『里山の別邸 下田セントラルホテル』2018年5月

<2018年5月3日>

 昨年秋、毎月送られてくるカード会社の会報で『里山の別邸 下田セントラルホテル』を知りました。
 下田と聞くと海の近くのように思われるのですが、こちらのホテルのあるのは、下田と松崎を最短で結ぶ県道15号線の下田寄り、文字通り、里山に囲まれた中でした。

d0264892_01420310.jpg
勝手に高層の建物を想像していたのですが、実際には階は2階までの建物で、15号線からすぐのところなのに、通りすがりにはその存在に全く気がつきませんでした。

d0264892_01422299.jpg
頃合いを見計らって堂ヶ島を出たのですが、15号線は交通量も少なく、すいすい走れてチェックインの時間より30分早く着いてしまいました。
ロビーでニューサマーオレンジのサワードリンク(アルコール飲料ではありません)をいただきながら待たせてもらいます。

さて、部屋へ。

d0264892_01423815.jpgd0264892_01425279.jpg
ロビーの端は中庭に面しています。 ホテルのマスコットキャラクターはカエルだそうです。 折りしも端午の節句近し、庭のカエルに折り紙のカブト。

d0264892_01431056.jpgd0264892_01432833.jpg
中庭沿いに通路を行きます。(左の写真)つきあたり手前を曲がると(右の写真)今回の部屋。
d0264892_01434268.jpgd0264892_01435445.jpg
各部屋には伊豆の地名の名が付いています。 我が家の部屋は「相玉(あいたま)」。ちょうどホテルのあるあたりの地名です。

d0264892_01440942.jpg
d0264892_01442140.jpg
部屋はほぼ長方形。ダイニングテーブルの置かれた琉球畳の8畳の和室にリビング。背中側に6畳相当のベッドルーム。

d0264892_01445479.jpgd0264892_01450824.jpg
d0264892_01452435.jpg
洗面所からシャワールームを通ると、露天風呂へ。自家源泉です。

d0264892_01460231.jpg部屋は「庭園付き」。
とびきり広いという庭ではありませんが、
部屋ごとに意匠が違うそうです。
庭木のレイアウトがついているのは初めてでした
d0264892_01461808.jpg
d0264892_01454439.jpg
シランが満開の庭でした。

d0264892_01484138.jpgd0264892_01502119.jpg
部屋のテーブルの上にどこかそぐわないカエルの置き物・・・と思いましたら、宿のマスコットキャラクターでした。 愛着が持たれているのですね。

d0264892_01420542.jpgd0264892_01422076.jpg
ロビーでウェルカムドリンクをいただきましたが、部屋であらためてウェルカムドリンクをいただけるというので、何種類かのうち、ビールを所望しました。美味しく喉にしみわたりました。
d0264892_01492603.jpg
では、大浴場へ。

d0264892_01430476.jpgd0264892_01424306.jpg
ロビーまで戻ってエレベーターで2階に上がっても良いのですが、部屋のすぐ前に階段があるので、階段で上に上がり、中庭を見下ろしながら通路を行きます。

d0264892_01433653.jpg
エントランスが見渡せました。左上の車が写っているところが15号線。

d0264892_01441930.jpgd0264892_01452893.jpgd0264892_01453909.jpgd0264892_01462657.jpg
浴室への入り口には湯上りスペース。その奥で飲泉できます。

d0264892_22560928.png

d0264892_22564254.png
(写真はHPから)ph9.1。 アルカリの滑らかなお湯です。内湯も露天もシンプルですが、インフィニティプールのような露天は景色に溶け込み、木の上にいるようです。風が相当強く吹いていて、湯船から出ると寒いくらいでした。

<夕食>
庭園付きの部屋では、食事を部屋でいただくことができます。

d0264892_23254299.jpg


d0264892_23255818.jpgd0264892_23262973.jpgさすが伊豆。久しぶりに豪華なお造りの盛り込みです。
山葵ももちろん生をおろして。

シンプルな前菜。
d0264892_23264389.jpgd0264892_23265845.jpgせっかくの伊豆ですから、
別注で鮑を、躍りと温泉蒸しで。

ワインは下田ワイン。
d0264892_23271232.jpgd0264892_23272891.jpg大きな金目。
濃からず薄からず、
さすがプロの腕、上手に煮えてます。
d0264892_23274313.jpgd0264892_23281326.jpg肉と野菜のほどよいバランス。
d0264892_23282707.jpgd0264892_23283742.jpgd0264892_23284725.jpg
止め椀の出汁は昼間海辺で見た貝に似ています。美味しい味がでていました。

鮑を別注で追加しなければやや軽めのボリュームだったかもしれませんが、海にちかいだけあって、魚介はどれも新鮮で、シンプルな味付けが合うと思いました。

<朝食>

バイキングか部屋での食事か、選ぶことができますので、お部屋食でお願いしました。
洋食、和食も選べます。
いつものように、ツレアイが洋食、私が和食です。
d0264892_23291298.jpg
内容も、ボリュームも、最近では一番の朝食でした。
洋食にはスペアリブが、和食には温泉たまごのほかに卵かけご飯用の卵もついていました。おなかいっぱいです。

d0264892_23294463.jpg
食後のコーヒーは部屋のコーヒーメーカーで出します。 テラスのテーブルで庭の眺めながらゆっくり飲みました。

良いお天気です。チェックアウトは11時。海岸線をドライブする予定です。
by spring-ephemeral | 2018-05-19 00:08 | お宿記 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://aprilmoon.exblog.jp/tb/26800433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2018-05-20 17:20 x
その昔、暑い時期には 「カナダ」で、寒い時期には「オーストラリア」で過ごすのが夢でしたが、
それが 暑い時期には 「北海道」で、寒い時期には「石垣島」で過ごすのが夢になり、
今は 暑い時期には 「那須」で、寒い時期には「伊豆」で過ごすのが夢になっています。(笑)
どれも 実現しないので 「北極」でも「アフリカ」でもいいのですけど、、、。(笑)

でも 素晴らしいお宿を教えていただきましたので、
しっかりメモメモして 次のチャンスに生かしたいと思います。
Commented by うつきよう at 2018-05-21 00:43 x
shinmama様、

 それこそ昔なのですが、
 母が真冬にオーストラリアにゴルフに行き、
 帰って来てから「寒いときに暑いところに行くものじゃない」とぼやいてました。
 気温差と乾燥で肌がカサカサになったんだとか。
 まあ、寒い上田の住人ですから、真夏のオーストラリアは刺激が強かっただろうと思います。(笑)
 
 でも寒い時期の伊豆は大正解だと思います。
 夏の伊豆は地獄の大渋滞にはまります!
 
 伊豆の宿は選択肢が多くて迷いますね。
 海辺はもちろんのこと、
 山の手も捨てがたいです。 
Commented by よし坊 at 2018-05-21 20:22 x
観音温泉でないのなら、下田東急ホテルかセントラルホテルだろうと想像しておりました。
名前からすると何所が下田の中心(セントラル)だよ?と思うような場所に有りますからね。
僕は泊まっていませんが家内は泊まっています。うつきよう様が泊まるようなグレードの高い部屋ではないですが。
静岡県内にお泊まり頂き有難い事です。
Commented by パンジー at 2018-05-21 23:47 x
以前下田に行ったときどこに泊まったっけ?
すっかり忘れてしまってます(笑)
このホテルでなかったことだけは確かです。
伊豆辺りも行ってないなぁ~と、ぼやきながら拝読。
週末からの寒さが、温泉を渇望させてます。
「いいなぁ~」と、ため息が出ました❢
Commented by うつきよう at 2018-05-22 01:33 x
よし坊様、

 やはりご存知でしたか。
 セントラル? 確かに(笑)
 名前を見たとき、下田の街に近いところにあるのかと思いましたが、
 場所を確かめたらここでした(笑)
 接客の丁寧な、印象の良いホテルでした。
 観音温泉も近いですし、このあたり、温泉が豊富なんですね。 
Commented by うつきよう at 2018-05-22 01:42 x
パンジー様、

 週末から気温下がりましたものね。
 もっとも、これが通常の今時期の気候?
 もはや、なにが普通かわからなくなっています(笑)
 昼は夏日でも夜は下がるので、まだこたつが片付けられずにいます(笑)
<< 南伊豆 マーガレットライン 2... 堂ヶ島散策 2018年5月 >>