栗を今年も買いに小布施へ

<9月27日>

 今年も栗を買いに小布施に行きました。

 いつも同じ頃行くのですが、昨年はまだ早く、その後生育が良くて、2週間後には遅く、タイミングが悪くて生の栗を買えませんでした。
 今年はどうでしょう。

d0264892_2153213.jpg
小布施PAのスマートICを出て、小布施の町へ。

マレットゴルフ場。
たくさんプレーする人がいたのに
写真には写らず。

d0264892_2182759.jpg
『竹風堂』の駐車場に車を入れ、
(30分無料、以後有料ですが、
 『竹風堂』で買い物をすれば金額によって無料)

『竹風堂』前を横断して広場へ。

d0264892_2215750.jpg
栗菓子店が並ぶ一角。
この横に広場があります。

d0264892_224227.jpg
ここでいつも栗を買います。

イガのままの栗も売られています。
d0264892_0574515.jpg



向かい側にあるのが 『枡一客殿』
d0264892_2282039.jpg
『枡一市村酒造場』のホテル。

ここにこんな宿があるの?!
という、驚きのホテルです。

小布施で泊まるという発想にならないので、
我が家の宿泊する機会はないと思いますが、
気になる宿です。



d0264892_2374169.jpg
栗を買って、
来た道を戻ります。


定番、『竹風堂』 の栗餡ソフト。
時期が早いと、ソフトの栗の色がうすいのですが、今日のは濃い。
d0264892_0382915.jpg



今年は良い栗が手に入って、大いに満足したところで、お昼にしましょう。
高速を40分ほど飛ばして、新潟県に入り、新井PCに併設されている道の駅にある『きときと寿司』に向かいます。

d0264892_135727.jpg
ちょうど栗畑の横で信号待ちになりました。


まだたくさん木になっています。 もう一度来ても良さそうです。
d0264892_155215.jpg



小布施PCのスマートICから、新井をめざします。


d0264892_0454374.jpg
天気は最高。
青空が広がります。
黒姫もきれい。

d0264892_0464799.jpg
あら、妙高は山頂が雲に隠れています。

d0264892_0482020.jpg
県境を越えれば、海まで下り。
遠く、直江津方面の街が見えています。

d0264892_0494353.jpg
さて、『きときと寿司』に到着。

d0264892_0523730.jpg
おや? 看板がこんなところに。
屋根に合ったはずですが。

長野に回転すしがまだ多くなかった頃、
わざわざここまで車を飛ばしてくる人が少なくありませんでした。

ネタも良く、いつも順番待ちの人が並んでいますが、
まだ開店間もない時間で、
待たずに席に着けました。


栗も買え、ドライブも楽しめ、おいしいお寿司も食べ、良い日になりました。

d0264892_1121385.jpg
今年の栗。

夏の天候不順が影響して、
いつもの年より、若干小さ目ですが、
良い栗です。

d0264892_1134690.jpg
これを茹でたり、
ブロ友さんに教えてもらって、蒸したり、
いずれも美味しいのですが、
5Lサイズとなると、時間がかかります。

そこで、我が家では圧力なべで一気に茹で上げることにしました。
この場合のコツは、蒸らし。
これで、水分とうまみが栗に戻って、
もっちり、こっくり、美味しく仕上がります。


皮をむいて丸ごと食べるもよし。
面倒ならば、半分に切って、スプーンですくって食べるもよし。
しばらく秋の甘さを楽しみます。
d0264892_1233389.jpg

by spring-ephemeral | 2014-10-07 01:27 | おでかけ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/21181432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2014-10-07 10:40 x
最近は栗がとても好きになりました。ホクホク感と言い甘さと言い品の良さと言い。
実は貧乏な家育ちでしたからおせち料理には芋キントンが入って居ました。子供の頃からそれを食べて居ましたので栗きんとんを初めて食べた時美味くないと思ったのです。
妻は栗が大好きですから当然栗きんとんや栗御飯。すっかり感化されて今では僕もくり大好きというわけです。
良い栗が手に入る場所にお住まいのよう様が羨ましいです。
Commented by パンジー at 2014-10-07 13:56 x
美味しそう❢  松茸に栗に、秋テンコ盛りですね。
知り合いの庭の壁向こうにたわわの栗がなってるんです。
漸く毬が茶色くなってきたかと思いきや、先日はじけてました。
知り合いが栗をGetする日はもう近い… 我家まで回ってくるかしら?
できる事なら、渋皮煮でもマロングラッセでもいいのですが…
とにかく皮剥くのが大変ですものね、食べるの大好きですが…(笑)
Commented by shinmama at 2014-10-07 20:18 x
東京のスーパーでは小粒の栗ばかりでしたが
やっと大きい栗が出始めたので、買って渋皮煮を作ろうとしたら見事に指を切ってしまいました。

鬼皮をむくハサミが手元にないので、
蒸せばよかった 茹でればよかったと後悔しています。
Commented by うつきよう at 2014-10-07 23:37 x
 よし坊様、

 小布施の栗ようかんが栗だけでできているということは、今では良く知られていますが、
 「栗ようかんだというから買ってきたのに、栗が入っていないじゃないか!」 とクレームが来た時代があったのだそうです。
 そのころは、「つて」でも無い限り、小布施の栗を入手することは困難でしたが、
 生産量も増えて、今では、普通に手に入るようになりました。
 それでも、広くは出回らないので、小布施まで買いに行くのですが、
 我が家の年中行事で、毎年の楽しみになりました。

 以前も書いた気がするのですが、
 「小布施堂」のモンブラン「朱雀」は、きっとよし坊様に気に入っていただけると思うので、
 いつかぜひお越しを!
 
 
 
Commented by うつきよう at 2014-10-07 23:58 x
 パンジー様、

 私のポリシーは、
 simple is the best!
 といえば、聞こえが良いのですが、 
 まあ、要するに、手間がかかることは避けたいだけで・・・(^^ゞ

 幸運なことに、義妹が、渋皮煮を上手に作って持ってきてくれるんです。
 すっかりあてにしちゃっています。
 たぶん、今年も・・・作ってくれるだろうな・・・
 
 
 
 
 
 
Commented by うつきよう at 2014-10-08 00:23 x
 shinmama様、

 え~っ! 痛~い!

 栗の皮は硬くて力が入る分、
 傷、深くなかったですか?
 お大事になさってくださいね。
 
 渋皮煮、作られるんですね。
 すごいなあ・・・尊敬です。
 栄養的にも、渋皮って良さそうですものね。
 
 義妹の渋川煮、いつくるかなあ・・・
 

 
 
 
<< 鳥撮れた ススキ一面 ~ビーナスライン・... >>