友人の個展を見に東京へ

<2016年12月8日>

 東京に住んでいたころですから、もう30年以上前になります。
 一緒のギター教室に通っていた彼女は
 腱鞘炎のようになってしまい、あまり複雑な指使いができなくなってしまいました。
 私は東京を引き払い、
 年賀状のやりとりだけが続いていましたが、
 いつのころからか彼女は絵を習い始め、
 個展の案内をくださるようになりました。
 いくつか賞もお取りになり、才能が開花されたのでした。
 個展にはなんどか伺いましたが、昨年は機会がなく、今回は2年か3年ぶりの再会となりました。

d0264892_22503785.jpg
大宮付近。
晴れていたので期待していましたが、期待通り、富士山が見えました。 

d0264892_22514053.jpg
有楽町にほど近い、銀座のギャラリーが個展会場です。

d0264892_22522335.jpg
案内状のお葉書に使われていた絵です。
実物とはやはり違いますね。
彼女は取材を元にして自身の心象風景を描くので、実際の場所そのものではありません。
どの絵も、未来や希望を感じる遠くの空がとても綺麗で、絵の中に入って歩いて行きたくなるような作品ばかりでした。

久しぶりに会ったので、ついつい長居してしまい、
2時間もおしゃべりしてしまいました。
他のお客さんもお見えですから、私が彼女を独り占めしているわけにはいきません。
名残を惜しみつつ、再開を約しておいとましました。

少し銀座を歩きます。

d0264892_22575911.jpg

d0264892_2259386.jpgd0264892_22591756.jpg
クリスマスの飾りつけがあちこちに見られますが、昼はあまり目立ちません。 夜になって灯かりがつくときれいだろうと思います。

d0264892_2334011.jpg
目的は 山野楽器 でギターの弦を買うことです。

普段は上田で買います。 
上田で十分間に合いますが、 東京にいたころ 山野楽器 にしかない弦を使っていたこともあって、懐かしい場所です。
その弦は製造されなくなって久しくなりました。 柔らかくて優しい響きがして気に入っていたのになあ・・・

d0264892_2385058.jpg
私は プロアルテ という弦を使っています。 ダダリオ というアメリカのメーカー製で私の楽器に合っていると思います。
上田にはない プロアルテ がありました。
さすが 山野楽器です。
どんな音か、張り替えるのが楽しみです。

この後は日本橋と、秋葉原にちょっと寄って、
6時からは大宮でコンサート。
新幹線の時間の都合があるので、アンコールを最後まで聞けないのは残念でした。

帰宅は夜10時半。

私の休日でした。
by spring-ephemeral | 2016-12-09 23:32 | おでかけ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/23700100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2016-12-10 19:59 x
長くお付き合い出来るのはホントに素晴らしいですね。確かに話は尽きないと思います。
弦にも拘っているんですか、年期が違いますね。僕なんか音が出れば良いと思って居ましたから、、、
Commented by zuxtotabi at 2016-12-11 18:38
銀座付近で個展ですか。素晴らしいですね。とても重みのある素敵な絵ですね。
私も夫も絵を見るのが好きです。家のあちらこちらに絵が飾ってあります。
銀座も今はクリスマスムード一色。とても華やかです。^^
Commented by うつきよう at 2016-12-12 00:27 x
よし坊様、

 普段連絡を取り合っているわけではないんですけれど、
 気が合うんでしょうね。
 
 前はかなり固めの音が好きで、ハイテンションの弦を張っていたのですが、
 最近は柔らかめの音が出るミディアムテンションの弦を好んで張っています。
 
 
 
 
 
Commented by うつきよう at 2016-12-12 00:38 x
 「銀座の画廊」と聞いただけでかっこいいですよね。 
 ギター教室で会っていたときは絵を始めていらっしゃらなかったのですが、 
 才能がある友人だったんですね。
 彼女は北海道が大好きで、モチーフのほとんどは北海道の風景なんです!
 葉書に使われたこの写真はちょっと重厚な印象がしますが、
 今回は疾走する馬の絵なんかもあって、楽しかったです。
 クリスマスが近くなりましたものね。
 華やかさも増しますね。
 
 
 
<< 咳よとまれ! 『サンヒルズ 小田』 2016... >>