金沢へ 2018年4月

<2018年4月21日>

 昨年のこと、母が、「新幹線も速くていいけどトンネルばかりでつまらないから、列車に乗って景色を見ながら行くような旅行がしたい」、と言い出しました。
 私はマニアではありませんが、結構列車利用の旅行をしてきて、それなりに詳しいつもりでいますので、お安い御用です。

 そうはいっても、上田から在来線を乗り継ぐことは、それこそマニアでもない限り現実的ではないので、どこに行くにしても、まずは新幹線で出発します。
 その先、すぐに思いつく路線が2つありました。
 そのどちらにしようか逡巡しましたが、いろいろ考えた結果、北陸新幹線で金沢まで行き、七尾線に乗り換えて和倉温泉に行くことにしました。

 和倉は、母は父と、私もツレアイと、それぞれ何度か行っていますし、私にとっては、たいへんに思い出深く、強く印象にも残っている温泉ですが、
 母はむろんのこと、私ももう何年行ってないでしょう!

 かかる時間も、新幹線が約1時間40分。 七尾線の特急で1時間少々と、足と腰が悪い母にも負担が少なくて済みます。
 さらに、七尾線には 『花嫁のれん』 号という、特別な観光列車があるのです。 せっかくですからそれに乗りたい!

 かくして、和倉温泉に泊まって、『花嫁のれん』 に乗る旅の行程が決まりました。

   ちなみに、もうひとつは、新潟まで新幹線で行き、羽越本線の特急 『いなほ』 に乗り換えて、秋田方面へ行く案でした。
     秋田方面に向かって左側の座席に座れば、日本海を眺めながらになりますし、
     特に笹川流れ のあたりでは、眼下間近に海を見下ろしながらの絶景が楽しめるところでした。

 当日4月21日は上天気に恵まれました。

 
d0264892_1502194.jpg


d0264892_1504550.jpg


d0264892_151541.jpg
北陸新幹線は、トンネル続きで、トンネルを出たところが駅、というような路線ですが、
トンネルを出るたび、右手に日本海、左手に雪が残る後立山連峰や剣・立山などを垣間見ることができました。

 金沢到着は11時2分。
 金沢ならではのお昼ご飯を予約してあります。

  
by spring-ephemeral | 2018-04-26 02:01 | おでかけ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://aprilmoon.exblog.jp/tb/26707134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2018-04-26 08:58 x
在来線にはそれなりの良さがありますからね。僕も嫌いでは有りません。
東海道新幹線に乗っているとトンネルの事はあまり感じませんが北陸新幹線はトンネルが多いんですね。
金沢ならではの昼ご飯? なんなんでしょうか?これは楽しみ!
Commented by ニャン at 2018-04-26 11:39 x
ご無沙汰しておりました。申し訳ありません、、、。
母が滞在、その後、親族に不幸がありまして・・・まだ、若かったので しばらく落ち込んでおりました、、、。
少し気持ちも落ち着きましたので、皆様のブログを順番に拝見している今日です。^^
「つつじ亭」さん、落ち着く良い宿ですね。
そして、今回は和倉温泉へ。^^羨ましいです。
私は、新幹線より在来線の特急等を乗り継ぐ旅が好きです。♪
「花嫁のれん」一度乗ってみたいと思っている列車なのでブログ楽しみにしています。
Commented by うつきよう at 2018-04-27 01:18 x
よし坊様、

 東海道新幹線は、広い平野部を通るので、全体からみるとトンネル部分はさほど多くありませんね。
 北陸新幹線は、山間部や、海と山の間の狭いところを通るのでトンネルばっかりです。
 トンネルを抜けると駅、駅を出ると次のトンネル・・・の、ほとんど繰り返しです(笑)
Commented by うつきよう at 2018-04-27 02:20 x
ニャン様、

 そうでしたか。
 お母様がいらっしゃるのは伺っていましたが、
 ご不幸がおありだったのですね。
 お悔やみ申し上げます。
 若い方を送るのは辛いことですね。
 気持ちが落ち着かれてよかったです。
 少しずつでも、お元気取り戻してくださいますように。
 「花嫁のれん」、取りにくいなんて知らずに、気楽に計画を立てたのですが、
 取れてよかったです。
 JTBの担当さんは、発売日にはかなり気合入れてPCのキーボードを叩いたらしいです(笑)
<< 金沢で生麩料理 『宮田 鈴庵』... 長野はまだまだ桜満開 >>