小布施に栗を買いに

<2016年9月24日>

 今年も栗を買いに小布施に行きました。

d0264892_12512.jpg
青い栗がまだたくさん木にあります・・・いつもと同じころですが、今年は早かったかな?

d0264892_142223.jpg
おじさんが栗の実を拾っています。 

 ※ 今年は雨続きで心配していましたが、 収穫前の雨は栗にはとても良いと最近聞きました。 
   完熟するまで木になっているのだそうです。 あまりお天気続きだと、実も早く落ち、乾燥してしまうとか。
   ということは、今年は栗には良い年かもしれません。

d0264892_11870.jpg
いつものように『竹風堂』の駐車場に車を停めます。

d0264892_195022.jpg

d0264892_110778.jpg
栗菓子屋さんや、他の店には目もくれず、目指すのは広場の出店。

d0264892_1115367.jpg
栗がある! でも、大きな栗はほとんど売れてしまっていました。 朝早くからお客さんが買いにくるのだそうです。 昨年までそんなことなかったのに・・・

d0264892_116555.jpg
それでも、今年も良い栗が買えました。

d0264892_1174881.jpg
『竹風堂』 の栗ソフトを食べる。 これもお決まりのコース。 栗の最盛期なので、ソフトも栗の味がふんだんにします。

栗も買えたし、ソフトも食べたし、
この後は新潟県の新井へ足を伸ばしてPA併設の道の駅にある 『きときと寿司』 で美味しいおすしを食べて帰ります。 これも我が家の定番。

d0264892_1225440.jpg
雲の多い日ですが、新潟側のほうがまだましな天気です。 遠くに米山がよく見えます。

d0264892_1245089.jpg
あらら、写真に撮ったのは アイナメ と ホウボウ だけ!
ぼたんエビ、甘エビ、ソイ、ウニ、白イカ・・・あとなんだっけ? 活きがよくて身厚で美味しかった。

我が家の年中行事がまたひとつ終わりました。

買ってきた栗、さっそく茹で栗に。
simple is best!
甘味と旨みがぎゅっと詰まった小布施の栗はそのままが好きです。

d0264892_23342581.jpg5Lの大きさになると、普通に茹でても、蒸しても、たいそう時間がかかります。

我が家は圧力鍋で一気に茹で上げます。
それでも、シューといい始めてから50分。
火を止めて、冷めるまでそのまま置きます。
そこがコツ。


d0264892_23413354.jpg
私はまるごと皮をむいて食べるのが好きです。 撮影用に4つくらいまとめましたが、1個ずつむいてはぱくっと食べます。
by spring-ephemeral | 2016-10-07 01:37 | おでかけ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/23536177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2016-10-07 13:33 x
今度は栗ですね。
例年と言えば其れまでですが羨ましいのは旨そうな栗。
妻は栗が大好きですが靜岡では良い栗が手に入りません。
Commented by パンジー at 2016-10-07 16:42 x
今コメント送ったつもり、でも消えて……
気を取り直してもう一度‼
先日友から「いい栗手に入るけど、いる?」
皮剥き大嫌いな私は、「ちょびっとだけ!

驚くほど立派な栗ですが、我が家は栗ご飯だけ
友の渋皮煮をたっぷり頂き、堪能しました。
うつきよう様の栗はどんな姿になったのかしら?
Commented by うつきよう at 2016-10-07 23:55 x
よし坊様、

 小布施は丹波と並ぶ栗のブランド産地で、
 一昔前まで、つてがないと手に入りませんでした。
 そのかわり、味は最高です。
 奥様、栗お好きなんですね。 
 小布施には「朱雀」という、超が3つつくくらいの人気モンブランがあります。
 よし坊様にはこちらがオススメですが、ちょっと遠いですね・・・
 
Commented by うつきよう at 2016-10-08 00:10 x
パンジー様、

 私もあります。
 送信したつもり、いえ、したはずなのに、届いていない・・・
 どういう加減なんでしょうね。
 でもめげずにコメントくださってありがとうございます。

 我が家はみんな、単純に茹で栗にしてそのまま食べるのが好きです。
 渋皮煮もおいしいですよね。 
 でも、面倒くさいことは敬遠の私にはとてもとても手に負えません(笑)
 ありがたいことに、渋皮煮はツレアイの妹が上手。
 作って持ってきてくれるのをあてにしています(笑)
 我が家の栗のその後の姿を、本編記事に追加アップしました。
 笑われちゃうくらいそのままですが、記事に戻ってご覧になってくださいな。
 
 
 
<< 上山田温泉 『笹屋ホテル』 2... クラシックギター デュオの夕べ >>