六里ヶ原の浅間山

 6月23日、
 軽井沢、六里ヶ原を通るのは何年ぶりでしょう。
 7、8年前、浅間山が噴火したときに噴煙を見に来て以来です。

 中軽井沢を抜け、146号線を登り詰めて、鬼押ハイウェイを少し走ると六里ヶ原が現れます。

d0264892_12173.jpg



 舗装された駐車場ができ、休憩所ができ、すっかり様変わりしてしまいましたが、ここから見る浅間山は迫力です。 噴煙が少し上がっています。

d0264892_1439100.jpg


 反対に目を転じれば、はるか下方まで、古い溶岩流の跡がわかったのですが、芝生にさえぎられて展望はなくなりました。 それでも遠く、県境の山並みが望めます。

d0264892_1101565.jpg


 さらに鬼押ハイウェイを群馬側に進みます。
 左には荒涼とした裾をひく浅間がついてきます。
d0264892_116694.jpg

 山腹右に黒々と見えるのが天明三年(1783年)の大噴火の際流れ下った溶岩流です。
d0264892_1212888.jpg

 冷え固まった溶岩が「鬼押し出し」になりました。
d0264892_1281580.jpg

d0264892_1285766.jpg


 自然は姿を変えて再生します。
 鎌原の村を飲み込んだ溶岩も、230年の時を経て、ゴルフ場になり、嬬恋のキャベツ畑となりました。
d0264892_1333935.jpg

d0264892_134834.jpg

# by spring-ephemeral | 2012-07-10 01:43 | おでかけ | Trackback | Comments(4)