<   2014年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

うっふっふ・・・今年も春の味ゲット!

 山道を歩いていて、
 ん? あれは? ひょっとして・・・
d0264892_23351149.jpg


やっぱり! タラの芽だ!
d0264892_2335455.jpg


普段人の入らない斜面を移動するのは大変。
でも、これのためなら!


d0264892_233836.jpg
ちょっと早いか・・・

d0264892_23394960.jpg
d0264892_23413160.jpg
     最高!

家に帰ると、知り合いから電話が・・・
「(新潟の)妙高で ふきのとう を採ったから持ってくよ」
d0264892_23461510.jpg
きました!
雪深い長野・新潟県境の山菜類はそれは見事です。 この ふきのとう も大きいこと!

d0264892_23492526.jpg

今宵の一品は 迷わず てんぷら!
d0264892_2351156.jpg
 たーっぷりの大根おろしで食べるのが、我が家流です。
by spring-ephemeral | 2014-04-30 00:02 | 日々のこと | Trackback | Comments(6)

鳥が撮れた日

 先輩ブロガーさんのブログを拝見するうちに、
 鳥を撮ってみたくなりました。

 とはいっても、花やカモシカ用の、私のレンズの倍率では、
 よほど運良く近くに寄れない限り、大きく写せませんし、
 飛び回る鳥を撮るのは、難しい・・・

 とまっているところをどうにか写した鳥を集めてみました。
 アップの画像は全部トリミングです。

 先輩ブロガーさんに教えていただいた通り、 ヤマドリ は同じ場所を時々うろうろしています。
d0264892_0574995.jpg

d0264892_058070.jpg



 地声はあまり美声とはいえないけれど、色のきれいな カケス です。
d0264892_102445.jpg

d0264892_103530.jpg



 ドラミングしていた コゲラ が、この場所にとまったきり、動かなくなりました。
 丸い穴が見えます。 もしかして、巣穴か?
d0264892_15479.jpg

d0264892_16183.jpg



 地面に降りた鳥一羽。 野鳥図鑑で調べたら クロツグミ でした。
 このあたりで聞こえていた、きれいなさえずりの主だったようです。
d0264892_19228.jpg

d0264892_193511.jpg



 このシルエットは誰?
d0264892_110296.jpg

明るいところに出てきたら、 カワラヒワ でした。
d0264892_1115254.jpg

d0264892_112477.jpg

 

 
 
 
by spring-ephemeral | 2014-04-29 01:17 | 太郎山便り | Trackback | Comments(6)

なんだ、なんだ? どうした、どうした?

逆光の中で
カモシカが食事中でした。
d0264892_2262651.jpg

この光線の具合が好きです。
d0264892_2271691.jpg

毛がやわらかな輪郭を描きます。
d0264892_2281443.jpg

その時、
突然、カモシカのすぐ近くで、ガサガサと音がしました。
石か、なにかが転がったように見えました。
カモシカは驚いて、音の出どころを見もせず、いきなり走り出しました。
急な斜面を、よくまあ、すごい勢いで駆け下りること!
あっという間に、目の前を駆け抜けたので、スピードについていけませんでしたが、
走り出したところが写っていました。
d0264892_2353864.jpg

そんなにびっくりしなくても。
あわてぶりにちょっと笑ってしまいました。
by spring-ephemeral | 2014-04-27 02:39 | 太郎山便り | Trackback | Comments(2)

今年初めてのカタクリを撮る

 太郎山にカタクリが咲き始めました。
 毎年上手に撮れない花なので、
 今年も試行錯誤を繰り返しそうです。
d0264892_1321024.jpg

by spring-ephemeral | 2014-04-26 01:33 | 太郎山便り | Trackback | Comments(8)

上山田 城山から

 戸倉宿キティパークで桜を見て戻る途中、
 上山田温泉の奥の城山に登ってみました。
 車で、です。

 山頂手前の観音寺から、キティパークが良く見えます。 茶色の砕石場跡の左です。
d0264892_141091.jpg最遠景。

d0264892_1424589.jpg中遠景。

d0264892_1441070.jpgアップ。

真ん中辺にぽつんと何やら青いものが見えるでしょうか。
これは大きな天狗さん。 実はキティパークのシンボルで、別名 『天狗公園』 と呼ばれています。(なせ天狗なのかは、リサーチしてありません)
ちょっとボケてますが、トリミングすると・・・
d0264892_154162.jpg
 大きいでしょう!

さらに登って、山頂へ。
「荒砥城」として砦がつくられ、以前大河ドラマのロケ地にもなりましたが、
入場料300円。 う~ん・・・地元というわけでもありませんが、近間ですし・・・
駐車場までということで・・・
日当たりの良い側は芽吹きの色が見え始めています。
d0264892_213780.jpg

のどかな山里。
d0264892_225284.jpg

見える先は上田方面。 
d0264892_235267.jpg

霞んでいますが、遥々とした眺めでした。
by spring-ephemeral | 2014-04-25 02:11 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

桜 ・ 桜 ・ 桜  ~戸倉宿キティパークにて~

戸倉宿キティパーク』 は、しなの鉄道(旧 JR信越線)戸倉駅のすぐ近く、山の斜面にある公園です。
650本ほどあるという桜が、それはそれはみごとです。

<4月22日>
満開の桜を見に、友人たちとお昼を持ってでかけました。
前日の雨はあがっていましたが、曇りがちの日で、肌寒く、
桜の色も、もうひとつ冴えませんでしたが、
散り落ちた花びらもまた、きれいでした。
d0264892_1161362.jpg

d0264892_1163645.jpg

d0264892_11739.jpg

d0264892_1171510.jpg

d0264892_1174182.jpg


<4月23日>
前日と打って変って、晴れました。 気温もあがって、暖かな日です。
晴天の日の桜を見たくて、今度は母を誘って、再度でかけました。
輝く桜のトンネル。
いっそう散り敷かれた花びら。
右を見ても左を見ても、
前を向いても振り返っても、
見上げても見下ろしても、
桜、桜、桜・・・
d0264892_1254920.jpg

d0264892_1505377.jpg

d0264892_1292084.jpg

d0264892_1293938.jpg

d0264892_1491389.jpg

d0264892_1303466.jpg

by spring-ephemeral | 2014-04-24 01:56 | photo exercise | Trackback | Comments(4)

湯田中温泉 『あぶらや燈千』 2014年4月 2日目

<4月13日>

ゆっくりたっぷり寝ました。

朝のお風呂にでかけます。
夕べのうちに入れ替えになり、こちらは『夢見の湯』。
宿は夜間瀬川に沿って建てられており、
前日の 『夢路の湯』 は西の端。 こちらはの端になります。
(大浴場の利用時間終了間際の30分は、ひとりきりでした。 写真はその時撮影)
d0264892_1332141.jpg

d0264892_1333370.jpg


d0264892_1355745.jpg
志賀高原方面の山々。
d0264892_1375724.jpg
南側。オリンピック道路方面です。

朝食は、バイキングか、個室かが、選べます。
個室の場合、さらに、洋食か和食かが選択できます。
バイキングも楽しいですが、 ゆっくり落ち着く個室にお願いし、ツレアイは洋食、私は和食を選択。
d0264892_1475636.jpg
ツレアイの洋食のうち、きれいに撮れたのはこの一枚きりでした。

d0264892_1494770.jpgd0264892_150421.jpgd0264892_1502940.jpg
オーソドックスな和食です。
と、そこへ板前さん登場。 昨夜とは違う方ですが、
「だし汁巻卵を作りに伺いました」
d0264892_1565861.jpgd0264892_1571498.jpg
朝食にもサプライズあり。

出来立ての熱々をいただきます。 
美味しかった
d0264892_294657.jpg
ツレアイの洋食も良かったのですが、
サプライズ付きで、和食のほうが、得した気分でした。


大浴場も終わりましたから、あとは部屋のお風呂をたっぷりと。 
弱アルカリのお湯は、肌になめらか。 何度入っても気持ちの良いお湯です。
昨日より風は止みました。
天気の良い日が続いていて、朝から霞んでいますが、
輪郭がぼやけながらも、まだ雪を頂く北信五岳が望めました。 (下は部屋にあった案内から)
d0264892_28562.jpg
d0264892_291498.jpg


                    ゆっくり過ごせた週末でした。
d0264892_2144492.jpg

by spring-ephemeral | 2014-04-22 02:19 | お宿記 | Trackback | Comments(8)

湯田中温泉 『あぶらや燈千』 2014年4月 1日目

<4月12日>
 湯田中温泉 『あぶらや燈千』 に出かけました。

  『あぶらや燈千』 さんは4年ぶりでしょうか。 このブログを始める前、まだRxRのときでした。
 RxRにアップしそびれて、それきりです。

 なぜか行こうと思うと満室のことが多く、なかなか機会が巡ってきませんでしたが、
 今回は早めに決めて、JTBで予約をいれてもらいました。

d0264892_2425240.jpg

良いお天気ですが、
春霞です。

千曲川の河畔は
まだまだ遠い芽吹きです。

d0264892_245384.jpg

戸隠も飯綱も妙高も、霞んでいます。


砂地の畑にはこれから松代名産の長芋が植えられます。

d0264892_2465144.jpg

高速が順調で、早く着きそうなので、
小布施のPAで時間調節です。

風のせいか、
発泡スチロールの板が飛んできています。

高社山から志賀高原方面はまだ雪の山肌でした。
d0264892_2504717.jpg


湯田中温泉は、夜間瀬川に沿って並ぶ、湯田中・渋温泉郷の、下流の入り口にあります。 
一番上流にあるのが、野猿公苑で有名な地獄谷温泉です。

d0264892_1424484.jpg
夜間瀬川沿いの桜はまだ固いつぼみでした。 開花は20日頃だろうとのことでした。

d0264892_1443263.jpg










何組かの宿泊客が同時に到着して、
ロビーで少し待つかな、と思ったら、
待つ間もなく、部屋に案内してくれました。

d0264892_1473083.jpgd0264892_1474761.jpg

d0264892_1483715.jpg和室、お風呂付きの部屋をとってもらってあったのですが、
差額千円で、和洋室にアップグレードしてくださるというのでお願いしました。
(和室の写真はすっかり撮り忘れました)
ふと、消費税アップ前なら、差額無しだったかも?と思いましたが、
私の勝手な想像です。

机の奥に見える「綾鷹」はサービス。
「綾鷹」好きなのでラッキーです。

d0264892_2141610.jpg
部屋の窓からの眺めです。
夜間瀬川の対岸は湯田中の中心温泉街。 

着替えて、大浴場へ。 男女入れ替えになりますが、まずは女性は「夢路の湯」へ。
d0264892_205585.jpgd0264892_211111.jpg
d0264892_213058.jpg

d0264892_23316.jpg大きなガラス窓に囲まれた洗い場は、外からは見えないはずと思っても、
窓の近くはちょっと遠慮。

⇐右は打たせ湯、正面がサウナ。左は露天への入り口です。
 前に来たときは足元は足つぼ刺激の小石が並んでいましたが、
 なくなっていました。 痛かったですものね。

 初めの30分ほど、どなたも見えず、
 貸し切り状態で、独り占めでした。

天然温泉かけ流し。 気持ちの良いお湯です。

d0264892_2183296.jpg
部屋の露天にも入りましょう。 涼しい風が抜けていきます。

d0264892_2203363.jpg 
部屋からの眺めに続く、温泉街の西半分。
高井富士とも呼ばれる高社山(こうしゃさん)にはまだ雪があります。

d0264892_224521.jpg
北信五岳は霞んで見えません。
下の堤防で、親子がキャッチボールをしていました。
素通しなので、そっと顔を出します。
呼べば聞こえる距離でしょう。


夕食は部屋でいただきます。
d0264892_2305567.jpgd0264892_2311054.jpg

d0264892_2314359.jpgd0264892_2315976.jpg
前菜左上、桜エビとキャベツの胡麻ダレあえが、美味しかった。
d0264892_23274815.jpgd0264892_2328246.jpg
d0264892_2329193.jpgd0264892_23292530.jpg
お造りがきれいな小箱に入ってきました。
d0264892_23371488.jpgd0264892_23373420.jpg
さて、ここまで少々順番が入れ替わりましたが、とんとんと食事が進んで、
あと 信州牛の石器焼き を残すのみで、食事になってしまいます。
「これだけ? なんか、あっけないね・・・」 とツレアイと顔を見合わせていると、
「失礼します」 と、板前さんがいらっしゃいました。
「お寿司を握らせていただきに伺いました」
あらあ、お品書きにもない、係りの方もおっしゃらない、全くのサプライズです。
d0264892_235138100.jpgd0264892_23515364.jpg
「マグロ、金目、ソイ、鯛の昆布〆」 から2品選びます。
ツレアイも私も、ソイと鯛にしました。

サプライズ、大成功です。
d0264892_23573157.jpgd0264892_0293182.jpgd0264892_2358328.jpgd0264892_23584966.jpg
結局、ワインのハーフボトルが追加になりました。
女将もご挨拶に見え、しばし歓談。
ことさらに凝っているわけではありませんが、
信州らしさが垣間見れ、すっかり美味しくいただきました。
d0264892_042292.jpg

部屋に戻ると、お夜食のおにぎりが用意されていました。
海苔の香に誘われて、食べてしまいました。

d0264892_0444975.jpg

by spring-ephemeral | 2014-04-22 01:00 | お宿記 | Trackback | Comments(0)

空にとける桜

 郵便局近くの桜の木。
 夕方近くの太陽の光が、やわらかな赤みを帯びて、
 桜の花に注がれていました。
d0264892_124351.jpg

d0264892_1251584.jpg

d0264892_1255880.jpg

d0264892_1451384.jpg

d0264892_1453114.jpg

d0264892_1455261.jpg

d0264892_146845.jpg

d0264892_1462147.jpg







 
by spring-ephemeral | 2014-04-18 01:51 | photo exercise | Trackback | Comments(10)

陽ざしの春

約ひと月前の3月19日にはこんなにあった雪。 これでも 「減ったね」 と言いながら登っていました。
d0264892_112047.jpg

それが、今やたったこれだけに。(4月14日)
d0264892_123043.jpg

晴れて霞がかかる日々です。
d0264892_141956.jpg

春の訪れを告げていたダンコウバイも、そろそろピークを過ぎてきました。
d0264892_165984.jpg

地上には、春の妖精、アズマイチゲキバナノアマナが咲き始めました。
d0264892_1103288.jpg

d0264892_1105120.jpg

コガラは今日も元気です。 松ぼっくりの実が大好きのよう。
d0264892_113490.jpg

d0264892_1132189.jpg

カモシカが、あまりに何気なく近くにいて、うっかり通り過ぎるところでした。
d0264892_116990.jpg

d0264892_1162268.jpg

柔らかな光の中で食事に余念がありません。
d0264892_117961.jpg


ある日の、静かな山のひとこまでした。
by spring-ephemeral | 2014-04-17 01:23 | 太郎山便り | Trackback | Comments(6)