2017年 05月 15日 ( 1 )

瀬戸内へ 2017年5月 ~しまなみ海道 大三島・大島~

<2017年5月4日>

 「しまなみ海道」 を渡ります。 
 お天気も良いし、上々の気分でホテルを10時に出ました。
 新尾道大橋までせいぜい25キロ。 なにごともなければ40分もあれば行けると踏んでいたのですが・・・
 いったいどこから始まったのか、今も分かりませんが、気がつけば大渋滞。 
 新尾道大橋の上で止まってしまうほどのろのろ進んでいると、隣の下道の橋を車がすいすい走っています・・・
 結局1時間以上かかって、向島IC近くでやっと車が流れ始めました。

d0264892_2356117.jpg
因島大橋」。 橋のたもとの路肩に公団の車が「渋滞中」の掲示板を出していますが、 「しまなみ海道」 を渡るのも数回目になりますが、これほどの車は初めてです。

因島に下りてみるつもりでしたが、予定外に時間がかかってしまったので、そのまま先に行きます。 明日、同じ道を戻ってくるので寄れたら寄ってみることにしました。

d0264892_02469.jpg
生口橋」を渡り・・・
d0264892_032198.jpg
多々羅大橋」を渡って、大三島 に下ります。

<大三島>

<マハタ>

d0264892_05316.jpg

d0264892_06023.jpgd0264892_063086.jpg
大三島ICを出るとすぐのところにあるのが 道の駅 「多々羅しまなみ公園」 です。

ここのレストランでお昼を食べます。 ウェイティングリストに名前を書いてから、トイレに寄りながら裏手に回ってみると・・・

d0264892_015511.jpg
今渡ってきた 「多々羅大橋」 が目の前。 海にみえるのはボートで、ボートレースの会場になっていました。 券売機もありました。

d0264892_0152719.jpg
海にあるのはボートが方向転換をした航跡です。

d0264892_016231.jpg
「伯方島」も見えているようです。

レストランに戻ると、ちょうど名前が呼ばれるところでした。

d0264892_0211958.jpgd0264892_0214254.jpg
ここでの目的は マハタ をいただくこと。 
マハタは漁獲量が少なく、市場にはほとんど流通していないため、「幻の高級魚」と呼ばれているのだとか。
レストランの前の生簀にたくさんのマハタが泳いでいます。(濁っているうえ、泳ぐのが速いので写りがよくありません)
d0264892_029442.jpgd0264892_0293388.jpg
単品もありますが、お造り、握り、かぶと煮(数量限定)などが定食になっていて、どれも品数が多くボリュームもありそうなので、 一番手軽に味を楽しめる 「マハタ丼」 にしました。 
アラ汁となぜかどの定食にも「卵豆腐」がついています。 アラ汁が良い味を出していました。
マハタは、やわらかそうでいてしっかり歯ごたえがあり、鯛とも河豚ともヒラメとも違う食感に、甘さを感じる白身でした。 美味しかったです。

<大山祇神社>

大三島でのもうひとつの目的は大山祇神社(おおやまづみじんじゃ) に行ってみること。 全国にある 大山祇神社 の、ここが総本社です。

私が常日頃登っている太郎山の小さな里宮も 大山祇神社 なのです。 

道の駅からは15分くらいのはずでしたが・・・ 手前2キロからのろのろの渋滞・・・ 
あと1キロくらいのところで、ふと、左の空き地に「神社へ近道」の看板を発見。 ショッピングセンターの駐車場のようでもありますが、未舗装ですし、停めてはいけない旨の看板なども見当たらないので、 「ここに停めよう」。 結果は大正解でした。

「神社へ近道」の看板以外、なにもないので、のどかな住宅地の小道を、こんもりした林に見当をつけて歩いて行くと、ものの5分で拝殿の脇の裏の入り口に着きました。

あまり手抜きで申し訳ないので、いったん正面の鳥居まで行ってから出直します。

d0264892_054080.jpg


d0264892_0542758.jpgd0264892_054484.jpg

d0264892_0561275.jpg


d0264892_0564446.jpg

d0264892_057622.jpgd0264892_0572754.jpg

d0264892_0575772.jpg


d0264892_0582896.jpg


d0264892_0585682.jpg
大山祇神社は、天照大神の兄神、大山積大神が祀られています。 本殿と拝殿は重要文化財とのこと。 また、ここの楠群は日本最古の原始林社叢として国の天然記念物に指定されているそうです。 (以上、大三島のパンフレットより)

今回の旅行の計画を立てていて、大山祇神社の総本社が大三島にあると知ったので、寄りたいと思っていました。 目的が達成できて良かったです。

神社のすぐ近くに長さが日本有数といわれる藤棚があります。 道すがら見えましたが、まだ房の3分の1くらいの開花状況に見えましたので寄らずに車中からのみ。

d0264892_1172311.jpg


d0264892_1174845.jpg
「多々羅大橋」を反対側から見ながらICに戻り、次の目的地へ。

d0264892_1203793.jpgd0264892_121344.jpg
大三島橋」。 「しまなみ海道」の橋の中では一番短い(全長328m)橋ですが、 ちょっと可愛らしくて好きです。

d0264892_1242777.jpg
伯方・大島大橋」を渡り、大島で下ります。

<大島>

<亀老山>

大島はハーフICが2ヶ所。 尾道側から行くと大島北ICで下ります。 目指す亀老山は大島南ICの近くなので、島の中を北から南に移動です。

d0264892_13079.jpgd0264892_1303544.jpg
山道や崖沿いの道は全国どこにでもあるので、初めて走る道でも前にどこかで走ったことがあるような気がして、あちこちの場所の記憶が走馬灯のように浮かび、不思議な感覚になります。

d0264892_1333914.jpgd0264892_134243.jpg
山頂まで車で登ってしまえます。 

そしてお天気が良いこの日、見たかった景色を見ることができました。

d0264892_136143.jpg


d0264892_1363965.jpg


d0264892_1372111.jpg


d0264892_1374465.jpg
 「来島海峡大橋」 や瀬戸内海の島々。 四国。 渡ってきた島々の重なる山並み。
見事な眺望に、まるで今回の旅行の目的がここにあったかのような達成感さえ覚えてしまいました。

d0264892_1495221.jpg
大島南ICからしまなみ海道に戻り、亀老山から眺めた 「来島海峡大橋」 を渡って四国に上陸です。

今日は道後温泉に泊まります。
317号線を一路道後に向かいます。











 
 
by spring-ephemeral | 2017-05-15 02:01 | おでかけ | Trackback | Comments(4)