『笹屋ホテル 豊年虫 ~梅の間~』 再訪 2017年9月

<2017年9月10日>

 この日、ツレアイは飲み会です。 母とふたりの夕飯なら、ここはひとつ温泉でも、ということになりました。
 8月末に白内障の手術をした母の目も何事もなく経過しているようですから、温泉に入っても問題ないでしょう。
 
 母とですから、部屋に温泉があることと、ベッドは必須条件です。
 日曜日ですし、もしかしたら空いているかも? と、直接電話して聞いてみたのが 上山田温泉の 『笹屋ホテル 豊年虫』 です。
 希望通り、8室ある部屋のうちで唯一ベッドのついている 『梅の間』 が空いていました。
 以前、ツレアイと行ったとき、ここなら母でも良さそう、と思った部屋です。

d0264892_22583017.jpg
和室には高座椅子を用意してもらいました。

d0264892_2301244.jpg
和室の右手にベッドルーム。

d0264892_2320302.jpgd0264892_2384096.jpg










ベッドルームから段差無しにトイレ、洗面、部屋のお風呂に続きます。 お風呂には源泉が注がれています。 手すりもあり、バリアフリー仕様になっています。

d0264892_2324625.jpgd0264892_23243551.jpg




こんな鍵も珍しくなりました。

d0264892_23272492.jpg


d0264892_23298100.jpgd0264892_23292883.jpg
季節ごとに変わる、いつもおいしいお菓子とお抹茶。



柔らかな野沢菜とお煎茶。

d0264892_23465564.jpgd0264892_234783.jpg
部屋の入り口には、
夕刊と、 翌朝は朝刊とヤクルトが入った籠がかけられますが、
この翌日は新聞休刊日にあたったので、
TV番組表のコピーが入れられていました。


d0264892_23524048.jpg
湯上り用に冷たい 「えんめい茶」 が置かれているサロンの横を通って大浴場に行きます。 奇数月の午後の女性用のお風呂は2階の 「木の湯」、 男性用は1階の 「石の湯」 です。
翌朝入れ替えになります。
2階へは、階段を使わずに、フロントにあるエレベーターを利用できます。

d0264892_23585874.jpgd0264892_23591395.jpg
d0264892_23595836.jpgd0264892_002214.jpg
木の湯」(上) と、 「石の湯」(下) (HPから)

食事は夕食、朝食ともに部屋でいただきます。 

<夕食>

d0264892_031477.jpg


d0264892_0355913.jpgd0264892_036436.jpgd0264892_0371154.jpg

d0264892_038986.jpgd0264892_0382346.jpg たっぷりきのこの下には、
5時間煮込んだという牛肉。

野菜の彩りもきれい。

d0264892_0385199.jpgd0264892_0391499.jpg大根をお釜に、
フカひれや多彩な食材の「豊年蒸し」。 名物料理です。

頭も骨も抜かれた岩魚は食べやすく、
黄身味噌とよくあっておいしかったです。

d0264892_0393174.jpgd0264892_0402187.jpgデザートもフルーツたっぷり。


<2017年9月11日>

<朝食>

d0264892_1154867.jpg
お椀に山盛りほどの蜆が入った味噌汁が楽しみです。

日曜日から月曜日にかけて宿泊しましたが、 スタッフの数も絞っているようで、到着時には他のお客様に対応されている間、少し待つことになりました。 かといって滞在中は不自由なことはなにもなく、 泉質の良い温泉に心ゆくまで浸かって、母も喜びました。
by spring-ephemeral | 2017-09-21 01:31 | お宿記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/25651576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2017-09-21 21:35 x
母娘ですと
「行こうか」「うん」で 遠慮はいらないし フットワーク軽く出かけられますね。
3人より2人の方が動きやすいですし、
ご主人も 飲み会の終わる時間を気にしなくて良いし、、、、。

お宿も お部屋も お料理も 素敵ですが
なにより頻繁に親孝行をなさっている うつきよう様が素敵です。
Commented by うつきよう at 2017-09-21 23:29 x
shinmama様、

 いやいやいや、親孝行だなんてお恥ずかしい・・・
 まあ、同居していて、ツレアイとでかけるときは駅までの送り迎えと留守番をしてもらっているので、埋め合わせをしておかないと(笑)
 いつものことながら、せっかちな母に合わせるのでなにかとせわしないですし、腰の痛みは?足の調子は?と、気にはなりますし、
 どこかで緊張がほぐれないのですが、
 食事の用意がないだけでも、嬉しい私です。
 温泉もついてきますしね(笑)
<< 越前へ 2017年9月 夜景が見えるイタリアンで同級会... >>