龍飛岬から十三湖へ

<9月13日>

d0264892_0181265.jpg
 龍飛岬から坂をくだって、広い駐車場に車を停め、道を渡ったところに、「津軽海峡冬景色」の歌碑がありました。

d0264892_019103.jpg
          立派な歌碑です。
          やっぱりというか、当然のことながらというか、
          2番の歌詞がどん、と真ん中です。
          赤いボタンを押すと、石川さゆりさんの歌声が流れますが、もちろん2番からです。


d0264892_0392844.jpg
この歌碑から、眼下の龍飛漁港を見ながら、
歩いてすぐのところに、階段国道の入り口があります。

d0264892_025429.jpg
なんの変哲もない階段ですが、
車もバイクも通れない、これが国道339号線、日本唯一の階段国道

ここ、来てみたかったんです。


案内板が光ってしまいました。
 階段国道339号 (1974年)
 全 長  388.2m(362段)
 標 高  170m
と書いてあります。



d0264892_029948.jpgd0264892_0292415.jpg

d0264892_041245.jpgd0264892_0411952.jpg
362段を降りきろうと思っていましたが、見下ろすと長い。
暑くなってきたし、降りたら上って来なければならないことを考えると、めげて、
半分ほどで引き返しました。

d0264892_0463860.jpgd0264892_0465270.jpg
人がいても動じないカラス。


お昼は、岬にほど近い道の駅「みんまや」で。
青函トンネル記念館の中に併設されている道の駅です。
ケーブルカーで、トンネルの坑道を見ることができますが、今回はパス。 食事のみです。
d0264892_053115.jpgd0264892_054218.jpg

d0264892_0573087.jpgd0264892_0574848.jpg
左がツレアイの「海峡海鮮丼」

右は私の「うに塩ラーメン」
うに、サザエ、ホタテ、若芽が入って、美味しかったです。

岬を離れ、十三湖に向かいます。
海(日本海)が右手にあるので、逆回りのほうが、眺めがよかったのですが、
効率の良くない行程になってしまうため、このルートになりました。

d0264892_110339.jpg
海の景色がきれいなのがわかるのですが、
見えなくて残念に思っていると、「眺瞰台」という標識が。




車を停めて、117段の階段をのぼります。





絶景が広がりました。

d0264892_115446.jpg
          上方には雲の晴れた北海道。
          真ん中の白い、小さな点が龍飛岬。
d0264892_1141372.jpg

南に目を転じます。
d0264892_1194169.jpg
          これから下って行く道がうねっています。
d0264892_1211694.jpg

東は、
d0264892_124910.jpg
          遠く見えるのは陸奥湾でしょうか。
d0264892_1243673.jpg


この景色にすっかり満足し、海が見えなくても残念ではなくなりました。


d0264892_1281977.jpg












一気に山を下り、
竜泊ラインと呼ばれる海岸線の国道339号線をひたすら南下して

d0264892_1463952.jpg
十三湖畔にやってきました。

十三湖は、汽水湖で、周囲31.4㎞、青森県内で3番目の大きさだそうです。
私たちがいるのは、その海側の北の端。 湖の中の「中の島」に渡る橋のたもとです。
橋の上から眺めていますが、広い湖の全体を見ることはできません。

d0264892_1535712.jpg

d0264892_1541561.jpg


d0264892_1544596.jpg
せめて中の島に渡ってみようと思ったのですが・・・
写真では明るく見えるのですが、
橋の向こうに黒い雲があり、その中をまっすぐに稲光が立ちました。
雷鳴はまだ遠いのですが、
橋の半ばで引き返しました。

d0264892_159842.jpg
中の島公園を後に鰺ヶ沢に向かいます。

d0264892_1594366.jpg
十三湖大橋を渡るとすぐに
この鳥居をくぐって県道を離れます。
古い、木の鳥居で、なんと書いてあるのか
判読できません。

神社の参道なのかしら?

d0264892_234798.jpg
気を付けていたら、そのお宮がありました。
鳥居に「湊明神宮」とありました。

d0264892_262314.jpg

北海道を思わせる、どこまでもまっすぐな道です。

牧場や、池や
湿原や、畑が
両側に続いていました。

d0264892_28570.jpgd0264892_282078.jpg

鰺ヶ沢が近くなってきました。
岩木山が正面にそびえます。
明日、登るつもりです。
晴れると良いのですが。
d0264892_2103576.jpg

今日は鰺ヶ沢に泊まります。
by spring-ephemeral | 2014-09-18 02:14 | おでかけ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/21123145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニャン at 2014-09-18 21:22 x
日本唯一の階段国道に石川さゆりさんの津軽海峡冬景色の歌碑、大変懐かしく拝見させていただきました。
何と言うか?日本的な情緒が色濃く残るいい所ですよね。
太宰治の小説にも登場しますよね。
袋小路の本土の端っこ。ぜひ、もう一度行って見たいです。
私事できょうしゅくですが、うつきよう様が宿泊された「ジーアース」にて書き込みをさせていただいています。
素敵なお宿でのんびりです。*\(^o^)/*
Commented by うつきよう at 2014-09-19 00:37 x
 ニャン様、

 ニャン様の龍飛岬のブログにたどり着きました。
 階段国道、下から上られたんですね。
 連休でしたが、観光客も少なく、
 のんびり、というか、時間がゆっくり流れているようでした。

 今、ジ・アースにいらっしゃるんですね?
 9泊のご旅行の続きかと、一瞬混乱(笑)
 お天気どうですか?
 晴れていたら屋上の展望台からの星空がきれいでしょうね!
 ゆっくりなさってきてくださいね。
<< 鰺ヶ沢温泉 『水軍の宿 』 龍飛岬へ >>