2017年 08月 13日 ( 1 )

高原の花図鑑 ~湯の丸・池の平湿原~ 2017年7月

<2017年7月27日>

 「どこか涼しいところに行きたい」という友人のリクエストに答えて、涼を求めて湯の丸に散策に行きました。

 梅雨の晴れ間で、下界は30度超えの蒸し暑い日でしたが、行き先は2000メートルを越えていて、単純に計算しても10度近く下がります。
d0264892_00125842.jpg
 歩いたのはオレンジの矢印のコース。
d0264892_01211315.jpg
 湿原は良く歩くのですが、稜線にあがって稜線歩きをするのは久しぶりです。
d0264892_00314966.jpg

 一帯は花の宝庫です。遠くの展望がないので景色は諦めて、花巡りに徹します。

<ヤナギラン>
d0264892_01204654.jpg

<クロマメノキ>
d0264892_01221462.jpg
黒い実がなります。アサマブドウとも言いますが、このあたりでは「ブルーベリー」と呼んでいます。 甘酸っぱくて美味しい実です。


<コマクサ>
d0264892_01251616.jpg

<ミネウスユキソウ>
d0264892_01265648.jpg

<コキンレイカ>
d0264892_01255669.jpg

<ガンコウラン>
d0264892_01272216.jpg
クロマメノキ(右半分)の横にガンコウランが写っていました。 杉の葉のような植物です。黒い実がぽつぽつとあります。 甘酸っぱい実です。



<ノアザミ>
d0264892_01275989.jpg

<ハクサンフウロ>
d0264892_01283329.jpg
ピンク色はカワラナデシコ。


<ツリガネニンジン>
d0264892_01290045.jpg

<シモツケ>
d0264892_01300263.jpg

<マツムシソウ>
d0264892_01292669.jpg

<シュロソウ>
d0264892_01314577.jpg

<シロバナノヘビイチゴ>
d0264892_01312558.jpg
「イチゴ」と名のつく実で、味はともかく食べられないものはないと言われています。 シロバナノヘビイチゴも「ヘビ」とついていますが食べられます。食べられるどころか、「いちごミルク」の味がします。


<キソチドリ>
d0264892_01322018.jpg

<カラマツソウ>
d0264892_01332413.jpg


<クガイソウ>
d0264892_01324697.jpg

<イチヤクソウ>
d0264892_01335202.jpg

<グンバイヅル>
d0264892_01341584.jpg

<グンナイフウロ>
d0264892_01344994.jpg

<ミヤマホツツジ>
d0264892_01351843.jpg

<シュロソウとトンボ>
d0264892_01360834.jpg



by spring-ephemeral | 2017-08-13 01:40 | 花だより | Trackback | Comments(6)