小樽・函館2泊3日 3日目 ~新函館北斗駅から新幹線~

<2016年7月18日>

 2泊3日の旅行も3日目、帰る日です。

帰りは1時の新幹線、ホテルのチェックアウトの時間は12時です。

d0264892_114084.jpg
早めにホテルを出れば、1、2ヶ所観光も可能でしたが、 あいにくのお天気。 雨は朝やみましたがその後も晴れそうにないので、ゆっくりすることにします。

d0264892_185090.jpg
滑走路の誘導灯がついているので飛行機がまもなく来ると見当がつきます。 
「ごお!」 という音が聞こえた、と思うと、直後に真上を飛んでいってしまって、カメラが間に合いません。 
見る間に着陸。 空港が近い! 飛行機って早い! 

d0264892_1211016.jpgd0264892_1212689.jpgd0264892_1214265.jpg
みんな同じに見えますが、一応、エア・ドゥ、 JAL、 とANA です。

d0264892_133276.jpg
「新函館北斗」駅までは40分ほどかかります。 市内の渋滞を考慮して早めにチェックアウトしました。 ホテルを出てすぐ、路面電車に会いました。

d0264892_1385310.jpg

d0264892_1391226.jpg
函館市内は信号が多くて抜けるのに思わぬ時間がかかりますが、 郊外に出てしまえば広い北海道です。 
新幹線の高架の下をくぐりました。

d0264892_141114.jpg
「新函館北斗」の駅が見えてきました。

d0264892_1415695.jpg
在来の函館本線、七飯(ななえ)駅 と 仁山(にやま)駅 の間、旧渡島大野駅の場所に開業した新駅です。

d0264892_1442557.jpg
駅に隣接して、ホテルの入る複合施設が建設中でしたが、 駅前はバスターミナルやレンタカーポートのほかは空き地が目立ちます。 これからいろいろできてくるのでしょう。

d0264892_1505023.jpgd0264892_151674.jpg
駅の裏手は田んぼが広がっていて、田んぼアートができていました。
モデルのゆるキャラは 「ずーしーほっきー」 。 ホッキ寿司がモチーフで、「可愛さよりキモさが売り」 ということらしいです。 着ぐるみもいましたが、正直ほんとにちょっと気持ち悪くカメラは向けず・・・(スミマセン)

d0264892_213594.jpgd0264892_214949.jpg
右:函館へ。 左:新幹線の線路は途切れていますが、いずれは札幌まで延伸するのでしょう。

d0264892_23467.jpg
駅前横のイベントスペースでは地元のバンド演奏中。 ラーメンのブースなどもありましたが、新幹線で軽食を食べるつもりなので、ソフトクリームだけ。 考えてみれば今回初めてのソフトです。 おいしかった。

d0264892_265955.jpgd0264892_271579.jpg
真新しくてきれいな駅構内ですが、レストランやおみやげ物売り場はまだまだ充実の余地ありと見ました。

d0264892_29460.jpgd0264892_292160.jpg
北海道初めての新幹線、コンコースからも見物の方がたくさんおいででした。

d0264892_2105858.jpgd0264892_2111322.jpg
北海道の景色も見納めです。

d0264892_212115.jpg
青函トンネルに入りました。 「青函トンネルに入りました」の電光掲示が流れますが、撮影失敗。 「・・・した」がなんとなく写っています。

通貨時間は約20分。 かつての「海底駅」はなにかあったときの避難用に残っていて明るいのですが一瞬で通り過ぎてしまいました。

軽食を食べている間に青森側に出ました。

d0264892_2232974.jpgd0264892_2234591.jpg
グランクラスの楽しみは軽食です。 青い印字のメニューが見づらいのですが、 ほっけ焼きや、ジュンサイともずくの酢の物など、北海道と東北の味が詰めあわされていて美味しかったです。

d0264892_2335882.jpgd0264892_2341651.jpgd0264892_234329.jpgd0264892_2355016.jpgd0264892_2362452.jpg
新函館北斗 から 大宮 まで 4時間 の新幹線移動です。 ビールと、もう運転はないのでツレアイはワインも。 料金の内ですからフリーです。 ワインは松本の「井筒ワイン」でした。

一度は乗りたかった北海道新幹線です。 グランクラスは快適でした。

北海道は広いので、場所によっては飛行機が必須ですが、長野から函館、札幌くらいまでを考えると、新幹線は、トータルの移動時間も、飛行機利用とそれほど大きな差はなく、一度の乗り換えで済むのでかえって楽で便利かもしれません。

2泊3日。
コンパクトに楽しめた北海道でした。 

ブログは長くなりました。 
おつきあいいただき、ありがとうございました。







 
by spring-ephemeral | 2016-08-10 02:57 | おでかけ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/23387848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2016-08-10 21:26 x
「した」の画像、、、大ウケしました。

函館は縁があるのか 今までに6,7回行っているので函館空港、函館駅、函館港、の位置関係はわかっているのですが、
これに新函館駅が加わったので、新しい地図をインプットしなくては、いけませんね。

新幹線が開通し、観光客が植えたので 昨年行ったときに比べて
函館が ずいぶんにぎやかになったのではないかと思うと
来月行くのが 楽しみのような 怖いような、、、。

Commented by うつきよう at 2016-08-10 23:32 x
shinmama様、

 電光掲示はだいたい繰り返して流れるんですけど、
 「青函トンネスに入りました」は一度しか流れてくれなかったんです。
 席が一番後ろだったので振り返って写そうとしたのですが、
 前方にもあったんですよね。
 ツレアイが「前にもあるぞ」って早く言ってよ(笑)

 新函館北斗駅は函館と名前はついていますが、隣の北斗市にあるので、
 ちょっとピンとこないところがあります。

 行きか帰りに新幹線を使う、という選択肢が増え、
 長野の人にとってはこれがけっこう人気なので、
 函館を歩いている長野県人、多いと思います(笑)

 
Commented by パンジー at 2016-08-11 10:59 x
北海道新幹線、話を聞くたび、お写真見るたびに乗ってみたくなります。
もう少し人気が落ち着いたら、小樽の気になるお宿とウニ丼セットで…
気分は北海道、現実にはまだ先の事になりそうです、残念。
Commented by うつきよう at 2016-08-12 01:14 x
 4時間の新幹線は乗りでがありましたが、
 乗り心地が良いので楽しかったです。
 考えてみれば、4時間で北海道へ行けるのですから、
 すごい時代になりましたね。
 でも遠い(笑) 
 私は北海道より近い北陸新幹線にまだ乗っていないんです(笑)
 その気になればいつでもOKの距離のせいかもしれませんね。
 不思議なものです。
<< 2016年自治会行事 6月7月... 湯の川温泉 『望楼NOGUCH... >>