて「アクア グリル ダイニング」を利用するお客様も多いように見受けました。 評判いいのかもしれません。

<2018年6月24日>

朝のうち、昨日雨だった長野方面に、雲海風の低い雲がたなびいていました。

d0264892_23385656.jpg


日が昇るとともに雲も晴れ、きれいな青空が現れました。

d0264892_23392702.jpgd0264892_23393743.jpg
青空を映してアクアテラスの水盤が映えます。

朝食はメインダイニング「ソルビエ」で。

d0264892_23394929.jpgd0264892_23401219.jpg
本館と、新館を結ぶ通路を通って本館へ。
d0264892_23403153.jpg
一番遅い時間を希望したら、私たちが席についてしばらくすると、ダイニングに誰もいなくなってしまいました。
d0264892_23404409.jpg

d0264892_23410101.jpgd0264892_01045420.jpg
ただ今、和食レストランと本館の部屋を改装中。「ソルビエ」で朝食の和食が提供可能ということで、朝は和食にしました。

d0264892_23412882.jpg
食後はその足で散策に出かけます。 すっかり青空になって、テラスのパラソルが開かれました。

d0264892_23415522.jpgd0264892_23421172.jpg
d0264892_23422741.jpg
スキーゲレンデの途中にある草むらでワラビ狩り。これが毎年の楽しみです。
ワラビはすっかり葉が開いていましたが、目が慣れてくると、ちょうど良いのが見えてきます。 一回食べられる分くらい収穫できました。

チェックアウトは12時。 お昼も食べて帰ります。 お昼の分も、写真はありませんが、これまた毎年買って帰る「フルーツケーキ」の代金も、食事の後で合わせて精算してもらいます。
d0264892_23425262.jpg
d0264892_23433030.jpgd0264892_23431775.jpg
ランチは「アクア グリル ダイニング」で。 ツレアイはいつものビーフカレーとジンジャーエール。 私は牛肉のピラフとフレッシュオレンジジュース。
正直、牛肉のピラフは焼き肉丼の洋食版といったところ。 おいしかったですが、「ソルビエ」のランチのほうが良い気がします。

d0264892_23435585.jpg
今年も一連のドック休暇が終わりました。 来年も打ち上げはおそらくこちらです。 そのときは、ランチは、もし選べるのでしたら、メインダイニング 「ソルビエ」にします。 
by spring-ephemeral | 2018-07-04 01:09 | お宿記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://aprilmoon.exblog.jp/tb/26963216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2018-07-04 09:06 x
プレミアム棟は部屋も間取りも専用露天風呂も、そして食事も、何もかも素晴らしいですね。人間ドック合格のご褒美に相応しいですね。
一つ問題はアップグレードコースだと益々我が家は食べ切れないだろうな。

我が家にこの制度が有れば良いのですが「どおだった?アッそお」で終わりですから、、、
Commented by zuxtotabi at 2018-07-04 18:46
ニャンです。
やっぱり見晴らしが良いのが良いですね。
お料理もグレードアップすると質量ともに満足感があり
とても美味しそうです。
夕暮れの時間が遅いので景色を眺めながら淡いキャンドルライトともに雰囲気が増し素敵ですね。
ワンピースを持参。良いアイデアですね。
二分式の着物より楽ですし涼しそうです。
遠くに見える山々に棚引く雲。とても綺麗です。
Commented by うつきよう at 2018-07-04 23:57 x
よし坊様、

 はい、プレミアム棟のお部屋は広めなので、ゆったりしていて良いです。
 食事も、メインダイニングとは違い、
 フレンチにこだわらない自由さがいいと思います。
 制度導入を働きかけてください。
 一年で一番心置きなく飲んで、食べることができますよ。  
Commented by うつきよう at 2018-07-05 00:23 x
ニャン様、

 こちら、良いロケーションにありますよね。
 ツレアイは「どこから見ても同じ景色だな」といいますが、
 同じ景色でも、見渡せる範囲が広いので、見飽きないです。
 毎年、行ってから2部式の着物が暑かったと思い出すので、今年は忘れないように準備しました(笑)
 アップグレードするようになって、食事の物足りなさがなくなりました。
 内容も良いので、このまま変わらずに続いていってほしいです。
 冬場と違って雲海が見られる確率は低いですが、雲の雰囲気がよかったです。
 標高1000メートルという高さがものを言いますね。  
<< コマクサを見に ~その前に高原... 今年もドック打ち上げは赤倉で ... >>