サクランボ狩り

<2016年6月19日>

 さあ、今回の目的、サクランボ狩りをして帰ります。
 お昼ごはんはサクランボだ!

d0264892_2321190.jpg


 最後にサクランボ狩りに来たときは父も一緒でしたから、もうかれこれ7、8年が経ちます。
 そのときと、その前のときの2度は同じサクランボ園に行ったのですが、
 名前も忘れていますし、場所もおぼろげですので、
 宿を出るときに、地図をもらい、お薦め農園を教えてもらいました。

 一番大きくてカフェもあるというそのサクランボ園に行ったところ、車の列ができています。
 最後尾に並ぶと、園の方がやってきて、「ただ今いっぱいで、1時間ほどお待ちいただくようになります」 とおっしゃいます。
 えーっ・・・
 1時間なんて待てません。

 すぐに諦めて、ほかに行くことにしました。
 
 特になにかの根拠があったわけではなく、そこから一番近いように思われて決めたのが、 
 地図の中の、赤い枠で囲った 「斉藤観光果樹園」 でした。

 ナビに導かれてサクランボ畑の中の坂道を上っていくと、なんとなく見覚えがあるような・・・
 目的の果樹園に着いて、母も私も確信しました。

 ここ、前に来た観光果樹園だ!

d0264892_2317098.jpg
(空と、サクランボの木を覆うビニールハウスの屋根が同化しています) 

 入園料はひとり 1,100円。 
 時間は30分

 受付をすると、園のおじさんが案内してくれます。
 母の足が悪いのを見て、「あまり歩かないほうがいいねえ」 と入り口に近いあたりに連れて行ってくれました。 

d0264892_23252013.jpgd0264892_23253873.jpg


 いざ、サクランボ狩り開始!
 30分という制限時間は短ように思われるかもしれませんが、 十分です。 いやというほど食べても時間が余るくらいです。 サクランボは数を数えていられませんが、かつて、イチゴ狩りでそれぞれひとり100個余を食べた親娘が言うのですから、確かです。

d0264892_23312194.jpg<紅さやか>
和製アメリカンチェリー。
いつもならもう無いのですが、今年は気候が良かったせいか、
「まだ頑張って残っている」 とのこと。


d0264892_23335980.jpgd0264892_23341321.jpg<紅ゆたか>

d0264892_2335465.jpgd0264892_23351831.jpg<紅秀峰>

<佐藤錦>の次に出回る品種です。

 見ただけでは違いがわかりませんが、食べ比べると、微妙に味わいが違います。  このほかの、名札のない木はみんな <佐藤錦> です。
 どの品種もおいしかったのですが、なんといってもお目当ては <佐藤錦> 。
 <佐藤錦> の最盛期は6月中旬。 そもそもそれを狙っての今回の日程です。

d0264892_23451035.jpg
手の届く下のほうでもおいしいのですが、日当たりの良い上のほうの実は色も赤く、よりおいしいので脚立は必需品。 園のあちこちに置いてあります。
 「雨じゃあ、木に登れない」 と心配していた母ですが、さすがに自分では登れないので、私が脚立に上り、次々に手渡します。
d0264892_2350885.jpg

d0264892_23503160.jpg

d0264892_2351325.jpg


 めいっぱい食べて、入り口の小屋に戻ります。 休憩の椅子があり、山形名物玉こんにゃく をサービスしてくれますが、もうお腹に入りません・・・
 観光バスがやってきて、大勢のお客さんが降りてきました。
 いい時に来ました。

 今年のサクランボは、大きくて、甘くて、美味しくて、大満足でした。

 来年も来たいね。 
 来れたらいいね!
 

 
 



 
 
by spring-ephemeral | 2016-07-05 00:22 | おでかけ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/23271968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2016-07-05 09:25 x
>来年も来たいね。 
 来れたらいいね!

最近 涙腺がもろくなったのか 
この時のうつきよう様の気持ちがよくわかるだけに
ウルウルとしてしまいました。

こんな風に思えるお出かけを 重ねていくことが大切なのだと
わかっているのに、私は今、親不孝しています。
Commented by パンジー at 2016-07-05 10:23 x
先日主人が仕事で東北に出かけました。
空港の御土産コーナーでサクランボを見かけ、買って帰ってくれました。
確か『紅秀峰』 (本人は佐藤錦と信じて買ってます)
いずれにせよ、美味しく頂きました。
うつきよう様のように、木から採って頂いたらまた格別でしょうね。
お母様との楽しそうな御様子が、目に浮かぶようです。
また来年もお出かけ下さい、お楽しみください、そう切に祈ってます。
Commented by うつきよう at 2016-07-05 23:45 x
shinmama様、

 >来年も来たいね。 
 来れたらいいね!

 このときは声に出せませんでした。
 母の状態を考えると、  
 今しておかなくちゃ!の思いが強くなります。

 ところが、この一週間後、事態が大きく動き、
 劇的な結果が待っていました。
 仔細はアップするつもりです。
 またご覧になってくださいね。
Commented by うつきよう at 2016-07-06 01:34 x
パンジー様、

 ありがとうございます。
 心強いです。

 「紅秀峰」は粒も大きいですし、
 佐藤錦に負けず劣らず美味しいですよね。
 サクランボ狩りはまさしく「樹上完熟」サクランボを、
 好きなだけ食べられるのが醍醐味ですね。
 木に登れるのも楽しいですし(笑)
 
 
Commented by よし坊 at 2016-07-08 13:31 x
このブログは妻には見せられません。連れてって と言われちゃいます。サクランボがもの凄く好きなんです。
女性だけでなく男もサクランボは好きですからね。食べ過ぎると困る事が起きますが。

Commented by うつきよう at 2016-07-09 01:52 x
よし坊様、

 奥様、サクランボお好きなんですね。
 それなら、超オススメなんですけど(笑)
 静岡からは少し遠いですけど、
 行き先ナイショでお連れになったら、
 きっとサプライズなプレゼントになりますよ!
 
<< 母は脊柱菅狭窄症でした かみのやま温泉 『はたごの心 ... >>