伊豆からの帰途は『踊り子』で 2018年5月

<2018年5月5日>

下田からの帰りは普通の特急『踊り子』です。
d0264892_10094555.jpg
 
 昔の急行列車の車両ですが、ドアは自動、トイレは洋式になっています。 窓も昔のままですが開きません。 
 すっかり慣れましたが、『スーパービュー踊り子』とはずいぶんなギャップです。  

d0264892_10120720.jpg

 「片瀬白田」にさしかかると速度が落ちました。
 堤防で釣りをしている人の姿が見えます。
 右手遠くにうっすらと伊豆大島が見えています。

 伊豆急は単線なので、特急といえど「通過待ち」があります。 
 「片瀬白田」で下り列車の待ち合わせでした。
 
 JRの特急『踊り子』は特別な意匠のある車両ではありませんが、伊豆急にはさまざまな車両が走っていて、ときどきすれ違います。
d0264892_10122624.jpg
黒船電車』は、「リゾート21」の車両ですが、来るとき見かけた「キンメ電車」は同じ「リゾート21」の別バージョンです。

d0264892_10130538.jpgd0264892_10124864.jpg











ロイヤルエクスプレス」も見かけました。
昨年(2017年)に登場した新しい観光列車です。 
 ロイヤルブルーの列車は、中も美しいそうです。

 いろいろな電車とすれ違うので、伊豆急に乗っているとマニアならずとも面白い。
by spring-ephemeral | 2018-06-01 22:53 | おでかけ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://aprilmoon.exblog.jp/tb/26850669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by パンジー at 2018-06-02 09:51 x
うつきよう様は、鉄道に詳しくてらっしゃいますねぇ~❢
さきがけ「鉄女」かしら?
私だったら、「いろんな電車があるのねぇ~」で終わってます(笑)
とことで、いなとり荘も素敵ですね、海の見える温泉は最高❢
そして漁師飯、とっても気になります。
Commented by ニャン at 2018-06-03 13:07 x
色々なリゾート列車が増え旅の楽しみ方も増えましたね。
昨日、岐阜の長良川沿いで真っ赤なリゾート列車を見かけました。
潮騒倶楽部、素敵なお宿ですね。
部屋からも大浴場からも海一望! 遮るものもなく良い風景です。
さすがに魚料理も美味しそう。
宿泊された部屋も何時もながらに素敵。潮風に吹かれながらテラスでのんびりも良さそうです。^^
Commented by うつきよう at 2018-06-04 02:20 x
パンジー様、

 ブログをやっていると、
 今まで意識してこなかった自分の関心の範囲に自分で気付いたりしますね。
 昔から車が好きなのは自覚していましたが、
 どうやら鉄道も意外と好きみたいです(笑)
 でも、車も鉄道も、通りすがりの見た目程度で、マニアにはほど遠いレベルですけど(笑)
 煮魚の身と煮汁をご飯にかけて食べるのは初めてでした。
 お茶漬けとはまた違って、ご飯がすすみました。  
Commented by うつきよう at 2018-06-04 02:44 x
ニャン様、

 ほんとに各地にいろいろな観光列車が登場しましたね。
 クルーズトレインのような超がつく高級列車ではないにしても、
 それぞれに工夫を凝らしていらっしゃるようですね。
 在来線は厳しい経営環境のところも多いですから、
 観光列車が起爆剤になってお客さんが集って、地域の活性化に繋がるといいですね。
 しなの鉄道の「ろくもん」も、黒字化に一役買ったみたいです。
 海をながめているのは気持ちいいですね。
 お部屋が海に面していたので、堪能しました。
 普段山ばかり見ているので感動します(笑)
 どんな部屋か、行ってみるまでわからなかったのですが、
 海の眺めを重視して、気持ちも広々するようでした。
 やっぱり海辺はお魚がおいしい!
 伊豆は山に海に、選択肢が多いですね。 
Commented by よし坊 at 2018-06-04 08:18 x
稲取のイメージは団体客の宿ばかり・・・・と思ってしまうのですが落ち着ける良い宿が有るんですね。料理も温泉も良さそうです。
細野高原は風力発電やマムシ注意(実際に遭遇)の思い出があります。
特急は速ければ良いと言う物ではなくユックリジックリ景色を見させてくれるヨーロッパの特急のようで、その点 伊豆急は成功していますね。
Commented by うつきよう at 2018-06-04 10:46 x
よし坊様、

 以前に泊まったことのある『銀水荘』も、個人客重視にシフトしていて客室リニューアルをしていましたし、
 今はどこも個人客に目を向けないと厳しい時代になりましたね。
 『いなとり荘』も、spa棟は団体客全盛のころの名残のように見えました。
 細野高原の風車は目立ちますね。
 風があったのでよく回っていたと思います。
 伊豆急は海も山も迫っていて、対費用効果を考えれば複線化は難しそうですものね。
 単線を逆手にとってアイデア勝負ですね。
 東伊豆の海岸線に出ると、案内放送付きでスピードを落としてくれますし、
 頑張っていると思います。
<< 計画は「びわ狩り」でしたが・・・ 『 海一望 絶景の宿 いなとり... >>