房総へ ~東京駅構内の移動~ 2018年5月

<2018年5月19日>

 母と房総へ行く当日です。
 最初の目的だった「びわ狩り」は、前回のブログで顛末を書いたとおり、私の失敗でダメになり、目的の変更を余儀なくされましたが、予定通り出発です。

 房総行きで最も問題なのが、東京駅での乗り換えの移動でした。
 利用するのは、東京駅始発の外房線の特急『わかしお』です。
 『わかしお』の発着ホームは東京駅の京葉地下ホームですが、北陸新幹線との乗り換え標準時間は20分です。  しかしこれは、迷うことなく歩ければであって、
 実際には30分は見ておく必要があります。 しかして、新幹線到着から『わかしお』出発まで乗り換え時間は30分しかありません。
 私でもぎりぎりに近い時間です。
 今回は母とですから、最低でも私の2倍の時間がかかる母の足では1時間かけてもたどり着きそうになく、とても間に合いません。

 さてどうしたものかと思案しましたが、調べましたら、東京駅に車椅子の貸し出しサービスがありました。
 東京駅に電話をしてお尋ねすると、とても親切に手配のしかたを教えてくださいました。

 前日、初めに乗る上田駅に電話をして、東京駅で新幹線ホームから京葉地下ホームまで車椅子を借りたい旨を申し出て、
 上田で乗る北陸新幹線の時間と号車番号、座席番号、乗り換える『わかしお』の発車時間と号車番号、座席番号を伝えます。
 翌当日、伝えた内容は上田駅から東京駅に連絡がいき、車椅子が用意されますが、乗車前に念のため切符の確認をさせてくださいとのこと。

 上田駅でも事細かに、親切に教えてもらいました。
 初めてのことでしたから、前日にお願いしたのですが、実際には当日、乗車前に申し出れば良いのでした。

  d0264892_01365169.pngd0264892_01371268.png
当日、東京駅に着くと、私たちが乗っていた号車のドアの外に、係員の方が車椅子を用意して待機してくださっていました。
① 北陸新幹線のホームはほぼ東京駅八重洲北口側です。
 ② エレベーターで1階におり、改札を抜けます。
③ 車椅子ですので、スロープを利用して連絡通路に下り、広い八重洲中央口を横切ります。
④ 東海道新幹線の中央改札の前を通り、
⑤ 八重洲南口に来ると人の数はやや減ります。
⑥ 京葉線への長い連絡通路には、空港にあるような、動く歩道が3基連なっています。
(元の構内図が続いていないので位置がずれていますが)
⑦ 長い連絡通路の先には、上野駅の新幹線ホームへ降りるエスカレーターが出来る前は、最も深く長かったエスカレーターがありますが、
  車椅子はその脇のめだたない場所にあるエレベーターで地下3階までおり、
 ようやく『わかしお』が発着する京葉線地下ホームに着きました

 さすがに駅の係員さんは滞ることなくすいすいと歩かれ、私は早足でついていきました。

『わかしお』が入線し、ドアが開き、母が中に乗りこむのを確認して係員さんは戻っていかれました。
 母はこの道のりを知らないので、私が車椅子を頼んだと伝えると最初は「歩けるのに」と言っていましたが、「これは無理だったわ」と驚嘆していました。

 なにはともあれ、無事『わかしお』に乗ることができました。
 一路 「安房鴨川」 に向かいます。  
by spring-ephemeral | 2018-06-09 02:35 | おでかけ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://aprilmoon.exblog.jp/tb/26881867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2018-06-09 07:20 x
我が家は妹が用意してくれた車椅子でJRを利用しました。
いつも利用している広島駅でも エスカレーターを利用してホームに上がっていたので
さて、エレベーターとなると どこにあるのかわからず、案内表示を探しましたが、さっぱりわからず右往左往。

新神戸もエスカレーターの位置は わかりやすいのですが、
エレベーターは ひどく奥まった わかりにくい場所にありました。

また 新幹線とホームの間の隙間に 車いすの車輪がちょうど挟まるので 恐ろしくて、
往路は自分たちで移動しましたが、帰りはチケット購入時に駅員さんに援助を頼みましたが
その場合、各連絡時間が必要なので、チケットは 購入時から30分以上たった新幹線しか
購入できないことを 初めて知りました。

夫婦で介助しましたので 今回は自分たちだけで 何とかなりましたが、
タクシーの乗り降りを含め 車椅子の介助は 女一人では大変です。
よく頑張られました。

駅員さんと一緒のときは 小走りで、、、そうそう、よくわかります。
介助する人間の体力も必要ですよね。(笑)

駅でも エスカレーターに乗れる健常者が エレベーターに乗り、車椅子は乗れずに後回し、、、、
ドアに貼られている 身障者マークが 無意味に思えました。
Commented by よし坊 at 2018-06-09 10:33 x
初め、車椅子だけを貸してもらえるのかと思ったら違うんですね。JRも洒落たサービスをしますね。
shinmama様が指摘しているように日本では車椅子やベビーカーは後回しにされちゃいますね。外国では健常者が降りて譲るのに、おかしな国です。序でに、エレベーターの乗り降りは女性が優先ですが日本は男が堂々と先に乗る。(女性が遠慮してしまうのが悪いのですが)外国に行って何時も恥ずかしい思いをしています。
中国人の事を余り悪く言えない部分も有りますね。
Commented by ニャン at 2018-06-09 18:53 x
自分で歩けるうちは、親が車椅子のお世話になるまでは、なるべくお手数をかけないように!と
若いころは思っていましたが、父が車いす生活になった時、
通院するにはJRを利用しなければならなくなり、
電車に乗り降りするときの段さはどうするの?と不安でした。
駅の方に事情を話すと「大丈夫です。」とのこと。
電車の乗り降りにはスロープを用意してくださったり。エレベーターがない駅では車椅子を二人がかりで上り下りして下さったり・・・と本当に親切にしていただきました。
有難い事ですよね。
お母様も無事、電車に乗ることが出来て良かったです。
枇杷狩り、残念でしたね、、、。
Commented by うつきよう at 2018-06-10 01:53 x
shinmama様、

 エレベーターはわかりにくい場所にあることが多いですね。
 特に後から設置されたような場合ほど、奥まっていたり、はずれのほうだったりする気がします。
 京葉線も、ひっそりとはずれにあって、かえって遠回りするようでした(笑)

 スロープがあると、上るときは車椅子を押す力がいりますし、
 下るときはスピードが出すぎないように押さえる力がいりますし、
 介助は力仕事ですね。
 ホームと電車の間の隙間も厄介です。
 私はみんな駅員さんにやっていただきましたから楽でしたが、
 ご主人様の手助けがあったとはいえ、全部されたshinmama様はご苦労されましたね。

 今回はベビーカーの親子さんや、大きなキャリーバッグを引っ張る方たちと一緒に、
 エレベーターに乗ることが多かったのですが、
 みなさん譲り合って、気持ちよく利用できました。
 私たちを先に乗せてくださった方もおられて、親切なひとばかりに出会いました。
 母の車椅子を押していたのが駅員さんだったからかもしれませんが、
 そうは思いたくありませんね。

 >30分以降の新幹線にしか乗れない・・・
 そうなんですか。
 すぐにはなんとかならないものなんですね。
 私の場合は着いた先で必要なので、乗車するときにお願いすれば、
 乗っている間に連絡が取れるということなんですね。
Commented by うつきよう at 2018-06-10 02:11 x
よし坊様、
 
 車椅子の貸し出しサービスがあるとわかったときは、
 車椅子だけが借りられるのかと思いましたら、
 「必ず係員がつきます」と書いてありました。
 考えてみたらそうですよね、返さずにそのまま・・・、ということもないとはいえませんものね。
 窓口の応対も車椅子の操作も、丁寧で親切にしてくださいました。
 高齢者も、身障者も、でかけやすい環境になっていっているのだと思いました。
 少なくとも駅はそのようにしていこうとしているのだと思います。
 一方で個人の意識はまだまだ低いままなんですね。
 自分がそういう立場にたつとよくわかります。
 おもいやりを持ちたいですね。

 >女性が遠慮してしまう・・・
 たしかにそういうこともあるのかもしれませんね。
 堂々と機先を制する態度が女性にも必要かもしれません。
 3歩下がっていてはいけませんね(笑)
Commented by うつきよう at 2018-06-10 02:32 x
ニャン様、

 列車とホームの間に板を渡したり、
 車椅子で列車に乗り込むのを手助けしている駅員さんを見かけることがあります。
 今回は東京駅構内の移動だけに車椅子を借りましたが、「上田駅や 鴨川駅でも必要ですか?」と聞いてくださいました。
 どこの駅でも親切に対応してくださって、ありがたいです。
 母もなるべく人様の手を煩わせたくないと思っているのがわかりますので、
 見た目には相当によぼよぼだろうとは思っても、
 時間はかかっても歩けるだけは歩いてもらおうと決めていますが、
 さすがに京葉線の地下ホームは遠すぎますよね。
 はい・・・枇杷狩り、残念でした。
 ま、来年の目標ができたと思えば、モチベーションも維持できると・・・
 失敗には目をつぶることにします(笑)
<< 房総へ ~メロンとカステラ~ ... 計画は「びわ狩り」でしたが・・・ >>