小豆島の旅 その2 『池田の桟敷』 と 『オリーブ園』

池田の桟敷

土庄港から車で20分ほど。 池田というところにある 『池田の桟敷』 を見ていきます。
特に案内板とか標識とかが出ているわけではないので、通り過ぎてしまい、先の道の駅でUターンしてきました。
d0264892_2355537.jpg

d0264892_23561635.jpg
自然の地形を利用し、石垣を積んで桟敷ができています。 国の有形民俗文化財です。
長さ80メートル、高さ18メートル。 6~7段の階段状になっています。 亀山八幡宮のお祭りの出し物を見物するために、江戸後期に作られたのではないかといわれ、
実際に今でも亀山八幡宮の例大祭には、みなさんがこの桟敷で見物なさるそうです。
d0264892_032379.jpg



小豆島オリーブ園

池田の桟敷』 から10分ちょっとのところに、『小豆島オリーブ園』 があります。

d0264892_011424.jpg
小豆島といえばオリーブ。 オリーブの木を見るのは初めてです。
d0264892_0122145.jpg
石段を上って・・・
d0264892_0134997.jpg

d0264892_016697.jpg
d0264892_0154766.jpg
オリーブの森へ。


d0264892_0143918.jpg実がなっています。

この先に、産業用では日本最古と言われるオリーブの原木があります。
d0264892_022475.jpg

d0264892_0222669.jpg


原木のオリーブは『ミッション』という品種でしたが、ほかの品種も。
d0264892_026221.jpgd0264892_0264246.jpg


d0264892_0273356.jpg
オリーブの木々の向こうに海が見えます。

d0264892_0281512.jpg
さらに先に歩いていくと、ギリシャ風車がありました。

d0264892_0295045.jpg
青い空に似合っています。

d0264892_034777.jpg
オリーブとみかんと海。
d0264892_0371668.jpg
左側で実を砕き、右側でオリーブオイルを絞ります。
d0264892_0401913.jpg
締めくくりに、オリーブソフトクリーム。 細かく砕かれたオリーブの葉が練り込まれています。 淡い緑色です。 特段の香りがあるわけではありません。 普通のソフトクリームより気持ちあっさりしているかなあ・・・ 
美味しく食べて、宿に向かいます。

宿は、坂手港近く、マルキン醤油の「醤油蔵通り」の奥にある 『島宿 真理』 。 今回とても楽しみにしている宿です。
by spring-ephemeral | 2015-09-24 01:14 | おでかけ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/22215770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2015-09-24 08:05 x
池田の桟敷ですか〜行かなかったな〜。飛鳥のオプションも随分手抜きですね。

思い出しました、風車が有りましたね。
Commented by パンジー at 2015-09-24 08:29 x
未踏の地、小豆島、早速( ..)φメモメモです。
池田の桟敷、いいですねぇ~、わざわざお祭り見るためにとは…
土地柄が解る気がしてきます。
オリーブソフトも気になりますが、やはり醤油ソフトが…
角館・銚子・小豆島マルキンさん、三大?醤油ソフト制覇ですか?
これまた羨ましい❤
Commented by みやび at 2015-09-24 17:14 x
屋外でオリーブを搾るのですね。
バージンオリーブオイル、買われましたか。

スペインで買ったバージンオリーブオイル愛用しています。
オリーブソフト、食べてみたいです。
Commented by ニャン at 2015-09-24 20:56 x
ギリシャ風車と青い空が本当に美しい良く似合いますね。
オリーブのソフトクリームに醤油ソフト。
どちらも食べてみたいです。
「島宿 真理」は、是非泊まってみたい宿の一件です。
楽しみです。
Commented by うつきよう at 2015-09-24 22:59 x
よし坊様、

 小豆島は欲が無いというか、
 よく知られている観光地の他は、道に案内ひとつありません。
 『池田の桟敷』も、桟敷の前でさえなにも書いてなくて、一度は通り過ぎてしまいました。
 たったこれだけのものですが、
 オプションも近くまで行ったのですから、ちょっと寄ってくださっても良かったですのにね。
Commented by うつきよう at 2015-09-24 23:11 x
パンジー様、

 江戸のころからこの桟敷でお祭りを見ていたというのですから、
 島の人たちは江戸のころと変わらない時の流れの中で暮らしておられるのかもしれませんね。
 
 お醤油はソフトクリームに合うんですね。
 北に、東に、西に、とそれぞれ離れた場所ですのに、
 同じ発想のソフトがあるのですものね。
 中でも発祥の地は角館でしょうか。
 
Commented by うつきよう at 2015-09-24 23:16 x
みやび様、

 すみません、私の書き方が足りませんでしたね。
 オリーブの油しぼりは、
 機械の展示だけで、実際には動いていませんでした。

 はい、宿のショップで、
 ちょっと奮発してバージンオリーブオイルを買いました。
 使い心地、とっても良いです!
Commented by うつきよう at 2015-09-24 23:29 x
ニャン様、

 わあ、『島宿 真理』さん、ご存じだったんですね。
 私は去年の末あたりに初めて知って、
 それが、小豆島に来ようと思う、決断のきっかけになりました。
 ブログアップに力が入る宿のひとつでした。
<< 小豆島の宿 その1 『島宿 真... 小豆島の旅 その1 小豆島へ >>