<   2016年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

蕎麦 と 酒造コレクション

 ひと月ほど前になりますが、 友人と戸倉の 『萱』 にお蕎麦を食べに行きました。

d0264892_10181684.jpg

d0264892_10184755.jpgd0264892_1019784.jpg


友人のセット。
冷たい蕎麦か温かい蕎麦が選べます。




蕎麦ガレットもつきますが、
これがもっちりして
とても美味しいガレットです。

d0264892_10224252.jpg
私は十割蕎麦。

d0264892_1024594.jpgd0264892_10242592.jpg売店ではお酒の試飲ができます。
お酒がダメなときは甘酒も。

あっさりした甘さの、
美味しい甘酒です。


ここは、かつての蔵元 「坂井銘醸」の敷地にあり、同じ敷地内には蔵が立ち並んでいて、資料館になっています。

d0264892_10274048.jpgd0264892_1028072.jpg











寛政蔵。

d0264892_10284527.jpgd0264892_10293795.jpgd0264892_1030266.jpg江戸時代の俳人 加舎白雄や夢路のコレクションもありますが、
照明も暗く、ほったらかしのような印象です。

d0264892_10345183.jpg

d0264892_1035168.jpgd0264892_10354255.jpg












宝暦蔵。

d0264892_10363663.jpgd0264892_1036536.jpgd0264892_10371719.jpgd0264892_10373398.jpg

作業道具や設備がそのまま残っていますし、場所によってはテープも流されていますが、
全体として、置いてあるだけといった感じ。 蔵の中はひっそり、ひんやりして、相変わらず照明は暗く、
なんだかなあ・・・
面白いといえば面白いけれど、飽きるといえば飽きる。
ぜひにとはお薦めしづらい印象でした。

ただ、庭から眺める築250年の母屋は一見の価値ありと思います。
d0264892_10441173.jpg

d0264892_104430100.jpg

d0264892_10445252.jpg


酒造コレクションはもうひとつでしたが、お蕎麦は悪くありませんし、蕎麦スイーツもおいしいし、またでかけても良い一軒です。

(今回は無事アップできそうです)
by spring-ephemeral | 2016-03-27 23:05 | 味だより | Trackback | Comments(4)

コガラ で休憩

 記事を一本書いたのに、
 「接続できません」 で消えてしまいました。

 はあ・・・
 がっかり・・・
 
 コガラに登場してもらっている間に、もう一度モチベーションをあげます。

d0264892_2463827.jpg
(トリミング)
by spring-ephemeral | 2016-03-26 02:47 | 植物・動物・鳥 | Trackback | Comments(2)

上田城花便り 2016年 3月

<2016年3月23日>

  桜がまだなのはわかっていますが、梅はどうだろうと思い、上田城跡公園に行ってみました。

d0264892_0531059.jpg
あらら、本丸跡の梅はまだ咲き始めたばかり。 くぼんで日当たりが良くないせいか遅いです。
d0264892_0553069.jpg


お堀端には翡翠撮りのカメラマンさんがいらっしゃいます。 毎年この場所に翡翠が現れますが・・・いました。
d0264892_057736.jpg
d0264892_111440.jpg300ミリのレンズではこれがやっと。 
思いっきりトリミングしてます。 
横を向いてくれないかな、
とカメラを覗いていたのですが、
飛んでいってしまったので、
こんな角度の姿しか撮れませんでした。


お堀端を歩きます。 スイセンのつぼみもまだほっそりしています。
d0264892_193596.jpg


ソメイヨシノのつぼみはまだ固い・・・
d0264892_1102054.jpg


枝垂桜は少し色づいてきました。
d0264892_1113381.jpg


明日からまた寒くなるので、花が開くまでにはまだ何日かかかるでしょう。
d0264892_1135127.jpg

by spring-ephemeral | 2016-03-24 01:16 | 上田便り | Trackback | Comments(4)

山中の福寿草

 数年前、偶然見つけた太郎山山中にある福寿草群生地。
 おそらく、私の他に、その存在を知る人はいないと思います。

 今年も花が咲く頃と思い、山に分け入りました。

 急な斜面を登っていくと、突然黄色の絨毯が現れます。 昨年より数日早く咲いたようです。
d0264892_111794.jpg


 太陽の方を向いて精一杯花びらを広げています。
d0264892_1121414.jpg


 手をかざしたら、手のひらが温かくなりそうです。
d0264892_113355.jpg


 
by spring-ephemeral | 2016-03-23 01:14 | 花だより | Trackback | Comments(4)

ようやくの梅の花便り

 各地で、話題は、桜がいつ咲くかに移っていますが、
 遅ればせながら、
 わが地長野では、ようやく梅の季節が巡ってきました。 これでもいつもの年より早めです。

d0264892_05349.jpg


d0264892_064745.jpg
(写真はご近所の梅)
by spring-ephemeral | 2016-03-21 00:23 | 花だより | Trackback | Comments(4)

新装 『七草の湯』 ~その2 食事~

 <2016年3月4日>
 
 別所温泉 『七草の湯』。
 食事は部屋に用意されます。

《夕食》
d0264892_1553018.jpg


d0264892_1564477.jpgd0264892_15782.jpg六文銭形の昆布が流行っているようです。

d0264892_20133.jpgd0264892_203361.jpgd0264892_204958.jpgd0264892_211187.jpg

d0264892_214027.jpgd0264892_215614.jpgいつもながら新鮮なお造りと、
小さめですが、美味しい鮑。

d0264892_235669.jpg

d0264892_241238.jpg






見事な霜降り。

d0264892_28236.jpgd0264892_284039.jpg洋風に仕上げられた蕪が美味しかった。

揚げ物の器は
春巻きの皮を揚げたもの。
パリパリとおつまみになります。

d0264892_2115380.jpgd0264892_212660.jpg土鍋で炊かれた
季節先取りの筍ご飯。

d0264892_2135294.jpg地の物にこだわらない素材と、
地物の食材が上手く使われていると思います。

随所に工夫が見られて
飽きさせない献立でした。

どれも美味しくいただきました。


《朝食》

d0264892_2211675.jpg
翌朝、天気は悪くありませんが、霞んでいます。暖かくなりそうです。

朝食も部屋でいただきます。
d0264892_2234631.jpg
                    ご飯は焙じ茶の茶粥。 (白いご飯もあります)

d0264892_2235832.jpgd0264892_224995.jpgd0264892_2242086.jpg
エゴマと人参のドレッシングの温野菜 ・ ひじきの白和え、蕗みそ、きんぴら ・ よもぎ豆腐

d0264892_225050.jpgd0264892_2255016.jpgd0264892_226543.jpg
白魚とほうれん草の厚焼き卵 ・ 杏が刻み込まれた白玉ぜんざい ・ 鰆の蒸し物

d0264892_2261836.jpgd0264892_226341.jpgd0264892_2264949.jpg

d0264892_2362130.jpg
細かい工夫がほどこされたおかずいろいろ。
文句なしの朝食でした。


新装なった部屋で、別所のお湯とおいしい食事を満喫したひと晩でした。

d0264892_241870.jpg
到着時は写せなかったので、帰りがけに。 ロビーにはお雛様と、新装祝いの胡蝶蘭が華やかでした。

d0264892_2424838.jpg
玄関先の花もまた、きれいでした。
by spring-ephemeral | 2016-03-19 02:47 | お宿記 | Trackback | Comments(2)

新装 『七草の湯』  ~その1 新しい部屋~

 別所温泉の 『七草の湯』 が一部リニューアル工事に入るということは、昨年(2015年)の早い時期に聞いていました。
 母が気に入っている露天風呂付き客室を主に直されるということで、 いったん取った予約がキャンセルになり、一度はがっかりしましたが、再開を楽しみに待っていました。
 宿はお休みすることなく、営業しながら工事なさったそうです。

 リニューアル完成を見越して、早くから、一応3月4日に一般客室で予約を取ってもらってありましたが、
 JTBには、再開が決まったら振り替えてもらうように、頼んでありました。
 工事は2月いっぱいの予定ということでしたが、その通りにこの3月1日、 リニューアルオープンが決まり、さっそく連絡がきて、 新装なったお部屋に泊まれることになりました。

<2016年3月4日>

 リニューアル間もない宿に泊まったことはありますが、
 リニューアル4日目、という真新しいところに泊まるのは初めてです。
 期待が膨らみます。

 『七草の湯』 には、従来から、和室2間に露天風呂がついた部屋 と、和洋室に露天風呂のついた部屋 がありましたが、このたびはこの2部屋ともにリニューアルされたということでした。 

d0264892_22556100.jpgd0264892_2265585.jpg
 足の悪い母と行きますので、いつも和洋室のほうを希望して泊まっていました。 

今回は2部屋ともに和洋室になったそうなので、
 以前は和室2間だったほうの部屋に初めて泊まってみることにしました。

d0264892_22928100.jpg右手手前は洗面所とユニットバスルーム。
左手にトイレ。
ブルーがかった引き戸の奥が部屋になっています。


おお、
新築の匂いがします。

d0264892_2424329.jpg座卓の向こうにこたつがあります。
この日は暖かくなりましたが、
信州ではまだまだこたつは欠かせません。

左手にベッドルーム。

こたつの向こうにはカウチのある踏み込み。
私はこのカウチが気に入っていました。

障子は和風の絵入りで、
閉めるときれいです。

部屋はどちらかというとこじんまりとした印象で、
広すぎず、落ち着きます。

d0264892_2431025.jpgd0264892_2432683.jpg
d0264892_246845.jpg


この部屋の窓は南向きですので、窓からは 北向きのお観音様が見えます。d0264892_17223.jpgd0264892_173962.jpg











『七草の湯』は北向き観音の参道入り口に
程近い場所にあります。

d0264892_1215622.jpgベッドルームの横から
部屋の露天風呂に行きます。

d0264892_1251094.jpgd0264892_1253078.jpg
以前はテラスに囲いもなく、いわば吹きさらしでしたので、冬は寒かったのですが、戸がつきました。
もちろん開けることができます。

注がれているのは源泉そのまま。 大浴場と同じ源泉ですが、部屋のほうが引湯の距離が短いせいか、湯質がより良い気がします。
飲泉できます。 飲泉可能であっても、実際に飲めるお湯は少なくなりました。 貴重だと思います。

d0264892_129768.jpgd0264892_1292498.jpg
正面は塩田平から上田市街地方面。 右手はテラスと、お観音様方面。

d0264892_1114882.jpgd0264892_112119.jpg
リニューアルしても、いつもの「お茶うけ」は変わりません。




でも、「お茶うけ」にも『真田丸』の影響が・・・

d0264892_1143639.jpgd0264892_1145057.jpgクッキーには真田幸村の姿と
幸村の言葉が。

ドラ焼きには六文銭。

d0264892_1411715.jpgいつもと変わらぬカラフルなタオルや、カラフルな足袋。
カラフルな半纏。
カラフルな浴衣。

着替えて大浴場に行って見ます。

d0264892_1581192.jpgd0264892_1582767.jpg
大浴場は基本的には変わっていませんでした。 内装の壁や天井が新しく張替えられていましたし、洗い場に仕切りができました。
d0264892_1501573.jpg浴室入り口の引き戸も新しくなり、
露天風呂と、露天風呂から続いていたテラスの間に仕切りができました。

d0264892_1522777.jpgd0264892_15241100.jpg
入浴している人の目を気にせず、テラスで寛ぐことができて、良くなったと思います。 

今回、我が家は利用しませんでしたが、新たに貸切のお風呂もできたそうです。
お風呂の楽しみが以前より増えました。

d0264892_263436.jpg
暮れてきました。 そろそろ夕食の時間です。











 


 
 
 
 
 

 
by spring-ephemeral | 2016-03-17 02:24 | お宿記 | Trackback | Comments(4)

蕎麦 と つるし雛飾り

 友人と、友人のお嬢さんと、小諸の 『はりこし亭』 にお蕎麦を食べに行きました。
d0264892_0104921.jpg
(写真は昨年のもの)

『はりこし亭』 の蕎麦は、ややもっそりした食感で、
つゆにつけながら食べるより、 あらかじめ混ぜる、あるいは温かい蕎麦のほうが合う気がします。

d0264892_0201643.jpg蕎麦のから揚げをポリポリ食べながら、
出来上がるのを待ちます。
あまり待たずにそれぞれのお蕎麦ができてきました。

d0264892_019840.jpgd0264892_019302.jpgd0264892_0195585.jpg
(左から)「鴨南蛮のつけ蕎麦」、 「梅おろし蕎麦」、 「はりこし蕎麦」。
 もっそり系の蕎麦は、一歩間違えると喉越しが悪くて不味いのですが、 ここ 『はりこし亭』 の蕎麦は踏みとどまっている感があります。
 悪くありません。

 さて、『はりこし亭』 は、古民家を移築して造られています。
 中は天井が高く、太い梁が通っていて、見応えがありますが、入り口に 「撮影禁止」 の張り紙がありました。
 折りしも、館内にはつるし雛が飾られていて、見事でしたので、ダメもと でもと思いながら 「写真を撮っていいですか?」 とお尋ねすると、
 「本当は禁止なんですけど、 近くからでなく、 全体を撮られるならかまいませんよ」 とおっしゃってくださいました。

d0264892_161924.jpg
玄関の上がりがまちから中を。 私たちは右手奥の席でした。 掘りごたつの床は床暖で居心地が良いです。

d0264892_1163626.jpg
席から入り口方向を。

d0264892_117884.jpg
つるし雛はズームで撮りました。


『はりこし亭』 を後に、ちょっとお茶して帰りたいのですが、
小諸、上田周辺、 そんなお店は限られていて数少ないのですよね・・・

結局山の手に足を伸ばして、『アトリエ・ド・フロマージュ』 までドライブ。

d0264892_1305813.png
人気店ですが、オフシーズンで、かつ午後3時を回っていたので空いていました。
手前に写っていますが、ここに来たからには、やっぱり 「生チーズソフト」 ですね。

d0264892_1341699.jpgふだんやウェハースやポッキーですが、小さなチーズケーキがついてきました。 ラッキー!
いつ食べてもおいしいソフトです。
by spring-ephemeral | 2016-03-11 02:47 | おでかけ | Trackback | Comments(6)

雪、再び

 <2016年3月9日>

 朝のうちは雨でした。

 お昼過ぎ、とうとう雪になりました。

d0264892_21563.jpg


d0264892_213714.jpg


 昨日の午後2時は 20度
 今日の午後2時は 0.6度
 
 寒い。

 
d0264892_263023.jpg


d0264892_264715.jpg

        またしても、梅受難。
by spring-ephemeral | 2016-03-10 02:11 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

幟はためく上田城跡

 大河ドラマ 『真田丸』 のおかげで、いつになく気になる上田城跡です。

d0264892_083710.jpg
2日や3日で梅の花が開くとも思えませんでしたが、案の定・・・

d0264892_0101789.jpg
雲っていたので、なにやら風雲急を告げるかのような雰囲気です。

ドラマでは、次回(13日)あたりに、いよいよ上田城築城の運びとなりそうです。
真田昌幸は家康の力を借りて上田城をつくったことがわかっています。 
昌幸という人、大したお方です。

d0264892_0202430.jpg
いたるところに赤い幟がはためいています。

d0264892_0212033.jpg
ケヤキ並木もご覧の通り。
by spring-ephemeral | 2016-03-08 00:23 | 上田便り | Trackback | Comments(2)