桜を追って草津へ

<4月23日>

 タイトルは 「桜を追って」 ですが、
 実際は 「桜を追うことになった」 というのが正確なところです。

 ※ 旅行用に使用していたコンデジのイメージセンサーに不具合が生じて買い替えました。
   あわよくばちょっとでも下取りになれば、と思いましが、査定0。
   まあ、かなりのヘビーユースで使い込みましたから、納得です。
   同じメーカーの同じシリーズですが、新しくなると使い勝手も違うもので、習うより慣れよ。
   写真の枚数が増えました。

d0264892_14579.jpg
真田・本原(もとはら)  新芽が吹き始めた山肌に山桜が点々と。

d0264892_1575737.jpg
真田・大日向(おおひなた)  今満開の桜。

d0264892_1584525.jpg
鳥居峠を越えて、田代のあたり  四阿山。 

d0264892_214787.jpg
嬬恋  濃いピンクはオオヤマザクラでしょうか。 

d0264892_253685.jpg
嬬恋・三原大橋交差点  長い桜並木が満開でした。 沼田に続く 真田街道 ということで赤い幟が並んでいます。
この交差点を左折して59号線を行くのが草津への近道です。

d0264892_2115272.jpg
天気は良く、振り返ると浅間山がくっきりと。

d0264892_21242100.jpg
なだらかな丘陵の先に白根山もきれいです。
景色も良いので好きなルートです。

d0264892_2144282.jpg
八部咲きくらいの桜がところどころに見られてきれいです。

d0264892_2184522.jpg
292号線に合流して草津節のメロディーラインを過ぎれば草津温泉はまもなくです。

d0264892_2221263.jpg
志賀草津ルートの冬季閉鎖が解けて通り抜けできるようになったためか、いつになく賑わいを感じる草津の町です。

d0264892_2312339.jpg
宿の入り口にきれいな桜がほぼ満開でした。
by spring-ephemeral | 2016-04-25 02:31 | おでかけ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/23092979
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zuxtotabi at 2016-04-25 11:31
桜満開、素敵なお花見ドライブですね。^^
やはり標高が高いと桜は遅いのですね。
写真を撮られた四阿山の見える風景は私のお気に入りの場所なので
拝見し、嬉しくなりました。
上田からは意外と近い草津温泉。羨ましいなぁ~♪
Commented by うつきよう at 2016-04-25 12:00 x
ニャン様、

 このルート、ニャン様も通られるルートですよね。
 上田から草津温泉まで、このルートを行くと1時間10分で行けるので、近いです。
 以外と知られていないのか、いつ通っても快適に走れるので便利ですし、
 ニャン様もご存じのように眺めも抜群なので、好きな道です。
 僅かな標高の違いも桜に影響するんですね。
 例によって、目的地に一直線のツレアイの運転ですので、
 ゆっくり眺めるヒマもなかったのですが、
 草津周辺は見頃の桜があちらこちらにあってきれいでした(笑)
Commented by よし坊 at 2016-04-25 16:21 x
アチラでも、こちらでも、草津草津と皆様行かれるようで。
さて、あの宿に行かれるのかそれとも別なのか次のUPは注目ですね。
あの宿、早速JTBに問い合わせをしたら確かにあの値段で有りました。
Commented by うつきよう at 2016-04-26 01:42 x
よし坊様、

 図らずも草津シリーズになりましたね。
 あのお宿、迷うのですが、
 結局は毎年うかがっている、いつもの宿に落ち着いてしまいます。
 なかなか変えられませんね。
Commented by パンジー at 2016-04-26 10:29 x
草津温泉のお話聞いたばかりに、再び……。
口惜しいことに、行ったことなし。
情報と羨ましい気持ちのみ溜まっていきます(笑)
南下と北上、コースが違うので楽しみも倍増 。
それを彩る桜もたのしみです。
Commented by うつきよう at 2016-04-27 01:01 x
パンジー様、

 ただ今放映中の『真田丸』のころは、
 群馬県の沼田まで真田領だったわけですから、
 領地を召し上げられることなく今に至っていれば、
 今頃は草津も長野県だったかもしれません。
 残念だったなあ・・・
 
<< 『つつじ亭』 2016年4月 春の妖精 ~カタクリ と ヒメ... >>