<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今シーズンも 『ゆめや』 で蟹を食す

<2017年12月9日>

 岩室温泉 『ゆめや』さんにでかけました。
 2年、いや3年目になるかもしれません。
 冬のこの時期ですから目的は温泉と蟹です。
 
 上越新幹線で「燕三条」へ。

d0264892_138332.jpg

d0264892_140321.jpg

d0264892_1403492.jpg
長野も群馬もお天気は良かったのですが、「国境の長いトンネルを抜けて」新潟の平地へ下りるに従ってどんよりと雪模様になりました。

d0264892_1444369.jpg
「燕三条」もときおり小雪がちらつきます。 宿の送迎をお願いしてありました。 乗ったのは我が夫婦のみでした。

d0264892_146336.jpg

d0264892_1465613.jpg
弥彦神社の大鳥居をくぐり、はぜ木の公園を通り、いつものコースを宿に向かいます。

d0264892_148418.jpg
宿に連絡するポイントがあるようで、途中2、3ヶ所で運転手さんが宿に「今どこそこです」と連絡をいれます。 
『ゆめや』 の駐車場に入っていくと、 門の横で宿のスタッフが待っていました。

d0264892_1515213.jpg

d0264892_152202.jpgd0264892_1524454.jpg
d0264892_153879.jpg
門をくぐり、玄関からロビーへ。

d0264892_1552342.jpg
新潟は雪が多いところというイメージで、たしかに全体をみればそうなのですが、実は弥彦のあたりはあまり降らないのだそうです。
 この日は2日ほど前に降った雪が庭にもたくさん残っていましたが、これほど降るのは、しかも12月の上旬という時期にしてはたいへん珍しいとのことでした。

 ※ 後日、たまたまTVのとある番組のお天気コーナーを見ていましたら、気象予報士が、大陸からの雪雲の流れが佐渡島にぶつかって二手に分かれ、佐渡の影にあたる新潟市やその周辺にはあまり到達せず雪が少ない、という話をしていました。
 『ゆめや』 で聞いたことを思い出して、おおいに納得しました。


d0264892_2183089.jpgd0264892_22216.jpg
胡桃の入った柿のお菓子とお茶をいただき、部屋に案内してもらいます。 

d0264892_222292.jpgd0264892_2225350.jpgd0264892_2231839.jpg
部屋はいつもの 『横笛』 のお部屋。 ベッドルームがリニューアルされたと聞いていますので楽しみです。

d0264892_2283894.jpg

d0264892_229824.jpgd0264892_2292877.jpg
リビングと支度部屋のある主室と、洗面所の先に露天風呂。 洗面所の向かいにベッドルームがあります。

d0264892_2314788.jpg
位置は同じですが、以前は普通の和室で「暗い」という声が聞かれた部屋は、明るくモダンな寝室に変わっていました。 

d0264892_1144913.jpg着替えてお風呂へ。

浴衣もありますが、
館内着が新しいデザインになりました。
パリっとした上着と柔らかなズボン。
着心地良いです。

d0264892_119381.jpgd0264892_1211840.jpg
d0264892_1223971.jpgd0264892_1232362.jpg
取り立ててどうということのない庭の露天風呂ですが、なぜかとても落ち着けて、好きなお風呂です。

d0264892_1355692.jpg
湯上りには ラウンジ「ことりは」 に寄って冷水を。

d0264892_1382839.jpg
庭に灯かりがともり、夕食の時間が近づきます。

<夕食>

夕食は部屋でいただきます。

d0264892_1394664.jpg
蟹は北陸で越前蟹を食べたいところですが、タグつきともなると、なかなか手がでません。 
ノーブランドでも、佐渡沖の蟹なら遜色ないはず、と 『ゆめや』 さんで蟹ですが、せっかくの『ゆめや』さんですので、他のお料理もいただきたく、蟹尽くしではないプランでお願いしています。

d0264892_1475899.jpgd0264892_1481993.jpgd0264892_1484199.jpg
白子のポン酢、可愛らしさがのぞく前菜、食前酒は日本酒「弥彦山」。

d0264892_1554094.jpgd0264892_156420.jpg鮟鱇の粕仕立て。

お造りに蟹を洗いをつけてもらいました。


d0264892_1584174.jpgd0264892_159667.jpg
蟹は宿お薦めの 「せいろ蒸し」 と 「石焼」 で。 味噌もたっぷり。 満足、満足。

d0264892_204969.jpgd0264892_21914.jpgノドグロの塩焼き。

名物 ゆめや饅頭。


d0264892_221396.jpgd0264892_223128.jpgd0264892_224933.jpg
デザートまですっかりいただきました。 美味しかったです。

d0264892_245814.jpgd0264892_251460.jpg食事の後には、着替えとお休み前のカモミールティ。


<2017年12月10日>

d0264892_2125513.jpg

d0264892_2131880.jpg

d0264892_214674.jpgd0264892_2133925.jpg
朝のお風呂の帰りには
「ことりは」 で朝の飲み物をいろいろいただきます。
これも楽しみです。


<朝食>

朝食は2階のホールに出向きます。

d0264892_2215294.jpgd0264892_2221830.jpg
オープンキッチンで板前さんが調理をし、熱々で運ばれてきます。

和食か洋食が選べますが、
前回も書きこんだように記憶していますが、和食を選ぶことがほとんどの私ですが、『ゆめや』さんでは洋食と決めています。
そして、今までのいろいろな宿での朝食のなかで、『ゆめや』さんの朝食が特に気に入っています

d0264892_2295524.jpg

d0264892_2302032.jpgd0264892_2303627.jpgd0264892_2305016.jpg
今回も美味しかった。 

d0264892_2344194.jpg

d0264892_235415.jpg
d0264892_2353210.jpgd0264892_2354412.jpgd0264892_2355927.jpg
さりげなく、花や小物が飾られた館内。

燕三条まで送っていただく予約を入れています。
チェックアウトは11時ですが、 送迎車が12時発なので、12時までいられるのが嬉しいです。

d0264892_1372420.jpg

d0264892_1374338.jpg
 時雨れては晴れ、晴れては時雨れる、冬の日本海側の天気です。 
弥彦山、田んぼのはぜ木、新潟らしい風景を見ながら駅へ。 送迎利用は私たちだけでしたので、申し訳ないようでした。

<おまけ>

d0264892_1412757.jpg
 のどかな景色ですが、実はがっかりしているところです。
 といいますのは・・・

 送っていただくのが私たちだけということもあって、早めに宿を出発することができました。
 一本早い新幹線に乗れそうな時間に燕三条の駅に着いたので大急ぎで「みどりの窓口」に行き、
 時計とにらめっこしながら、一本早い新幹線に変更してもらいました。
 そのとき、確認すればよかったのです・・・
 あと1分で階段を駆け上がり、「やれ間に合った」 と、来た新幹線に乗ったのですが、座席が無い
 乗務員さんに尋ねると、「お客さん、逆方向です。」
 なんということ! 私としたことが・・・上りと下りのホームを間違えた!

 というわけで、一駅隣の終着駅新潟へ行くはめに。
 結局、元の新幹線に乗って帰ってきました。
 写真は燕三条から新潟へ向かう途中、こんなことでもないと乗らない区間なので、自虐の一枚でした。
 
 
by spring-ephemeral | 2018-01-17 02:10 | お宿記 | Trackback | Comments(3)

クリスマス 「コンサート&ランチ」 2017年12月

 2018年も明けて十日が経ちました。
 十日という実際の時間の長さよりはるかに遠くへお正月が過ぎ去ったような感覚がします。

 昨年の話題は昨年のうちにブログアップ、と思っていたのですが、結局11月分までしか間に合いませんでした。
 新しい年になりましたし、思い切ってリセットして、新しい年の話題から、とも思ったのですが、
 なにかと記憶があやふやになってきた昨今、 
 記録として残しておけるブログは、やはりありがたい。

 昨年12月分からの再開となりますが、
 今年もおつきあいのほど、よろしくお願いいたします。

<2017年12月8日>
 
d0264892_1555411.jpg
 昨年 「クラシック音楽に親しむ講座」 というのが数回開かれたのは、チラシなどで目にはしていたものの、チャンスがないままでしたが、
 今回は昼間の、しかもランチ付き。 これはありがたい。
 さっそくチケットを買いました。

d0264892_0274412.jpg
 会場の 「東急REIホテル」 は上田駅温泉口すぐ。
 12月に入って、クリスマスの飾りつけがあちこちに見られ始めた頃でした。

d0264892_03021.jpg
 座席は当日受付順に好きな席を選ぶようになっていました。
 演奏のあとランチということで、10卓ほどの丸テーブルがその座席です。
 ステージ前に3つあるうちの、やっぱり真ん中がいいかな・・・と思っていると、そのテーブルの真ん中の座席にはチェロの渡部先生(スタッフがそう呼ばれるので)が座られて、一緒に食事をされるとのこと。
 初めて参加の私が陣取っては申し訳ない気がしていると、スタッフが「どうぞ、どうぞ」と勧めてくださるので、
 図々しくも、先生のお隣を選択しました。

d0264892_0363676.jpg
 チェロもバイオリンも、これほど間近で聞くのは久しぶりです。 
 渡部先生が曲の解説や、こぼれ話をなさりながらプログラムが進みます。

 バイオリンの對馬さんがソロで弾かれたパガニーニの「24のカプリース」の中の24番は、ピチカートやスピカート、フラジオレットなどのあらゆる技巧を網羅して弾かれる、難曲中の難曲ですが、
 弾くにつれ高音の伸びが素晴らしく、フラジオレットも音がかすれず、まるで容易い曲であるかのように軽々と弾かれて見事でした。
 右手の弓の動き、左手の指の動き、一番前で見られて良かった!

d0264892_0551770.jpg

d0264892_0553116.jpg
 料理の写真は遠慮してメニューのみ。 魚は鰤。 肉は信州ハーブ鶏。 

 對馬さんは隣のテーブルに。 私の左横には渡部先生、右隣には、賛助演奏としてピアノを弾かれた町田さん(彼女はまだ音大生です)が席に着かれて、ランチです。

 食事をしながら、渡部先生や町田さんとお話ができて、良い席でした。

 プロの演奏家はみなさん小さなうちから楽器を習い始めますが、
 特にバイオリンは遅くとも5歳までに始めないと、プロになるのは難しいとか。 逆に言えば、プロのバイオリニストはだいたいみなさん5歳以下で始めていらっしゃるのだそうです。
 對馬さんも3歳で始められたそうです。

 大学生のとき、弦楽アンサンブルのサークルでバイオリンを弾いていた友人に、「ある程度大きくなってから始めると、弾けるようになるのはメンコン(メンデルスゾーンのコンチェルト)までで、チャイコン(チャイコフスキーのコンチェルト)は弾けない」 と聞いたことがありました。
 その話を渡部先生にすると・・・
 メンデルスゾーンが簡単というわけではなく、十分難曲ですが、当時は市井の人でもバイオリンを嗜む人がたくさんいたそうで、そういうアマチュア演奏家が歯が立たないような難しい曲を書いても、楽譜が売れなかったのだとか。 

 なるほど、そういうことだったのか!
 
 食事の合間にはお二人のプロに「質問コーナー」などもあり、
 演奏も、お話も、食事も、楽しくおいしいひとときでした。

d0264892_149405.jpg
プログラムにお二人のサインもいただいてきました。

 渡部先生はお話も幅広く、曲に関するいろいろな話題を提供してくださいます。
 今年も 「クラシック音楽に親しむ講座」 は開かれるそうですので、 機会があれば出席してみたいと思います。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
by spring-ephemeral | 2018-01-10 01:34 | コンサート・ギター | Trackback | Comments(7)

三が日ももうおしまい

<2018年1月3日>

 お正月になったと思ったら、
 早や三日。

 お正月なのに・・・?
 お正月だから・・・?
 お正月だけど・・・?

 なんだか忙しく過ぎました。
 考えてみれば、普段の日と、やることはそう変わりませんものね。
 朝寝坊ができる分、使える時間が少なくなったということかあ。

 お正月のあいだにPC内の写真を整理しようと思っていたのですが、いまだ手付かずです。
 これから頑張って、
 それから通常のブログに戻るのつもりです。

d0264892_2349933.jpg
朝、うっすら雪が積もって、久々に寒さを感じました。 
我が家の梅は今年たくさん花芽をつけています。

 



 
 
by spring-ephemeral | 2018-01-04 00:04 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)

あけましておめでとうございます

<2018年1月1日>

 元日の朝は最低気温が-4℃という、暖かで穏やかな幕開きとなりました。
 
d0264892_2401412.jpg
良いお天気で、お寺に年始のお参りに伺うにも、ありがたい日でした。


 良い一年になりますように。
 
 今年もおつきあいのほど、なにとぞよろしくお願いいたします。
by spring-ephemeral | 2018-01-03 02:58 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)