沖縄の宿 1 『 ホテルオリオンモトブリゾート&スパ ~クラブウィング~ 』 その1

沖縄滞在5月2日、3日は 『ホテルオリオンモトブリゾート&スパ』 に宿泊します。

<5月2日>
沖縄に到着してから、ちょっと頑張って古宇利島を回ってきたので、ホテルに着いたときは5時をまわっていました。
d0264892_1462262.jpg

正面エントランスからメインロビーに一歩足を踏み入れると、傾いた太陽が伊江島の西端から射しこんでいて、
思わず感嘆の声が漏れました。

このロビーの左側が オーシャンウィング 。 右側に、これから宿泊する クラブウィング の専用レセプションがあります。

d0264892_14133165.jpgd0264892_14135516.jpg
d0264892_14163668.jpg


ツレアイが専用駐車場に車を入れている間に、
ひと足先にサンピン茶をいただいています。

この 『ホテルオリオンモトブリゾート&スパ』 は、昨年(2014年)7月にニューオープンしたばかり、まだ一年経っていない新しいホテルです。
どこもかしこも新しく、まだ新築の匂いがしていました。

新築だったのはたまたまでしたが、選んだ理由は主に二つ。
ひとつは、 『美ら海水族館』にほぼ隣接している という地の利の良さ。
もうひとつは、ここには天然自家源泉かけ流しの温泉大浴場がある ということ。

さらにクラブウィングに宿泊すると、滞在期間中、何度でも無料で大浴場が利用できます。
温泉に目が無い我が家にはとても魅力的でした。

さて、ツレアイもきました。 様々な説明を聞きながらチェックインをすませ、部屋に案内してもらいます。

d0264892_14442722.jpg
部屋はクラブウィングで一番部屋数が多い、スタンダードなジュニアスイートです。
d0264892_1521347.jpg
鏡の後ろ側が洗面、トイレ、バスルームになっています。

d0264892_158543.jpgd0264892_15101597.jpgd0264892_15103839.jpgオレンジ色のケースには3段のチョコレート。

d0264892_1513114.jpgd0264892_15133643.jpg
冷蔵庫内ばかりでなく、
ミニバー(写真無し)も、すべて無料。

d0264892_1515193.jpgd0264892_1515188.jpg
バスルームも水回りも広々です。
(温泉給湯ではありません)

d0264892_15251528.jpgd0264892_15253388.jpg
日はますます西に傾いて、テラスで日の入りを見ていたい気分になりますが、
到着時間が遅かったため、レストランの予約が6時しかとれず、もう食事に行かなければならない時間です。

ターンオーバーのサービスもありますが、トランクの整理もできないままなので、今日は無しでお願いしました。

<夕食>
d0264892_2363569.jpg6時から席の予約がとれたのは、沖縄の味を楽しめる居酒屋「嘉列(かりー)」

d0264892_2312945.jpgd0264892_23195549.jpgd0264892_23201391.jpg
まずは、沖縄といえば「オリオンビール」。 その後、ツレアイは泡盛「甕仕込み」、私はグラスワイン。

d0264892_23141029.jpgd0264892_23144142.jpgd0264892_23151425.jpg
左から : もずく、 海ぶどう、 島たこの湯引き、 青パパイヤの春巻き

d0264892_23233162.jpgd0264892_23235483.jpgd0264892_23241321.jpg
左から : もずくと野菜の天ぷら、 豚ソーキの味噌煮込み、 ゴーヤちゃんぷるー、

d0264892_23313992.jpgd0264892_233231.jpgd0264892_23322647.jpg
左から : 骨なしチマグーのかりかり焼き、 近海魚のマース煮、 ソーミンちゃんぷるー
定番沖縄料理いろいろ、どれも美味しくいただきました。 

ジュラ紀温泉 「美ら海の湯」>

夕食も済ませ、やっと温泉に浸かれます。
大浴場「美ら海の湯」は、初めに書いたように、
クラブウィングの宿泊者は滞在期間中、いつでも、何度でも、無料で利用できますが、
オーシャンウィング宿泊者は一回1500円(入湯税別)、
外来は一回2000円(入湯税別)かかります。

大浴場はオーシャンウィングにあります。
d0264892_23485328.jpgd0264892_23492998.jpgクラブウィングの通路を進み、連絡通路の突き当りにオーシャンウィングへのドアがあります。
オーシャンウィング側からクラブウィング側へ入るにはカードキーが必要です。 
エレベーターや、フロア入り口など、カードキーが数か所必要で、セキュリティは万全です。

本土の温泉と違い、沖縄の温泉は火山由来ではありません。
ジュラ紀温泉 「美ら海の湯」も、「化石海水」の温泉で、2億年以上前の地層から湧き出ています。 (撮影禁止ですので、写真はHPからお借りしました) 
d0264892_071745.jpg

高張性中性低温泉。 薄い褐色の濁り湯です。
内湯(写真)と露天風呂が並んであり、ガラス越しですが、ビーチや伊江島を眺めながらゆっくり過ごせます。

沖縄一日目が終わりました。
明日の天気が心配ですが、そうひどくはならなさそうです。

※ 順序としては間に観光がはいるのですが、まずはホテル滞在記をまとめてアップしようと思っています。
   
    
   
 
by spring-ephemeral | 2015-05-10 00:59 | お宿記 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/21775012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニャン at 2015-05-10 17:26 x
温泉施設があるホテルと聞きラマダルネッサンスしか思い浮かびませんでした。
新しいホテルがオープンしたんですね。
伊江島にエメラルドグリーンの海、ビーチ最高の眺めですね。
水族館に行った時、伊江島の眺め美しいと長い時間ビーチでみていました。
うーん夕景をゆっくり眺めたくなりますね。
沖縄独特のお料理の数々…私も食べたくなりました。(^.^)
Commented by うつきよう at 2015-05-10 23:39 x
ニャン様、

 お出かけ先から、ありがとうございます。

 このホテル、エメラルドビーチの真ん前。
 ロケーション、とっても良いです。
 温泉に浸かったあと、
 テラスで風に吹かれながら、
 伊江島と海を眺めるのが気持ちよかったです。
 レストランスタッフも、感じ良くて、
 お料理も上手に勧めてくれました。
 上々のすべり出し、といったところでしょうか。 
Commented by よし坊 at 2015-05-11 14:52 x
オーシャンタワー成るものがで来たんですか?ほんの一寸行かないと大きく変わってしまいますね。

橋の上から釣りをしている人が居ませんでしたか?何故かそれが印象に残っています。


ウ〜ン、素晴らしいホテルにお泊まりですね。で、ハタと気がついたのは沖縄のホテルは○金○ビ と一つホテルで全く違う居住スペースに成って居るんですね。ブセナテラスを思い出しました。
それにしても部屋が広い!そして食事付きですか?美味しそう!!!
2月に沖縄に行こうか迷ってハワイにしたのですが行きたくなりました。
Commented by うつきよう at 2015-05-11 15:52 x
よし坊様、

 ほんとうに、変化が大きいですね。
 よし坊様やニャン様のブログで「予習」していったのですが、
 きっと他にも変わったところがあるかもしれませんね。
 食事は朝食付きですが、夕食はついていません。
 レストランや食事の内容は、行ってみてからでないとわからないと思っていましたが、
 こちらのホテルに限らず、HPで確認などして、早めに予約しておいたほうが良いとわかりましたが、時すでに遅し・・・
 連休のときでしたから、なおさらでした。
 このあとの観光は、よし坊様の後をちょっと追い掛けています。
 那覇では、琉球料理の店に行きましたので、ご覧になってくださいね。
 といっても、たどり着くまで、時間かかりそうです・・・
 頑張ってアップします。
Commented by うつきよう at 2015-05-11 15:56 x
よし坊様、

 送信ボタンを押してしまいました・・・

 この橋の上にはいませんでしたが、
 他の橋の上で見かけました。
 こどももおとなも、欄干の間から釣竿を伸ばしていて、
 ここで?! とびっくりしながら見送りました(*_*)
 
<< 『ホテルオリオンモトブリゾート... 沖縄の旅 1 古宇利オーシャンタワー >>