カテゴリ:おでかけ( 182 )

北八ヶ岳 坪庭 雪景色

<2015年12月7日>

  一日快晴。
 すばらしいお天気になりました。

 例によって、「こんな日に家にいるなんてもったいない。 どこかに行こうよ」

 しかし、先月末から山岳道路はあちこち冬季閉鎖になっています。
 「坪庭はどう?」
 「いいかも」

 というわけで午後から坪庭に出かけました。

d0264892_22193468.jpg
北八ヶ岳ロープウェイに乗るのは何年ぶりだろう?

d0264892_22211694.jpg
上りのお客さんは母と私を含めて4人でした。 100人乗りのゴンドラが広いこと。

d0264892_22225112.jpg
ロープウェイの山麓駅は標高1700メートルちょっとです。 あたりに雪はありません。 八ヶ岳がきれいです。

d0264892_2224407.jpg
山頂駅に近づくと、木々が白く雪に覆われ始めました。

d0264892_2227482.jpg
山頂駅を出ると、坪庭は真っ白! 

遊歩道は雪が踏み固められていますが、凍ってはいないので歩きやすくなっています。
坪庭は、普段は右回りの一方通行ですが、今は歩く人もまばらなので、どちらからも歩けます。 
とはいえ、途中から坂道になりますし、アイゼン必須のようなので、平らな木道部分を歩いてみました。

d0264892_2238527.jpg


d0264892_22382444.jpg


d0264892_2239522.jpg


d0264892_22412652.jpg


d0264892_22415669.jpg


d0264892_22422826.jpg


d0264892_2244374.jpg
下りのロープウェイには6人のお客さんでした。

d0264892_22442465.jpg
正面には煙たなびく御嶽山。
d0264892_22451870.jpg
左手には南アルプスが続き、

d0264892_22462125.jpg
右手には北アルプスが連なっています。

見事な景色を眺めました。
穏やかな良い日でした。
by spring-ephemeral | 2015-12-07 22:51 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

韮山反射炉

<11月22日>

 今話題の 韮山反射炉 を見に行きます。

 韮山反射炉 は、『明治日本の産業革命遺産』 の構成資産として 今年(2015年)7月5日世界文化遺産に指定されることが決まりました。。

 『明治日本の産業革命遺産』 は全国23の施設で構成されていますが、その大半が九州と山口県にある中にあって、岩手県釜石市の 『橋野鉄鋼山・高炉跡』 と この 静岡県伊豆の国市にある 『韮山反射炉』 の2件は、遠く離れたところにぽつんと存在しています。

 韮山反射炉を見に行く、と言ったら、JTB嬢も 「あ、これ?みたいな、 あんまり大したことないですよ」 とおっしゃいますし、
 宿泊した宿の方も、「このあたりの子供たちは遠足や社会見学で1度や2度は行っていますが、 そんなすごいものでもないんですよ・・・」 とちょっと申し訳なさそうですし・・・
 まあ、あまり期待を大きく持って行くほどのものではないのだろうな・・・と、想像はつきますが、
 伊豆では今売り出し中のスポットですし、修善寺からも近いので、行ってみることにします。

韮山反射炉は、伊豆の国市、というより、伊豆長岡の韮山にあります。
 
d0264892_132350.jpg
手前にも駐車場がありますが、案内のおじさんの手招きに従って、隣接する施設 「蔵屋鳴沢」の駐車場へ。 ここが一番近い場所です。

d0264892_15347.jpg

                     あれだ!

 実は前述のJTB嬢に、 「すぐ隣に、作った人の家が資料館になっていて、そこを見てから行くとよく分かって印象が違いますよ」 と聞いていたのですが、
 その資料館、新しく建設中でした。
 ですので、直接反射炉へ行きます。

 そもそも 反射炉 とは、鉄を溶かして大砲などを鋳造するための溶解炉で、
 熱や炎をドーム型の天井に反射させ、一点に集中させることによって高温を得る仕組みになっているため、そう呼ばれます。
 そして、実際に稼動した反射炉として、日本国内で唯一残っているのが 韮山反射炉 です。 (パンフレット等から要約)

<正面> (金属の案内板のため、見にくい写真ですが)

d0264892_121874.jpgd0264892_1294419.jpgd0264892_1301451.jpg


<左側面>

d0264892_1332454.jpgd0264892_1334418.jpgd0264892_134135.jpg


<背面>

d0264892_1351338.jpgd0264892_1353176.jpgd0264892_1354520.jpg


d0264892_146429.jpg韮山反射炉で作られた大砲のレプリカ


古い写真を見るとわかるのですが、かつては、今見えている耐火煉瓦の上から漆喰で塗り固められていました。
d0264892_1381727.jpg
煉瓦も古くなっているため、補強する計画があるようですが、 建設当時の姿を復元しようとすると、漆喰が塗られる可能性もあるそうで、そうなると耐火煉瓦の今の姿は見られなくなるかもしれない、とガイドの方が話していました。

d0264892_1435897.jpg

d0264892_1442278.jpg

d0264892_1444821.jpg


一回りしたので、「蔵屋鳴沢」の物産館に行ってみます。
d0264892_1485258.jpgこちらが韮山反射炉の生みの親、
江川太郎左衛門英龍。
有能で、親しまれた代官だそうです。

d0264892_152213.jpgJTBエースクーポンでミニカップソフトがもらえます。

「蔵屋鳴沢」はお茶の製造販売をしています。
ソフトにもお茶が入っていて、おいしいソフトでした。


d0264892_1563580.jpg物産館のすぐ横は茶畑です。
小高い丘で、遊歩道があり、
上に登ると、反射炉と富士山を一緒に見ることができます。

d0264892_159294.jpgこの日はあいにく
富士山は雲の中。
肉眼では雲と雲の間に富士山の稜線がかろうじて見えるのですが、
写真は露出が明るすぎました。

d0264892_201287.jpgなんとなくわかるでしょうか・・・


「大したことないですよ」 と地元の方でさえおっしゃるので、その心積もりでやって来て、見学したのですが、
かえってそれが良かったのかどうか・・・以外に面白く、興味深く、見ることができました。
あっという間に見てしまえるのは確かですが、 行って良かったと思いました。



 

 

 
by spring-ephemeral | 2015-12-03 02:12 | おでかけ | Trackback | Comments(6)

西伊豆スカイライン ~富士山で綴るドライブウェイ~

《だるま山高原レストハウス》

 修善寺駅から 「修善寺虹の郷」 に来ましたが、 思ったとおり紅葉の様子が見られないので、
 素通りして だるま山高原レストハウス に直行です。

d0264892_130435.jpg
駐車スペースが一杯で車を停めるのに苦労しましたが、どうにか確保。
レストハウスに向かって歩いていくと、すでに建物の横に富士山が見えています。

d0264892_1334240.jpg
空に薄雲がかかってしまいましたが、裾を引く富士山がくっきり。

d0264892_136469.jpg
中腹にかかる雲も絵になります。

d0264892_1373171.jpg
頂の雪が、雲に負けず、真っ白で鮮明です。

d0264892_1502536.jpg
「黒米ソフト」。
バニラのソフトに黒米を砕いたものがまぶされています。

頭をちょっとなめてしまいました。


d0264892_1522541.jpg
だるま山高原レストハウスを後に、県道18号線を上り、戸田峠から 西伊豆スカイライン に入ります。

d0264892_1584684.jpg
ところどころに富士山が見え隠れ。 標高は700~800メートルといったところですが、早や冬枯れの山の景色です。

d0264892_21418.jpg 《戸田駐車場》


d0264892_232462.jpg
ここからは富士山は見えません。 戸田の港が眼下に見えます。

d0264892_245494.jpg 《笹原駐車場》


d0264892_285495.jpg
枯れススキ越しの富士山です。

d0264892_295370.jpg


d0264892_2114139.jpg
 尾根上の道が続きます。 車はほとんど通らず、 快適なドライブです。

d0264892_2132322.jpg 《土肥駐車場》


d0264892_2143614.jpg
 木が高くなってしまい、展望を妨げます。
d0264892_2155552.jpg
 もう何年になるでしょう。 西伊豆スカイラインがまだ有料だったころに来たことがあります。 手入れがされ、眺めが良かった記憶がありますが・・・

d0264892_2202182.jpg 《仁科峠》



d0264892_2265742.jpg
《仁科峠》まで来るのは初めてです。
トレッキングのおじさんが 「富士山なら、あそこまで登るといいよ」 と教えてくれました。 岩がチョコンと見えている山の頂です。 写真は遠く見えますが、たいしたことなさそうなので行ってみることにしました。

d0264892_2314238.jpgd0264892_232739.jpgd0264892_2322731.jpg

d0264892_2332195.jpg笹原越しに海も見えます。d0264892_2335612.jpgd0264892_2342037.jpgd0264892_2361840.jpg

d0264892_2364920.jpg
10分ほどで到着。 下から見えていた岩は 「なべ岩」 と呼ばれるようです。

d0264892_2382487.jpg
広々と気持ちの良い眺めです。 雲が増えてきたのが残念。

d0264892_2391172.jpg


d0264892_2392639.jpg


d0264892_2394769.jpg
 堂ヶ島の方でしょうか、海も穏やかそうです。

d0264892_2444547.jpg
 仁科峠から、来た道を少し戻ります。 たしかこの辺でおじさんが三脚をたてて写真を撮っていましたっけ。

d0264892_2463484.jpg
 富士山を堪能しました。 風早峠 から一気に下って湯ヶ島温泉の宿に向かいます。
by spring-ephemeral | 2015-11-27 02:28 | おでかけ | Trackback | Comments(8)

修善寺でもみじを諦める

<11月21日>

 今年の伊豆旅行は 「修善寺もみじまつり」 期間中に重なったので、
 今年最後のもみじの紅葉を愛でる予定でいましたが、
 三島から、韮山、伊豆長岡、大仁、と進むにつれ、車窓から眺める山々の紅葉が全く進んでいないことがわかり、修善寺到着前に早々もみじ見物は諦めました。

 今回も、いつも同様、列車とレンタカーの組み合わせで行動しますが、
 いつもと違って、下田まわりではなく、修善寺を起点にします。

d0264892_14275542.jpg

 
 JR東海道線 「踊り子」号 は、熱海で切り離され、前より10両伊東から伊豆急に乗り入れて下田まで

 後より5両は熱海を通って三島に行き、三島から 伊豆箱根鉄道駿豆線 に乗り入れて修善寺まで行きます。


d0264892_14401955.jpg
修善寺の街でお昼を食べようかと、最初は思ったのですが、
連休初日、
どこも込んでいるだろうと容易に想像できます。

そこで、駅で 「しいたけ蕎麦」 を食べてお昼に。
甘く煮たしいたけがたっぷり。
つゆもやや甘めでしたが、
蕎麦もこしがあって、まあまあ。
思った以上においしい蕎麦でした。


今回はトヨタレンタカーです。 
 営業所で一応聞いてはみましたが、紅葉は遅れているそうです。

d0264892_144854.jpg


 赤いのは橋の欄干だけ・・・

 列車の座席が海側だったので残念だったのですが、
 実は、三島付近から、すばらしい富士山が見えていました。

 目的変更。
 富士山を見にでかけます。


 
by spring-ephemeral | 2015-11-25 14:55 | おでかけ | Trackback | Comments(6)

長門牧場でソフトクリーム

<11月9日>

『たてしな藍』 で一泊した帰りです。
雨は上がっていますが、雲は晴れません。
道すがらの展望台から霧が峰のビーナスラインが見えましたが、
冬枯れの風景です。
d0264892_0303050.jpg


いつもは素通りしてしまいますが、久しぶりに長門牧場に寄ってみましょう。 何年ぶりでしょう。
d0264892_0341864.jpg


お目当てはソフトクリームです。

d0264892_0351033.jpg
右が売店で、
ソフトクリームは中で売っています。

d0264892_0362869.jpg
牧場のソフトは文句なしにおいしい。
夏のころは長蛇の列ができますが、
さすがに、季節はずれ。 並ぶまでにはなりません。


d0264892_039097.jpg
外にひつじがいました。

お食事真っ最中。


あれ? あれ? あれれれ?

d0264892_0413735.jpgd0264892_042540.jpgd0264892_0424869.jpgd0264892_0432240.jpg

頭がどんどん下がっちゃう~!
by spring-ephemeral | 2015-11-23 00:26 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

聖高原

<11月3日>

 「晴れの特異日」 といわれる11月3日。
 まさに良いお天気だったので、例によって 「どこか眺めの良いところに行きたいね」。

 母が聖高原に行ってみたいというので、出かけました。

 場所は、JR篠ノ井線 姨捨駅の脇をさらにぐんぐん上っていった先。
 家から50分。
 「田毎の月」 で知られる姨捨のさらに上ですから眺めはすばらしいはず。

 夏山リフトを上って展望台に行きます。
d0264892_215987.jpg


 天気は良いのですが、雲が多く、北アルプスは雲の中。
d0264892_217282.jpg


 眼下に流れるのは千曲川。 真正面に広がるのは善光寺平。 夜景はすごいだろうなあ・・・
d0264892_219656.jpg


 遠く浅間山方面。
d0264892_220360.jpg


 聖湖 と スキー場があるだけの小さな高原でしたが、気分爽快になる眺めでした。
d0264892_2273217.jpg



 
by spring-ephemeral | 2015-11-17 02:31 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

細野高原遠望・下田東急ホテルでランチ・踊り子号

<2015年10月20日>

d0264892_1365722.jpg宿の近くに 『伊豆みかんワイナリー』 があるので寄ってみました。

工場見学ができるわけでもなく、
試飲ができる売店のみ。
私は運転なのでジュースをもらい、
友人が試飲担当。
 「みかんサイダー」を購入。

帰ろうとすると、店で商品説明をしてくれた係りのおじさんが、
「この先のゴルフ場の脇から細野高原が良く見えるから、寄っていくといいよ」 と教えてくれました。
10分くらいだというので、行ってみました。

d0264892_1442883.jpg
ここだ。

d0264892_145257.jpg


d0264892_1452253.jpg
ゴルフ場の駐車場で回って帰ります。
白っぽく見える斜面は一面のススキ。 とてもきれいな時期だと聞いていましたが、あそこまで行ってみる時間はなかったので、遠目に見られただけでも良かったことです。 おじさん、ありがとう。


 友人と伊豆下田方面へ行ったときは、 『下田東急ホテル』 でランチを食べて帰ることにしています。
d0264892_129142.jpg

d0264892_1294247.jpgd0264892_130483.jpg
d0264892_1312213.jpgd0264892_1314333.jpg
d0264892_13237.jpgいつもながら、手頃でおしゃれなランチです。
スープは あおさのスープ。

メインは、鯛?だったかな?
魚続きだったので、肉にしたかったのですが、
チキンなら魚のほうが良かったので、
最後まで魚尽くしになりました。


帰りの電車は 『スーパービュー踊り子』 です。
下田方面に向かう1号車はグリーン車ですが、東京方面に向かう先頭10号車は普通指定の車両です。
ただ、1号車と10号車は同じ造りで、階段状の座席になっていて『スーパービュー』の名前の通り、前面左右の眺めが良いのです。
それが分かっているので、10号車1番、海側のAB席を指定して取ってもらいました。
d0264892_203018.jpg


d0264892_20504.jpg


d0264892_21960.jpg
東京駅が近づきました。

d0264892_213718.jpg
『踊り子』 先頭車両。

楽しい旅でした。 次回はどこに行きましょうか。
by spring-ephemeral | 2015-11-11 23:39 | おでかけ | Trackback | Comments(4)

栗茸園オーナー感謝祭 2015年

 11月も一週間が過ぎて、もう 立冬 。
 早いですねぇ。
 
 ブログはというと、まだ10月中をうろうろしています。
 
 こどものころから日記を大の苦手にしていた私が、ブログという手段を得て、毎日とは言えずとも、日々の記録を残せるようになったこと、奇跡のようです。

 私の10月はまだ続きます。
 だんだん時期外れになってきましたが、めげずにがんばりましょう。

<10月18日>

 恒例 「栗茸園オーナー感謝祭」 が今年も開かれました。

d0264892_0281134.jpg栗茸園があるのは標高1300mくらいの山腹です。

10月半ば、里の街ではまだ木々の葉は青いままですが、
さすがに、紅葉が始まっていました。

d0264892_0312481.jpgd0264892_0313538.jpg
まずはそれぞれの区画で栗茸を収穫しますが、この数年、雨の量、気温の状態、きのこには不向きな傾向が続いて、収穫量が上がりません。

きのこの種類によって必要な雨と温度が違うので一概には言えませんが、ここの栗茸にとっては今年も良くない年でした。


d0264892_0393293.jpgd0264892_0394673.jpg
ひとまわりしたら、園を運営している地区のみなさんが振る舞ってくださるきのこ汁と天ぷらをいただきましょう。 

d0264892_041459.jpgおじさんたちの料理ですが、
これが上手にできています。
最近はきのこはあてにせず、
むしろこちらが楽しみになっています。


d0264892_0481010.jpg

眺めは最高。 日なたにいると汗ばんでくるような、暖かな日でした。


d0264892_0483891.jpg元々の契約区画と、サービスでもらったひと区画をあまねく眺めた結果、
やっとこれだけ。

乾燥した日が続いていたので、
傘はヒビ割れ、見た目が良くありませんが、
そのおかげで大きくなっても、虫にあまり食われずにすんでいました。

おろし和えと
きのこご飯に変身です。
秋の味覚です。
良い年ですと、11月の頭くらいまで収穫できますが、今年はこれでほぼ最後だろうと思います。







 
 
 
 

  
 
by spring-ephemeral | 2015-11-08 01:17 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

白糸の滝 と 二度上峠の浅間山

10月は出かけることが多かったため、 なるべくリアルタイムとずれが少なくなるような記事を挟みながら、日付けが戻ったり進んだりしています。

<10月26日>

この秋は雨が少なく、晴天の日が続きます。
この日も上天気で、ドライブにでかけました。

<軽井沢・白糸の滝>

d0264892_23385432.jpg
軽井沢はすでに氷点下を記録した日があったので、葉を落とした木が多いだろうと予想はしていました。
白糸の滝は「峰の茶屋」の交差点からだいぶ下るので、まだ紅葉が残っているんじゃないかな、と期待していたのですが・・・

d0264892_2343398.jpg
すっかり葉が落ちて早や冬枯れの様相でした。

d0264892_23473825.jpg
白糸の滝から流れ出た小川が落ち葉の間を流れていきます。

d0264892_23491797.jpg
降り積もった落ち葉も、すでに少し色が抜けていました。

色味が寂しい白糸の滝でしたが、このまま帰る気になりません。
せっかくここまで来たのだからと、あまり知られていない、浅間山の絶景ポイントに行ってみることにしました。

<二度上峠>

 県道54号線、 この道は国道18号線の混雑を回避して軽井沢から高崎に抜けられる道として、以前から知る人ぞ知る道でした。
 北軽井沢のゴルフ場を過ぎて、 一気に上りつめたところが二度上峠(にどあげとうげ)です。
 ここから眺める浅間山は、見慣れた長野側からの姿とは違いますが、 広々と裾野を引いています。

d0264892_074768.jpg
展望所からは伸びた木が邪魔をしているので、 道路の真ん中がベストポイントです。 車は滅多に通らないので、みなさん道路の真ん中で写真を撮っています。 はい、私も。

d0264892_094866.jpg
遠く北アルプスもはっきり見える、良い日でした。

d0264892_0134310.jpg
峠の東側をでは、カラマツの黄葉が残っていました。 正面奥に見えるのは榛名連山です。

広い景色をみると、気持ちも広々します。
気分爽快になったところで、帰ることにしました。 

帰る道々、別荘地のところどころ、広葉樹の紅葉が残っていて、秋の色に包まれていました。
d0264892_0172660.jpg

by spring-ephemeral | 2015-11-05 00:27 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

『サンヒルズ小田』 ハロウィーン 2015

 少し前のことになるのですが、
 『サンヒルズ小田』 さんの秋のランチに行ってきました。 テーマは ハロウィーン 。
 どんなディスプレイが出迎えてくれるでしょう。

d0264892_1311575.jpg


d0264892_1331680.jpgd0264892_1334133.jpg










玄関ホールではマットもハロウィーン。

d0264892_1384572.jpg
メインホールを通って、食事をいただく部屋へ。

今回は到着したときすでに食事が始まっていて、他のお部屋は帰りがけに拝見することに。

d0264892_0181254.jpg
食事をいただいたお部屋はこちら。

d0264892_0193136.jpgd0264892_0194834.jpgd0264892_020579.jpgd0264892_0201897.jpg

d0264892_0204348.jpgd0264892_0205824.jpgいつものようにクランベリージュースから。



カボチャのクリームスープ。

d0264892_0221871.jpgd0264892_0223375.jpg水のピッチャーも年代物のガラスです。

パプリカのサラダ。

d0264892_0254934.jpgd0264892_026494.jpg
メインはお互いに味見ができるよう、別々のものを頼みます。 チキンカツのようなのだったかな?(左) と、ピザに見えるけど、生地はナンで、ええと・・・ 名前忘れました。
2つともかなりのボリューム。 「なにせ、アメリカンですから」 とご主人がにっこり。

d0264892_036554.jpg
デザートはプリンとアイス。

気取らない家庭料理といった雰囲気が良いです。
美味しくたっぷりいただきました。 いつもながら価値ある1、500円 です。

帰りがけに他のお部屋を忘れずに拝見。
d0264892_044246.jpg一番奥のベッドのあるお部屋。

d0264892_0451047.jpg手前のお部屋は良く使わせてもらっています。


d0264892_050286.jpgリビング。d0264892_0525469.jpgd0264892_053236.jpg


d0264892_0535748.jpg和室。d0264892_0542613.jpgd0264892_0544798.jpgd0264892_055753.jpgd0264892_0552676.jpg


d0264892_0571993.jpgディプレッショングラスのディスプレイ。d0264892_0583486.jpgd0264892_0585586.jpg
d0264892_0591966.jpgd0264892_0594689.jpg

ちょっと駆け足でしたが、 今回も楽しく拝見した飾り付けでした。 

玄関先の小物もハロウィーン。 おや? 鏡に魔女が?
d0264892_1124895.jpgd0264892_113490.jpg
by spring-ephemeral | 2015-11-04 01:16 | おでかけ | Trackback | Comments(4)