加茂水族館 ~クラゲドリーム館~

 山形県鶴岡市立加茂水族館は、
 世界でも珍しい、クラゲを主たる展示物としている水族館です。

 北海道の旭山動物園が、動物の行動展示で起死回生を果たしたように、
 加茂水族館にもドラマがありました。

      目玉となる魚もおらず、
      客足も遠のき、
      潰れる寸前、
      いよいよ閉館か、
      と諦めかけた館長が、
      とある水槽の前にだけはいつも客がいることに気付いた。
      そのサンゴの水槽には、偶然発生したクラゲがいて、客はそのクラゲを見ていたのだ。 
      そのことをきっかけにクラゲに着目し、
      次第に種類を増やしていくにつれて、客足も回復。
      昨年(2014年)にはリニューアルオープンし、
      今では50種類ほどのクラゲを展示していて、
      年間80万人を超す来館者があるという、人気水族館になった。

 機会があったら行ってみたいと思っていましたが、
 今回その機会が訪れました。

d0264892_09954.jpg鷹の巣温泉を10時に出て、
途中食事をしながら、12時半前に到着。

駐車場は一杯で、奥に、奥に誘導され、
水族館から300mくらい離れました。
これでも近い方。

さらにこの倍くらい奥まで駐車スペースが延びています。
もっと離れた場所には
第2、第3の駐車場があり、シャトルバスが出ています。

d0264892_0164024.jpg
大きな建物で、全体が写りません。

まばらな人に見えますが、
中は押すな押すなの盛況ぶりです。

d0264892_023925.jpg入り口を入ってすぐは、
淡水魚や、地元庄内の海の魚など、
普通の水族館の展示があります。

上手く写っていませんが、写真はサケの稚魚の群れ。

大型水槽があるわけではありませんが、きれいな水に、魚が生き生きと泳いでいます。
お目当てはクラゲですので、ささっと眺めながら先を急ぎます。

いよいよクラゲのコーナーにやってきましたが、やっぱり人が多い。
ゆっくりではありますが、まるでベルトコンベアーに乗っているように、立ち止まらずに進みます。
写真撮影はできますが、混雑時は立ち止まっての撮影はできません。
水槽が暗いので、コンデジのISOを3200に上げ、f値最少、フラッシュは焚かずに撮りました。
ほとんで全種類カバーしましたが、歩きながらなので、ピンボケ写真ばかり。
比較的鮮明なものを載せます。
名札も撮ればよかったのですが、余裕なく、名前がわかるのはわずかです。

d0264892_0415492.jpg

d0264892_0421235.jpg

d0264892_0423195.jpg


d0264892_0425196.jpgスナイロクラゲ。

d0264892_04384.jpg


d0264892_0432926.jpgハナガサクラゲ。

d0264892_23414012.jpg

d0264892_0443814.jpgボケてますが、発光しているオワンクラゲ。
d0264892_0475940.jpg


d0264892_0482339.jpgカブトクラゲ。

d0264892_0485268.jpg


d0264892_0491351.jpgd0264892_0493364.jpg
ミズクラゲをライトアップしています。

クラゲコーナーの最後は、最大の呼び物、直径5メートルの水槽の中でゆらゆら泳ぐ、ミズクラゲの群れ。
d0264892_9492374.jpg

d0264892_9494977.jpg

圧巻でした。
水槽の前には椅子席が設けられていて、自由に好きなだけ座って見ていられます。

クラゲは小さかったり、可愛かったり、
七色に発行する筋があったり、様々ですが、
中にはグロテスクに見えるものや、不気味に見えるものもあります。

混雑していなければ、
気に入ったクラゲの水槽の前でじっと佇む人もいると聞きます。

何度も訪れる方もいらっしゃれば、
一度でいいわ、という方も、もちろんおいでのようです。
私は、興味深く、面白く、見てまわりました。
もしなにかの機会があれば、もう一度来ても良いと思います。
その時は人ができるだけ少ないであろう日時を選び、自分のペースで楽しみたいものです。

アシカのショーが始まる時間が迫っていましたが、
見ていたら遅くなりそうなので、パス。

出口近くには、アシカやアザラシの水槽があります。
アシカの泳ぐのは早い! まともな写真はついに撮れませんでした。
d0264892_0575410.jpg

d0264892_058986.jpg


レストランでクラゲラーメンや、クラゲアイスを食べたいと思っていましたが、
おそらく相当混んでいるだろうと想像がつきますので、省略。

入るときは横から入ってしまったので、帰りは正面から。
d0264892_059846.jpg


加茂水族館、小さいながら、中身は充実していました。
人気はまだまだ衰えないでしょう。





 

 
by spring-ephemeral | 2015-07-31 00:11 | おでかけ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/21985343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by パンジー at 2015-07-31 13:03 x
気になる水族館です。
新聞かなにかで知って、「行きたぁ~い!」も叫んだ記憶があります(笑)
でももっとゆっくりのんびり拝見できるかと思ってました。
恐るべし人気‼ ちょっとの工夫が超人気を呼ぶんですね。
遠いけどblog拝見し、「気になる」パワーがアップした水族館です。
Commented by よし坊 at 2015-07-31 13:27 x
イヤ〜良いですね。
写真を見ているだけでも癒されますから本物を見ていたら体中の疲れが取れて頭がスッキリする事間違いないですね。
Commented by うつきよう at 2015-08-02 00:27 x
パンジー様、

 人気がうなぎ上りのようで、
 どこから集まったんだろう?というくらい、車、車、人、人。
 でも、水族館の傍らに、水族館じゃなくて海に遊びに来た人もいるあたりが、どことなくのんびり。
 クラゲだけで(一応他の魚もいますけど)これほどのお客さんを呼べるのですから、
 ほんとうに目の付け所と、工夫の賜物ですね。 
 こんなにいろいろなクラゲを見るのは驚きでした。
 面白かったです。 
Commented by うつきよう at 2015-08-02 00:34 x
よし坊様、

 ゆらゆらしているだけなんですけど、
 そこがいいのかもしれませんね。
 宇宙空間を漂っているような、不思議な感覚になりました。
 人が少なかったら、もっと長居をしてしまっただろうと思います。
 想像の火星人、みたいなクラゲもいましたけどね(笑)
<< 天童へ 目指すはクラゲ >>