2017年 05月 13日 ( 1 )

『ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道』 2017年5月

<2017年5月3日>

 一度はナビにとんでもないところに連れて行かれましたが、
 無事この日の宿 『ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道』 に到着しました。

d0264892_23244946.jpgd0264892_23251820.jpg
車を停めた駐車場の脇の道からホテルの正面玄関に向かいます。 駐車場から見上げる建物も、マンションみたいにシンプルでしたが・・・

d0264892_226444.jpg
中に入ると、リゾートホテルらしい雰囲気に一変しました。

奥に続くロビーラウンジに案内されて、そこでチェックインの手続きです。

d0264892_23341239.jpg



d0264892_23342930.jpg

ラウンジから出るとそこは・・・

d0264892_23365733.jpg
これが 「ザ・デッキ」 ! パンフレットなどのメインページを飾るのはたいていこの場所の写真です。 気持ちまでもが一気に広がっていくようです。

部屋に案内してもらいます。

d0264892_23533013.jpgd0264892_23535384.jpg



部屋は5階。 テラスつきツインです。
キーは2本。
片方の1本はドア横の照明用キーポケットにあります。



左はエレベーターホール。


d0264892_0112718.jpg

d0264892_0115276.jpg

d0264892_0122221.jpgd0264892_0131047.jpg
ベッドの上にはハイカラデニムのテディベアとチョコレート。 チョコレートにはこんなメッセージがついていました。 くまさんは持ち帰ることができます。 はい、一緒に連れて帰ってきました。

d0264892_1302763.jpgd0264892_1305247.jpgd0264892_1311979.jpg
d0264892_1315265.jpgトイレも洗面の後ろにあります。





d0264892_137216.jpgd0264892_1374370.jpgd0264892_1381316.jpg
ハイカラデニムの館内着と雪駄で館内すべてに出入りすることができます。 これは嬉しい。 男性用、女性用ともワンピースです。 男性のワンピース姿は着るほうも見るほうも最初は慣れませんが、みなさん着て歩いてらっしゃるので、そのうち見慣れました。

d0264892_1474283.jpgd0264892_1594215.jpg
d0264892_1515479.jpg
部屋のテラスからの眺めもすばらしいものがあります。

d0264892_204143.jpgd0264892_205916.jpg
眼下に見える「ベラビスタマリーナ」 には昨年(2016年)に就航した水陸両用機があり、 「せとうちディスカバリーフライト」 という遊覧飛行ができるそうです(要事前予約)。 1フライト50分。 料金は・・・それなりでした。

さて、このホテルには温泉大浴場があります。 行ってみます。 楽しみです。

d0264892_22425567.jpgd0264892_2243913.jpg
(左)スパ、エステ、トレーニングジムの入り口から入ると、湯上り処とお風呂があります。

d0264892_225768.jpgd0264892_22572449.jpg


d0264892_2313582.jpg脱衣所から階段を下りると、
右に内湯。
通路の突き当たりが露天風呂。

宿泊者専用のためか、あまり多くの人はいらっしゃらず、
どなたもいない時間も。


d0264892_2355849.jpgd0264892_2361499.jpg
d0264892_2363224.jpg
露天風呂の先はやや深めの立ち湯になっています。 湯船の縁に腰掛けたりして海を眺めていると時間の経つのを忘れます。

<夕食>

洋食か和食を選べます。 我が家は和食にしました。

d0264892_23152281.jpgd0264892_2315451.jpg
ロビーフロアにある和食レストラン「双忘」は、内装を一新してこの4月にリニューアルオープンしたばかりでした。

d0264892_2320564.jpg

d0264892_23211846.jpg

洋食のレストランのようなテーブルと椅子席。 正面はオープンキッチンになっています。

d0264892_026115.jpgd0264892_026219.jpg
お品書きには魚の名前しか書いてありません。 右端は私注文のグラスビールです。

d0264892_028138.jpgd0264892_028318.jpg旨出汁はおこぜのアラのお澄まし。

げんちょう(シタビラメ)はから揚げで。

d0264892_0305325.jpgd0264892_0311210.jpgおこぜの薄造り。

ワインは 『あさつゆ
日本のワインかと思いましたら、
日本の方がアメリカで作っているワインとか。
ぶどうの香りが残っていてとてもおいしいワインでした。

d0264892_03436100.jpgd0264892_0345984.jpg虎ふぐ白子は熱々の野菜餡かけで。

d0264892_0361717.jpgはもの湯引きはお品書きにはないひと品。

d0264892_0372235.jpgd0264892_0374855.jpg天然桜鯛は塩釜で登場。

d0264892_0382085.jpgd0264892_0394420.jpg
身はそのままでもいただきますが、
鯛そうめんにも。

d0264892_042798.jpg瀬戸内鮑は野菜と共に(確か)バターソテーで。

d0264892_0431725.jpgd0264892_0433636.jpg世羅米 と 大きな瀬戸貝の赤だし。

白米でいただいた後は混ぜご飯で(何の混ぜご飯だったか失念)。

d0264892_0455818.jpg抹茶ティラミス

新鮮な素材が生かされ、すべて美味しくいただきました。 食べ始めは足りるかしら?と思いましたが、じゅうぶんお腹いっぱいになりました。

部屋に戻ったあとは一日の疲れもあって、館内着とは別に用意されている寝巻きに着替えて早々に寝てしまいました。

<5月4日>

起きるとすでに太陽は高く上がっています。 すばらしいお天気です。

d0264892_1441889.jpg

d0264892_2244943.jpgd0264892_1445415.jpg
朝の 「ザ・デッキ」は人影もなく静かです。

<朝食>

夕食同様和食か洋食か選べます。 いつもは和食を選択することが多い私ですが、ホテルの雰囲気もあって珍しく洋食にしました。

洋食の食事処は「ザ・デッキ」から右手に行くとあると案内されています。

d0264892_149956.jpgd0264892_1492813.jpgd0264892_1495296.jpg

d0264892_1505141.jpgここで気がつきました。

昨日ホテルに到着したとき、
ゲートだと思ってくぐり抜けたのは、この連絡橋だったのです。

d0264892_153157.jpgd0264892_1533959.jpg
d0264892_154204.jpg
「エレテギア」というのが朝食会場です。

d0264892_1552713.jpgd0264892_1554634.jpg


d0264892_1561445.jpgd0264892_1563595.jpgジュース、デトックスウォーター、サラダとヨーグルトのトッピング、フルーツは自由に。 
紅はっさくのジュースがおいしくておかわりしました。


d0264892_1584456.jpgd0264892_159173.jpgサラダ、フルーツ、ヨーグルト。
魚介のスープ。

d0264892_1595635.jpgd0264892_201238.jpg蒸し野菜。

d0264892_205546.jpgd0264892_211437.jpgパンは硬いパン、柔らかいパン、胡桃入りのパンから。
選ぶと石釜で温めてきてくれます。

メインはじゃがいものスパニッシュオムレツを選択。

最後にコーヒーをいただいて終了。 場所の雰囲気もあって、この朝食を食べにまた来てもいいかな、と思わず思ってしまいました。

少し散策して帰ります。

d0264892_261425.jpg
レストランはプールサイドにあります。

d0264892_265761.jpg
海にまで繋がっているように見えるインフィニティプール。 夏はさぞ気持ちの良いことでしょう。

d0264892_275448.jpgd0264892_281061.jpg
部屋の窓からも見えるこの建物がなにか気になっていました。 「リボンチャペル」といいます。 中はチャペルになっています。外観はリボンをくるくるっと巻いたイメージなのだそうです。

d0264892_2104764.jpg
この日も結婚式の予定が入っているとのことでした。

d0264892_2114182.jpgd0264892_2115754.jpg
リボンの部分は螺旋階段になっていて登ることができます。 左は宿泊棟。 水陸両用機が着水しました。 まだ早いのでテスト飛行だったかもしれません。

d0264892_2141784.jpg
リボンの一番上から、部屋からは見ることのできない尾道方面が見えました。 とてもきれいです。

部屋に戻り、早めにチェックアウトします。 
すばらしいドライブ日和の予感です。
by spring-ephemeral | 2017-05-13 02:25 | お宿記 | Trackback | Comments(6)