2017年 04月 11日 ( 1 )

甲府湯村 『常盤ホテル』 2017年4月

<2017年4月1日>

 甲府の湯村温泉は1200年前に弘法大師によって開湯され、武田信玄の隠し湯とも伝えれらる温泉ですが、
 近年になって湧出した石和温泉の陰に隠れてしまった印象があります。

 今まですっかり素通りで、なんとなく山間の小さな温泉地のように勝手に思い込んでいましたが、
 中央道・双葉SA併設のスマートインターを下りれば、15分ほどで着いてしまう、街の中の温泉でした。

 今回宿泊するのは、その湯村温泉、『常盤ホテル』です。

d0264892_0342389.jpg温泉街という雰囲気はなくて、
信号機のある交差点の角に
大きなホテルが現れました。

通常15時のところ、JTBの特典で14時のチェックインが可能です。
14時に着きましたが、ホテルのどなたもいらっしゃいません。
ここでいいんだろうな、という場所に車を停めて、
エントランスに向かいます。

大丈夫かな?と少々不安になりましたが、
一歩入ると、レセプションの対応はにこやかでスムーズでした。
ほっ・・・

d0264892_0431334.jpg
(写真は翌日)
広いロビー。 大きなホテルに泊るのは久しぶりです。 つい、きょろきょろしてしまいます。

d0264892_0454967.jpg

d0264892_0462485.jpgd0264892_0465270.jpg見事な庭を眺めながら、
部屋の用意が整うのを待ちます。

宿泊する部屋は、庭を囲むように配置されている7棟の離れのうちの1室です。

d0264892_23263299.jpgd0264892_2327499.jpg本館から、庭と離れへの出入り口を出て、
屋根つきの回廊を進みます。

我が家の部屋は 『若竹』。
写真にちらりと見える玄関は
『欅』 という部屋で、『若竹』はその隣の隣。

d0264892_2333485.jpgd0264892_23332986.jpgd0264892_23335023.jpgかわいい大黒様の
置き物が
迎えてくれます。

d0264892_2337504.jpgd0264892_23381570.jpg
玄関をあがると、左手に水屋。 右手に洗面、トイレ、内湯などの水周り。

d0264892_23421819.jpg
15畳の主室と7.5畳の次の間。 次の間の先に小さな応接。

d0264892_23455433.jpgd0264892_23462589.jpg
濡れ縁の先に源泉の注がれる露天風呂があります。

d0264892_23474171.jpgd0264892_23511175.jpgd0264892_23513610.jpg
露天風呂から部屋を見るとこんな風です。 屋根にかかる桜が花を咲かせていました。

d0264892_23555194.jpgd0264892_23561817.jpg70代くらいの係りの方がお抹茶を出してくださいます。


「今なら早い時間なので
お風呂も空いていると思いますよ」
とおっしゃるその大浴場に行きましょう。

d0264892_04864.jpgd0264892_043999.jpg
本館に戻り、2階の通路を奥へ。 上から見下ろすロビーも広い。 
こちらのホテルでは将棋のタイトル戦が何度も開催されたようで、写真がたくさん掲げられています。 また、作家の井伏鱒二が好んで投宿された宿でもあり、その写真も飾られていました。

d0264892_0102541.jpgd0264892_0104773.jpg
大浴場は本館2階の一番奥なので、離れからだと端から端まで歩くことになります。 手前の湯上りどころには冷水と麦茶。 お風呂は入れ替えはありません。

d0264892_0142588.jpgd0264892_0144713.jpgおお、まだだれもいない!

d0264892_0165634.jpgd0264892_0171198.jpg
内湯、露天風呂ともいたってシンプルな長方形。 無色透明、なめらかなお湯で、舌に触れると遠くに塩味を感じます。

<夕食>

夕食は部屋でいただきます。 係りが若い方に代わりました。

d0264892_032734.jpg


d0264892_0322974.jpgd0264892_035420.jpgJTBのプランで、グラスワインがひとり一杯づつついています。
私は白、ツレアイは赤で。

左にある野菜は
後のしゃぶしゃぶ用です。

d0264892_0393879.jpgd0264892_040296.jpg入れ物に入っているのは桜海老、左隣が甲府名物鮑の煮貝、蕗味噌のパテ、
空豆の揚げ物、厚い合鴨、海老しんじょう。



豚肉と春キャベツの温泉蒸し。

d0264892_0513177.jpgd0264892_0515279.jpg蛤のお吸い物には湯葉と、中に海ぶどうが入っています。



お造りは鯛、鮪、さより、さざえ。

d0264892_0573047.jpgd0264892_0574680.jpg甘鯛の塩焼き。 新じゃが。



甲州牛のしゃぶしゃぶ。

d0264892_114561.jpgd0264892_1231.jpg新たまねぎのスープ仕立てはパイ包み焼きで。

d0264892_13156.jpgd0264892_132080.jpgあいなめの木の芽揚げ。



ワインリストはもちろん山梨産のみ。
いただいた白も辛口の美味しいワインでした。

d0264892_171722.jpgd0264892_17348.jpg筍ごはん。



香の物のお皿がぶどうの形なのも
山梨らしい取り合わせです。

d0264892_112493.jpgすっかりいただきました。
見た目は、豪華というよりはむしろ控えめな印象ですが、
春先取りを意識したメニューは質量ともに十分。
地元の食材も押さえてあり、とても満足しました。

料理がどんどん運ばれてくるので
せわしない気がしないでもなかったのですが、
食卓に料理がたくさん並ぶのは嫌いではないので、
気にせずいただきました。


d0264892_1294370.jpg冷水と、 
お休み前のひとときにと、カフェラテのスティック。


<2017年4月2日>

翌日は打って変わって良い天気になりました。

d0264892_0451520.jpgd0264892_0453331.jpg
大浴場の露天から南アルプスが見えました。 昨日は雨で全く眺望がなかったので、ずいぶん近くに見えてびっくりしました。 正面奥に見えるのは地蔵、観音、薬師の鳳凰三山です。

庭をちょっと歩いてから朝食に向かいます。

d0264892_0533755.jpgd0264892_0535844.jpg
敷石伝いに植え込みを抜けると、大欅のある庭の中央へ。 

d0264892_055665.jpgd0264892_162197.jpg
奥には東屋が。 その横手、池の向こうに 井伏鱒二が好んで宿泊した離れ『松風』。

d0264892_1151528.jpgd0264892_1134227.jpg
左の写真の右の植え込みの陰に我が家が宿泊した『若竹』の板塀が見えます。 そろそろ時間です。 朝食会場に行くとします。

朝食は本館の会場でハーフバイキングでした。

d0264892_1201939.jpgあらかじめセットされている分があるので、
その分品数は少なめですが、
悪くありません。
ソフトクリームサーバーもあり、
楽しめました。

追加の写真は撮り忘りましたが、
この後フルーツもソフトクリームもコーヒーも
いただきました。


JTBのプランでチェックアウトは11時。

帰りも双葉SAのスマートICから中央道に乗ります。

d0264892_134447.jpgd0264892_1341958.jpg
前日の雪は嘘のようにすっかり融けてなくなっています。 八ヶ岳も南アルプスもきれいに見えました。

d0264892_1362833.jpg
雪が舞っていた小淵沢もご覧の通りの晴天です。

d0264892_1371722.jpgd0264892_1373197.jpg
帰りも諏訪湖SAで軽い昼食を摂り、 青空の下気分爽やかに帰宅しました。
by spring-ephemeral | 2017-04-11 01:50 | お宿記 | Trackback | Comments(6)