予期せぬ出費

<7月20日>

 山形旅行の最終日、
 『天童荘』から順調に山形駅に戻ってきたのですが、
 ここで問題発生。

 借りた車に疵がついていたのです。

 おそらく加茂水族館の駐車場で、車を停めたときだと思います。
 端の、入れにくい場所だったので、
 ツレアイがバックで入れ直そうとして、一度少し前に出たのですが、
 そのとき、前に、石の車止めがあるのに気付かず、バンパーの左端をこすってしまったらしいのです。
 勢いよくぶつけたわけではなかったので、衝撃もなく、エアコンもついていたので音も気づきませんでしたが、
 広範囲ではないのですが、青い塗装が削れて、下地が出てしまっていました。

 レンタカーは、レンタカー会社で保険に入っています。
 自家用車でも同じですが、
 保険で賄うためには、どんな場合でも、事故証明をとらなければなりません。
 すなわち、その場で警察に来てもらって、現場検証が必要なわけです。
 我が家の場合、その場では気づかなかったので、事故証明はありません。

 事故証明がないと、保険が使えませんから、
 その場合、自走できれば2万円、自走できなければ5万円払わなければなりません。
 我が家は結局、2万円を支払うことに。
 あ~あ、 最後に予期せぬ出費になりました。

 そんな訳で、車の返却に時間がかかってしまいました。
 おまけに、改札で切符を通そうとしたら、機械に詰まってしまい、駅員さんの手を煩わせることに。
 お昼をゆっくり食べている時間がなくなったので、
 新幹線のホームで立ち食いのお蕎麦です。

d0264892_052987.jpg私は 冷やしおろし蕎麦。
その場で大根をおろして入れてくれて、
思いのほか美味しいお蕎麦でした。

ツレアイはかき揚げ蕎麦。
新幹線が来るまで10分足らず。
「熱い、暑い」

だから、冷たいのにすればよかったのに。


d0264892_0102553.jpg

ふう、間に合った。
来るときは 紅花 でしたが、帰りは 桜にふきのとう の車両デザインでした。

 
 

 
 
 

 
 
by spring-ephemeral | 2015-08-07 00:18 | おでかけ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/22003391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2015-08-07 08:49 x
アレレ、、、なんとまあ。やっかいな事に成ってしまいましたね。車で良かっただすよ、身体の何処かより。

天童荘 どうなる事かと読み進む内に食事の豪華さで全て許す事に成りホッとしました。
僕は老眼が進んで視力が衰えましたが明るさがとても必要になり暗いのは困るんですよ。
ヨーロッパのホテルは暗いんですよ、、
Commented by みやび at 2015-08-07 16:02 x
うわあ~、大変なことになってしまいましたね。
でもお体に何もなくて良かったですね。

私もレンタカーを借りることがあるので他人事ではありません。
以前、福井県の高速道路で小猿が飛び出してきてぶつかり凄い音がしました。
一瞬、何が起きたか分かりませんでしたがバックミラーで確認。
駐車して車を見るわけにも行かず高速を降りてすぐ異常がないか
調べて傷などなかったのですが小猿を跳ねたショックは
しばらく薄れませんでした。

くらげの水族館、ユニークで良いですね。
拝見して暑さを忘れました。(*^-^*)
Commented by うつきよう at 2015-08-08 15:46 x
よし坊様、
 
 どんな些細な事故でも、擦ったのが人様でなくて、良かったです。

 古くからの宿にありがちですが、
 暗いんですよね~。
 目は慣れますけどね。
 あんまり明るくすると、風情も無くなるかもしれませんが、
 私も老眼がきてますから、明るいほうがありがたいです。
 でも、お料理良くて、印象まで良くなりました。
 我ながら、全くもって現金なものです(笑)
Commented by うつきよう at 2015-08-08 16:04 x
みやび様、


 えぇ~!
 それはショックでしたでしょうね! 
 想像しただけで心臓がドキドキして震えます。
 しかも高速でなんて、一歩間違えば大変なことになりますものね。
 動物の飛び出しは予期できないので怖いですね。
 たまたまツレアイが運転していましたが、
 私が、ということだってあり得ると思って、
 あまり強く文句も言えませんでした(笑)
 クラゲは宇宙空間に漂っているみたいで、
 不思議な世界でした。
<< 雨上がりに咲く高原の花 天童温泉 『天童荘』 >>