松島へ(2015年10月) ~散策・その2~

<10月10日>

<松島島巡り観光船>

 松島に到着後、瑞巌寺参道から円通院を見てまわりましたが、時間はまだたっぷりあります。
 久しぶりついでに 松島島巡り観光船 に乗ることにします。
d0264892_2340836.jpg


 予約不要で手軽に乗れる 仁王丸コース。 (地図の赤い航路) 湾内を約50分で一周して戻ってきます。
d0264892_2337257.jpg

d0264892_23414850.jpg船の上にウミネコがとまって待機していますが・・・

かつて人気だったウミネコの餌やりは、環境保全のため現在は禁止されています。

船内では、餌のかっぱえびせんはもう販売していません。

鳥のフン害はかなりひどかったようですし、
船内に流れる島の案内放送もそっちのけでしたから、
良いことです。

でも、ちょっぴりつまらない・・・

d0264892_23475125.jpgd0264892_23481149.jpg
それでも追いかけてくるものや、船のポールにとまって動かないものも。


d0264892_0215138.jpgなかには手持ちのお菓子などをやる観光客がいるのかもしれません。

あきらめずに船に併走しています。

d0264892_0205423.jpgこのあとカメラを差し出していた私の指を噛んでいきました。 
えびせんを持っているように見えたみたいです。

ウミネコがあまり群れていると、係りの方が見回りに来ます。

ある程度沖に来るとウミネコもいなくなって、島のガイド放送にも身が入るというものです。

d0264892_23575542.jpg
鐘島。

d0264892_23585644.jpg
小藻根島。

島ノ端にあった「長命穴」という穴は
津波で崩壊してしまったそうです。

d0264892_02663.jpg
仁王島。

津波で壊れはしませんでしたが、
様々な漂流物に覆われている写真が船内にありました。

d0264892_07421.jpg
小さな島の松が全て枯れていました。
津波を被ったのでしょう。

点在するこれらの島々にぶつかって、津波は威力をそがれ、
松島の被害は、周辺ほど酷くはなかったと聞きました。

d0264892_024399.jpg
牡蠣筏も復活しています。

d0264892_025522.jpg
双子島。

湾内入り口に戻ってきました。

なんだか前より運行距離が長くなったような気が・・・(気のせいかもしれませんが) なかなか楽しい島巡りでした。

d0264892_0295857.jpg
次の乗船客が並んで待っています。
今日は終日にぎわうことでしょう。


<観瀾亭>

d0264892_0375885.jpgd0264892_0382392.jpg
船を降り、左手に歩くと、「観瀾亭」 の提灯が目に入りました。 抹茶がいただけるようなので寄ってみます。
d0264892_041241.jpgd0264892_0414771.jpg
伊達正宗が秀吉から拝領し、かつて伏見城にあった茶室で、江戸藩邸にあったものを二代藩主忠宗公が松島に移築したものです。
d0264892_0453256.jpg
縁側の席でお菓子と抹茶がいただけます。(600円くらいから)

d0264892_047340.jpg
お茶をいただきながら見ていると、観光船が連なって出航していきました。

<五大堂>

d0264892_057142.jpg


d0264892_0583936.jpgd0264892_059797.jpg
「観瀾亭」下の遊歩道をひとまわりし、

d0264892_132274.jpg
広場に戻ります。

d0264892_15557.jpg
さっき船から 「五大堂」 が見えていました。


d0264892_19050.jpgまいど立ち寄るので、今回はいいか、と言いながら、
やっぱり寄ってみます。


そろそろ頃合いも良さそうです。
ホテルに向かうことにします。











 
by spring-ephemeral | 2015-10-24 01:15 | おでかけ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/22378681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニャン at 2015-10-24 10:07 x
この夏の北海道の帰りに震災後初めて松島に宿泊しました。
よくここまで復興したなと感じるとともに、津波がここまで来ました。などと聞くと
どれほど怖かったことだろう、、、、と思います。
松島の観光船にも同じコースで乗りました。
そう、カモメのエサやりが出来なくなったことは良い事なのかもしれませんが
船の後を着いてくるカモメを見ていると気の毒な気がして、、、、^^;
松島は、何処に宿泊でしょう?
Commented by shinmama at 2015-10-24 16:21 x
たまたま持っていたかっぱえびせんをやったのは もう20年以上前のことですが
船で販売をしたりしていた時期もあったのですね。
それが 今では 指以外はだめなんですね。

運悪く 松枯れの酷い時期でしたが
今はどうなのでしょう?

なんどかチャンスがありながら それ以来行っていませんが
ブログを拝見して 行って見たくなりました。

Commented by うつきよう at 2015-10-24 17:42 x
ニャン様、

 エサやりが楽しみだったんですけどねぇ。
 自然のためにも、鳥のためにも良いことだとわかっていても、
 必死でついてくるのを見ると、かわいそうになりますよね。
 あんなについてくるということは、こっそりお菓子をあげるお客さんがいるのかもしれませんね。
 松島の、温泉になったホテルに泊まります。
 私だけ行ったことがあるので、ツレアイが気になっているようなので(笑)
Commented by パンジー at 2015-10-25 00:28 x
松島湾の小島の枯れた松の姿に胸打たれました。
あの青々としていた島の姿が遠い昔の事の様です。
一瞬にして長い年月が一掃されてしまうなんて…
月並みですが、またもや自然の美しさと怖さを認識させられました。
かっぱえびせん買わないで、餌やりしてる方の傍でウミネコ?カモメ?の曲芸を満喫。
そうですか、餌やり禁止・かっぱえびせんも販売中止ですか…
確かにその方がいいですよね、でも確かになんだか寂しい…
もう一度、前とは違った気持で、松島島巡りがしたくなりました。
Commented by みやび at 2015-10-25 17:37 x
お写真を拝見していると津波が押し寄せたなんて
微塵も感じられません。
あれから4年あまり経ち観光地は完全に
復興しているように思えますが・・・。

今宵のお宿はどんなところでしょう。
楽しみにしていますね。
Commented by うつきよう at 2015-10-25 23:40 x
shinmama様、

 そうか!shinmama様のかっぱえびせんがヒントだったのか!(笑)
 いつから始まったのかはわかりませんが、
 船内でかっぱえびせんを売っていました。
 少なくとも10年以上の期間でしたよ。
 指を立てていたわけではなかったのですが、
 かっぱえびせんに見えたらしいです(笑)

 津波のせいか、松枯れのせいか、
 松はいたるところで枯れていました。
 海辺は津波の影響が大きい気がしました。

 あまりに定番観光地ですし、
 2度3度ぶらぶらしていますが、
 久しぶりに歩くと、なかなか新鮮な印象でした。

 
Commented by うつきよう at 2015-10-26 00:01 x
パンジー様、

 小さな島は手当のしようがないですものね。
 自然の回復力を待つのみですね。
 最初に行ったとき、船の中でえびせんが売られているのを知らなくて、
 「買い忘れちゃったね」と、指をくわえてウミネコの乱舞を見てました。
 船を降りる段になって、売られているのに気が付いて「しまった!」(笑)
 ところで、私もずっとカモメと思っていたのですが、
 「ウミネコの餌やりは禁止です」と張り紙があって、ウミネコだったのか、と知りました。
 餌やりしたかったので、残念でした。
 見た目に震災の影響はほとんど感じられないのですが、
 気持ちはやはり、以前と違うものがありますね。
Commented by うつきよう at 2015-10-26 00:10 x
みやび様、

 松島は、周りの地域と違い、
 湾内の島々のおかげで壊滅的な被害を免れて
 観光地の中でも復興が早かったようです。
 それでも、瑞巌寺の参道のように、影響が残っていることを思うと、
 いかに大変な災害であったのかを改めて感じました。
 以前と変わらずに、観光客がたくさん訪れるようになって良かったですね。

 松島の温泉も気持ちよかったです。
 頑張ってアップしますね。
<< 松島温泉 『松島一の坊』 松島へ(2015年10月) ~... >>