小豆島の旅 その6 ~八人石~

<9月21日>

『ホテルオリビアン』から、姫路港行きのフェリーが出る福田港までは40~50分くらいのはず。
乗る予定のフェリーは11時40分出航です。 30分くらい前に行けば良いので、気持ち早めの10時にホテルを出ました。

d0264892_23335917.jpg
ホテルを出てすぐの信号が赤で、
停まると、「小豆島大観音」 が目の前でした。
小豆島に来た日、
土庄港に入るときにも見えていました。

d0264892_2336197.jpg
坂を下って海辺に出ると、
あとは左手に海を見ながらひた走ります。

途中、道の駅 『大阪城残石記念公園』 に寄ろうと思っていたのですが、
例によって、
道路標識があると思ったら、もうそこで、
「あ!」 と言いながら通り過ぎてしまいました。

d0264892_23394867.jpgd0264892_2340235.jpgd0264892_23402086.jpgd0264892_23404148.jpgd0264892_2341396.jpgd0264892_23412266.jpg

d0264892_23465335.jpg
道々車も少なく、快調に飛ばして、福田港には10時半には着いてしまいました。 
少々早すぎるので、いったん通り過ぎ、距離にして8キロ、時間にして10分ほど行ったところにある 『八人石』 を見てくることにしました。

<史跡 『八人石』>
小豆島は、昔から良質の花崗岩の産地で、今も石材業が盛んです。 特に、ホテルから福田港に向かう島の北側には、大々的に削られた山肌があちらこちらに見られました。

大阪城築城の折にも、小豆島から石が切れ出され、運ばれていて、 通り過ぎてしまった 『大阪城残石記念公園』 には、積み出されずに放置されたままの石が残されているそうです。(それを見たかったのですが・・・残念)

大阪城築城の際の石切り場「丁場」跡は何か所か史跡になっていますが、 『八人石』 もそのひとつです。 国道436号線沿いにあります。
石を割ろうとしていたときに、突然割れたため、一度に八人の石工が下敷きになって犠牲になったと伝えられ、その割れ残った半分の石が残されています。

d0264892_05242.jpg
ここも、道路標識はありません。 「あ、ここだ」 と通り過ぎ、先でUターンしてきました。 道の脇がポケットパークのようになっていますが、なにも記されていませんでした。

d0264892_075413.jpg
反対側の道路脇には、こんなに立派な石碑があります。

d0264892_095820.jpgd0264892_010156.jpg

d0264892_0111375.jpg林の中の遊歩道沿いには、こんな残石がごろごろしているらしいのですが、 長居もできないので、国道を少し先まで歩いて、直接『八人石』に行きます。

d0264892_0132897.jpg
あれだ。

d0264892_0171183.jpg


d0264892_017267.jpg


d0264892_0174918.jpg


d0264892_018639.jpg

d0264892_0182265.jpg

国道脇にありながら、私たちのほかにはだれもいませんでした。 今は静かなこの場所がさぞ騒然としたことだろうと、往時に思いを馳せ、ひとまわりして戻りました。 


d0264892_0284191.jpg来た道を戻って、

d0264892_0294856.jpg福田港へ。



ヴィッツの長さを確認してもらって、
差額の払い戻しの証明をもらいます。
1600円くらい戻ります。

d0264892_0303636.jpg港からも、古い丁場らしい山肌が見えます。


d0264892_0365821.jpg定時出航。


d0264892_0374457.jpg小豆島が遠ざかっていきます。
薄曇りで日ざしも和らいでいたので、ずっとデッキにいました。


d0264892_0391956.jpgすっかり遠くなりました。

「小豆島良かったね。」
「良かったなあ。」

見そびれたところ、
行かれなかったところ、
見どころスポットが残っています。
いつかまた訪れる機会がありますように。

d0264892_0441482.jpg船内で軽くうどん。
こしがあって、美味しいうどんでした。

d0264892_0453346.jpg姫路港まで1時間40分。
そろそろ入港です。

赤穂温泉に泊まり、明日帰ります。
by spring-ephemeral | 2015-10-10 00:57 | おでかけ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/22295064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by パンジー at 2015-10-10 10:00 x
しつこいようですが、『二十四の瞳』とオリーヴだけではないのですね。
そうそう何かで小豆島の石の話を聞いたような…
うつきようさんが見逃した『大阪城残石』見たくなります。
ムムムムム… 悪い虫が… (笑)
Commented by ニャン at 2015-10-10 14:19 x
「何時か行きたいね」「何時か行こうね」・・・
何度もそういいながら未だに活けていない小豆島。
うつきよう様のお蔭で見所も沢山あると知り、
「行きたいね」ではなく「行こう!!」という木になりました。^^
ノミの跡が残る「八人石」も見てみたいです。
小豆島では最低二泊はしないといけない事も知りましたし
とても参考になりました。ありがとうございました。^^
Commented by よし坊 at 2015-10-12 13:48 x
大きい石ですね。そしてノミの後も風化しないで生々しく残って居るんですね。
小豆島を去るに付いて〆は素麺でなくて うどん だったんですね。美味しそうなオキツネさん、甘口のオキツネさんが大好きですが写真からは甘く無さそうですね。
Commented by うつきよう at 2015-10-12 21:38 x
パンジー様、

 そうなんです・・・
 見逃しました・・・
 とにかく車を飛ばしてしまうツレアイのおかげで、
 小豆島に限らず、いろいろなところでいくつすっ飛ばされたことか!
 とくに小豆島は標識が少ないので、失敗しました。
 こうなればパンジー様に見せていただくのを待つよりほかに手はないかも。
 そのときはよろしくです(笑)
Commented by うつきよう at 2015-10-12 21:54 x
ニャン様、

 ひとつひとつ規模は小さいのですが、
 思いのほか見どころが点在している小豆島でした。
 どうしてもアクセスに時間が必要なので、
 島での滞在時間を考えると最低2泊はあった方が良いと思います。
 正直なところ、私も高をくくっていたところがあって、
 これほどいろいろ興味深い場所があるとは思っていなかったので、
 雑な回り方になったと反省しています。
 少しでも参考にしていただければ嬉しいです。
Commented by うつきよう at 2015-10-12 22:06 x
よし坊様、

 ノミの跡も、いずれは薄くなっていくのでしょうけれど、
 まだはっきりそれとわかるほど残っているので、生々しかったです。
 小豆島は「うどん」に周りを囲まれているみたいで、
 島の外では「うどん」でした(笑)
 そうですね、オキツネさんはいい味でしたが、たぶんよし坊様お好みの甘さではなかったような気がします。
<< 赤穂温泉 『潮彩 きらら祥吉』... 小豆島の宿 その2 『リゾート... >>