沖縄の旅 9 琉球村

<5月5日>

 ホテルをチェックアウトし、万座毛に寄ったあとは 『琉球村』 に行きます。

 『琉球村』は9軒の伝統的家屋が移築され、昔ながらの沖縄の風情が再現されている、テーマパークです。

d0264892_10172981.jpg
どこへ行っても、
「わ」ナンバー、すなわちレンタカーがずらりと並んでいる沖縄の観光地ですが、
ここは、「わ」ナンバー以外の沖縄ナンバーも多く見られたので、
地元でも人気らしいとわかりました。

d0264892_10201168.jpg
ここも、クーポンを使えるので、券売所で入場券と引き換え、さあ、行こうとすると・・・
d0264892_10221583.jpgd0264892_10223131.jpg
鳴り物とともに、王様ご一行がご入場です。
d0264892_1024289.jpg
d0264892_10241890.jpg
後をついて行きましたが、大網を見ているうちに、ご一行は村内に入って行ってしまいました。
d0264892_1026592.jpg

d0264892_10261956.jpg

d0264892_10264010.jpg
村内の道すがらも、雰囲気がうまく再現されていて、人工の村とは思えません。
d0264892_1028174.jpg

d0264892_10284033.jpg
池の前の広場で、「道ジュネー」が行われていました。 王様の御前で、踊りが披露されています。
d0264892_10321632.jpgd0264892_10323279.jpg
沖縄の年中行事をアレンジしてあるそうです。 観客の皆さんが集まっている間に、静かな村内を散策すべく、その場を離れます。
d0264892_10354519.jpg

d0264892_1036734.jpg

d0264892_10363159.jpg

d0264892_10425684.jpgd0264892_10431468.jpg
d0264892_10442348.jpg

d0264892_10444832.jpg
広場では獅子が愛嬌をふりまき、玉を上手にキャッチして喝采を浴びています。
d0264892_1048419.jpg

d0264892_10491432.jpgd0264892_10492519.jpg

村内では機織りを体験できたりもしています。
d0264892_10503864.jpg

d0264892_10505731.jpg

お目当ての旧大城家がこの先にあります。
d0264892_10514946.jpg

d0264892_10521340.jpg

ここでは、お休み処クーポンで ぽーぽーとオリジナル薬草茶 がいただけます。
d0264892_1054939.jpg

d0264892_1054268.jpg

d0264892_10544516.jpg
沖縄の家に見られる石の衝立のような建築物は 「ヒンプン」 というそうです。
 ひとつには、沖縄は、台風の通り道といわれますが、強い風を左右に逃がして、風の威力を弱めるため、
 また、沖縄の家には玄関がなく、特に夏は戸を開け放って過ごすので、通りから家の中が直接見えないように、目隠しのため、置かれているのだそうです。

 家の中から表を見遣りながら、沖縄の暮らしに吹く風を感じた一時でした。

 大城家を出ると、村の出口は近いです。
d0264892_1131350.jpg

d0264892_114923.jpg
陶芸工房の中はシーサーがいっぱい。
大小も様々。
値段も様々ですが、
立派なシーサーは高くてびっくり。

d0264892_1162848.jpg
水牛がサトウキビを挽く石を回しています。
お客さんの記念写真に
ちゃんとカメラ目線で収まっていました。

d0264892_1192856.jpg
流神溝は水道のようなものでしょうか。


9軒すべての家屋は見てまわりませんでしたが、コンパクトに沖縄の昔ながらの雰囲気を楽しみました。
by spring-ephemeral | 2015-05-22 01:09 | おでかけ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/21805382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 沖縄の旅 10 座喜味城跡 沖縄の宿 2 『SPA RES... >>