四万温泉 『積善館 佳松亭』 ~到着・部屋~

 今年(2016年)の9月、3連休の初日17日は、私は地区の役員で敬老会に出なければならず、同じ日、ツレアイは同窓会に出席する予定となっていて、出かけられるのは18、19の二日だけ 。
 さほど遠くないところに一泊しようということになりました。
 
 選んだのは群馬県、四万温泉
 初めてではありません。 少なくとも私は2度。 そのうち1度はツレアイも行っているのですが、
 ツレアイは行ったことすら覚えていないと言います。 
 もっとも、かれこれ20年近く前になりますから、無理もないといえば無理もないのですが、
 そのときツレアイとちょっとしたもめごとがあって私はよーく覚えているんですけどね・・・ ツレアイは全く記憶にないようで・・・

 ともあれ、それ以来の四万です。
 以前の2度は2度とも同じ宿でしたが、 今回はそのときとは別の宿です。

<2016年9月18日>

朝からあいにくの雨でした。

d0264892_2343726.jpg鳥居峠を越えて群馬県に入ると、
田代のあたりから大前くらいまで、
10数キロに渡って道の両側にオレンジ色の造花が飾られ
お祭りがあるようでした。


d0264892_2404832.jpgd0264892_241104.jpg
八ツ場ダムに関連するバイパスは20年も前から少しずつできてはいましたが、中之条までの全線ができていました。
橋の欄干越しに、はるか下でダムの工事が行なわれているのが見えます。 この深い谷がやがて水没することを考えると、吾妻渓谷の美しさを知っている身としては、とても残念に思えます。 

雨が降り続いていて、途中の景色を写真に撮ることは諦めました。

晴れていたら、 『真田丸』 の舞台のひとつとして、またタイトルバックに、米子の滝と合成されて登場する 岩櫃城跡に登ってみるつもりだったのですが、それも断念。 岩櫃の断崖は雲の中で姿すら見えませんでした。

<積善館 佳松亭>

d0264892_22572829.jpg
『積善館』 は本館・山荘・佳松亭 の3棟の建物から成っています。 本館 と 山荘・佳松亭 は入り口が違います。
ちなみに佳松亭 は四万温泉の一番奥まったところにあります。


d0264892_2312847.jpg
山荘と佳松亭の玄関は一緒です。

d0264892_234997.jpg
駐車場に猫かいます!

d0264892_2345531.jpgこれは佳松亭で飼われている猫。 
宿の方が、確か「チャトラン」と呼んでいたような・・・ 
雄で、人間でいうと90歳をこえているらしい。
「このごろ痩せてきてしまって」 とちょっと気にかけているようでした。 


d0264892_23155343.jpg
玄関の横に源泉があり、飲泉できますが、あいにくの雨。 すぐに玄関に飛び込みました。

d0264892_2310642.jpgd0264892_23102891.jpg

d0264892_23113497.jpgラウンジでお茶をいただき、部屋へ。
このラウンジは翌朝の朝食会場になりました。


プレミアム特別室 『音~ON~』

d0264892_23364555.jpg
窓から庭を見ながら通路を進み・・・
d0264892_2335205.jpgd0264892_23354115.jpg
突き当たりの非常口横が我が家の部屋。

d0264892_234034100.jpgd0264892_23405635.jpg『松風の1』


d0264892_23445120.jpgd0264892_2345974.jpg
入ってすぐに洗面とトイレ。

d0264892_23505047.jpgd0264892_23511137.jpg

d0264892_23525476.jpg
露天風呂は源泉かけ流し。 四万川対岸が木の間から見えます。
d0264892_23534423.jpgd0264892_2354145.jpg
今年(2016年)の4月にリニューアルオープンしたばかりの客室 『音~ON~』 は、全室露天風呂付きで、間取りはいくつかありますが、今回取れたのは和洋室タイプのひとつ。 ここに応接セットのある部屋もあるようです。

まだ新築の匂いのする、シンプルな設えの部屋です
冷蔵庫内の温泉水、ミネラルウォーター、缶ビール(1本)はフリーでした。

d0264892_0617100.jpgd0264892_063395.jpgd0264892_065562.jpg

部屋で改めてお茶をいただき、さて、温泉と館内の、さながら 「探検」 にでかけます。



 
by spring-ephemeral | 2016-09-28 00:20 | お宿記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/23512672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2016-09-28 09:51 x
これは又すごい宿ですね。
部屋はシンプルながら大きくてスッキリ。
どんな食事が出るのか楽しみです。
前回の松茸の話ですが、昨年大失敗しましたが今年は男ばかりで松茸を食べに行きます。
楽しみは楽しみですが男ばかりでは面白味に欠けますね。たぶん、、、
Commented by うつきよう at 2016-09-28 13:21 x
よし坊様、

 畳とベッドの間の仕切りがない、ワンフロアの部屋で、
 コンパクトな広さでした。
 四万温泉は旅番組にもずいぶん登場した温泉地ですが、
 昔、JTBで、「内容にしては高い気がする」と言われたのを思い出したました。
 さて、こちらは・・・?

 松茸を食べにいらっしゃるのですね!
 今年は昨年より出始めがスローでしたので、ピークは昨年よりあとにずれ込むような気がしています。
 松茸料理は、9月10日ごろから、11月10日前後までが一応のシーズンですが、
 「地物」は10月10日ころまでですので、
 願わくはお早めにいらしていただければ幸いかと。
<< 四万温泉 『積善館 佳松亭』 ... 『七草の湯』 >>