九度山 2 ~慈尊院 ・ 丹生菅省符神社 ・ 丹生都比売神社~

<2016年5月4日>

d0264892_22574034.jpg
高野山への表参道の入り口にあたる九度山は、高野山と深い繋がりがあり、世界遺産 「紀伊山地の霊場と参詣道」 に含まれる構成要素が点在しています。

今回はそれらの要素のうちの3ヶ所を巡ることになりました。

《慈尊院》

弘法大師が高野山を開くとき、庶務を司る政所や宿泊所を置いた 慈尊院 は、 後に弘法大師の母公が移り住みました。 弥勒菩薩を信仰した母公の没後、弥勒堂が建立され、 「女人高野」 として信仰を集めます。

d0264892_23201212.jpg

d0264892_23204630.jpg

d0264892_23231495.jpg
d0264892_2325698.jpg

d0264892_2326874.jpgd0264892_23263444.jpg
拝殿の向こう側に 弥勒堂があります。 国宝 弥勒菩薩像 は見ることができません。
弥勒堂の前には「弥勒石」があり、絵馬がたくさん奉納されています。 乳房の絵馬は女性が手作りして奉納します。 安産祈願や、母乳がでるようにという祈願をはじめ、女性の病気平癒や健康祈願といった「女人高野」に因んだ願い事をされる方が多く訪れるそうです。

d0264892_2339977.jpgd0264892_23394389.jpg
西側の門は古く、左右の土塀は和歌山県内でも古い土塀だそうです。

土塀に沿って道が続いていますが、この道が 「高野山朝石道(ちょういしみち) 」 (世界遺産) です。
この「慈尊院」 から、 高野山上(壇上伽藍)まで、約22キロに、180基の朝石(ちょういし) が1朝(約109メートル)ごとに立てられています。 徒歩約7時間の行程で、古の人々は皆この町石道を通って高野山を参詣したそうです。

不勉強で、実は当地に行くまで知らず、高野山では見逃していました。
d0264892_23571976.jpg
拝殿の右にある多宝塔は県指定の文化財です。 その奥に石段が見えますが、 『丹生官省符神社』 に上る石段です。

《丹生官省符(にうかんしょうふ)神社》

d0264892_03234.jpgd0264892_033382.jpg

d0264892_041857.jpg119段の石段を上った先にある 丹生官省符(にうかんしょうふ)神社 は
弘法大師が創建したと伝わる社で、
守り神として地元にゆかりの
丹生都比売(にうつひめ)・高野御子の2神を祀ります。

境内から高野山を望むことができます。

d0264892_0101012.jpg

d0264892_0103552.jpg

d0264892_011019.jpg

d0264892_0113296.jpg


《丹生都比売(にうつひめ)神社》

丹生都比売(にうつひめ)神社』 は九度山から車で30分、天野というところにあります。 上の地図では左下の欄外あたりで、少し離れたところにあるため、時間があれば、と思ってはいたのですが、ある理由のため、足を伸ばすことになりました。

d0264892_0224139.jpgd0264892_0231022.jpg
九度山は 柿 の産地です。 見渡す限り、というと大げさですが、それほどに柿の木畑が広がっています。

d0264892_0253732.jpgd0264892_026371.jpg
あっという間に道は高台へ、山の中へ。 「こんなところになにかあるのか?」 とツレアイも不安げですが・・・

d0264892_028661.jpgひと山越えると、突然集落が現れました。










丹生都比売神社 はこの集落の入り口にありました。


丹生都比売神社 は弘法大師を高野山へ導いたとされる 丹生都比売(にうつひめ) を祀る古い神社です。 
太鼓橋、楼門、社殿は重要文化財です。
d0264892_0325694.jpg

d0264892_0331873.jpg

d0264892_0333796.jpg

d0264892_0335534.jpg

d0264892_0342355.jpg

社殿を横から拝し、太鼓橋の脇を通って戻ります。
d0264892_0401735.jpg

d0264892_0404262.jpg


さて、ここまで来たのは、昼食を摂ろうと思ったからなのですが・・・
d0264892_0415018.jpgd0264892_0421276.jpg
白州正子さんともゆかりがあるというこちらの古民家カフェで食事を、と思っていたのですが、
ラストオーダーより1時間以上前というのに、売り切れでした・・・残念・・・

実際には3番目の丹生都比売神社を先に訪れました。
というのも、お昼を食べるところが無かったためなのです。 

高野山から九度山まで2つほどドライブインがありましたが、その他に食堂が見当たらず、九度山には人気の蕎麦屋さんがありますが、 とんでもない数のウェイティングリストで断念。

ならば道の駅に、と思ったのですが、第一、第二、第三、第四駐車場まで満車。 さらに遠くの駐車場になりそうなので、それもあきらめ、
慈尊院を先に拝観しようとすると、ここも車を停められず・・・

ひとつ当てがあったのが、事前に一応チェックしてあった丹生都比売神社近くのカフェでした。
ところがここも・・・

とにかく、食べるところがありませんでした。 仕方なく、車で30分、九度山の隣の かつらぎ町の 道の駅 『紀ノ川 万葉の里』まで下りて、ようやくお昼を食べることができました。
d0264892_121375.jpg

d0264892_124366.jpg

ラーメンは可も無し不可も無し。 紀ノ川を眺め、時計を見ると・・・宿はすぐそこです。 まだ1時間以上早い。

というわけで、再び九度山まで15分戻り、『慈尊院』 と 『丹生官省符神社』 を見ることができた、という次第です。

宿は 『かつらぎ温泉 八風の湯 別館』。 また かつらぎ町 に戻ってきます。  

狭い範囲ではありますが、行ったり来たり、右往左往の九度山でした。
by spring-ephemeral | 2016-05-17 01:28 | おでかけ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/23149875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by パンジー at 2016-05-17 20:35 x
あぁ~、ここ、予約必須です。
私はまだ行ったことありませんが、友から聞いてます。
確か一年半ほど前にオープンしたカフェのはず。
さすがうつきよう様、狙いどこに狂いなし❢
でも残念でしたね。
では私が…と、車走らせたいものです(笑?泣?)
Commented by うつきよう at 2016-05-17 21:52 x
パンジー様、

 そうだったんですか!
 知らなかった~!
 ただでさえ食べるところ無いですものね。
 実は近くにもう1軒あったのですが、LO時間切れで寄らずじまい。
 振られ続けたお昼ごはんでした(笑)
<< 『かつらぎ温泉 八風の湯 別館』 九度山 1 ~真田庵~ >>