雨氷と樹氷・純白の峠

 2016年1月末、扉温泉『明神館』や、美ヶ原『王ヶ頭ホテル』の宿泊客が孤立したニュースはご存知の方も多いと思いますが、
 その原因となった雨氷による停電や、通行止めは、松本のみならず、上田や山形村にかけて広範囲に及びました。

 雨氷は、氷点下になっても凍らない雨が、樹木などに触れた瞬間に凍りつく現象です。 一本の木当たり1トンの重量がかかるといわれます。
d0264892_23211039.jpg


私がよく行く太郎山の標高は1164メートル。 まさに、その範疇にあります。

<2016年2月2日>

太郎山の2つある登山口のうち、山の裏側にある「裏参道登山口」の標高は約700メートルです。
d0264892_23222087.jpg
登り始めてまもなくの山は特段変わった様子はありませんでした。

d0264892_23232730.jpg
子どものカモシカに会ったりしながら登って行くと・・・

d0264892_23241823.jpg
松の木が倒れています。 

d0264892_23250681.jpg
葉先まで氷に覆われた名残があり、雨氷による倒木だとわかります。 このあたりでまさに標高約850メートルでしょう。

太郎山では、10年ほど前にも雨氷が降ったことがあり、倒木や枝折れなど、甚大な被害を被りましたが、今回はそのときほどの影響はないように思われます。


さらに登り、標高が900メートルを超えてくると、木々は雨氷によって氷に覆われたままの状態を保っていました。 (写真の木はコブシです。)
d0264892_23260504.jpg
d0264892_23263603.jpg
 
見上げると、太陽があたる梢の氷が七色の光を放ち、キラキラとダイヤモンドをちりばめたように輝いていました。 きらめきを写し取れず残念です。

d0264892_23273507.jpg
もう少し標高が高くなると、つららもできずに氷に覆われています。(ヤマツツジ)
d0264892_23282340.jpg
d0264892_23283590.jpg

そして峠。標高は1000メートルちょっと
息を呑む世界が広がっていました。
d0264892_23314373.jpg

 雨氷の氷で覆われた木々に、さらに雪が樹氷となってそのうえを覆い、差し込む日差しがあたりを純白に包んでいます。
 長く太郎山に登っていますが、かつて見たことのない美しさに、しばし時を忘れていました。
 少しでも、写し撮れていると良いのですが・・・
d0264892_23340762.jpg
d0264892_23345062.jpg
d0264892_23332965.jpg
d0264892_23330325.jpg








by spring-ephemeral | 2016-02-05 02:53 | 太郎山便り | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://aprilmoon.exblog.jp/tb/22849680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zuxtotabi at 2016-02-05 12:55
雨氷、綺麗ですね。
しかし、雨氷で倒木や倒木による停電などの被害をもたらすことがあるんですね。
宿泊客の方が孤立した。このことも知りませんでした、、、。
1月末ということは1月31日ですよね?
この日私達は開田高原から日本海を目指して車を走らせていました。
木曽路(国道19号線)で同じような光景を目にしました。とても綺麗でした。
霧氷?と思っていましたが雨氷だったのでしょうか?
Commented by zuxtotabi at 2016-02-05 13:03
追記
今日、もう一つのブログに1月31日に撮った写真をアップします。
雨氷?霧氷?樹氷?なのかはわかりませんが、ご覧いただければ嬉しいです。^^
Commented by うつきよう at 2016-02-06 00:11 x
ニャン様、

 雨氷の場合、幹といわず、枝葉といわず、木全体が氷で覆われてしまいますので、たいへん重くなって、
 針葉樹、広葉樹を問わず、折れたり倒れたりします。
 百本以上倒れて道をふさいだり、電線を切ったりしたそうです。
 木には気の毒ですが、
 雨氷の後はほんとうにきれいです。

 お写真拝見しました。
 木曽平沢のあたりは雨氷が降った範囲に含まれるので、
 ご覧になった景色は雨氷の名残と思います。
 きれいですね~!
Commented by パンジー at 2016-02-06 12:59 x
息をのむような美しさですね。
冷たい中を上っていた御褒美でしょうか?
これだけの景色が見られるなら、私も行ってみたい・登りたい。
それにしてもなんと軟弱な奈良の冬!!
「寒いぃ~」と言っても、今年の最低はまだ―3.7度。
例年になく、凍る事も少なく、総じて穏やかな冬でした。
もう一度冷え込むそうですが、奈良ではお水取りが春を呼んでくれます。
Commented by よし坊 at 2016-02-06 16:52 x
ニュースで大変な事だと思っておりましたが太郎山もそんな状態でしたか。凄いですね。
昔菅平から峰の原に向かう途中(だったと思うのですが?)で雨氷に遭遇した事が有りました。綺麗でした。
やっぱりカモシカに会えるんですね。
Commented by うつきよう at 2016-02-06 23:34 x
パンジー様、

 私ひとりだけだったのですが、「きれい~!」と叫んでおりました。
 久しぶりに頑張ってよかったと思いました。
 冬とはいえ、あまり寒くないほうがいいですよぉ。
 前半が穏やかだったので温度急降下が堪えます。
 「暖冬じゃなかったの?」と文句たらたらです(笑)
 お水取りと聞くと、奈良から遠く離れた地にいても
 冬の終わりを感じます。
 
Commented by うつきよう at 2016-02-06 23:49 x
よし坊様、

 今回の雨氷はずいぶん広範囲だったようです。
 太郎山のように人家もないところならそう大きなニュースにはならなかったかもしれませんが、
 宿泊施設の孤立ということで、報道も大きくなりましたね。
 雨氷で凍りついた様子は、普通の樹氷とまた違って、きれいですよね。
 今回も菅平はきれいだったでしょうね。
 カモシカにはこのところよく会います。
 この子どもも近かったですよ。2メートルくらいのところにいて、逃げませんでした。
 
 
<< 爪の補修 架空請求詐欺メール >>