湯の丸のレンゲツツジ

<7月3日>

 天然記念物、湯の丸のレンゲツツジを見に行ってきました。
 我が家から車で40分ほどです。

 ちょっと遅いかな、とは思ったのですが、
 ツツジの時期に運行される観光リフトは6日までですし、
 予報によれば、お天気がもつのも今日までのようなので、
 母を誘ってお昼過ぎにでかけました。
 リフトの係り員が、母の乗り降りにしっかり手を貸してくださるので安心です。
 
d0264892_0123616.jpg
     最盛期なら、リフトのあたりもオレンジ色のレンゲツツジで染まるのですが、全く見えません。

     やっぱり遅かった・・・

d0264892_018277.jpg
     リフトでゲレンデを一気に上ります。
     写真は帰りに撮りましたので、向かいの山が見えます。
     国による、高地トレーニングの専用施設の候補地に手を挙げているのは、確かこのあたり


リフトを下りて、少し歩くと、ツツジの群落地が現れます。
あたり一帯は牧場で、牛が放牧されていますが、姿は見えませんでした。
牛は草を食べますが、レンゲツツジは毒があるので、食べません。
結果的に、レンゲツツジだけが残りました。


d0264892_03596.jpg
     湯の丸山に雲がかかっています。

d0264892_0422821.jpg
     山頂が見えてきました。
     ツツジは名残りのツツジになりました。

d0264892_0445288.jpg
     「つつじ平」 と呼ばれるあたりに、 花の雰囲気が残っていました。


 標高は1700mほど。
 日ざしはありませんでしたが、 長袖に、薄手のウィンドブレーカーで、寒からず暑からずのちょうど良さ。
 ツツジには遅くて残念でしたが、さわやかな空気を満喫したひとときでした。



d0264892_11349.jpg 
イワカガミ

d0264892_124787.jpg
ショウジョウバカマ

d0264892_143354.jpg
ハクサンフウロ

d0264892_151577.jpg
レンゲツツジ
 


 
by spring-ephemeral | 2014-07-04 01:09 | おでかけ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/20873024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2014-07-04 12:10 x
レンゲツツジ・・・残念でしたね。
話は変わりますが三ツ峠山のミツバツツジの写真が今月のカレンダーです(山岳写真家白旗史郎)。
コメントが刷られていて“多くのカメラマンがミツバツツジの枝を折って地面に刺し花と富士山を入れた構図で写真を撮った。その結果今では三ツ峠山のミツバツツジは一本だけに成ってしまった”と有ります。
なげかわしい話です。
所でこのカレンダーはアルパインの物です。
Commented by ニャン at 2014-07-04 20:59 x
良いですねぇ~この景色。^^
レンゲツツジには遅かったようですが、それも自然のなすがまま?
これはこれで、季節の歩みが感じられ、良いじゃないですか。^^v
ハクサンフウロの花が控えめな美しさ。でも好きです。
早く、長野県の住人になりたいニャンでした。^^
Commented by うつきよう at 2014-07-04 22:25 x
 よし坊様、

 この風景がレンゲツツジのオレンジ色に染まっているとみごとなんですけど、
 今年は午後から雨、という日が多く、出そびれてしまいました。

 あらまあ、ほんとうに嘆かわしいお話ですね。
 昨年でしたか、
 中軽井沢に、浅間山をバックに列車の写真が撮れる、人気スポットがあるのですが、
 枝が邪魔らしく、桜の木が切られてしまう出来事があって、
 「撮り鉄」さんの仕業ではないか、と言われましたが、
 これもまた嘆かわしい話でした。
Commented by うつきよう at 2014-07-04 22:53 x
 ニャン様、

 わあ~、ニャン様!
 コメントありがとうございます。

 訪れる人も少なかったのですが、
 みなさん、「ツツジは遅かったね」とおっしゃりながらも、
 ゆっくり散策していらっしゃいました。
 ツツジは名残りでしたが、緑に癒されたひとときでした。
 ハクサンフウロもちょっと遅くて、
 この一輪だけ見つけました。

 
 
 
Commented by パンジー at 2014-07-04 23:51 x
いづくも同じ…? 嘆かわしいことです。
あるがままにあるように…壊すのは簡単ですが、元に戻すのは大変。
みんなそんなこと百も承知なはずなのに…
可憐な小さな花が何も言わずに黙って風に吹かれてるさまが好き。
我が肝にも銘じて❢
Commented by うつきよう at 2014-07-06 02:12 x
 パンジー様、

 折られた枝、切られた木は元に戻りませんものね。
 「やはり野に置けレンゲ草」 ですよね。
 たった今の自分の満足しか、考えられない人が増えてきた気がします。
 山菜も、来年採ることを考えないので、根こそぎ持っていかれてしまい、
 山の奥へ、奥へ、行かなければ手に入らなくなってしまいました。
 私も嘆かわしい側の一員にならないよう、
 やさしい目で木や花を愛でることを忘れないでいようと思います。
 欲に目が眩んで、ということが無いとは限りませんものね^^;
 
<< 小柄なコガラ 雨の合間に >>