カテゴリ:おでかけ( 196 )

北海道プチ旅行 2017年7月 帰途 ~晴れ・雨・晴れ・どしゃ降り~

<2017年7月17日>

 2泊3日の北海道プチ旅行もあっという間に過ぎて、帰る日です。

 空港に行く前に恵庭に寄るところがあります。

d0264892_23592860.jpg登別ICを入るころは晴天の青空でした。

d0264892_013899.jpg白老IC近く、雨!
道路から湯気があがって、
まるで霧の中を走るようです。
前が良く見えません・・・

d0264892_044171.jpg雨はあがったようですが、
前方が暗い・・

d0264892_061199.jpg樽前SA付近。
わあっ! いきなりどしゃ降り!
滝の中に突入したようです。
前が見えない!

d0264892_084811.jpgふう・・・やんだ・・・
どういう天気だ?!

d0264892_0125173.jpg苫小牧のあたり。
このままいくとは思えないけど・・・

d0264892_014810.jpgまた来たか・・

d0264892_015419.jpg来たー! またしてもどしゃ降り!

d0264892_0191594.jpg雨脚はやや弱くなりましたが、
恵庭まで雨が続きました。


うおはん

d0264892_0221770.jpg
恵庭で寄るのはスーパー うおはん です。 

母に、いつもお世話になっている知人にメロンを送るのを頼まれています。

新千歳空港から20分ほどのところにある、この うおはん は、地元の人が日常利用するスーパーです。
魚介類や果物、野菜をお土産にするなら、ぜひ寄りたい店です。
観光市場やお土産売り場と違い、観光客価格ではなく地元価格よい品物を手に入れることができます。
母が2年前に友人たちと旅行したおり、タクシーの運転手さんが連れてきてくれたところで、昨年同様、今回も目的のひとつでした。

d0264892_0325853.jpg

d0264892_0331514.jpgd0264892_0333273.jpg

この時期はやっぱり夕張メロンと毛蟹。

d0264892_035285.jpgd0264892_0354288.jpg知人宅にメロンを。

我が家にもメロンと毛蟹。
店の人が選んでくれました。
毛蟹についているのは「タグつき」の印。
(写真は自宅にて。 蟹はうっかり2杯を捌いてしまったあと)


さて、車を返しにレンタカーポートへ向かいます。

d0264892_0481224.jpgd0264892_0484095.jpg













信号待ちで、「信濃」発見!

d0264892_051272.jpgレンタカーポートに到着。
ガソリンは、もちろん途中で入れても良いのですが、
空港近くにスタンドはほとんどありません。
なので、レンタカー会社にスタンドがあるので、
返却時にレンタカー会社で入れてもらって精算します。

d0264892_0521571.jpg空港まで送迎バスで送ってもらいます。
あら、青空!


旭川ラーメン 『鷹の爪』 >

d0264892_0581897.jpg
お昼は空港内の 「北海道ラーメン道場」 で、
今回は 旭川ラーメン 『鷹の爪』 の塩ラーメン。
ふわりとバターの風味を感じるのは、「売り」の焦がしラードか。
このラーメンも美味しかったです。


<遅延>

飛行機の出発はなんだかんだで40分近く遅れました。
ただただ待っているのはくたびれます・・・

d0264892_141292.jpg待っている間にまた雨になりました。

下界はかすんでいます。

d0264892_152612.jpg下には青森の海岸線が見えていました。

d0264892_162215.jpg猪苗代湖。

d0264892_17644.jpg大きな積乱雲です。
帰宅後のニュースで、この雲の下あたりで短時間に大雨が降っていたと知りました。

d0264892_184598.jpg利根川か?
鬼怒川か?

d0264892_193150.jpg東京湾。

d0264892_11092.jpg着陸。


余裕をもって新幹線をとってもらっていましたが、時間通りに到着すれば一本早い新幹線に間に合うはずでした・・・が・・・
40分近くの遅れは大きくて、早い新幹線には間に合いませんでした。

駅には母に迎えにきてもらうことになっています。
旅行から戻ると、いつもは、家に帰ってから近くのいつもの焼肉屋さんで夕食なのですが、
今回は土用も近いことですし、
母とは駅近くの鰻屋さんで待ち合わせて、鰻フルコースを食べて帰ります。

短いながら、楽しめた北海道でした。
by spring-ephemeral | 2017-08-07 01:34 | おでかけ | Trackback | Comments(8)

北海道プチ旅行 2017年7月 ~2つの峠と道の駅~

<2017年7月16日>

d0264892_0222590.jpg
朝から雨になりました。 ホテルを出るときもかなり降っていましたが、 定山渓の町を出るあたりでは大きな雷とともに土砂降りになりました。 (写真左上の黒い丸は車のステッカーです)

中山峠 と 道の駅 『望羊中山』

 今回の北海道旅行で行こうと思っていたのは2つの峠でした。

 その一つ目が定山渓から登別に向かう途中、国道230号線にある 中山峠 です。

 中山峠は、北海道に雪の便りが届くと、 「ここ中山峠では・・・」 と、必ずといっていいほどTVニュースに登場するので、一度通ってみたいと思っていました。
 ツレアイは通ったことがあるとのこと。
 昔、出張で札幌に行ったとき、宿泊する登別まで会社の人が送ってくれたのですが、 そのとき「中山峠を通って行きましょう」 と、わざわざ回ってくれたのだそうです。
 で、 見事にというか、雪に見舞われてしまったとか・・・
 今回は雨。 中山峠で天気に恵まれないツレアイです。

d0264892_0424570.jpgd0264892_04328.jpgやみそうかな?
と思えば、また降りだして・・・

d0264892_0452541.jpgd0264892_0454973.jpgやまないなあ、と諦めていると、
小降りになって・・・

d0264892_047610.jpg
中山峠、道の駅 『望羊中山』 に着いたときはやや強い降り。 でも、小走りに駆け込めば傘を使わなくても大丈夫です。

『望羊中山』 の 「羊」 は 羊蹄山の羊 です。 
天気が良ければ羊蹄山がきれいに見えるはずですが、 何も見えません・・・

 残念ですが、ここでのお目当ては他にもあります。

d0264892_1201661.jpgそれがこれ、峠のあげいも

あげいもは、北海道のソウルフードなのだとか。
そしてここ 『望羊中山』 がその発祥の地だそうな。

旅行前、道の駅の詳細を検索していて知りました。

なら、食べてみなくちゃ。 
じゃがいもは好きですし。

d0264892_1104044.jpg揚げ物のコーナーには20人くらいの列ができていました。
そのほとんどが あげいも 目当て。

TV番組でも取り上げられたとか。
ここが あげいも の売り上げNo.1だとか。

その割にはこんなもの? と思ったら大きな間違いでした。
我々の順番がきて、あげいも を手にして振り返ると、
列は3倍以上の長さに延びていました。
あげいも すごいなあ!

d0264892_1233119.jpgd0264892_124488.jpg
あげいも は、ゆでたじゃがいもに、アメリカンドッグのような衣をつけて油で揚げただけのもので、3つが串にささって一本350円。 
衣の仄かな甘さの他には特別な味付けはしてありません。 シンプルですが、これでこのまま食べてしまえるのが不思議なくらいです。

d0264892_1314365.jpg
このままでも良いのですが、売り場の傍らにはいろいろな味付けが自分でアレンジできるコーナーがあります。
なにか試してみようかと思ったのですが、混雑しているのでやめておきました。

雨でなければ外の椅子に座ることもできるのですが、 雨でそれもできないので、立ち食いです。
衣がついているのでけっこうボリュームもあります。 ひとつをツレアイに回して、ツレアイ4個、私2個で、この日のお昼としました。

道の駅 『フォーレスト276大滝』 >

d0264892_14215428.png定山渓から登別へは、高速を利用するなど、複数のルートがありますが、 
今回は一般国道で向かっています。
上の赤い四角がおおよそ定山渓。 赤い丸が中山峠です。

喜茂別町で230号線を離れ、
276号線へと入ります。
さらに453号線へと進むのですが、

453号線に右折する前に、
そのまま276号線を2キロほど行くと、 道の駅 『フォーレスト276大滝』 があります。(地図上右下の緑の丸のあたり)
 

d0264892_14295741.jpgd0264892_14302226.jpg
中山峠で腹ごしらえもすませたので、ここでは登別に行く前の最後のトイレ休憩です。

 
d0264892_1433229.jpg
他に例を見ない大きなログハウス群・・・ということで、たしかに2、3棟連なっています。

 正面を入ってまっすぐ通路を進むと、つきあたりにトイレがあります。
 売店や、フードコーナーがあるにはあるのですが、なんだか閑散としていて寂しい感が・・・

d0264892_14392666.jpgd0264892_14395088.jpg
こちらは「超」豪華なトイレで大層人気だったそうなのです。
たしかに、大理石張りで、ホテルかなにかのサロンのようです。 写していませんが、洗浄機能つきの新しくてきれいなトイレが右手にずらっと並んでいました。

実はこのほかに極めつけが・・・

d0264892_14434042.jpg
トイレ入り口に設置されている自動演奏ピアノ。 設置当時はずいぶん話題になったようです。
残念ながら、この日は 「休演中」 でしたが・・・
うーん・・・今日だけじゃなくて、 だいぶ長い時間「休演」しているんじゃないかしら・・・?

このなんともいえないわびしさの原因は、たぶんこちらではないかと・・・

d0264892_14475330.jpg
 沿線で何ヶ所か見かけた大きなドライブイン『きのこ王国』 がほんのすぐ隣に。 こちらは車がいっぱいです。 お客さんがこちらに流れてしまったのだろうと想像できます。 しかも、後で確かめると、『きのこ王国』 の本店でした。

 ただ、その分空いているので、トイレ休憩にはいいかな・・・

オロフレ峠

 今回、私が一番行ってみたかったのが オロフレ峠 でした。

 オロフレ峠 は、453号線から分かれて山越えで登別に向かう道道2号線にあります。

d0264892_2234522.pngd0264892_2242487.png
左の地図の赤い☆のあたりから2号線が分かれます。
2号線(右の地図の赤くなぞった道)は、かなりのワインディングロードのように見えますが、片側1車線の走りやすい道でした。
地図の中ほどにぽつんとある赤い丸のあたりが オロフレ峠 です。

オロフレ峠 を越える2号線は冬季は通行ができなくなるなどの難所だったのですが、オロフレトンネルが開通し、昭和63年に新しい道の供用が始まりました。
それに伴い、旧道となった2号線は廃道となったのですが、頂上部のオロフレ峠は眺望が素晴らしく、展望台として残されました。
そして、旧道はオロフレ峠の先、道路は途切れて無くなっているそうなのです。

途切れた道と、羊蹄山、洞爺湖、太平洋などが望めるという眺めを見てみたいと思いました。

d0264892_22565677.jpgd0264892_22572159.jpg
雨は降り続いていましたが、2号線に入るあたりから少し明るくなって雨も小降りになってきました。

2号線はどんどん山に登っていきます。 峠はまだですが、途中に眺めの良い駐車スペースがあったので、ちょっと停まります。 雨はやんでいました。

d0264892_23164682.jpg
(コンデジのパノラマ機能で撮影) 山があっても山にさえぎられない果てしなさを感じます。 北海道は広い!

この分だと、オロフレ峠に期待が持てます。

d0264892_23175727.png
旧道に入るところに道路標識があるので見落とさないように気をつけます。 

訪れる人は多いようで、道も舗装が新しく、きれいです。
ところが、 旧道に入ってまもなく、霧が出てきました。 どんどん濃くなって5メートル先がやっと見える程度です。
霧は流れるものですから、薄くなるときがあるかもしれないと期待しましたが、一向にその気配はありません。
対向車のライトが突然現れたりしますから、とりあえず終点まで行かなくては・・・
「とにかく行けるところまで行って。 その先道はなくなるはずだから」
「どこまで行くんだ?」と聞くツレアイに答えます。

d0264892_23215077.jpg
ようやく辿りついた展望台でしたが、なにも見えず。 広い駐車スペースのようですが、様子は全くわかりません。 どうにかおぼろにわかったのはこの看板のみ。

d0264892_23255291.jpg
霧しか見えない オロフレ峠 でした。

どこが駐車場の入り口だったのかもわからないほどの霧の中を戻っていくと、現在の2号線に出るあたりでは嘘のように霧はなくなりました。

d0264892_2331595.jpg
がっかりして無口になりながら窓の外を眺めていくと、 おや? あれは羊蹄山?

トンネル手前の駐車スペースに気付いたので、すかざず「そこ入って!」

d0264892_23374366.jpg
降りてみれば、「道路史誌」が刻まれた史碑のある場所でした。

d0264892_23424750.jpg


d0264892_23432556.jpg
雲がたなびく羊蹄山がはっきりと。 これを見ることができただけで良かったと思った眺めでした。

d0264892_23463362.jpg
オロフレトンネルを抜け、一気にどんどん下っていけば登別の温泉街はもうすぐです。










 












 
by spring-ephemeral | 2017-07-30 00:12 | おでかけ | Trackback | Comments(10)

北海道プチ旅行 2017年7月 ~新千歳空港へ~

<2017年7月15日>

 2泊3日の北海道です。

d0264892_22362133.jpg
佐久平駅近くからの浅間山。 雲が浮かんで山頂は見えませんが、天気は上々。 幸先のよい旅のスタートです。

羽田までが遠い・・・東京駅で乗り換え、浜松町で乗り換え。
搭乗口までが遠い・・・羽田の第2ターミナルでモノレールを下車。 
              エレベーターで上がればチェックインカウンターはすぐそこ。 
              座席は取れているし、荷物は機内に持ち込みなので、
              そのままセキュリティを通って中に入ります。
              そこからがまた、搭乗口まで遠い・・・

発車寸前でも飛び乗れる列車と違い、飛行機は乗るまでが面倒です。

d0264892_22435064.jpg
この飛行機に乗ります。

d0264892_23481616.jpg
10分遅れで出発。 羽田から新千歳空港まで、約1時間半。

d0264892_23491453.jpg
中央やや右にスカイツリーがぼ~んやり。

d0264892_23511432.jpg


d0264892_23514488.jpg
羽田周辺には様々な高度で飛行機が飛び交っているのがわかります。

d0264892_2354725.jpg
ディズニーランドかな?

このあと高度を上げ、揺れることもほとんどなく順調です。
機長からの挨拶で、鳥海山や岩木山が見えるかもしれないと案内があったので目を凝らしていましたが、どことなく霞んでいて確認できませんでした。

d0264892_01664.jpg
十和田湖が見えます。

d0264892_024634.jpg
青森県夏泊半島。

d0264892_04530.jpg
苫小牧のあたりか。

d0264892_042893.jpg
広々としたパッチワークの大地がいかにも北海道。 

到着も10分遅れ。

お昼は空港内ですますことに決めてあります。

d0264892_073323.jpg
北海道ラーメン道場」の中の、
函館ラーメン『函館麺厨房 あじさい』 で、「味彩塩拉麺」 を。

美味しかった!

それぞれのレンタカー会社の送迎車で空港から10分ほどにあるレンタカーポートへ。 JTBで手配してくれたのは、今回はオリックスレンタカー。 白のフィットで今年も「れ」ナンバーでした。

d0264892_11267.jpg
出発。 

d0264892_184876.jpg
「羊が丘」近くのポプラ並木。 札幌は中心市街地をはずれても碁盤の目のような道ばかり。 縦縦横横、縦横、縦横・・・と走って230号線に乗れば、宿泊地の 『定山渓温泉』 まで一本です。
by spring-ephemeral | 2017-07-20 09:16 | おでかけ | Trackback | Comments(8)

北海道へプチ旅行

<2017年7月15日>

 今日から2泊3日で北海道へプチ旅行にでかけます。
 
d0264892_00133023.png

北海道の地図を眺めると、山登りのついでに、以外と広く走っていました。
 
行っていないところで、2泊3日でも行き易いところは・・・

このあたりかなあ・・・

昨年は北海道新幹線を片道で利用しましたが、今回は往復とも空路です。

中日の日曜日のお天気がちょっと心配ですが、
崩れてもあまりひどくはならないようなので、
なんとかなるでしょう!



by spring-ephemeral | 2017-07-15 00:31 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

高峰高原初夏 2017年7月

<2017年7月12日>

 天気が良いと時間がなく、
 時間があると天気が悪い。

 タイミングのなんとも悪い今年の梅雨時です。

 とびきりの上天気というわけにはいかなかったのですが、
 久しぶりに時間ができたので、高峰高原にでかけてみました。

d0264892_103197.jpg
今年はなんでも一週間から十日遅れています。 思った以上に花が咲いていない高原です。

d0264892_131320.jpg
雲が多くて日ざしが少ないせいもあると思うのですが、色みがなくてちょっと寂しい草原です。

d0264892_153323.jpg
         <ハクサンフウロ>左右に見えるのは<ネバリノギラン>、大きな葉っぱはバイケイソウかな?

d0264892_161747.jpg
          <カラマツソウ>

d0264892_165211.jpg
          <アヤメ>

d0264892_171849.jpg

d0264892_173783.jpg
          <キバナノヤマオダマキ>

ニッコウキスゲもまだつぼみでした。 この分だと、美ヶ原のニッコウキスゲもいつもより遅いかもしれません。
by spring-ephemeral | 2017-07-14 01:16 | おでかけ | Trackback | Comments(2)

赤倉へ 2017年6月

<2017年6月24日>

 今年のドックも無事終えました。

 恒例、我が家のドック打ち上げは、赤倉で定着です。
 昨年は時間が余ってしまい、「苗名の滝」に寄り道したのですが、
 今年はさほどの余裕はなさそうです。
 昨年となにが違うのかなあ・・・? 今年も順調に、待ち時間もあまりなく、ドックのほうは進んだように思うけど・・・

 まあ、いいや! 
 終わりよければすべて良し! 
 さあ、出かけましょう。
 
d0264892_137945.jpgd0264892_1372754.jpg
中部横断道は今年度、八千穂まで開通するそうです。 着々と工事は進行しているようです。

d0264892_1413530.jpg
                   浅間山が見えていますが、噴煙は雲にまぎれて判然としません。


d0264892_1425849.jpg
                   太郎山も2週間近くご無沙汰しています。 帰ってきたらまた行かなくちゃ!

d0264892_144292.jpg
                    どこも今日は同じような天気です。 黒姫はかろうじてわかりますが・・・

d0264892_1452647.jpg
                               妙高は雲の中で見えません。

d0264892_146671.jpg
                             霧をちょっと心配しましたが、大丈夫でした。 

毎年の 『赤倉観光ホテル』 ですが、今年は新しくできた 『プレミアム棟』 に泊まります。 新しいレストランもできたそうですので、楽しみです。
by spring-ephemeral | 2017-06-28 01:55 | おでかけ | Trackback | Comments(0)

今年もサクランボ狩りへ 2017年6月

<2017年6月17日>

 今年も母と山形へサクランボ狩りです。

 昨年は母が脊椎間狭窄症の症状が酷いときでしたから、これが最後かと思いましたが、
 幸い治療が効を奏して痛みもひき、やれやれと安堵して一年を過ごしました。

 ところが、今年は坐骨神経痛を患い、2週間ほど前には膝の炎症で水がたまり、今はヒアルロン酸の注入による治療中。
 年をとるといろいろなことが次々に起こります。
 膝は良くなってきているようですが、長い時間列車や車で座っていて、いざ立ち上がって動こうとするときが思うように動きません。、
 歩き始めて少し経つと動きもスムーズになってくるのですが、それまではよぼよぼのおばあさん状態になってしまいます。

 それでも、サクランボ狩りは外せないというので、今年も決行です。

d0264892_050548.jpg
今年は後の予定の関係もあって、山形新幹線 『つばさ』 を米沢でおりて車を借り、翌日米沢で返します。 
米沢駅の駅レンタカーには2人の先客がいて、係りのおじさんひとりでてんてこまいでした。
待っている時間があったので、駅舎を縦位置から一枚。 
すぐ前の車が我が家のかと思いましたら、別お客さんのでした。 我が家のは、右端にほんのちょっとだけ写っているブルーのスズキ「スウィフト」でした。

車は私が運転するので、道中の写真は無し。

米沢から13号線をまっすぐ北上して上山(かみのやま)のサクランボ園に向かいます。
沿線にはいたるところに 「サクランボ狩り」 の案内が出ていて、どこでも良いのですが、どこでも良いとなると決められないものです。
昨年と同じところに行こうと初めから決めていました。
米沢から上山のサクランボ園までは約35キロ、40分ほどです。

d0264892_115571.jpg
斉藤果樹園」さんです。 
受付のところに 「入園料1600円」 とありますが、この日は 「1200円」 でした。 30分食べ放題です。
受付のおじさんが 「10分おまけしとくよ」 と言ってくれました。

d0264892_1274582.jpg


d0264892_128330.jpg
サクランボの種類や食べごろの木を教えてくれながら、園のおじさんが案内してくれます。 係りのおじさんは何人もいます。
母の足が悪いのを気にかけてくださって、なるべく入り口に近い場所に案内してくれました。
「立っていると疲れるから」と椅子を持ってきてくださったり、サクランボを取ってくださったり、どのおじさんも親切にしてくださいます。

d0264892_1332625.jpg
紅ゆたか

お尻がすぼまったような形が特徴で、
甘いサクランボです。
今年は気候の関係で1週間ほど遅れ気味で、
今一番おいしい種類だそうです。

d0264892_1341656.jpg
紅さやか

黒い色のさっぱりした味です。
佐藤錦 や 紅ゆたかに比べると
やや酸味が勝っています。

d0264892_1375528.jpg
紅秀峰

佐藤錦 のあとに出てくる種類で、
まだ早く、
甘みが乗っていません。


d0264892_1395625.jpg

d0264892_1401885.jpgd0264892_1403725.jpg
しかしながら、やっぱり 佐藤錦 は外せません。
本来なら、一番おいしいはずですが、今年は1週間ほど遅れているそうです。 菅平のワラビもそうでしたし、今年はどこも、なんでも、1週間遅れているようです。
中でも「この木がいちばん甘い」とおじさんが教えてくれた木に張り付きます。
脚立に上るのは私。 上のほうの赤いのを採っては下の母に渡し、合間に食べ、の繰り返し。
母も手の届くところは自分でも。
ちょっと見ると、杖をつきながら、母はあっちの木、こっちの木、と園内を歩き回っています。 すこしほっとします。 年々足腰が弱くなるのが目に見えていますが、もうしばらくは大丈夫かもしれません。

いやあ、食べた、食べた!
今日の昼食はサクランボ。
ふたりでたらふく、もう入らない!

美味しかった!
来年もここにします。

さて時間もきました。 宿に向かいます。
県境を越えて、新潟県、鷹ノ巣温泉です。 久しぶりです。

 
 
by spring-ephemeral | 2017-06-19 02:04 | おでかけ | Trackback | Comments(8)

笛吹川温泉からの帰り道

<2017年5月28日>

 笛吹川温泉 『坐忘』 からの帰り、ナビの目的地を「自宅へ」にすると、 一宮・御坂IC を案内します。
 以前ナビのルートを通ったとき、道が混んでいた記憶があるので、
 来たときと同じ 勝沼ICから中央道に乗ろうと、 勝沼IC を目的地に設定します。

d0264892_0493516.jpg
山梨は長野と同じ海無し県で、同じように山に囲まれていますが、 長野の盆地が川に沿って細長いのに比べ、甲府盆地は広く丸い印象がします。

d0264892_0593461.jpg
長野がりんご畑なら、山梨はやはりもも畑。 ぶどう園が並んでいるのは似ていますが、さすがに勝沼はぶどう園が多い!

d0264892_134098.jpg
富士山は背中になるので見えません。 お天気は上々ですが、南アルプスの稜線は雲の中。

d0264892_151221.jpg
双葉のJCTからSAにかけて、上り線、下り線ともに道の法面が黄色の花で染まっています。 オオキンケイギク です。 一面の黄色はぱっと鮮やかに目に飛び込んできますが、北米原産の外来種で繁殖力が強く、在来の植物を駆逐してしまうので 特定外来生物 に指定されています。
 

d0264892_1122233.jpgお昼は双葉SAで軽くラーメンで済ませます。 
朝も遅かったですし。 
かまぼこが「富士山」なので記念に一枚。


d0264892_115830.jpg
長坂付近の八ヶ岳。 下り線ではこのあたりからの八ヶ岳が好きです。

d0264892_123970.jpg
今回、行きには富士山をたっぷり眺めることができたのですが、行きも帰りも南アルプスはついぞはっきり姿を現してくれませんでした。

梅雨入り前の晴れ間に温泉で命の洗濯ができました。



 
 
by spring-ephemeral | 2017-06-11 01:42 | おでかけ | Trackback | Comments(6)

笛吹川温泉へ 2017年5月

 最近、温泉へ行って帰ってきてひと月もすると、ツレアイの充電が切れてくるような気がします。
 もう若くないですものね・・・
 だんだん無理もきかなくなります。

 5月も終わりに近くなってきたころ、 ツレアイが 「どこかとれないかなあ・・・」 と言い出したので、さっそくJTBへ出向きました。
 近いところから順に見てもらいましたが、なかなか希望に沿うところが見つかりません。 日にちが迫ってもいますしね。
 その中でも、一番希望に近いところに決めかけましたが、
 だめもとで山梨の笛吹川温泉 『別邸 坐忘』 を見てもらうと、 なんとひと部屋空いているではありませんか!
 今年の3月に行くつもりでいたところ、どうしても外せない用向きができてやむなくキャンセルした宿です。

 というわけで、即決定!

<2017年5月27日>

d0264892_0584694.jpg
千曲川左岸。 良いお天気になりました。 ぽつんと雲が浮かんでいるあたりが浅間山ですが・・・ 雲ではなくて煙かな。

d0264892_1351100.jpg
「新和田トンネル」 の料金所を過ぎてすぐ、工事中片側交互通行のため止められました。 「黒曜の水」を汲みにきている車が見えます。 いつ来ても必ず車が停まっています。 人気の水です。

d0264892_193649.jpg
4月に通ったときは小雪交じりの冬の装いでしたが、それから約2ヶ月、すっかり新緑になりました。

d0264892_113140.jpg
142号線を下ってくると、正面に雪をいただく山が見えます。 中央アルプスです。 こんなに良く見えたっけ? 一番高く見えるのがどうも木曽駒ケ岳のようです。

d0264892_1281641.jpgd0264892_1284190.jpg
岡谷ICから長野自動車道に乗り、すぐのトンネルを抜けると岡谷JCT。 中央道上り線に入ります。 最初にあるパーキング諏訪湖SAで軽く昼食。 今回はざるうどん。 これが腰のしっかりあるうどんで、思いのほか美味しかったです。

d0264892_137578.jpg
諏訪湖を後にすると八ヶ岳が正面に。

d0264892_1435844.jpg
雪景色に吹雪だった小淵沢も緑一色。

d0264892_1442423.jpg
長坂あたり、 ニセ八ッと言われる 茅ヶ岳 を見るのも久しぶりです。

天気が良いので期待しているのですが・・・

d0264892_1482465.jpg
その富士山です。 少し前から見えていましたが、かすんでいます。 よくよく目を凝らさないと姿がはっきりしません・・・正面、ほぼ真ん中に。

このあと、何枚か富士山を撮りましたが、甲府に近づくにつれてはっきり見えるようになってきました。

d0264892_1534663.jpg
韮崎のあたりから。

d0264892_158949.jpg
甲府昭和IC 手前。 この富士山がいちばんはっきりしていました。 
このあと、道路は甲府盆地の底へと下りていき、 富士山は見えなくなってしまいます。

ナビは 一宮・御坂IC で下りるように言いますが、もうひとつ先の 勝沼IC まで行きます。
一宮・御坂ICでおりると町の中を走ることになって信号待ちやらでスムーズに行かないことがあるので、勝沼ICでおりたほうが結果として早く宿に着くように思います。
ただ、道は複雑で、ナビに連れて行ってもらわないと、たどり着けません・・・

d0264892_291887.jpg
そろそろ到着です。 家から昼食時間を含めておおよそ3時間半のドライブでした。





 

 
by spring-ephemeral | 2017-06-04 02:20 | おでかけ | Trackback | Comments(6)

瀬戸内へ 2017年5月 ~福山城のおまけつき~

<2017年5月6日>

今回の瀬戸内の旅は、山陽新幹線 福山で下車し、駅レンで車を借りて、 福山に戻ってくるコースでした。

5月3日に福山駅の下り線ホームに降り立ったときは反対側で全く見えず、気もつきませんでしたが、
5月6日、帰りの新幹線に乗ろうと上り線ホームに上がると、在来線の向こうに 福山城 がありました。

d0264892_23493861.jpg


d0264892_23505626.jpg


あまりに近いのと、立派なのに驚きました。

d0264892_23523372.jpg
天守閣もはっきり見えます。

福山城の天守閣にも見送られ、福山を後にします。
最後に大きなおまけがついた今回の旅でした。
by spring-ephemeral | 2017-05-24 23:58 | おでかけ | Trackback | Comments(4)