<   2016年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

『竹林庵みずの 別邸 かえで』 ~部屋・お湯・食事~

<2016年11月19日>

 網代温泉 『竹林庵みずの』 さん、
 本館から通路を通って別邸に入ります。

d0264892_0362829.jpgここは『別邸』の
2階にあたり、
右手に階段があります。
我が家が泊まる 『かえで』 の部屋は
左手の入り口を入って右です。

d0264892_0401060.jpgd0264892_0403665.jpg鍵はなく、戸を閉めたらダイヤルでロック。
開けるときは暗証番号を入力してロック解除。
その日の暗証番号は
仲居さんがそっと教えてくれます。
室内のインフォメーションにも、もちろん書いてあるので
忘れても大丈夫。

d0264892_0474047.jpg中に入ると正面がトイレと洗面。
メインの洗面台はもうひとつあるので、
こちらはサブに使えます。

左の戸をあけると・・・

d0264892_0502673.jpg
ダイニング。
d0264892_0513276.jpg
ダイニングの隣にベッドルームとリビング。
d0264892_052268.jpg
奥に洗面台とお風呂があります。
『別邸』 は古民家を移築してリノベーションされています。  高い天井、梁や柱が活かされています。

d0264892_0562873.jpgd0264892_0564987.jpg

部屋のお風呂は源泉が注がれる半露天。 やはり天井が高く、開放感があります。
d0264892_103824.jpg

d0264892_113889.jpg
この日は雨。 海もかすんで、初島も見えません。

d0264892_15175.jpgd0264892_154015.jpgコーヒーメーカーと、
水は浄水機がデン、と。
部屋にあるのは初めてでした。

d0264892_134735.jpgd0264892_135911.jpgチェックインはお部屋で。 
お茶をいただいたら大浴場へ行きます。


d0264892_19432.jpgd0264892_1101345.jpgd0264892_1103823.jpg
本館に戻り、履物を履いて通路を進むと、大浴場です。

d0264892_1122926.jpgd0264892_1124368.jpg

d0264892_113064.jpg

d0264892_115631.jpg


d0264892_1162116.jpgお湯は茶色の濁り湯で、塩味がします。
海辺は透明なお湯だそうですから、不思議なものです。

お湯は高温の源泉を熱交換で冷ましながらの
源泉掛け流しです。


<夕食>

食事は部屋のダイニングでいただきます。
d0264892_1225493.jpg


d0264892_1233254.jpgd0264892_125282.jpg
せっかくの伊豆。 付いていなければきっと別注で頼むと思うので、最初から伊勢海老付きにしてもらいました。

d0264892_1275569.jpgd0264892_1281810.jpg

d0264892_1302259.jpgカサゴのから揚げは宿の名物だそうです。
20センチはあろうというカサゴ、
甘酢餡を絡めながら
頭から尾まで、パリパリと全部食べられます。
すっかりいただきました。

d0264892_1334459.jpgd0264892_1341216.jpg

d0264892_1344024.jpgd0264892_135145.jpg牛肉か鮑を選べますが、ツレアイも私も鮑。
ツレアイは踊り、私はバター焼き。
大きな黒鮑でした。

金目も姿で出てきたらどうしようと思いましたが、
切り身でよかったです。

d0264892_1373663.jpgd0264892_1375080.jpgご飯は土鍋で炊いてくださいますが、
蒸らしが足りなかったのか、
水加減を間違ったのか、
そもそもお米のせいなのか、
べちゃっと柔らかく、
正直なところ、もうひとつでした。
やはり伊豆。 鮑も伊勢海老も、お造りも、新鮮で美味しかったです。 カサゴも金目もすっかりいただき、お腹目いっぱい、いっぱいです。

<2016年11月20日>

d0264892_1464522.jpg
日の出は6時20分ころと教えていただいていましたが、 我が家のことです、当然起きられず、目を覚ましたときは7時過ぎ。 思ったほど晴れていません。

男女が入れ替えになった大浴場に行きます。

d0264892_1484171.jpg

d0264892_1492245.jpg


d0264892_1493855.jpg
雨も上がり、すがすがしい朝です。 初島も見えています。

d0264892_1504634.jpgd0264892_1505925.jpgd0264892_1511965.jpg
庭に続く小道の緑もみずみずしく、柑橘がいかにも伊豆らしいです。

d0264892_153357.jpgお茶と、野菜と6種類の果物のスムージー。 

朝の湯上りに体に沁みていきます。

d0264892_1555446.jpgd0264892_1561397.jpg
夕食のときに撮ってくださった私たちのツーショット写真と、日の出の写真です。 雲が多かったのでダメかと思ったら、雲の隙間から太陽が顔を出したそうです。

<朝食>

d0264892_1591836.jpg


d0264892_1594047.jpgd0264892_1595444.jpg
お粥をいただきました。 普通のご飯もあります。 おかずたっぷり。 ふっくら美味しい鯵でした。

大浴場は9時までです。 JTBのプランは11時がチェックアウトなので、あとは部屋のお風呂に浸かります。

d0264892_231028.jpg

d0264892_232792.jpg

ツレアイの出張疲れは取れたでしょうか。
私もリフレッシュできました。
by spring-ephemeral | 2016-11-29 02:12 | お宿記 | Trackback | Comments(4)

『竹林庵みずの 別邸 かえで』 ~到着~

<2016年11月19日>

 ツレアイが1週間の出張から帰国した翌日は温泉へ。
 ここ何年かルーティーンになっています。

 いつもは近間に行っていましたが、
 今年は熱海にしようと思っていました。
 旅行先も宿泊先も、いつも私が一存で決めます。
 
 車で行こうとすると、中央道から富士五湖道路を通って御殿場を抜け、箱根を越えて海辺へと、長い道のりと時間がかかりますが、
 新幹線なら、東京まで1時間40分。 乗り換えは10分とかからず、東京から熱海まで45分。 駅から近い宿なら3時間までかからずに行くことができます。
 これがわかったので、俄然熱海が近くなりました。
 
 しかし、行きたかった宿がどこも取れず、私の計画も暗礁に・・・
 骨休めなので、あまり足を伸ばしたくないし・・・

 すると、 「ここ、ひと部屋空いてます」 とJTB嬢が見つけてくれたのが今回の宿 『竹林庵みずの』 でした。
 場所は網代です。
 熱海から離れますが、車なら25分ほどの距離。 十分許容範囲です。

 ということで決定。

d0264892_2263627.jpg
熱海からはタクシーで。 我が家のパターンとしては車を借りるところですが、ほかに行く予定もなく、車一台借りるよりタクシーのほうがとんとんか、安く済みます。

宿の玄関は階段を上がったところにありますが、 宿の方は気付いておられないらしく、どなたも見えません。
玄関に上がっていくと 「気がつかず申し訳ありません」 と丁重に迎えてくださいました。
慌てさせてしまったようです。 到着時間の予定は旅行の「確認書」に記載してはありましたけど。

d0264892_2364816.jpg
ロビーの椅子にいったん腰をかけましたが、すぐに部屋に案内となりました。

d0264892_2315050.jpgd0264892_2315228.jpg
ロビーを出てすぐ、左は大浴場へ続く通路の入り口、右はこの日宿泊する 『別邸』 への入り口。

d0264892_2325033.jpgd0264892_23252233.jpgd0264892_23254763.jpg
階段を下り、通路を進みます。

d0264892_23283545.jpg『別邸』の入り口右、短い階段下に冠木門があります。
そういえば、到着したとき見かけましたが、『別邸』 専用の門でした。
正面玄関から通路を通らなくても良いので、
帰りは靴をまわしてもらって、こちらから出ました。d0264892_23285471.jpg

ドアが開くと、そこは 『別邸』 2階にあたります。
d0264892_23391042.jpgd0264892_23393231.jpg


2階奥の 『別邸 かえで』 。 今回宿泊する部屋です。

今年は古民家に縁がある年でした。
期せずして今回も古民家仕様です。 
海が見える部屋というのでとても楽しみです。















 

 
 
by spring-ephemeral | 2016-11-27 01:33 | お宿記 | Trackback | Comments(2)

雪を眺めてクワトロフォルマッジ

<2016年11月24日>

 最近 『アトリエ・ド・フロマージュ』 の クワトロフォルマッジにすっかりはまっている母です。

 最初に行ったときは「おいしい」と言いながら、特にどうという様子はなかったのですが、
 2度目に行ってスイッチが入ってしまいました。
 すっかり気に入ってしまい、 母とふたりのお昼のとき、「何食べる?」と聞くと 迷わず「クワトロ」と返事が返ってきます。

 今日も、昨日から食べに行くことにしていました。
 ところが雪。
 54年ぶりの11月の積雪は我が家の庭でも15センチを越えました。
 でも一向にめげる様子もなく、「雪景色がきれいだと思うよ」と、さらに行く気満々。
 『アトリエ・ド・フロマージュ』は湯の丸高原に行く途中の坂の傍らにあって、景色が良いのです。
 まあ、そこは親子。 考えることは一緒で、私も大いに行く気でした。

d0264892_050586.jpg

d0264892_0502625.jpg
雪は小降りになってそろそろ止もうとしています。 さすがに私たちのほかにはお客さんはおられません。
店内貸しきり状態で、店員さんともしばしおしゃべり。 いつもは他の方がいるのでそそくさと撮る写真もゆっくり撮れます。

d0264892_0551837.jpg
雪は20センチあるでしょうか。 大きな窓の外の芝生も、椅子も雪に覆われています。 真正面に八ヶ岳が見えるはずですが、雲の中。
下のほうにある街もはっきりしません。

d0264892_105789.jpg

d0264892_111126.jpg
店内を行き来してお庭もあちこちから眺めます。

d0264892_151028.jpg今までの経験上、ピザが焼けるまで20分ほどかかります。


待つあいだ、ショップに行ってみます。
d0264892_181767.jpg
今日の試食。 ブルーとカマンブルーがあるのはラッキー!

d0264892_1121470.jpg
ケーキ類も美味しそう。 いちごのタルト と マスカルポーネシュー を買いました。

席にもどってまもなく ピザとコーヒーが運ばれてきました。

d0264892_1195034.jpgd0264892_1201560.jpg
はちみつがいい仕事しています。 轢き立て淹れたてコーヒーもおいしい。 もうちょっとたっぷりだと言うことないんだけど・・・
d0264892_1205370.jpg
                         もうクリスマス。

d0264892_1283892.jpg

d0264892_1312288.jpg
雪に覆われて、クリスマスカードになりそうな、カフェです。

d0264892_1305316.jpg
以前のカフェ。 今はイタリアンレストラン 『リストランテ フォルマッジオ』 。

帰りはかなり下り坂になるので、気をつけて帰りましょう。
雪景色のきれいなお昼でした。
美味しかったです。
by spring-ephemeral | 2016-11-25 01:43 | 味だより | Trackback | Comments(4)

長峰山展望台

<2016年11月17日>

 朝のうちは雲が多かったのですが、お昼近くから良い天気になりました。 
 こんな日は家にいるのももったいない。
 どこかに出かけよう。

 さて、どこに?

 知名度はマイナーながら、アルプスの展望台として知る人ぞ知る場所を思い出しました。
 
 安曇野市長峰山展望台です。

d0264892_0375080.png
254号線を利用。 三才山トンネルを抜けて松本方面へ。 松本トンネル手前を左折して143号線、県道57号線途中から山道に入ります。 道は全線舗装されていますが、ところどころ狭くなっています。

d0264892_0502863.jpg
ハイキングコースもあり、ハイカーを何人か追い越しながら駐車場に到着。 土手の上が広場になっていて、物見台のような立派な展望台が建っています。

d0264892_054715.jpg
展望台の向こうは広場で面白いモニュメントがありました。

展望台に登ってみます。

d0264892_05684.jpg
安曇野の田園風景と北アルプスが一望できるはずでしたが、アルプスは雲の中。
上田方面は雲ひとつないような上天気だったのになあ・・・

d0264892_0584153.jpg
南は松本方面。 天気が良ければ南アルプスも見えるはず・・・

d0264892_059325.jpg
北は長野自動車道が良く見えます。

d0264892_12322.jpg
東は上田方向になり、四阿山も見えると案内図にはありますが・・・

360度の大展望を期待したのですが、残念ながら雲が多く、全容を堪能することはできませんでした。 
すっきり晴れた日に、ぜひともリベンジしたいものです。

d0264892_194230.jpg
道は深い谷に沿っていました。 帰りがけ、木々の切れ間から眺める山また山の連なりに感動です。 奥は美ヶ原の方だろうと思います。

帰りは143号線(青木街道)をひたすら走ってきました。 
行きが1時間10分。
帰りが1時間30分でしたから、
結果としては三才山回りのほうが近かったのですが、 143号線を青木村の先まで行ったことがなかったので、 初めての道は興味深く、楽しい半日でした。 
by spring-ephemeral | 2016-11-24 01:23 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

我が家の柿も採ってみれば・・・

 10月下旬、まだ青いうちにぽとぽと落ちてしまってどうなることかと心配していた我が家の柿ですが
http://mounttaroh.exblog.jp/23310312/
 涼しくなるとともに落ちるのも止んでひと安心。

 そろそろ頃合いと、柿の実採りをしました。

d0264892_13168.jpg
毎年コンスタントに実をつける我が家の柿ですが、
今年は気候のせいかいつになく数は少なめでした。

d0264892_135720.jpg
ところで、うちのこの柿は 「次郎柿」です。
母が若木を植えてから20年、いや30年くらいになりますか。

毎年ご近所や、友人、知り合いに差し上げています。
甘柿はあまり見かけないのでみなさん喜んでくださいますが、今年は数がなく、たくさんは配れませんでした。

ところで、先日テレビに1個2160円という値段の「次郎柿」が出ていてびっくり!
どれほど特別にできているのかしら? と画面に寄ってしまいました。
その後も長野の果物屋さんで1個800円
近くのスーパーで1個500円の「次郎柿」を発見!
高いほど大きい!

もちろん、出荷用に育てられたものと、特別手もかけていない我が家のものとでは氏も素性も違いますが、
それにしても同じ「次郎柿」。 
へええ~と、改めてじっくり見直すと、 うーん、300円クラスが1個、2個・・・5個くらいあるかな?
ま、欲目でしょうけれど。
by spring-ephemeral | 2016-11-22 01:34 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)

新蕎麦 『江川』

<2016年11月11日>

 東御市の別荘地にある蕎麦処 『江川 』。
 今年の新蕎麦になったということで、友人とそのお嬢さんと3人で出かけました。
 『江川 』のアップ久しぶりです。

d0264892_2345211.jpg

d0264892_23454374.jpg
玄関も、周りの雑木林も晩秋の気配。

d0264892_054230.jpg
江川 』は一日3組のみ。 食事のできる場所が3ヶ所しかないからで、 着いたときは囲炉裏の席でした。 

d0264892_0132393.jpg
 先客のひと組が帰られたので机の席に移らせてもらいました。

d0264892_09868.jpg
奥の部屋のお客さんが帰られたあとで一枚。

お品書きはありません。

d0264892_017198.jpgまずお茶。


d0264892_0181211.jpg(左から)
くるみの入った白和え
卵焼き(上)
花豆のおろし和え
豆の酢の物


d0264892_023231.jpgそばがきの入ったけんちん汁。

蕎麦をこの汁につけて食べても良し。


d0264892_0253227.jpg花豆のコロッケ。 オーロラソースで。


d0264892_0282436.jpg蕎麦登場。

北海道産の新蕎麦だそうです。

新蕎麦ならではの香り。

ただ・・・
前に食べた蕎麦と比べると、やや固いような。
もう5秒、いや、せめてもう3秒、茹で時間が欲しかった気がしました。


d0264892_0351846.jpg濃くておいしい蕎麦湯。


d0264892_036089.jpgりんごのシャーベットと、ケーキはなんだったか失念。
副えられている緑の実はサルナシ
キウイと同じマタタビ科の植物で、形もキウイに似ています。 
山の果実らしい甘酸っぱさです。


居心地の良い空間で、おいしいお昼を食べました。

d0264892_049394.jpg
玄関の土間に柿がたくさん。 渋柿だそうです。 「よかったら持ってって」 と奥さん。 友人も私もご遠慮しました。 

d0264892_0533356.jpgオープンして3年目になるそうです。
記念にそば粉の入ったクッキーをいただいて帰りました。
by spring-ephemeral | 2016-11-17 00:58 | 味だより | Trackback | Comments(6)

大河原峠

<2016年11月7日>

 良いお天気でした。
 お天気が良いとどこかにでかけたくなります。

 行ってみたいと思っていた大河原峠に行ってみようと思います。

d0264892_23442059.png

 
 蓼科の女神湖(地図の左上の湖)から御泉水自然園を抜ける「夢の平林道」を登っていくと蓼科山の、蓼科側の登山口、「七合目」があります。(地図の緑の矢印付近)
 林道はさらに山腹の起伏に沿って、蓼科山の望月町側の登山口、「大河原峠」に続いて行きます。(同 赤の矢印付近)

蓼科山に七合目から登ったことがありますが、大河原峠には行ったことがありません。

d0264892_23485641.jpg
「七合目」を過ぎてまもなく、目の前にダケカンバと常緑樹の織りなす山肌がきれいです。

d0264892_23505524.jpg

d0264892_23511375.jpg
眺めの良い林道ですが、展望が開ける場所は多くありません。 車がほとんど通らないのでちょっと停めて眺めます。

d0264892_23563828.jpg
大河原峠」。 素晴らしい展望ですが、残念ながら天気が良すぎて霞んでいます。 見えている山並みは右の一番高い峰が浅間山。 左へ、黒斑山高峰三方が峰湯の丸烏帽子と続き、おそらく四阿山根子岳も、そしてはっきりしていれば太郎山、さらには北アルプスも見えるはずです。

小春日和の穏やかな日で、標高2000メートルの峠は風もなく、はるかに見渡す眺めに気持ちも晴々します。

d0264892_01498.jpg
大河原峠からは望月に下りて帰ります。 カラマツの黄葉が山を覆ってきれいでした。
by spring-ephemeral | 2016-11-15 00:24 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

山代温泉 『たちばな四季亭』 

<2016年10月22日>

 カレンダー通りの休みしか取れない我が家にとって、連休は貴重な休日ですが、
 今年は、9月の連休は、ツレアイと私のそれぞれの都合で一泊しか使えませんでした。
 11月の祝日はいずれも週の半ばで単独
 従って、10月の3連休を楽しみにしていたのですが、私の自治会行事のために一ヶ月前に全予定キャンセル
 がっかり・・・

 一泊でいいから埋め合わせの温泉に行きたいと、JTBに出向きました。
 一ヶ月を切っての土曜日で、なかなか思うように見つからなかったのですが、
 「あ、ひと部屋空いてます」 とJTB嬢が見つけてくれたのが 山代温泉 『たちばな四季亭』 さんでした。
 ブロ友さんのブログで拝見したお宿だ! 
 決まり!

 山代温泉、久しぶりです。

d0264892_14316.jpg
ちょっと早めに着きましたが、部屋に案内してくださいました。

d0264892_1461499.jpg

d0264892_147310.jpgd0264892_1472359.jpg
10畳の和室にベッドルーム、露天風呂。

d0264892_1504771.jpg
ダイニングがついています。

ブロ友さんのブログで「いいな」
と思ったダイニングです。
d0264892_1512392.jpg


d0264892_24434.jpg

d0264892_243692.jpg
窓から覗くと、前は温泉寺。 その並びに「総湯」と「古総湯」があります。

d0264892_1575456.jpgd0264892_1581969.jpg着替えてさっそ大浴場へ。

d0264892_221215.jpgd0264892_223920.jpg手前が男湯、奥に女湯。

d0264892_212276.jpgd0264892_2121688.jpg嬉しい一番乗り。
冷たい棒茶と杜仲茶。
杜仲茶というのは珍しい。

d0264892_2141316.jpg

d0264892_2144540.jpg

d0264892_215470.jpg

d0264892_21614.jpgd0264892_2161613.jpg

湯上りに、ロビーラウンジでサービスの柚子シャーベットを。

d0264892_2214547.jpg


d0264892_222566.jpg


前の週末、その前の週末と、大きな自治会行事が続いたあとで、心身ともにほぐれていく気がします。

<夕食>

食事は部屋のダイニングでいただきます。 部屋のダイニングは便利で良いです!

d0264892_23375824.jpg


d0264892_23382415.jpgd0264892_23383933.jpg
秋らしい前菜と
お澄まし。








大ぶりな松茸が入っていましたが、
生はもう無い時期でしょうから、水煮かなにかか?
香りは薄いです。

d0264892_23452672.jpgd0264892_23455410.jpgホウボウを中心に新鮮なお造り。

ノドグロは別注。
ツレアイとシェア。

d0264892_23504044.jpgd0264892_2351031.jpgちょっと頑張ってムルソー。

d0264892_23515664.jpgd0264892_23521258.jpg能登牛の握り(右)はメニューにはありませんが、JTBのプランについています。
おいしかった!

d0264892_235415100.jpgd0264892_23543178.jpg加賀蓮根の錦秋蒸しと
紅葉鯛の朴葉味噌焼きはひとりずつ選べるので、
ひとつずつとって2人でシェア。

d0264892_00361.jpgd0264892_001933.jpgつけ合わせの
タモギタケやハナビラタケの
きのこの色合いがきれいです。

d0264892_033831.jpgd0264892_045100.jpgデザートは柿ぷりん、梨。

秋の野山を思わせる色鮮やかな料理の数々。
どれもおいしくいただきました。


d0264892_084996.jpgお夜食に、と置かれているのは昆布茶と駄菓子。


d0264892_0135230.jpg
照明は昼間からついていましたが、こんなに青かったなんて暗くなるまで気がつきませんでした。

d0264892_0161445.jpg
お風呂のあるテラスから覗くと、総湯や古総湯に照明が入って、昼とは違う、華やいだ雰囲気が漂っていました。

<2016年10月23日>

<朝食>

朝食も部屋のダイニングでいただきます。

d0264892_0201765.jpg
いろいろなものを少しずつ。
口細カレイの一夜干しも、湯豆腐も、オーソドックスといってしまえばそれまでですが、どれもおいしくいただきました。

d0264892_02613.jpgd0264892_0261896.jpg「おのみもの券」は朝食後、お風呂に行って、ロビーでアイスコーヒーをいただきました。

久しぶりの北陸、山代温泉。 
一泊しかできないのは残念ですが、目いっぱいゆっくりさせてもらいました。
新幹線はやはり早い! 「ちょっと温泉に行ってくる」感覚のエリアが広がった気がします。
たとえ一泊でも選択肢が増えるのはとても嬉しいことでした。






 
 
by spring-ephemeral | 2016-11-10 00:47 | お宿記 | Trackback | Comments(5)

初乗り北陸新幹線

<2016年10月22日>

 初めて北陸新幹線に乗って山代温泉に向かいます。

 北陸新幹線の開業を心待ちにしながら、ブームが落ち着くのを待って、と思っているうちに早や2年が経とうとし、
 その間に、後で開業した北海道新幹線に先に乗ってしまいました。
 ようやく乗るときがやってきて、楽しみです。

 北陸新幹線でも、一度はグランクラスに乗りたいと思っていましたが、今回はパス。
 グリーンにしました。
 ツレアイも私もジパング会員で、ジパングの3割引はグリーン車にも適用されます。
JR東日本、太っ腹です。

 長野を出て、まずは・・・

d0264892_23593921.jpg
飯山へ。

 トンネルを抜けて・・・

d0264892_014114.jpg
上越妙高へ。

 トンネルを抜けて・・・

d0264892_03651.jpg
糸魚川へ。 「東京を出発して初めて日本海が見えます・・・」 といった車内アナウンスがあります。

 トンネルを抜けて・・・

d0264892_051297.jpg
黒部宇奈月温泉を過ぎ、

 トンネルを抜けて・・・

d0264892_092624.jpg
そろそろ富山かな。 かすんでいますが、よく目を凝らすと能登半島らしい影が見えています。

d0264892_011371.jpg
新高岡を過ぎれば金沢はすぐです。

 ほとんど平行して走っている北陸自動車道もトンネルが続きますが、
 新幹線もトンネル、またトンネルです。

d0264892_0154178.jpg
金沢着。 金沢でグリーン車から降りたのは私たちと、ご夫婦らしい外人さんだけでした。

上田から金沢まで、おおよそ1時間40分。 東京へ行くのとほぼ同じ時間です。車では4時間はかかりましたから、さすがに早い! 金沢がすっかり日帰り圏内になりました。

d0264892_0203990.jpg
金沢駅西口へ向かいます。

d0264892_0205678.jpg
金沢駅西口。 金沢駅のシンボルともいうべき鼓門があるのは反対側の東口です。 こちら西口には駅レンを始め、レンタカー会社が集まっています。
今回、JTBでは「タイムズレンタカー」を手配してくれました。 

d0264892_2225082.jpg
雲が多く、山も海も、あまり良く見えませんでした。 小松あたりでしょうか、飛行機が飛んでいました。

d0264892_224468.jpg
お昼は尼御前SAで。

d0264892_2255799.jpgd0264892_2261619.jpg
ツレアイは 「甘エビのかき揚げ丼」 を。 私は 「海鮮チャンポン」 を。 チャンポン美味しかったです。

ナビによると片山津ICのほうが近かったようですが、尼御前SAに寄ったので加賀ICで降りて山代温泉に向かいます。


 


 
by spring-ephemeral | 2016-11-06 02:35 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

公園のひとこま

 紅葉の始まった上田城跡公園です。
 
d0264892_1582038.jpg


d0264892_159688.jpg


d0264892_20113.jpg


 紅葉のピークは1週間後くらいでしょうか。
 
by spring-ephemeral | 2016-11-04 02:05 | 上田便り | Trackback | Comments(2)