『笹屋ホテル 豊年虫』 再び 2017年3月

<2017年3月18日>

 実は来週に出かける予定をしていたのですが、
 一家でちょっとしたおよばれに出席することになり、ひと月前にやむなく予定はキャンセル
 がっかりしたのはツレアイで、「なんとか前後に移せないかなあ・・・」 つぶやくことしきり。
 そこで、JTBに出向いたのですが・・・
 キャンセル前のところはとれず、別のところに翌週行くことにしました。
 当初の予定より1週間先延ばしになることになって、ツレアイは諦めきれない様子。
 しかし、前の週(すなわちまさしく今回ですが)は春の3連休。 ここはと思うところはどこも空いていません。

 ですが、ひとつ、もしかしたら、と思うところがありました。
 上山田温泉 『笹屋ホテル』 の離れ、『豊年虫』 です。 
 というのも、昔から、個人でもJTBを通しても、直接尋ねると、本館が満室でも 「離れでしたら空いています」 という場合がしばしばあるのです。
 どの宿も、旅行会社などに提供する部屋のほかに自分のところで確保している部屋がありますが、『笹屋ホテル』 の場合は「離れ」のようなのです。
 そこでHPをチェックしてみると・・・離れ 『豊年虫』 の部屋にまだ空きがありました。
 1月に行ったばかりですし、料理も同じかもしれませんが、ツレアイに聞くと、「それでもいいから行く」 と言うので、
 改めて直接電話をして予約しました。

 『豊年虫』 はそれぞれに設えの違う部屋が全8室。 前回は 「梅の間」 でしたからせめて違う部屋を、と伺うと、空いているのは3部屋で、その中から 「蘭の間」 を選びました。
 まだ、HPから予約すると(HPを見ながらと伝えれば電話でも)10%引きになる期間中なのも幸いです。
 
 『豊年虫』 は登録有形文化財に指定されていて、それぞれ部屋の意匠にも特徴があるようで、解説書が置いてあります。

 今回宿泊する 「蘭の間」 の間取りと説明の一部を解説書から。

d0264892_1411458.jpg

d0264892_1415367.jpg


縁の無かった『豊年虫』に、立て続けに縁ができるとは!
伝統的な建築にことさら興味があるわけでもないのですが、今まで立ち入ることが無かっただけに新鮮でもあります。
1月と料理が違うのかどうかも関心のあるところです。
by spring-ephemeral | 2017-03-20 02:06 | お宿ものがたり | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/23991416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2017-03-20 10:07 x
3連休、きっと何処かに行かれるんだろうと思っておりました。
Commented by うつきよう at 2017-03-20 13:11 x
 よし坊様、

 せっかくの3連休なのですが、元々は出かける予定はなかったんです。
 といいますのも、今年はたまたま連休になりましたが、春分の日はお彼岸のお中日で、
 父が亡くなってから毎年菩提寺の彼岸会法要に出席するため、遠出が出来なくて…
 私は諦めていたのですが、3連休の初日に、思いっきり近間ですが、なんとか1泊都合がついて、
 ツレアイにとっても良かったです。
Commented by みやび at 2017-03-22 13:23 x
まあ~、空いてて良かったですね。
上山田温泉に行ったことがないので興味津々で読ませていただきました。
どのようなお料理でしよう。
御紹介を楽しみにしています。
Commented by zuxtotabi at 2017-03-22 15:03
三連休、よく予約が取れましたね。^^
ご主人様も満足なさったのでは?
前回とは別のお部屋というも又、新鮮で良いですね。
Commented by うつきよう at 2017-03-23 01:03 x
みやび様、

 お部屋も半分以上埋まっていましたから、ぎりぎりセーフだったかもしれませんね。
 上山田温泉はバブルの頃の拡大路線が仇になって少々苦戦中なのですが、
 『笹屋』さんはそんな頃でも個人客を大事にしていましたので、コンスタントに人気が続いている宿だと思います。
 ちょっと間が空きがちですが、頑張ってアップしますね。
 ご覧になってくださいね。
 
 
Commented by うつきよう at 2017-03-23 01:19 x
ニャン様、

 ツレアイは、あとひと月足らずで温泉に行ける、と楽しみに仕事をしていたのでしょうね。
 キャンセルになってしまったものの諦めきれず、
 どこでもいいから、という心境だったみたいです。
 1月末に行ったばかりでしたから、
 なにからなにまで同じでも仕方のないところですが、
 お部屋も違って、新鮮でした。
 
 
<< 『笹屋ホテル 豊年虫 ~蘭の間~』 熱川でイチゴ狩り >>