白骨温泉 『白船荘 新宅旅館』 2016年7月

 母は昨年秋ごろからめっきり足が弱くなり、腰の痛みも出るようになっていました。
 前回アップしたように、脊柱菅狭窄症だったのですが、そのころはそうとは全く知らず、
 単に年をとってきたためだとばかり思っていましたので、歩けるうちに、母が行きたいところに行っておこうと、計画をたてていました。
 
 白骨温泉もそのひとつで、母が大好きな温泉です。
 今年も行こうと早くから予約したのですが、 その4日前に、脊柱菅狭窄症の激痛に襲われてしまいました。
 直前キャンセルもやむなし、と半分諦めたのですが、 先生に、温泉に行ってよいかどうか伺いをたてると、「もう一回注射をしておいておげよう」と、トリガーを打ってくださいました。 
 処方された薬も効いて痛みも治まり、予定通り行くことになりました。

<2016年7月1日>

白骨温泉の宿は今回も 『白船荘 新宅旅館』 です。

d0264892_0493271.jpgd0264892_0504333.jpg









ロビーで温泉粥の「おやき」とお茶をいただき、部屋へ。

d0264892_059057.jpgエレベーターを降りたら、
少し長い廊下の突き当たりまで歩かなくてはなりません。

以前なら杖をついて
ごくゆっくりとしか歩けなかった母でしたが、
まあ、驚いたことに、
倍の早さで歩けること!
薬の効き目にびっくりです。

d0264892_144555.jpgd0264892_145953.jpgd0264892_15168.jpg
館内の随所に花が。

d0264892_165935.jpg

d0264892_1893.jpg
d0264892_183147.jpgd0264892_1105082.jpgd0264892_1112982.jpg
d0264892_1121033.jpg

部屋は露天風呂つきの和室です。
この部屋の魅力はなんといっても露天風呂。 源泉が掛け流しで注がれています。
白骨温泉の泉質は単純硫黄泉にカルシウムや炭酸ガスが多く含まれています。
このような温泉では、温泉成分が菅に付着してメンテナンスがたいへんなため、客室の浴槽に温泉が注がれることはほとんどありませんが、
『新宅旅館』 の客室露天は源泉からほんの数メートルと近いため、引湯が可能です。
大浴場より源泉に近く、より新鮮な温泉に浸かることができます。
白骨温泉のなかでも、客室のお風呂に源泉が注がれるのはこちらだけではないかと思います。
よしず越しに木々の緑も眺められ、見た目より開放感もありますし、 実に気持ちの良いお湯です。 

さて、大浴場へも行ってみます。

d0264892_1362173.jpgd0264892_14094.jpg

d0264892_141273.jpg湯上りどころの前から
階段を上ったところに女湯があります。
この階段も楽に上っていく母でした。

d0264892_1444130.jpg

d0264892_1445627.jpg

d0264892_1452226.jpgd0264892_1453959.jpg
d0264892_146341.jpg

d0264892_1462310.jpg

白濁のお湯はどちらかというとややぬるめ。 いつまでも浸かっていられそうですが、上がると体がよく温まっているのがわかる温泉です。

<夕食>

d0264892_150235.jpg食事は食事処に出向きます。
個室で掘りごたつになっています。

d0264892_1521355.jpg

d0264892_1525874.jpg
d0264892_1531577.jpg

d0264892_1535134.jpgd0264892_154985.jpgd0264892_1543079.jpg
d0264892_154595.jpgd0264892_1551774.jpg
d0264892_1553370.jpgd0264892_1555489.jpg
d0264892_1561472.jpgd0264892_1563367.jpg
d0264892_1565155.jpgd0264892_157886.jpg
d0264892_1573454.jpgd0264892_1575138.jpg

d0264892_158792.jpg山の中の温泉ですが、
ひと品ひと品、
手をかけて丁寧に作られていて、
とても良い内容と思います。
トマトのサラダも、定番の温泉粥のコロッケもおいしかった。

d0264892_2426100.jpg部屋に戻ると、夜食のおにぎりが。
野沢菜と梅の混ぜごはんでおいしいおにぎりでした。


今回、一番心配だったのは、和室に布団ということでした。
母は畳に寝た状態から起き上がるのにたいそう苦労するからなのですが、脊柱菅狭窄症の薬のおかげで痛みが消え、なんと、苦労せずに起き上がることができたのでした。
これにはほんとうに驚きました。 

翌朝、起きたときは雲っていましたが、次第に晴れてきました。

d0264892_2113383.jpgd0264892_2115140.jpg
d0264892_2121510.jpgd0264892_2122948.jpgd0264892_2124251.jpg


朝食も同じ食事処に出向きます。

d0264892_2135063.jpg


d0264892_2151248.jpg朝食の一番の楽しみは温泉で炊いた温泉粥。
以前はほんのちょっとで、もう少しほしいと思ったものですが、
量が増えていました。 きっと同様に思うお客さんが多かったのでしょう。


 母の腰の痛みが心配でしたが、薬のおかげとはいえ、4日前まであんなに苦しんだとは信じられないほどの改善ぶりで、ほんとうに良かったことでした。
 もうここに来るのも最後かと、決めたときは内心覚悟していたのですが、この分なら、来年も来れそうです。
 明るい気持ちで宿をあとにしました。








 
by spring-ephemeral | 2016-07-12 02:28 | お宿記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/23286329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zuxtotabi at 2016-07-13 10:00
お母様と予定通りご旅行でき良かったですね。
お薬が効いて元気に歩ける。娘としても嬉しいですよね。
歳を重ねるごとに気力はあっても体が付いてこない、、、、と
諦めることが増えて行くことが悲しかったりしますから・・・。
今回の旅行記を拝見して、一寸、驚き??
実は白骨温泉、うつきよう様より5日早く訪れておりました。
当日の急な旅行で、当日宿泊を受け入れてくれたのは、「齋藤旅館」さんだけでした。
「新井旅館さん」いいですね。今度は事前予約で宿泊してみます。
白骨温泉のお湯は本当にぬるいですね。それに気温が低くって寒かったです、、、。
Commented by うつきよう at 2016-07-14 00:27 x
ニャン様、

 なにもなくても年をとってくると足腰が弱くなってきますものね。
 今は薬のおかげで痛みもないのだろうと思います。
 先のことを考えると不安もよぎりますが、今のところは調子も良いので、いろいろ考えないようにしています。
 とりあえず、白骨温泉に行くことができて良かったです。

 そうでしたか!
 実は実は、この1週間前に一度キャンセルしたんです。
 優先しなくちゃいけない用事ができそうになって。
 でも、その用のほうがなくなったので、翌日すぐに予約し直してもらいに行きました。
 「まだ空いてる」「空いてます」「良かった、間に合った!」という次第でした。
 もし、ニャン様のご旅行が1日、2日早くて、私が予約し直すのが遅かったら、
 ニャン様がお泊りになっていたかもしれませんね。
 気温低かったんですね。
 私が行った7月頭は猛暑日か?というほど里の気温が上がって、露天風呂が気持ち良い日になりました。
 「新宅旅館」さん、部屋で白骨のお湯に浸かれるのが魅力で、おすすめです!
 

 
<< ニッコウキスゲに染まる丘 ~霧... 母は脊柱菅狭窄症でした >>