<   2013年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

台風一過のアルプス遠望

 本来なら、このページには
 東北旅行の折、安達太良山の翌日に西吾妻山を散策して、その記事を載せるはずでしたが、
 台風前日の土砂降りの雨で山歩きは無し、記事も無しになりました。

      日にちは前後しますが、
      帰宅翌日の9月17日、台風一過の素晴らしい天気になり、
      いつもの山から久しぶりにアルプスがきれいに見えました。

 ここはひとつ、郷土の山に代役を頼むことにします。

太郎山東峠から北アルプス全景
d0264892_171760.jpg
本当に久しぶりにすっきり晴れたので、主な山をズームにしてみました。(右から)

d0264892_181654.jpg

白馬三山

d0264892_19174.jpg

五竜

d0264892_1112423.jpg

鹿島槍

d0264892_113562.jpg

槍・穂高


これだけ晴れればひょっとして…
d0264892_120750.jpg

上田市街の向こうに蓼科山と八ヶ岳。
八ヶ岳の稜線が秩父の山に出会うあたりに…
さすがに少し霞んでしまいましたが、思った通り、富士山が見えました。
d0264892_1263525.jpg


最後は太郎山山頂から、私の好きな、山並みの重なる景色を。
d0264892_128475.jpg

by spring-ephemeral | 2013-09-27 23:54 | 太郎山便り | Trackback | Comments(8)

飯坂温泉 『御宿 かわせみ』

 9月14日の宿泊は 『御宿 かわせみ』でした。
 福島県福島市郊外、飯坂温泉のはずれ、摺上川と小川の合流点近く、緑の中にあります。
 ずいぶん前からJTBさんに薦められていたのですが、宿のお風呂が温泉でなかったので躊躇していました.
 2008年ころだったか、温泉が引かれると、今度はなかなか機会が訪れず、今年ようやく訪れることができました。

d0264892_23311870.jpg

県道を離れ
細い道を抜け、小川を渡って敷地内に入っていきます。

d0264892_2342359.jpg

玄関が現れました。

d0264892_23443889.jpgd0264892_2345292.jpg







ロビーで中庭の池を見ながら
お茶をいただきます。

池にはカモが遊んでいました。
宿の名前にもなっているカワセミも、たまに来るそうです。
宿の方によると、「カモもカワセミも、川で餌がとれないとやってくるみたいですよ」
d0264892_01796.jpg

部屋に通してもらいます。
d0264892_0524765.jpg
d0264892_0533264.jpgd0264892_0564399.jpgd0264892_057198.jpgd0264892_058318.jpgd0264892_1006.jpgd0264892_103239.jpgd0264892_11524.jpg

さっそく着替えて大浴場へ。
d0264892_23495159.jpg
内湯と、
外にある白い建物は遠赤外線サウナ。

d0264892_2352334.jpgd0264892_2356032.jpg

アルカリ性単純温泉。




特別広いわけではありませんが、
宿の規模を考えると十分です。

d0264892_00145.jpgd0264892_004850.jpg

大浴場を出たところに湯上りサロンがあります。


当日午後には、オレンジジュースと桑の葉茶が、
翌日朝には、飲むヨーグルトとレモン水が用意されていました。


食事は部屋でいただきます。
<夕食>
d0264892_092412.jpg

d0264892_010513.jpgd0264892_0103488.jpg
菊花酒と
銀杏

d0264892_0113174.jpgd0264892_0115575.jpg
鳥かご風の中に
毛蟹羹

d0264892_0141363.jpg

前菜盛り合わせ
写りませんでしたが、右上にススキが挿してありました。
月にむら雲。 秋の風情です。

d0264892_0184154.jpgd0264892_019818.jpg
お吸い物は クエ。
戻りカツオのたたき。

d0264892_0212293.jpgd0264892_0215248.jpg
お造り2種と
メインはフカヒレのステーキ。

d0264892_024384.jpgd0264892_0242980.jpg
箸休めの無花果と
牛肉の黒にんにくソース。

d0264892_0244360.jpgd0264892_025994.jpgd0264892_0253381.jpg











酢の物。
ご飯に鳥南蛮の汁。
デザート。

カツオはやや苦手で、いつもなら半分はツレアイに回すのですが、この たたき は美味しくて、ひと切れもあげられませんでした(笑)
メインのフカヒレ、食事の鳥南蛮汁など、独自の取り合わせが印象的で、美味しかったです。
いつものようにビール。 ワインはフルとハーフを一本ずつ空けてしまいました。

<朝食>
d0264892_0423616.jpg

左端はホタテの朴葉みそ。
下段真ん中の白いものは刺身こんにゃく。
その上は大根おろし。 横にちりめん山椒。
シジミ汁の中はシジミが山盛りでした。




 デザートはぜんざいとグレープフルーツのジュレ。
      カワセミの箸置きが可愛い。

d0264892_0431572.jpgd0264892_0433698.jpgd0264892_044572.jpg

時間がゆっくり流れているような『かわせみ』さんのひとときでした。
雨の朝になったこともあって、チェックアウトぎりぎりまで、のんびり過ごしました。
良いお宿でした。
by spring-ephemeral | 2013-09-26 01:16 | お宿記 | Trackback | Comments(4)

登山バッジ ~安達太良 ・ 西吾妻 ・ 磐梯山~

≪安達太良山≫ 
 9月14日に登った安達太良山では、バッジを買ってきませんでしたが、
 初めて登った時に手に入れてあります。

 今回行かなかった、山頂部のその先の写真とともにご覧ください。
d0264892_0124444.png

安達太良山頂は左端にちょっとだけ見えています。
硫黄色の窪地は「沼の平」
その向こうの遠景、左に磐梯山と湖は「秋元湖」、
右手奥の雲の上にうっすら見えるのは飯豊(いいで)連峰です。

d0264892_0115866.jpg


安達太良連山の最高峰「箕輪山」山腹の紅葉d0264892_0255584.png

d0264892_0295177.jpgd0264892_0301365.jpg

















「くろがね小屋」に立ち寄り、
オリジナルバッジを手にしました。
(写真のバックに写っていた小屋をトリミングしたのでボケています)


≪西吾妻山≫
 今回、天気が良ければ、安達太良山に登った翌日、
 山形県米沢市の天元台高原から西吾妻山を歩こうと思っていましたが、
 台風来襲の前日で、台風に刺激された前線の影響で土砂降りの雨。
 計画変更で登りませんでした。
d0264892_043285.jpg

d0264892_1173472.png

 西吾妻山は初めて登ったときも雨模様でした。


≪磐梯山≫
 ここまで来ましたから、
 バッジの旅は磐梯山に登りましょう。

d0264892_162723.pngd0264892_17551.jpg















山頂に向けてここから急登が始まります。
「弘法清水」でひと息いれて…
by spring-ephemeral | 2013-09-23 01:27 | マイコレクション | Trackback | Comments(4)

安達太良山登山 後編

 d0264892_083720.jpg
 あだたらエクスプレス山頂駅を出たのは10時半。

 薬師岳山頂展望台から
 「智恵子抄」の記念碑の横を通って、
 登山道に戻ります。

しばらくは広く、しっかりした木道が続いて歩きやすく、ゆるやかに登っていきます。
ハクサンシャクナゲの大木がトンネルのようになっていて、花の時期はさぞきれいでしょう。
d0264892_015029.jpgd0264892_0152392.jpg
木道が途切れると、山道になりますが、雨になるとぬかるむらしく、飛び石のように石が置かれています。
d0264892_0215499.jpgd0264892_0222541.jpg
山頂駅から30分、仙女平分岐。 左から表登山コースが合流します。
d0264892_028445.jpg

ここから傾斜が急になってきます。 左下1/3くらいの山腹に白い線のように見えるのは登っていく人です。
d0264892_0334745.jpg

道には土止めの段が多くついています。
d0264892_041261.jpgd0264892_0413194.jpg
花はリンドウとアキノキリンソウくらいです。 ときどきマイズルソウの実や、カバイロツルタケが一本ありました。
d0264892_0463997.jpgd0264892_047483.jpg
大きな石がごろごろ見られるようになり、久しぶりに山登りらしい道になってきました。
d0264892_0515475.jpgd0264892_052274.jpgd0264892_053412.jpgd0264892_0534461.jpg
紅葉はまだ始まっていませんが、ガマズミがときどき赤くなっています。 右はシラタマノキ。
d0264892_0575875.jpgd0264892_0583347.jpg
振り返ると少しずつ雲が晴れてきました。
d0264892_11985.jpg

あ、山頂が見えます。
d0264892_115394.jpg

ほら、岩のかたまりに人が立っているところです。
d0264892_132057.jpg

砂礫の斜面に出て、右手が開けました。
d0264892_152057.jpg
d0264892_120364.jpg

そして山頂が目の前に現れました。
d0264892_113890.jpg

山頂到着。
d0264892_1281593.jpg

後ろの、乳首と呼ばれる岩の突起にひと登りして一番高い頂上に達します。
d0264892_1304156.jpgd0264892_131562.jpg
11時半、到着です。
d0264892_1331636.jpg

360度の展望が開けますが、南西方面の雲が晴れず、磐梯山は望めませんでした。
2枚目の遠い山は西吾妻山。 明日晴れれば登りに行きますが、どうなるでしょう…
d0264892_147987.jpg
d0264892_147341.jpg
d0264892_148924.jpg
d0264892_1483879.jpg

岩の上に立って一枚。 バックは牛の背、馬の背から鉄山。
d0264892_1582188.jpg

安達太良SAで買ってきたお弁当でお昼です。
d0264892_20634.jpgd0264892_202934.jpgd0264892_20521.jpg









2種類のおこわも美味しく、
笹団子もついて、
よくできていました。

さて、往路をもどりましょう。 その前に山頂からの景色の名残りを惜しみます。
d0264892_253471.jpgd0264892_26629.jpg
d0264892_265180.jpg
d0264892_292465.jpg

雲がだいぶ晴れて、山頂駅が見えます。
d0264892_2102336.jpg

このぶんならもう一度、薬師岳山頂展望台に寄れそうです。
d0264892_2182573.jpg

行きがけに何も見えなかった薬師岳展望台からは、登ってきたばかりの安達太良連山と二本松方面がかすみながらも良く見えていました。
d0264892_2162836.jpg
d0264892_21659100.jpg
d0264892_217386.jpg

短い時間でしたが、山登りの醍醐味が凝縮した、味わい深い山行になりました。
by spring-ephemeral | 2013-09-20 02:27 | 山歩記 | Trackback | Comments(6)

安達太良山登山 前編

 何年ぶりかで東北の温泉にでかけました。

 じゃあ、せっかくだから久しぶりに安達太良山に登ろうか、ということになりました。

d0264892_153842.jpg

 二本松ICから岳温泉に向かう途中、
 田んぼの稲も実りの時期を迎えています。

d0264892_182935.jpg

 岳温泉街を抜けて、

d0264892_1101828.jpg
 
 さらに上って行くと、

d0264892_1124422.jpg

 奥岳登山口の駐車場に到着です。

安達太良山は、福島県北部、磐梯山の東にあって、那須火山帯に属します。
 標高1700メートル。
 3度目の登山となる今回は、運動不足気味のツレアイでも無理なく登れるように、
 往復ゴンドラ利用で、山頂往復、徒歩2時間ちょっとの行程です。
d0264892_032459.jpg


d0264892_1181996.jpg

段を上がって左手に あだたらエクスプレス のゴンドラ乗り場があります。


d0264892_1263473.jpgおよそ10分で
薬師岳山頂駅へ。d0264892_1224933.jpg


山頂駅からすぐのところに薬師岳山頂展望台がありますが…
d0264892_221265.jpg
d0264892_222837.jpg
 
          ガスって見えません。
          帰りに晴れたらまた立ち寄ってみます。

d0264892_1454324.jpg

「この上の空がほんとの空です」
「智恵子抄」の記念碑。






右手の道から登山道に戻り、
安達太良山頂を目指します。
by spring-ephemeral | 2013-09-19 02:07 | 山歩記 | Trackback | Comments(4)

今年も無花果をいただきました。

 連休中、でかけていて、
 帰ってきたら、今年もご近所から無花果が届いていました。
 台風の前から雨の予報が出ていたので、早目に採ったのでしょう。
 無花果は雨にあててしまうと、すぐに悪くなってしまいます。
 見た目が青くて、昨年もみな様に驚かれましたが、
 これが、このあたりではだいたい普通です。

 「どうすればいいのかわからない」と、
 母が私の帰りを待って、冷蔵庫に保存していました。

 どうすれば…って、鍋に入れて火にかけるだけなんですけど…
d0264892_1321467.jpg

 水は一滴も加えません。
 まだ青いようでも、十分甘いので、我が家はこのままですが、
 もっと甘くしたい向きにはお砂糖やはちみつを足します。
d0264892_1372042.jpg

 無花果から水分が出始めるまで、焦がさないように、
 弱火でゆっくり加熱します。
 せっかちな母は、ここが苦手なのです。
d0264892_1385934.jpg

 無花果から出た水分だけで、ひたひたになりました。
 これをコトコト煮詰めていきます。
 レモンを足すと色良くなるそうですが、
 親譲りの手抜き派なので、省略。
 写真の写りが良くないのですが、実際はもう少しピンク色をしています。
d0264892_1412711.jpg

 はい、できあがり。
 母の大好物。もちろん私もツレアイも好きです。
 当座食べる分だけ冷蔵庫へ。 あとは冷凍して小出しに食べます。
by spring-ephemeral | 2013-09-17 01:48 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)

郵便局の切手帳

 私が一番最近買った特殊切手は
 『別所温泉のフレーム切手』です。
d0264892_081378.jpgd0264892_083511.jpg

一番好きな 中禅寺の薬師堂 があったので、買う気になりました。
d0264892_0102731.jpg


私の切手歴は30年くらい前から。
いつも利用する郵便局の、当時の局長さんに、「こういう切手が出たよ」と勧められるうちに、買うようになりました。
そうはいっても、全部買っていたのでは大変なので、気に入った切手だけ買っていたのですが、
ある年、やはり局長さんが「こういうのがあるよ」と教えてくれたのが郵便局の切手アルバムでした。
一年間に発行された特殊切手が一枚ずつ、全種類収められています。

その最初のアルバムがこちら。d0264892_025653.jpg

表紙

d0264892_0442939.jpgd0264892_0445132.jpgd0264892_045578.jpgd0264892_0453129.jpg


シート買いではありませんが、
買い逃すことはないし、それぞれの説明もあるし、
ズボラな私にぴったり!

毎年楽しみにしていたのですが、
10年ほどでなくなりました。
発行される切手の種類も数も、それぞれのデザインも増えましたから、とてもできない企画になったのでしょう。
手のかかる作業でしたでしょうに、郵便局もよくやったと思います。
by spring-ephemeral | 2013-09-13 00:48 | マイコレクション | Trackback | Comments(8)

里山に秋の気配

 私が運動がてら登る太郎山は、
 標高が1,100メートルちょっとしかない里山ですが、
 それでも、山頂まで登ると、季節は里より少し進んでいる気がします。
 
 
d0264892_23332074.jpg


 草むらの中で花を撮っていたら、ノハラアザミにイチモンジチョウがとまりました。
d0264892_23485115.jpg


 

 
by spring-ephemeral | 2013-09-12 00:00 | photo exercise | Trackback | Comments(4)

『午後2時の太郎山』 便り ~8月の花~

 8月は、
 盛夏から晩夏へ
 季節が移ろい始めるころ。

 日ざしが少しずつ傾いていきます。

 8月の花をご覧ください。

(下書きのまま、写真を載せずにアップしてしまいました。 改めまして、ご覧ください)

d0264892_2210563.jpg
タマアジサイ


d0264892_22114051.jpg
シデシャジン


d0264892_22143761.jpg
オオバギボウシ(トリミング)


d0264892_2216560.jpg
ヌスビトハギ


d0264892_2217523.jpg
カノツメソウ


d0264892_22194190.jpg


d0264892_22201121.jpg



クサギd0264892_22204689.jpg


コバギボウシd0264892_22214661.jpg


アキカラマツd0264892_22225138.jpg


チヂミザサd0264892_22235724.jpg


ミヤマハハソd0264892_22251376.jpg
by spring-ephemeral | 2013-09-07 22:32 | 太郎山便り | Trackback | Comments(13)

雨がやんだので

 雨がやんだので山に出かけていきました。

d0264892_14464127.jpg
ミズヒキに…


d0264892_14312448.jpg
ナンブアザミに…


d0264892_14474394.jpg
ツリガネニンジンに


宿るしずくは雨の贈り物。
by spring-ephemeral | 2013-09-06 21:26 | 太郎山便り | Trackback | Comments(0)