2017年 03月 07日 ( 1 )

河津へ 2017年3月

<2017年3月3日>

 この日に母と伊豆に行く予定はずいぶん前から立てていましたが、
 2月中、母は風邪をこじらせたあげくタチの悪い肺炎球菌にやられてしまい、病院に入院にはならずにすんだものの、家で入院しているような状態が続いていました。
 「キャンセル」の文字が浮かんだこともありましたが、事なきを得て予定どおりの催行となりました。 
 母にはちょうど良い保養になりそうです。

 行き先は伊豆の河津です。 
 うまくすれば「河津桜」 が見ごろな頃と重なります。 きれいな桜が見られるでしょうか・・・

d0264892_22533853.jpgどうしようかと考えたのはお昼でした。
母の足で東京駅での乗り換えを考えると、
駅ナカで食べたり、
お弁当を買ったりする時間はないし、
行ってからでは遅いし・・・

「そうだ、あの手があった」
グランクラスに乗ろう!
北陸新幹線のグランクラスに一度は乗ってみたかったし、
この際ですから思い切って!

d0264892_2349235.jpgd0264892_23491612.jpg
トンネルの中で撮っているので少し暗い色調に写っていますが、古代紫のような、落ち着いた色合いの内装です。

d0264892_23581245.png


アテンダントさんが「写真お撮りしましょうか?」
と言ってくださったのでお願いしました。
シャッターを切る瞬間にトンネルを出たので逆光で暗くなりました。
このあと、明るい写真を取り直してくださいましたが、
アップはアラが隠れる暗いほうを。

d0264892_021497.jpgd0264892_022980.jpg











軽食と飲み物。
おつまみのあられと、パウンドケーキ。 この組み合わせは東北新幹線のグランクラスも同じですが、パウンドケーキはそれぞれの沿線ゆかりのオリジナルです。

d0264892_0105942.jpgd0264892_0114764.jpg
グランクラスのねらい目はこの軽食です。 ふたりとも「和軽食」にしました。 軽食ですから量は軽めですが、母にはこのくらいでちょうど良い量です。 上りの車内で提供される和軽食の内容は北陸仕様です。

d0264892_0273092.jpg
大宮付近にくると、天気がよければ富士山が見えます。 少しかすんでいますが、前日の雨の後で、真っ白な富士山がきれいにみえました。

東京まで1時間40分。 座席が快適でもっと乗っていたくなります。

東海道線に乗り換えです。
新幹線ホームの端から見下ろした、隣のホームが東海道線なので、移動距離が短くありがたいです。 さらに、東海道線のホームへはエスカレーターが設置されて、利用しやすくなりました。

d0264892_0343832.jpg
「スーパービュー」の「踊り子」だと座席も新しいのですが、
普通の「踊り子」は昔懐かしい「急行列車」の座席です。

昔、この窓を上に開けて、
駅弁やお茶を買ったっけ・・・

もちろん今、この窓は開きません。
トイレも和式です。
ドアは自動になっています。


最新式の新幹線からのどかな「踊り子」に席を移して出発です。

d0264892_0441039.jpg
海だ! 久しぶりに見るなあ・・・

d0264892_044571.jpgd0264892_0452018.jpg
東伊豆の海岸線に出ると、いつものようにアナウンスが入って速度を落としてくれます。 青い海がきれいでした。

d0264892_0465085.jpg
まさにお雛様の当日。 伊豆稲取駅近くの 「素盞鳴(すさのお)神社」 の石段には全国一の118段のお雛様が飾られていて、期間中、列車は速度を落としてゆっくり進んでくれます。 

d0264892_0572464.jpg
(トリミング)車窓からですので、これがやっと。 壮観です。

d0264892_11153.jpgd0264892_113465.jpg
稲取の海岸線からトンネルを抜けると、河津はすぐそこです。

d0264892_13223.jpg
河津の駅から宿までは、宿の送迎がお願いできます。 待っていてくださった車に乗って宿へ。

d0264892_145576.jpg

d0264892_1105824.jpg
河津桜はすでにほとんど葉桜。 例年より2週間早く咲き始め、満開は10日も早かったそうです。  数年前にちょうど満開のきれいな河津桜並木を歩きましたから、葉桜もまた良しとしましょう。

d0264892_1142385.jpg
それでも川沿いの桜並木にはたくさんの人が歩いていました。

駅から車で数分、宿に到着です。







 
by spring-ephemeral | 2017-03-07 01:25 | おでかけ | Trackback | Comments(12)