『東府や Resort & Spa-Izu 』 ~館内~

<11月1日>
 
 雨の中、 『東府や Resort & Spa-Izu 』(以下、『東府や』)に到着しました。

 さて、 どう整理し、まとめたものか・・・


 『東府や』 さんは広くて、着いたばかりは位置関係を把握するのにせいいっぱいで、まともな写真が撮れず、
 翌日2日の朝、改めて撮り直し、 まずは、館内の様子からまとめることにします。

d0264892_2248414.jpg
ロビーでチェックインの手続きのあと、いただいた地図です。
これほど広い敷地にあるとは思いませんでした。
地図上で、一通り概要を聞いて、改めて部屋に案内してもらいます。
d0264892_22513196.jpg
ロビーは、地図の左端、玄関棟にあります。

d0264892_2252466.jpg
ロビーからワンフロア上がり、香風橋を渡って、本館に入ります。

d0264892_22584096.jpg
香風橋から、ガラス越しに玄関の方を振り返りました。

d0264892_22594949.jpg
右に見えている「蔵の間」も客室です。

この手前に内湯入り口、奥に西館入り口があります。
つきあたりの明るくなっているところからテラスに出ます。

d0264892_238941.jpg

この水音(すいおん)テラスからは屋根のない外になります。
木の幹に隠れましたが、右側に、食事処 「懐石茶や 水音(すいおん) 」があります。

中央やや右の、名札のかかっているのは、「子持ち柿」という珍しい柿でした。
柿の中にもうひとつ柿が入っているのだそうですが、外からはわかりません。
d0264892_23164780.jpgd0264892_2317122.jpg

d0264892_23201957.jpg
前日からの雨で、水音の屋根は、まだ濡れていました。

d0264892_23225621.jpgd0264892_23232380.jpg
吉奈川にかかる二つ目の橋、「芳泉橋」を渡ります。 芳泉橋は大正14年竣工の橋です。

d0264892_2330394.jpgd0264892_23302249.jpg
左は下流。右が上流。カエデがそろそろ紅葉でした。

ここから、ヴィラスイートの並ぶ、庭のエリアに入って行きます。

d0264892_23324487.jpg
朝、庭の手入れをされる方があちこちにおいででした。

手前の方の右に「唐人お吉館」と、その庭があります。

d0264892_23341490.jpg唐人お吉は、この『東府や』で、二年間に渡り、湯治をしたそうです。
d0264892_2342844.jpg
d0264892_23422680.jpg
右側の蔵づくりの建物はヴィラスイートのお部屋です。

d0264892_2343128.jpg
緩い坂を上がっていくと、右側に現れるのが、「大正館芳泉」です。

d0264892_2346484.jpgd0264892_2347285.jpg
このフォードは、ナンバー登録されていて、現役です。
走ると、「すごく大きな音がするので、みなさん、振り向かれます」 と案内してくださる係りの方がおっしゃってました。
ここは、ミルクホールとして、夕方5時まで、ケーキやドリンクがいただけます。 宿泊者はビール、スパークリングワイン、ソフトドリンクなど、無料で好きなだけOK。


d0264892_010145.jpg
奥に、我が家の部屋が見えてきました。

d0264892_05039.jpg
富士見平へ登る遊歩道は、雨なので歩きませんでした。
次に持越しです。

d0264892_071992.jpg
つきあたりが、我が家が泊まる部屋です。
d0264892_0162841.jpg










 
 
by spring-ephemeral | 2014-11-06 00:38 | お宿記 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://aprilmoon.exblog.jp/tb/21276194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2014-11-06 11:31 x
驚きました!!
全く別の東府やです。
規模だってこんなに大きくなかったと思うし第一こんな洒落て無かったし、田舎の何所にでもある温泉宿でした。
倒産して新しい経営母体で再開して以前にも増した素晴らしい宿に大変身したんでしょうね。
行く価値充分あります。
ただし我が家はグレードの高い部屋には大蔵大臣がダメって言うだろうな〜
Commented by みやび at 2014-11-06 21:07 x
うぁぁ~、広いですね。
お部屋に着くまで何分掛かるのでしょうか。
フォードは送迎車として使われているのでしょうか。
乗ってみたいです。
Commented by パンジー at 2014-11-06 22:12 x
いやぁ~、こりゃまた広いこと❢
びっくりいたしました。
蔵のお部屋、ちょっと中覗いてみたいですね。
う~ん、是非とも行きたいお宿がまたまた一つ増えてしまいました。
120歳位まで元気でないと、制覇できないんじゃぁないかしら…(笑)
次は何が出てくるのかしら?
楽しみです。
Commented by うつきよう at 2014-11-06 22:51 x
 よし坊様、

 そうですか。
 すっかり新しくなったんですね。
 古い橋なんかもしっくり溶け込んで、雰囲気良かったです。
 そこはひとつ、よし坊様のポケットマネーで奥様をご招待、というのはいかがでしょう?
Commented by うつきよう at 2014-11-06 23:01 x
 みやび様、

 それがまた、一番はずれのお部屋だったので、距離も一番遠く・・・
 それでも、玄関ロビーから5分はかからなかったような・・・
 きょろきょろしながら、歩いていると、いつの間にか部屋に着いていました(笑)
 フォード、気になりますね。
 いつ走らせてくれるのか、聞きそびれてしまいました^^;
Commented by うつきよう at 2014-11-06 23:20 x
 パンジー様、

 パンフレットで見ているときは、この広さが全くわからなかったので、びっくりしました。
 歩きながら、きょろきょろ、きょろきょろ・・・
 雨だったので、傘さして、道を歩いて部屋に行くなんて、初めてのことでした。

 このあとも、目いっぱい力入っちゃいます!(^^)!
 
 
 
<< 『 東府や Resort & ... 伊豆、吉奈温泉へ >>