<   2017年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

箱根仙石原 『きたの風茶寮』

<2017年4月15日>

  『きたの風茶寮』 は初めて聞く名前でしたが、パンフレットの写真に見覚えがありました。

 かつて 『元湯場 沙羅亭』 と言い、ツレアイと泊ったことがあります。
 定かではありませんが、どうやら2010年ころ閉館になり、その後、北海道の「野口観光グループ」がリノベーションを施し 『きたの風茶寮』 としてニューオープンしたようです。

 名前が変わって、どんな宿になったのか泊ってみたいと思いました。

 仙石原のバス停「仙郷楼前」のすぐ前、ちょうどカーブの曲がり角に門があって、うっかりすると通り過ぎてしまいます。

d0264892_252572.jpg
今回は箱根湯本からタクシーを利用しましたが、少し早めに到着したためか、玄関を入って行くまで宿のどなたも気付かれなかったようです。

d0264892_285897.jpg

d0264892_292092.jpg
中に入ると、スタッフはにこやかに迎えてくださって、レセプションの前のロビーに案内されました。

d0264892_2112039.jpgd0264892_2113429.jpg

d0264892_2115468.jpg早いといっても15分くらいなものでしたが、
それにしてはバタバタされていて
お茶を出してくださるのも少々手間取り、
そうこうする間に次のお客さんがお見えです。

大丈夫かしら、と思いましたが、
この後は何の問題もなく
気持ちの良い接客でした。

d0264892_2191767.jpgd0264892_2194892.jpg
ロビーからフリードリンクのあるラウンジ、野口文庫のライブラリーと続き、その横の通路を客室に向かいます。(写真は夕食後に撮ったものです)

d0264892_222968.jpgパンフレットにあった写真はこの水盤です。
写真は向こう側からこちら側を写したものでした。

『きたの風茶寮』 は全10室。 うちJTBと契約があるのは2室のようです。 1室は、以前に泊まった、まるで竹林の中にいるかのような露天風呂がついた1階の部屋で、当時は和室でしたが、今は和ベッドが設えられています。
今回、母を伴っていますので、畳にふとんよりは楽なものの、和ベッドではまだ高さが足りません。
もう1室の、通常のベッドが2台の和洋室のほうを取ってもらいました。

d0264892_10552122.jpgd0264892_1055412.jpg
部屋は2階の最奥です。 母は杖を使用していますが、自宅の部屋も2階にあり、ふだんから階段を上り下りしていますので、 一段一段ゆっくりですが、見た目ほど大変ではなく、本人も苦にしていません。 家の階段より段の高さがないので楽だそうです。

d0264892_10374971.jpgd0264892_1038795.jpg
部屋の鍵に年季を感じます。 新しくされても良かったような?

d0264892_10591894.jpgd0264892_10594115.jpg入り口を入ってすぐのところに水周り。
奥に部屋。

トイレは写っていない背後、入り口すぐ横にあります。


d0264892_22311482.jpg洗面はシングルボウル。
d0264892_22321239.jpgd0264892_22323365.jpg洗面所の奥に、びっくりするほど大きな内湯(温泉ではありません)と、
なんと、サウナつきでした。

サウナ好きの母にはうってつけでしたが、
温度は低めでした。

部屋は、8畳の和室、8畳の和室リビング、ベッドルーム、テラスには露天風呂とシャワースペースがあります。

d0264892_224747100.jpg

d0264892_22491834.jpgd0264892_22493468.jpg
d0264892_22502333.jpg

d0264892_22565124.jpgd0264892_2257731.jpg
d0264892_2257399.jpg
温泉は大涌谷から引湯しています。 硫黄泉、白濁のお湯です。

d0264892_236402.jpgd0264892_23734.jpgd0264892_2381380.jpg
冷蔵庫内はフリー。 

以前あった大浴場はなくなり、貸切の露天風呂はそのまま変わらずに貸切の露天風呂としてあります。

d0264892_095636.jpgd0264892_0114274.jpg
1階に下り、通路脇の出口から庭を進むとどこかアジアンテイストの露天風呂があります。 屋根なしのため、天候によっては使用できません。 シャワーがひとつあります。
この露天風呂、以前は壁も白くておしゃれな印象でしたが、年月が経ったのが如実に現れていました。 

<夕食>

d0264892_184011.jpgd0264892_191476.jpg
食事は1階の食事処へ出向きます。 以前大浴場があったところを中心に新しく設けられたようです。

d0264892_1121911.jpgd0264892_1124083.jpg
d0264892_113314.jpg

d0264892_1144226.jpgd0264892_115491.jpgd0264892_1174865.jpg出汁がシャーベットになっていて、
融けて鍋になる趣向です。
食前酒をのみながらしばし待ちます。

d0264892_1233020.jpgd0264892_1235190.jpgd0264892_1241867.jpg3層になったお酒ベースの食前酒。 私はグラスでワイン。 母はハイボール。

料理は和モダンな会席で、どの料理にもどこかに 「桜」 があしらわれています。

d0264892_1333140.jpg北海道と静岡の味が組み合わされた前菜。
パーティションは飴細工。
とてもきれいな一品で、しばし眺めました。

d0264892_1395738.jpgd0264892_1402149.jpg北海道産あぶらこの真丈のお吸い物。
中の人参が桜の花びらでした。

d0264892_14488.jpgd0264892_1443692.jpgお造りは土佐醤油とポン酢で。
ぼたん海老、石鰈、烏賊など。

d0264892_1464152.jpgd0264892_1513047.jpgお品書きには無い、料理長からの一品。
中は・・・失念。

母が選んだ
白老牛のテールシチュー。

d0264892_1524433.jpgd0264892_15324.jpg私が選んだエゾ鮑のバター煮。

d0264892_1554915.jpgd0264892_1561222.jpgd0264892_1564157.jpg鰆の桜葉蒸し。

初鰹のサラダ仕立て。

d0264892_15828100.jpgd0264892_1585656.jpgd0264892_1591636.jpgごはんは北海道産ふっくりんこ。

香の物の中のじゃがいものバター漬けが珍しくて美味でした。

d0264892_204273.jpgd0264892_21956.jpgd0264892_212876.jpg
デザートは、まずメインの抹茶アイスのトッピングとソースを選びます。 フルーツといちごソースを選択。
さらに、5種類のスイーツから好きな2つを選びます。
母は眠れなくなるからとほうじ茶。 私はコーヒーをいただきました。

盛り付けも、器も、趣向に富み、かつ華やかな食事でした。 どれも美味しく、おなかいっぱい。
でも、デザートまでしっかりいただきました。

<朝食>

d0264892_2164277.jpgd0264892_2261718.jpg同じ食事処に出向きます。
夕食は奥まった個室でしたが、
朝食は入り口に一番近い個室でした。
母に配慮してくださったのだろうと思います。

d0264892_227166.jpgd0264892_2273323.jpgd0264892_2274790.jpg
料理長からの一品をいただき、トマトジュースを飲み、鶏肉とキャベツのスープを落花生塩でいただいているとお膳が運ばれてきます。
d0264892_231133.jpg
魚は3種類から鯵を選びました。 ばちまぐろのユッケ、菜の花鋳込みの卵焼き、納豆、たらこ、シラスなど、どれも美味しくいただきました。 朝のご飯は ゆめぴりか でした。
d0264892_2312924.jpg朝のデザートも充実でした。
いちごのムース、みかんのぜりー、
イチゴと日向夏


以前の宿からそのまま引き継いだものも見受けられましたが、直すところは直されたようで、和モダンな、落ち着いた宿になっていました。
お風呂に関しては、良い温泉ですが、大浴場が欲しい向きには物足りないかもしれません。

チェックアウトは12時ですが、早めに発ち、東京駅から、久しぶりに日本橋三越に立ち寄りました。
顔なじみのスタッフのいるゴルフウェアのテナントに寄ってウェアを買い、遠出の遊山を満喫しました。

母は肺炎から回復してひと月半。 今回の温泉行きを楽しみにしていたので、実現できて良かったです。






 

 
 
 
by spring-ephemeral | 2017-04-26 02:56 | お宿記 | Trackback | Comments(0)

箱根湯本へ

<2017年4月15日>

 母と箱根の温泉へ。
 昨年も行った箱根ですが、今年も行こうということに。

d0264892_1454129.jpg先月伊豆に行ったとき、
高く上がっていた浅間の煙は
今回は見えません。

天気は上々。
暖かくなる予報が出ています。


d0264892_1473947.jpgd0264892_1475794.jpg母はいつなにが起こるかわからない年齢ですので、
希望はできるだけ早く叶えるように善処。

前回のグランクラスで「和軽食」を勧めたのですが、
洋軽食」も食べてみたかった、と言うので、
再びグランクラスに乗車。

ただ、15人くらいの団体さんが乗っていて
離れ離れの席しかとれなかったので、
母の「洋軽食」の写真は撮れず。
「洋軽食」 はサンドイッチで、お腹に軽かったそうです。
私は「和軽食」です。 内容は前回と同じでした。


d0264892_1572526.jpg東海道新幹線で小田原まで。
30分ほどの乗車ですので、普通指定です。

小田原から箱根登山鉄道に乗り換えれば15分で箱根湯本へ。

d0264892_212916.jpgd0264892_214898.jpg箱根湯本の駅のホームには、
モザイクプレートが施されていました。
たまたま2枚とも電車の絵柄になってしまいましたが、
紫陽花の綺麗な柄もありました。

 昨年は小田原で車を借りました。
 箱根湯本を通りがかると、窓の外を眺めていた母が、いろいろなお店があるのを見て歩いてみたいようでしたが、
 駐車場も不案内ですし、先を急いで素通りだったので、
 今回は母が気になっていた駅前通りを少し歩きます。

d0264892_29260.jpg
連絡橋を渡って道の向こう側へ。 エレベーターも設置されていて、高齢者や足の不自由な方も無理なく道を渡れます。

d0264892_2183269.png
母が一番気になっていた梅干し屋さんをのぞき、(思っていたより品揃えが少なかったようです)、温泉まんじゅうを買って、行列ができている珈琲牛乳ソフトを食べます。 行列ができているだけあって、美味しいソフトでした。

d0264892_2153737.jpg
満足したので、反対側は歩かずに戻りました。

箱根湯本からはタクシーです。 車一台借りるのと同じくらいの金額ですみます。

d0264892_2211523.jpg
小田原はほとんど葉桜になりかけていましたが、箱根湯本から宮ノ下、宮城野あたりは満開です。

d0264892_2234834.jpg
宮城野早川堤は枝垂れも見ごろで、橋の上には眺める人が大勢いました。
d0264892_2253220.jpgd0264892_2255042.jpg
この先上っていくと、桜はまだ満開にはなっていず、 目的地の仙石原はまだ3分から良くて5分くらいでした。 (宮城野の写真は翌16日の撮影です)

今回宿泊する宿、仙石原の 『きたの風茶寮』 に到着です。
 
 
 
by spring-ephemeral | 2017-04-21 02:35 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

2017年 春 『サンヒルズ小田』

 今年、2017年も、 『サンヒルズ小田』 さんのシーズンが始まりました。

4月14日に伺いました。
d0264892_0302167.jpg


 春のテーマはイースター。 

d0264892_0322471.jpgd0264892_0324589.jpg
花とぬいぐるみと卵がお出迎えのディスプレイ。           おや? 玄関ホールの感じが違うけれど・・・

全体に模様替えをなさったそうです。
「どうぞ部屋をごらんになってください」 といつものようにご主人。

では、食事の前にちらりとお部屋を拝見します。

d0264892_0413650.jpg
ベッドつきのお部屋。春らしい色使いの小物と、にわとりの刺繍のクッション。

d0264892_0443150.jpg

d0264892_044489.jpgd0264892_0452323.jpg花は生花ではありませんが、豪華です。


d0264892_05692.jpg
お隣の部屋。 先客がいらしたので後で撮影。 廊下にあった飾りだながこちらに。 ぬいぐるみがにぎやかです。

d0264892_0584689.jpg
今回、私たちが食事をした部屋。 たしかに、家具の配置や、新しいスタンドで、新しい雰囲気です。 

d0264892_123080.jpgd0264892_124875.jpg

d0264892_131186.jpgd0264892_132513.jpg

イースターなので
卵がいっぱい。

d0264892_1131622.jpg
メインホールもすっきりした印象です。

d0264892_1143866.jpgd0264892_1145998.jpg
食器戸棚の食器もすてきなものばかり。 (写真がちょっと明るくなってしまいました)

d0264892_1225017.jpg

d0264892_1231159.jpg
ディプレッショングラスのコレクション棚はいつ見てもきれいですてき!

d0264892_1251036.jpg


d0264892_1253516.jpg

d0264892_126177.jpgd0264892_1262132.jpg
全体にシンプルな飾りつけになりましたが、 よく見ると、小物のひとつひとつが見飽きません。

さて、今回のメニューです。

d0264892_131249.jpgd0264892_1312762.jpgまずはグレープフルーツジュースと

酸味と辛味のスープ。
中国人が持ち込んだといわれるスープで、
生のトマトと生姜がお約束。

d0264892_1335425.jpgd0264892_1341344.jpgジャーサラダは間違いなし。
美味しいサラダです。

d0264892_13533.jpgいつもの3人で来ています。
3人が別々なものをいただいて
シェアしてお味見。

パンナクッヘン。
フルーツの乗ったオランダ風ピザ。
メープルシロップをかけていただきます

d0264892_1371821.jpgチキンのカツとトマトソース。

d0264892_1393593.jpgバティメルト ハンバーグの入ったサンドイッチ。

ハンバーグはつなぎ無しで肉だけでできています。

d0264892_1425750.jpg「なにしろアメリカンですから」 とご主人がおっしゃる通り、
3品ともボリュームたっぷり。
食べ応え十分。

d0264892_1452577.jpgデザートはフルーツのゼリー寄せ。

どれも美味しくいただきました。

このほかにクラムチャウダーがあり、この4品はどれも1500円です。

さらに、今回から2800円でサーロインステーキも
メニューに加わりました。
ご主人お薦めですが、300g だそうです。


楽しみな一年が始まりました
次回は6~7月、テーマは(たぶん)ハワイアン。
リーズナブルでおいしいワインも希望すればあるそうですから、次はトライしてみるかも?
by spring-ephemeral | 2017-04-20 01:54 | 味だより | Trackback | Comments(2)

2017年花だより ~上田城跡桜咲く~

<2017年4月12日>

 開花が遅いと思われていた城跡公園の枝垂れ桜は、初夏を思わせる陽気の日が2日ほども続くと、待ちきれないように花開き、あっという間に満開になりました。
 まごまごしていると一番良いときを見逃してしまいそうなので、急いで行ってみました。

d0264892_0131347.jpg


d0264892_0144453.jpg


d0264892_0151317.jpg


d0264892_0155699.jpg


d0264892_0163226.jpg


d0264892_017525.jpg


d0264892_0174711.jpg
この日ソメイヨシノは3分から5分咲きでしたが、今は7分まで咲いたそうです。

平日にもかかわらずたいへんな人出でした。

人が途切れた瞬間に、まるでだれもいないかのような写真が撮れました。
 
by spring-ephemeral | 2017-04-15 00:30 | 花だより | Trackback | Comments(6)

美ヶ原早春 2017年4月

<2017年4月10日>

 良い天気になりました。
 翌日は雨になるといいいますし、 どこかにドライブに行きたくなりました。
 美ヶ原にどのくらい雪が残っているのか、見に行くことにしました。

d0264892_1545235.jpg
区間は短いですが、まだ雪の轍を通ります。 この場所が一番道路に雪が残っていました。 朝は凍結していそうです。

d0264892_1564677.jpg
ぐんぐん上っていきます。 右上に行き先の道路が見えています。 あのあたりで標高は1800メートルくらいです。

d0264892_215448.jpg
台上の駐車場。 今年の雪は少ないです。 ビーナスラインは冬季閉鎖中。 ここまで来る車はまだほんの少し。

d0264892_24179.jpg
牧場もまだ雪景色。

d0264892_243434.jpg
下り坂の天気を映して、南から雲が湧き、青空が減りました。 目を凝らすと八ヶ岳の右にうっすら富士山が見えます。
d0264892_28883.jpg
トリミングで分かるでしょうか。

母と来ています。 あまり遠くへは行けませんが、少し歩きます。

d0264892_211538.jpg
雪の高さは2メートルくらい。 ここが一番高くて、あとはそれほど残っていません。

d0264892_2122284.jpg


d0264892_2124869.jpg
風はおだやかで寒くありませんでした。

冬季閉鎖が明けるまであと10日ほど。 連休にはにぎわうことでしょう。
by spring-ephemeral | 2017-04-14 02:17 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

甲府湯村 『常盤ホテル』 2017年4月

<2017年4月1日>

 甲府の湯村温泉は1200年前に弘法大師によって開湯され、武田信玄の隠し湯とも伝えれらる温泉ですが、
 近年になって湧出した石和温泉の陰に隠れてしまった印象があります。

 今まですっかり素通りで、なんとなく山間の小さな温泉地のように勝手に思い込んでいましたが、
 中央道・双葉SA併設のスマートインターを下りれば、15分ほどで着いてしまう、街の中の温泉でした。

 今回宿泊するのは、その湯村温泉、『常盤ホテル』です。

d0264892_0342389.jpg温泉街という雰囲気はなくて、
信号機のある交差点の角に
大きなホテルが現れました。

通常15時のところ、JTBの特典で14時のチェックインが可能です。
14時に着きましたが、ホテルのどなたもいらっしゃいません。
ここでいいんだろうな、という場所に車を停めて、
エントランスに向かいます。

大丈夫かな?と少々不安になりましたが、
一歩入ると、レセプションの対応はにこやかでスムーズでした。
ほっ・・・

d0264892_0431334.jpg
(写真は翌日)
広いロビー。 大きなホテルに泊るのは久しぶりです。 つい、きょろきょろしてしまいます。

d0264892_0454967.jpg

d0264892_0462485.jpgd0264892_0465270.jpg見事な庭を眺めながら、
部屋の用意が整うのを待ちます。

宿泊する部屋は、庭を囲むように配置されている7棟の離れのうちの1室です。

d0264892_23263299.jpgd0264892_2327499.jpg本館から、庭と離れへの出入り口を出て、
屋根つきの回廊を進みます。

我が家の部屋は 『若竹』。
写真にちらりと見える玄関は
『欅』 という部屋で、『若竹』はその隣の隣。

d0264892_2333485.jpgd0264892_23332986.jpgd0264892_23335023.jpgかわいい大黒様の
置き物が
迎えてくれます。

d0264892_2337504.jpgd0264892_23381570.jpg
玄関をあがると、左手に水屋。 右手に洗面、トイレ、内湯などの水周り。

d0264892_23421819.jpg
15畳の主室と7.5畳の次の間。 次の間の先に小さな応接。

d0264892_23455433.jpgd0264892_23462589.jpg
濡れ縁の先に源泉の注がれる露天風呂があります。

d0264892_23474171.jpgd0264892_23511175.jpgd0264892_23513610.jpg
露天風呂から部屋を見るとこんな風です。 屋根にかかる桜が花を咲かせていました。

d0264892_23555194.jpgd0264892_23561817.jpg70代くらいの係りの方がお抹茶を出してくださいます。


「今なら早い時間なので
お風呂も空いていると思いますよ」
とおっしゃるその大浴場に行きましょう。

d0264892_04864.jpgd0264892_043999.jpg
本館に戻り、2階の通路を奥へ。 上から見下ろすロビーも広い。 
こちらのホテルでは将棋のタイトル戦が何度も開催されたようで、写真がたくさん掲げられています。 また、作家の井伏鱒二が好んで投宿された宿でもあり、その写真も飾られていました。

d0264892_0102541.jpgd0264892_0104773.jpg
大浴場は本館2階の一番奥なので、離れからだと端から端まで歩くことになります。 手前の湯上りどころには冷水と麦茶。 お風呂は入れ替えはありません。

d0264892_0142588.jpgd0264892_0144713.jpgおお、まだだれもいない!

d0264892_0165634.jpgd0264892_0171198.jpg
内湯、露天風呂ともいたってシンプルな長方形。 無色透明、なめらかなお湯で、舌に触れると遠くに塩味を感じます。

<夕食>

夕食は部屋でいただきます。 係りが若い方に代わりました。

d0264892_032734.jpg


d0264892_0322974.jpgd0264892_035420.jpgJTBのプランで、グラスワインがひとり一杯づつついています。
私は白、ツレアイは赤で。

左にある野菜は
後のしゃぶしゃぶ用です。

d0264892_0393879.jpgd0264892_040296.jpg入れ物に入っているのは桜海老、左隣が甲府名物鮑の煮貝、蕗味噌のパテ、
空豆の揚げ物、厚い合鴨、海老しんじょう。



豚肉と春キャベツの温泉蒸し。

d0264892_0513177.jpgd0264892_0515279.jpg蛤のお吸い物には湯葉と、中に海ぶどうが入っています。



お造りは鯛、鮪、さより、さざえ。

d0264892_0573047.jpgd0264892_0574680.jpg甘鯛の塩焼き。 新じゃが。



甲州牛のしゃぶしゃぶ。

d0264892_114561.jpgd0264892_1231.jpg新たまねぎのスープ仕立てはパイ包み焼きで。

d0264892_13156.jpgd0264892_132080.jpgあいなめの木の芽揚げ。



ワインリストはもちろん山梨産のみ。
いただいた白も辛口の美味しいワインでした。

d0264892_171722.jpgd0264892_17348.jpg筍ごはん。



香の物のお皿がぶどうの形なのも
山梨らしい取り合わせです。

d0264892_112493.jpgすっかりいただきました。
見た目は、豪華というよりはむしろ控えめな印象ですが、
春先取りを意識したメニューは質量ともに十分。
地元の食材も押さえてあり、とても満足しました。

料理がどんどん運ばれてくるので
せわしない気がしないでもなかったのですが、
食卓に料理がたくさん並ぶのは嫌いではないので、
気にせずいただきました。


d0264892_1294370.jpg冷水と、 
お休み前のひとときにと、カフェラテのスティック。


<2017年4月2日>

翌日は打って変わって良い天気になりました。

d0264892_0451520.jpgd0264892_0453331.jpg
大浴場の露天から南アルプスが見えました。 昨日は雨で全く眺望がなかったので、ずいぶん近くに見えてびっくりしました。 正面奥に見えるのは地蔵、観音、薬師の鳳凰三山です。

庭をちょっと歩いてから朝食に向かいます。

d0264892_0533755.jpgd0264892_0535844.jpg
敷石伝いに植え込みを抜けると、大欅のある庭の中央へ。 

d0264892_055665.jpgd0264892_162197.jpg
奥には東屋が。 その横手、池の向こうに 井伏鱒二が好んで宿泊した離れ『松風』。

d0264892_1151528.jpgd0264892_1134227.jpg
左の写真の右の植え込みの陰に我が家が宿泊した『若竹』の板塀が見えます。 そろそろ時間です。 朝食会場に行くとします。

朝食は本館の会場でハーフバイキングでした。

d0264892_1201939.jpgあらかじめセットされている分があるので、
その分品数は少なめですが、
悪くありません。
ソフトクリームサーバーもあり、
楽しめました。

追加の写真は撮り忘りましたが、
この後フルーツもソフトクリームもコーヒーも
いただきました。


JTBのプランでチェックアウトは11時。

帰りも双葉SAのスマートICから中央道に乗ります。

d0264892_134447.jpgd0264892_1341958.jpg
前日の雪は嘘のようにすっかり融けてなくなっています。 八ヶ岳も南アルプスもきれいに見えました。

d0264892_1362833.jpg
雪が舞っていた小淵沢もご覧の通りの晴天です。

d0264892_1371722.jpgd0264892_1373197.jpg
帰りも諏訪湖SAで軽い昼食を摂り、 青空の下気分爽やかに帰宅しました。
by spring-ephemeral | 2017-04-11 01:50 | お宿記 | Trackback | Comments(6)

甲府湯村へ 2017年4月

<2017年4月1日>

 前の週に予定していた宿泊がキャンセルになって、代わりに1週間遅れで甲府湯村温泉にでかけました。
 初めて行きます。

 前日の3月31日は暖かくて、春本番のような陽気でしたが、
 一夜明けた1日は、嘘のように冬に逆戻り。 

d0264892_1151126.jpgd0264892_11513054.jpg
上田市内は雨でしたが、丸子を過ぎると次第に路肩に雪が見え始め、武石に来ると一面の雪景色。

d0264892_1155325.jpgd0264892_11551683.jpg
さすがに春の雪です。 道路には積もりません。 

d0264892_1156541.jpg
旧和田峠に上る道を右に見送って、新和田トンネルに向かいます。 

d0264892_11594448.jpg
小雨か小雪か、チラチラしています。

d0264892_1215598.jpg
名水「黒曜の水」を汲みに来ている車が見えます。 料金所の手前から行くことができ、我が家の前を走っていた車もそちらに行きました。 ここを通るたびに寄っていく長距離トラックの運転手さんも多くおいでです。

d0264892_105855.jpgd0264892_111318.jpg
d0264892_18942.jpgd0264892_183492.jpg
トンネルを抜けるとぐっと雪が減りました。 岡谷ICから長野道へ、 岡谷JCTから中央道へ。

d0264892_161916.jpg
諏訪湖SAで軽く昼食。 雪も雨もあがっていますが、 眺めは無し。

d0264892_1102580.jpgd0264892_1104947.jpg
どこまで行っても八ヶ岳は見えません。 雪がちらついてきました。

d0264892_112184.jpg
道には積もりませんが、かなり雪が舞っています。

d0264892_1131430.jpg
正面に富士山が見えるあたりですが・・・もちろん見えません。

d0264892_1142882.jpg
時間が早くなったので、須玉を過ぎて双葉のSAで時間調整をし、甲府昭和ICで下りればいいかな、と思っていましたら、
双葉SAにスマートICが設置されていて、そこが出口でした。

双葉SAから15分、宿に到着です。
by spring-ephemeral | 2017-04-06 01:21 | おでかけ | Trackback | Comments(8)