<   2016年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2016年秋 夏瀬温泉 『都わすれ』 再び

 今回の旅行は、昨年、夏瀬温泉 『都わすれ』 に行った話を友人にしたことから始まりました。
 
 「紅葉のころはきれいだと思うよ」 「行ってみようか」
 という話になり、友人は角館も初めてということで、角館と夏瀬温泉の旅が決まりました。

 夏瀬温泉 『都わすれ』 は様々に忘れがたく、再訪できればと願っていたので、早くも念願叶うことになりました。

   ※ 『都わすれ』 の詳細は前回(昨年8月)のブログに載せましたので、よろしければご覧ください。  
             http://aprilmoon.exblog.jp/2207868                                    
             http://aprilmoon.exblog.jp/22089825

<2016年10月19日>

d0264892_1375486.jpg

d0264892_1382285.jpg

d0264892_1391529.jpg

d0264892_1394278.jpg

d0264892_1403177.jpg

d0264892_1405817.jpgd0264892_1413021.jpg
d0264892_1434997.jpg

d0264892_1441597.jpgd0264892_1444480.jpg

d0264892_1491151.jpg


d0264892_2214012.jpgd0264892_2221117.jpg
d0264892_224330.jpg

d0264892_2243031.jpgd0264892_2245441.jpg
d0264892_2252168.jpg

d0264892_2261354.jpgd0264892_2264454.jpg

d0264892_2271940.jpgd0264892_2274576.jpgd0264892_2282525.jpg
d0264892_2321033.jpg




d0264892_2374469.jpg

d0264892_2382332.jpg

d0264892_25328.jpg

d0264892_2385785.jpg



d0264892_2533621.jpgd0264892_254716.jpg
d0264892_2544553.jpgd0264892_2553528.jpg


d0264892_2561419.jpgd0264892_25712.jpg
d0264892_2573782.jpgd0264892_258532.jpg

d0264892_2584269.jpg





                                                    
                                             
by spring-ephemeral | 2016-10-29 03:01 | お宿記 | Trackback | Comments(6)

2016年秋の角館 ~稲庭うどん と バイキング と~

 今回角館に行ったら、ぜひともお昼を食べたいお店がありました。
 『じん市』 という和食のお店です。
 昨年、ツレアイと行ったときも候補に考えながら、結局 『佐藤養助総本店』 の稲庭うどんを優先してしまいました。
 その後ブロ友さんのブログで拝見して、行くんだった、と後悔。
 今回こそは、と楽しみに、予約の電話を入れたのですが・・・
 なんと秋田に移転されるとのこと。 その引越し作業が遅れていて、予約の受付ができない旨の連絡をもらいました。
 がっかり・・・
 もちろん初めて伺うはずだったのですが、電話の向こうで 「うつき様にお会いできるのを楽しみにしておりましたのに・・・」 などとおっしゃってくださいます。
 その対応で、料理もいかばかりかと推し量り、返す返す残念。 でも、仕方がありません。
 他を考えなければ。

<2016年10月19日>
 
 というわけで、新幹線の中で雑誌など見ながら友人と検討し、
 昨年(2015年)4月にオープンした 『食彩 町家館』 という施設内の 『町家キッチン』 のバイキングに行くことにしました。
 ところが・・・
 この日は貸切で満席。 
 はあ・・・がっかり・・・ 

 でも、翌日なら空きがあるというので、気を取り直して翌日に予約。
 翌日にするつもりだった稲庭うどんを先に食べることにしました。
 その 『食彩 町家館』 の方に教えてもらったのが、斜め向かいにある 『月の栞』 という店でした。

d0264892_101635.jpg
こじんまりとおしゃれな店構えですが、中はカウンター席と、テーブル席が2つ。 奥にも部屋があるようですが、ごく普通の食堂です。

d0264892_16035.jpgd0264892_162137.jpg
頼んだのは1000円(税別)のゴマだれの稲庭うどん。 ゴマだれと普通のつゆがついてきます。
『食彩 町家館』 の方は 「養助さんのうどんではないかもしれない」とおっしゃっていましたが、「佐藤養助」の稲庭うどんより細めのように思いました。 透き通ってみずみずしく、とてもきれい。
そして、このゴマだれのおいしかったこと!  また食べたい! けど遠い・・・


 d0264892_1173875.jpg※ 「佐藤養助」の直営店は角館の武家屋敷通りにもありますが、
    今は販売のみで食事の提供はなさっていませんでした。


<10月20日>

d0264892_126831.jpg
食彩 町家館』 の1階は地場産品やおみやげ物が並んでいます。 その2階に 『町家キッチン』があります。

d0264892_1283943.jpg
昨年できたばかりのきれいなスペースです。 写真の右側にも広がっていてますが、それほど広くないので、団体さんがいらっしゃるとたちまち満席になります。 あらかじめ予約するのがベストだと納得です。

d0264892_132583.jpg
地元素材を中心としたメニューが40種類ほどあるそうです。 フルーツやチョコレートファウンティン、アイスクリームもあります。 彩りもきれいできちんと作られていて、どれもおいしくいただきました。 ただ、うどん(稲庭ではなくふつうの)はいまいちでした。 (ランチ 1404円)

<ここまできたら>

 ここまできたら、「しょうゆソフト」 を食べなければ!

d0264892_1444318.jpg
角館の町から少し離れたところにある 『安藤醸造北浦本館』 内で販売されている 「安藤醸造」 の醤油をつかった 「しょうゆソフト」。
ブロ友さんのブログで教えていただいて、角館はまだ2度目ですけれど、外せません。

d0264892_1484975.jpgあいかわらずおいしかった!



 
by spring-ephemeral | 2016-10-26 01:55 | 味だより | Trackback | Comments(2)

2016年秋の角館

<2016年10月19日>

 桜の紅葉を目当てにやってきた角館ですが、自然の事象の見極めはほんとうにむずかしい。
 宿の手配の関係もあって、計画は半年前の4月に立てました。
 いろいろ考えた末の日程でしたが、うまくいかないものです。

d0264892_1302911.jpg
角館といえば武家屋敷通りを彩る春の桜ですが、大半が枝垂桜です。 その枝垂桜は葉をほとんど落としていました。
よほどの風が吹いたのでしょうか、 残っているわずかな葉を見ても、色づく前には落ちてしまったようです。

気を取り直して武家屋敷通りを歩いてみます。

d0264892_1373312.jpg
古民家をリノベーションしたカフェ。

d0264892_1394191.jpg
武家屋敷通りの一本裏手の道沿いにある 『松本家』。

d0264892_1412980.jpg
『小田野家』
d0264892_1422958.jpg

d0264892_14249100.jpg
『小田野家』 の庭から隣の 『川原田家』 に繋がっています。
d0264892_1465657.jpg

d0264892_1471960.jpg
苔むした庭も見事です。 日当たりのよいモミジが色づいています。
d0264892_1503752.jpg

d0264892_150547.jpg
『川原田家』 の玄関に出てきました。

d0264892_152172.jpg
ちょうどお昼どきと重なったせいか、人影まばらで静かな武家屋敷通りです。

d0264892_1531711.jpg
人力車が似合います。

d0264892_1535969.jpg
桜は散り、紅葉は初め。 

d0264892_1573678.jpg
『岩橋家』。 映画「たそがれ清兵衛」 のロケ地になりました。
d0264892_1595740.jpg

d0264892_202014.jpg
天然記念物岩橋家の大柏。 大きなな柏の木でした。

d0264892_232733.jpg
『青柳家』 の南門。
d0264892_241568.jpg
角館の象徴のような黒板塀。 やはり桜だけは葉を落としています。
d0264892_283438.jpg


d0264892_292945.jpg
『石黒家』。 武家屋敷通りの端の御屋敷です。
d0264892_2104550.jpg


d0264892_2111266.jpg
武家屋敷通りの端まで来ました。 風情を楽しみながら来た道をゆっくり戻ります。

d0264892_2151585.jpg
昼食を終え(後日アップの予定)駐車場に戻る途中の街路樹の桜。 枯れた古木から新しい幹が育っていました。
右下に猫がいますが、このあと道を渡ろうとしてあわや車に轢かれそうになり、肝を冷やしました。

d0264892_2203450.jpg
「角館桜祭り」で有名な桧木内川(ひのきないがわ)の桜並木はソメイヨシノですが、 色は冴えません。 

 緑濃い頃、秋の頃、と2度角館を歩きましたが、風情と趣のある町並みです。 今回は特に車も人も少なく、静かな佇まいを満喫しましたが、来るたび、やはり一度は桜の頃に来てみたいと思います。
by spring-ephemeral | 2016-10-24 02:33 | おでかけ | Trackback | Comments(6)

2016年秋の角館へ

<2016年10月19日>

 毎年友人と出かける旅行、今年は角館に行きました。
 そろそろ紅葉の時期と踏んだのですが・・・さて・・・

d0264892_2373647.jpg
大宮から秋田新幹線 『こまち』 に乗ります。

友人との旅ですから、おしゃべりは尽きず。
新幹線がゆっくり止まったのもさほど気にせずいたのですが・・・

大宮を出てまもなく、小山の手前で停車。
その後小山駅まで進みましたが、止まってしまいました。
なんと小山駅でポイント故障。

随時アナウンスが入ります。

「ただいま係員が確認作業に向かう準備をしています」

「ただいま係員が現場に向かいました」

「ただ今係員が到着しました」

逐一のアナウンスです。
おかげで進捗状況はよくわかりました。

けっきょく55分遅れで運転再開しました。

55分が微妙です。
記憶に間違いなければ新幹線の場合、1時間以上遅れると払い戻しの対象になりますものね。

d0264892_2492298.jpg
約1時間遅れで角館に到着しました。
自動改札もなく、駅員さんが切符を受け取るのどかな駅です。

駅レンタカーを予約してありましたが、『こまち』が遅れたため、時間延長で予約していた分を払い戻してもらえるようです。

さて、思わぬハプニングがありましたが、角館散策にでかけることにします。

 ※ 改めて確認してみましたが、JRの特急券急行券が払い戻しになるのは到着時間が2時間以上遅れた場合で、新幹線も同様のようでした。 
 
by spring-ephemeral | 2016-10-22 02:54 | おでかけ | Trackback | Comments(6)

2016年自治会行事 10月 ~バーベキュー ・ 運動会~

<2016年10月9日>

 自治会行事は、毎年おおよそ、何時、何をやるかが決まっていますが、
 他の行事との間隔や、学校行事との兼ね合いで最終的に日程が決まります。

 今年の、秋のハイキングとその後のバーベキュー大会は、そんな関係で10月9日に組まれました。
 3連休の中日です。

 連休は我が家にとっては貴重な休日で、この連休も、東北へ旅行するつもりでした。
 しかし、よりによって3連休の真ん中に行事が組まれてしまったため、連休は全く使えず、すべてキャンセルの憂き目となりました。
 正直がっかり・・・

 ま、引き受けてしまった役ですから仕方のないことではありますが。

 10月9日、前夜からまとまった雨になり、朝になって小降りにはなったものの、ハイキングは中止になりました。
 ハイキングはなくなっても、材料は仕入れてありますから、バーベキュー大会は行ないます。
 私は他の役員さんと、初めからハイキングには参加せず、バーベキューの準備にまわっていました。

d0264892_272986.jpg
バーベキューは自治会館の駐車場が会場です。 午前11時ころには雨はすっかりあがっていました。

提供してもらった玉ねぎ、かぼちゃに買い足したキャベツやもやしや人参やピーマン。
やきそば。
肉は私ともうひとりの役員さんで、頼んであった肉屋さんに取りに行ってきました。 味付け豚肉主体に鶏肉や牛肉、ウィンナ、など、12キロくらい。

写真ではまだ参加者が少ないですが、40人以上の参加となりました。
私は最初のほうで帰宅しましたが、お肉も野菜もすっかりなくなったそうです。

<2016年10月16日>

2週続けての自治会行事は、公民館主催 『分館対抗運動会
自治会は公民館を形成する分館でもありますから、分館対抗、すなわち自治会対抗運動会です。
私は「副分館長」なので、主催者側の運営に携わります。 
前日15日には本部のテントを設営したりと準備作業に追われました。

明けて16日本番の日です。

d0264892_221514.jpg

d0264892_22153496.jpg
朝7時。 合図の花火があがります。 晴れてしまいました・・・ やるとなれば晴れたほうがよいですね。
青空に白い煙が鮮やかです。

d0264892_22211713.jpg

d0264892_2234122.jpg
各自治会が笹竹に横断幕を張ったり、 机や椅子を並べ、太鼓ももちろん、応戦席の設置に余念がありません。 

d0264892_22305029.jpg
本日のプログラム。 係りの仕事以外に私の出番もあります。 「パン食い競争」 と 「防災バケツリレー」 。

d0264892_2235142.jpg
入場行進は昨年の優勝分館から。 我が分館は15分館中13位だったので、おしまいのほうです。

d0264892_22373447.jpg

d0264892_22375576.jpg


私の分担は 「選手招集係り」。 次の種目に出場する選手を招集して確認、並べるのが仕事です。 走り回り、声を掛け、一番大変と言われる係りで、競技を見ている時間はあまりありません。

d0264892_22433878.jpg
誰も手を挙げず、私が出ることになった パン食い競争。  立派に トリ を務めました。 美味しいパンでしたけど。

d0264892_22463310.jpg
運動会の華。 混合リレーで競技終了。

全員参加のOXクイズで全て終了。

今年のうちの分館は昨年同様13位。 今年は14分館が参加しましたから、ゴルフでいえばブービーです。

「いいの、いいの。 楽しく参加するのが目的だから」

後片付けを終え、午後1時前には全て終了、解散になりました。

私は不参加でしたが、皆さんの後の楽しみは慰労会。 実はこれが一番の楽しみだったりして。

やーれやれ、終わったー

11月、12月、行事はまだまだ残っていますが、大きなものはこれが最後です。 
ようやく先が見えてきました。
やっと少し楽になりました。







 
by spring-ephemeral | 2016-10-18 23:13 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)

「ペーパーグラス」 と 「にゃんグラス」

<鯖江の ペーパーグラス> 

 私は、とびきりというわけではありませんが目は良かったので、眼鏡を使うことはなかったのですが、
 寄る年波とともに手元が見えづらく・・・
 はい、老眼です。

 家では眼鏡屋さんであつらえたハードケース入りの老眼鏡と、ブルーライトカットのパソコン用眼鏡を愛用していますが、
 外出するとき重宝しているのが福井県鯖江のメーカー製の ペーパーグラス です。

d0264892_22464157.jpg

d0264892_22512192.jpg

なぜ ペーパーグラス かというと、この薄さです。
d0264892_2253788.jpg
弦もぺたんと畳めて、厚みはわずか2ミリ
栞になるほどほとんど平らになってしまうので場所もとらずとっても便利!

買い物用のバッグ、 銀行とか郵便局の用事用のかばん、 友人とのお出かけ用のバッグ、そして旅行用のバッグ。
使用頻度の高いバッグのどれを持って出ても忘れないように、それぞれに入れてあります。

d0264892_2315246.jpg

遠くは眼鏡無しで間に合うのでおばあちゃんの鼻めがねのようにして使っています。
右が今までのタイプ。 左が最近出たリム無しタイプ。 

<鯖江の にゃんグラス

そして、つい最近見つけたのが 同じく鯖江の別メーカーの 「にゃんグラス

d0264892_2313088.jpg

なぜ にゃんグラス かは一目瞭然ですね。

d0264892_23143356.jpg

こちらは ローネットグラス、 手持ちで使うタイプです。 
買い物先で値段を見たり、素材や原材料を確かめたりするのにはこちらのほうが便利かも。

度数の違う替えグラス付き。 老眼が進んでも安心です。

d0264892_2317522.jpg

ソフトケースから猫の頭がはみ出ていますが、これがデザイン。 
遊び心がかわいくて、即買いました。

それにしても、鯖江、眼鏡で頑張っています!




 
by spring-ephemeral | 2016-10-15 23:24 | 日々のこと | Trackback | Comments(6)

『壷屋』 

<2016年10月6日>

 10年、いや、もうかれこれ20年になるでしょうか。 別所近くに 『壷屋』 というスペイン料理のレストランがありました。
 近在ではとても人気のある有名レストランでした。 
 何度か行ったこともあります。
 
 その後、2度、3度移転され、
 移転されるたびになぜか次第に名前が聞かれなくなり、
 やがて店はなくなってしまいました。
 なにがあったのか・・・たしかなことは知りません。

 それから何年経ったでしょう。
 昨年のこと、友人と、とあるカフェに行きました。 友人はそこを知り合いに教えてもらったそうです。
 そのカフェで、カフェのオーナーの息子さんが同じ敷地内にレストランを始める計画だと聞きました。
 「小さくても、予約のみなら採算はとれるみたいです」 とオーナーはおっしゃっていました。
 そのときは 「それは楽しみですね。 オープンしたら伺いたいです」 と簡単な言葉を交わしただけだったのですが、
 そのレストランが 『壷屋』 でした。

 「あの『壷屋』?」
 「うん、その『壷屋』!」

d0264892_1432385.jpg
小諸と軽井沢の間の、林の中に、こじんまりと、再開のレストランはありました。

d0264892_147141.jpgd0264892_1483134.jpg 
d0264892_1533798.jpg

d0264892_154236.jpg

木漏れ日がやわらかな影を落としています。

d0264892_1551916.jpg

d0264892_1554636.jpg
落ち着いた色調の部屋は木のぬくもりが感じられ、壁の棚にはさまざまな品物がディスプレイされています。

d0264892_283844.jpg

トイレもレストランのご主人のこだわりの空間。

つい長居をしてしまいそうです。

d0264892_20228.jpgd0264892_202843.jpgd0264892_204647.jpg
部屋の天井にはベネチアンガラスのシャンデリア。 入り口にもパイナップルとハイビスカスがモチーフのシャンデリアが。

d0264892_23460.jpgd0264892_231974.jpg

壁にかけられた大きなパエリアの模型は家族総出での手づくりなのだとか。
エビの殻と貝殻は本物。
あとは米粒ひと粒ひと粒までも紙粘土で製作。


ゆったりとした時間が流れているようです。

d0264892_2143678.jpg

d0264892_2145674.jpg
1500円のランチをいただきました。

d0264892_2163085.jpgd0264892_2164216.jpg
コールスローは少々酢が効き過ぎるか?
ちょっとむせます。

アサリのスープ。
優しい味わいです。

d0264892_2184377.jpgd0264892_2185854.jpg
左は友人と友人のお嬢さんが選んだ肉料理。 豚肉でしたが詳細は失念。
右は私の魚料理。 ソイのソテー。 (たしか)ビネグレットソースも美味しかった。

d0264892_2244848.jpgd0264892_225921.jpg
もちっとして美味しいパンでした。

コーヒーもおいしいのですが、
デミタスなので、ちょっと少ない。


シェフであるご主人の娘さんがサーブしてくれました。
アットホームな雰囲気の、居心地の良いレストレンでした。

向かいには、『壷屋』の再開を知ることとなったカフェが佇んでいます。 

d0264892_2281845.jpg

d0264892_2283820.jpg
隠れ家的レストランの傍らの、隠れ家的カフェです。


 
by spring-ephemeral | 2016-10-15 02:34 | 味だより | Trackback | Comments(0)

『松籟亭』で松茸料理・・・でしたが

<2016年10月3日>

 今年も別所温泉の高台にある 『松籟亭』 に松茸料理を食べに行きました。

 空前の大豊作だった昨年に比べると、出始めの時期も遅れ、昨年ほどの収穫はないような雰囲気ですが、
 今年の松茸の状態が気になるところです。

d0264892_1325147.jpg
9月中から満席の日が続いて希望の日の席がとれず諦めかけていましたが、月曜日ということもあってか3日にようやく予約がとれました。

d0264892_1462529.jpg


d0264892_1365397.jpg


d0264892_138098.jpgd0264892_1382299.jpgd0264892_1384441.jpg
d0264892_1391087.jpgd0264892_1393159.jpg
d0264892_1395678.jpgd0264892_1401597.jpgd0264892_143836.jpg
d0264892_1433058.jpg

 味は良いです。
 しかし、肝心の松茸はというと、 薄い、小さい、少ない 

 大振りな松茸がふんだんに使われていて、また来たいと思った昨年とは比べるべくもなく、がっかりした今年でした。
 自然相手のものですから、良いときばかりではないことは承知していますが、今回は高くつきました。

 3年通ったし、もういいかな・・・
 
by spring-ephemeral | 2016-10-14 02:04 | 味だより | Trackback | Comments(2)

「ホンダNSX」

<2016年10月1日>

 東京駅八重洲中央口から出ようと向かっていると、なにやら人だかりが。
 何だろう? と近寄ると・・・

 わあ! かっこいい!

 赤いスポーツカーが眼に飛び込んできました。

d0264892_1162578.jpg
ホンダNSX」です。 実際の色はもっと深いボルドーでした。 
 みなさん足を止めて行かれます。 スマホやタブレットで写真を撮る人も次々と登場。
 私も、せっかくですからぐるりと一周してみました。

d0264892_1235016.jpg

d0264892_1262928.jpg
4列並んだ排気筒。 いい音しそうです。

d0264892_1313176.jpg
どの角度もかっこいいなあ! ホンダの自信作なのでしょうね。

d0264892_1332365.jpg

d0264892_1363853.jpg
中も見たいけれど・・・どうやら赤の革張りみたいです。

d0264892_1392234.jpg
何人かいらして真正面からは撮れませんでした。
d0264892_1405248.jpg
                          ! ! !
by spring-ephemeral | 2016-10-12 01:52 | 日々のこと | Trackback | Comments(6)

上山田温泉 『笹屋ホテル』 2016年再び

<2016年9月24日>

 ツレアイが飲み会の日です。
 母とふたり、夕飯の用意も面倒だし、取れたら温泉行こうか。
 という話になったのが、前の日の23日。

 JTBに行く時間がなかったので、Webで検索。
 ここが空いてたらなあ・・・と思うところが一ヶ所ありました。
 それが上山田温泉 『笹屋ホテル』 のWeb限定プラン
 2月に見つけてツレアイと来て、母と来るのにいいなあ、と思っていましたが・・・

 空いてました!

 d0264892_138102.jpgd0264892_139371.jpg
コンシェルジュデスクのある広いロビーを通ってエレベーターホールへ。 

 現在の建物にリニューアルになって、コンシェルジュが置かれたときは、コンシェルジュという言葉自体がまだ珍しいころでしたので、ずいぶん洒落ていると思ったものでした。

d0264892_1453515.jpg

d0264892_146566.jpg
部屋は最上階の7階。 和室の隣の洋室が、コネクティングルームとして使えます。
d0264892_1513853.jpg

源泉賭け流しの露天風呂があるのも魅力です。

d0264892_1534138.jpg 


d0264892_1563631.jpgd0264892_1565393.jpgまずは大浴場へ。

d0264892_158381.jpg

d0264892_1582569.jpg

d0264892_1584374.jpg

d0264892_1591338.jpg

奇数月は2階の「木の湯」が到着日の女湯です。 母はこの「木の湯」のほうが好きだと言います。 私は「石の湯」のレトロ感がいいなと思います。

d0264892_25403.jpg
男女入れ替えになる、もう一方の「石の湯」。 (写真は前回アップの私自身のブログから転用)

d0264892_2153567.jpgd0264892_216450.jpgd0264892_2162283.jpg「石の湯」手前のラウンジで
冷たい「延命茶」を。 


「延命茶」、昔懐かしい響きです。


食事は食事処に出向きます。
d0264892_2355788.jpg
「瀬音」という掘りごたつ式の個室。 足の悪い母には掘りごたつの出入りに苦労することもあるのですが、こちらは掘りごたつの巾が広くて楽々だそうです。
d0264892_23563117.jpg


d0264892_0201730.jpgd0264892_0204076.jpgd0264892_021135.jpg
d0264892_0213426.jpgd0264892_0215463.jpgd0264892_0222330.jpg
お造りの大根おろしはレモンを絞ると赤く色が変わる趣向。

d0264892_0241376.jpgd0264892_024317.jpgd0264892_025263.jpg
梅の甘煮 が大好き。 

d0264892_0255191.jpgd0264892_0261295.jpgd0264892_0263930.jpg
鮎の山椒煮も薄すぎず濃すぎず、さすがプロの味。 小鉢2種は写真は大きく写ってしまいましたが、ご飯のお供で、小さな器です。

d0264892_027084.jpgd0264892_02720100.jpgd0264892_0273885.jpg
どれも美味しくいただきました。
 
部屋に戻るとコネクティングルームの壁に収納されていたベッドが現れてベッドルームに変身しています。

d0264892_0404558.jpg
元々は単独の洋室ですから、テレビ横の扉を開けたところにユニットバスとトイレがあります。 夜トイレに起きる母には近くて便利です。

<2016年9月25日>

d0264892_0445972.jpg朝、お茶のセットと新聞が届いています。


d0264892_0454357.jpgd0264892_046038.jpg
朝食も夕食と同じ個室です。 窓からは離れの「豊年虫」越しに奥に続く山が見えます。

d0264892_0484032.jpg
ここにご飯としじみたっぷりの味噌汁がつきます。

d0264892_0512836.jpg
良いお天気になりました。

JTBのプランでしたら、14時チェックイン11時チェックアウトですが、そうではないので通常の15時イン10時アウトです。
のんびりしている私には少々忙しいのですが、せっかちな母にはちょうど良いかもしれません。
ゆっくりできました。
またチャンスがあればいいなと思います。







   
by spring-ephemeral | 2016-10-10 01:10 | お宿記 | Trackback | Comments(4)