ススキ一面 ~ビーナスライン・霧ヶ峰~

<9月28日>

 晴天の青空に、母を誘って霧ヶ峰に行ってみました。

 大門峠からビーナスラインに入ります。

 《ススキ、ススキ、ススキ・・・》
d0264892_01704.jpg


 天気が良すぎて、霞がかかっています。

 《南アルプスと実りの里》
d0264892_020886.jpg


 《八ヶ岳》
d0264892_0205856.jpg


 《蓼科山》
d0264892_023092.jpg


 どこをどう切り取っても絵になる景色。

 《遠い山並み》
d0264892_0253418.jpg


 《車山気象レーダー》
d0264892_23113945.jpg

 
 行けども行けども、ススキ野原。

 《風渡る》
d0264892_2313984.jpg


 この日は、あの、御嶽山噴火の翌日でした。

 《御嶽遠望》
d0264892_2315015.jpg


 《たなびく噴煙》
d0264892_23164288.jpg


 ビーナスラインを全線走り、美ヶ原から武石に下りて、戻ってきました。
 3時間半のドライブです。
 紅葉にはまだ少し早く、木々の色づきはもうひとつでした。
 もう半月もしたら、紅葉もきれいでしょう。
 また見に来なくちゃね。
 

 《白樺平》
d0264892_23274883.jpg


 
by spring-ephemeral | 2014-10-04 23:34 | おでかけ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/21174796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by パンジー at 2014-10-05 11:16 x
柔らかそうなススキの穂にすこ~し紅葉しかけた木々…
もうすぐ其処に秋がいるんですね。
あの遠くにかすむ噴煙の下で起こった悲劇を思うと、堪りませんね。
今年、初夏に目にした穏やかな凛とした御嶽山の姿を思い出します。
御冥福を祈りつつ、自然の怖さと美しさを強く感じる日々です。
Commented by Hiro at 2014-10-05 19:36 x
トップの写真の説明は 《ステキ、ステキ、ステキ》 に訂正しましょう。素敵です。

昨日は 地質学専門の元同僚とある会合で一緒になり、この度の悲劇について
専門的な立場での本人の説明を聴きました。

この度の噴火は、マグマ爆発ではなく、水蒸気爆発であろうと。
雨の多い年は火口に水が溜まり、地熱で熱せられて爆発、雲仙の普賢岳と同じだろう
と云っていました。 となれば 予知も出来たのではとの意見でした。
お偉い学者は予知が外れた場合が怖いので、公表を渋っているそうです。

《ステキ、ステキ、ステキ》 ブログから脱線して失礼しました。
Commented by うつきよう at 2014-10-05 23:31 x
 パンジー様、

 もう少し紅葉が進んでいるかと思ったのですが、ちょっと早やかったですね。
 秋は山から下りてくるんですね。
 台風が過ぎたら、下りてくるペースが早まるかもしれません。

 開田高原は、降灰の影響も大したことなく済みそうですが、
 全体で7割のキャンセルがでたそうです。
 とてもお気の毒ですが、怖い気持ちも理解できるだけに、
 早く山が鎮まることを祈るばかりです。
 
 
Commented by うつきよう at 2014-10-06 00:09 x
 Hiro様、

 ミステリーツアーからお戻りですね。
 謎解きに伺います。

 わあ、
 素敵なタイトルをいただいて、ありがとうございます。

 御嶽山は、長野県の県歌にも歌われていて、信仰のみならず、広く県民に親しまれている山で、私も登りました。
 今回噴火した地獄谷は、平常時でも噴気があがり、ゴー、という噴気の音が聞こえ、常に硫黄や硫化水素の臭いがしていました。
 隠れるところのない道で、あそこで噴石に当たらずにいられることは、よほどの運でもない限り不可能です。

 死火山といわれていた御嶽山は、数十年前に有史以来初めて噴火したばかりで、
 蓄積されたデータも少なかったのだと思います。
 火山性微動が減少していた事実もあります。
 なんらかの注意喚起ができたのではないかと、今言うことはたやすいことですが、
 観光地でもありますし、そこは大変難しいものがあると思います。
 噴火も地震も、たとえ予知できたとして、それが起きる日時まで予知することは、到底無理なことと思います。
 ずいぶん山に登りましたが、何事もなく今日過ごしていられる幸運が身に沁みた、この一週間です。
 
 
 

Commented by ニャン at 2014-10-06 05:30 x
ご無沙汰しておりました。
ブログを拝見させていただいてはおりましたが、
コメントを書けずじまいで、ゴメンナサイ。
ほんとうにステキなススキ*\(^o^)/*
長野も徐々に秋本番に向かっていまね。
御嶽山、一日も早く収まってくれることを願うしかありません。
松茸豊作、嬉しいですね。
松茸料理のお店、以前、テレビで紹介されていて
行ってみたいと思ってメモしていました。
とても 美味しそうです。(^ ^)
詳しくご紹介してくださり、ありがとうございます。
ちなみに今、大雪山に居ます。(^ ^)
Commented by よし坊 at 2014-10-06 12:58 x
廃業してから北杜市を始め諏訪地方など家内と行かなく成っちゃったね と話していたばかりです。
行きたい気持ちがウズウズして参りましたが一寸もたついて居ると雪が来ちゃうし。
で、御嶽山の爆発の翌日でしたか。痛ましい事になってしまいましたね。犠牲になられた人達があまりにもお気の毒です。

先ほどは台風の事でご心配頂き有難う御座いました。
Commented by みやび at 2014-10-06 20:31 x
ついこの間まで暑い暑いと言っていましたのに
もうススキの季節。
今にもススキのサワサワとした音が聞こえてきそうです。

車山高原、一度行ったことがあります。
確か、リフトで上がったように記憶しています。
少し車を走らせてこのような景色に出会えるって素敵ですね。
Commented by うつきよう at 2014-10-06 22:57 x
 ニャン様、

 遠いご旅行先から、コメントいただいて、
 ありがとうございます。
 ススキの穂が、まだ開ききっていなかったのですが、 
 穂が開いたら、もっと見栄えするだろうと思います。 
 御嶽山、すっかり様相が変わってしまって、見るも無残・・・
 不明の方が早く見つかると良いのですが・・・
 そうだったんですか!
 テレビで紹介されたとは知りませんでした。
 そういえば、壁に色紙が何枚か見えたのは、その時のものだったかもしれませんね。
 良心的で、満足度高い松茸料理でした。
 おすすめできます(^^)v
 白銀温泉から大雪へ。
 なつかしいコースです。
 お泊りはどちらだったのか、
 北海道旅物語の連載を楽しみにしています。
Commented by うつきよう at 2014-10-06 23:17 x
 よし坊様、

 いつのまにか行かなくなってしまったところって、あるものですね。
 秋の日はつるべ落としなんて言いますが、
 秋そのものも、移り変わりが早いですものね。
 台風が行ってしまえばなおのこと、いちだんと進みそうです。
 涼しくなれば温泉が恋しくなるというもの。
 信州の温泉もお待ちしていますよ。

 当時の御嶽山は紅葉真っ盛り、雨続きのあとの晴天で、
 しかも土曜日のお昼時。
 最悪のタイミングでした。
 痛ましい話が多くて、お気の毒です。 

 なにごともなくて良かったですね。
 上田もなにも起らず幸いでした。
Commented by うつきよう at 2014-10-06 23:28 x
 みやび様、

 ほんの数本のススキも、風情がありますが、
 見渡す限りのススキは圧巻でした。

 はい、リフトあります。
 まだ営業中なら乗ろうと思ったのですが、
 動いていませんでした。
 休日なら動いているのかもしれません。

 近くの高原に、気軽に出かけられる、良い場所に住んでいると思います。
 もっとも、そもそもが山の中ですもの(笑)
<< 栗を今年も買いに小布施へ 松茸だあ! その2 ~松茸会席~ >>