暑い四国へ その8 ~南国土佐を後にして~

<8月17日>
帰る日です。

d0264892_22442689.jpg

朝の高知市内。

毎日良く晴れました。
今日も気温が上がりそうです。

d0264892_22454259.jpg

朝食はバイキング。

車を返す前にガソリンを入れたりするので、9時15分、早目ですがチェックアウトします。
すぐ近くのスタンドで満タンに。
真っすぐ、駅近くのニッポンレンタカーの営業所に向かいます。

d0264892_22532893.jpg

「県庁前」の交差点から、お城が良く見えました。

ニッポンレンタカーの営業所から高知駅までは200メートルほどです。

d0264892_2258199.jpg

歩道橋から高知駅。

d0264892_230555.jpg

おや、あのお三方は?

d0264892_2351150.jpg

はい、その通り!

(左から)
武智半平太、
坂本竜馬、
中岡新太郎、
の各氏。

d0264892_2393411.jpg

(高知駅から)

路面電車の軌道があるときの走り方は習いましたが、
長野には路面電車はありません。
初めて松山へ車で行ったとき、
前の車のあとについて交差点に進入したら、信号が赤に。
軌道上のど真ん中に停まってしまい、青くなりました。

路面電車を見ると思い出します。


高知発10時13分、JR土讃線 上り特急 「南風(なんぷう)10号 」に乗車。

d0264892_23392584.jpgd0264892_23401017.jpg
列車はしばらくは市街地を走りますが、
まもなく、吉野川の支流、穴内川(あなないがわ)に沿って山に入っていきます。
ここで最後の詰めが甘かったと気づきました。
土讃線は、この先吉野川に沿って北上しますが、岡山・高松に向かう上りは左側が川なのです。
進行方向左側の座席を取ってもらえば良かった…
渓谷や四国山地らしい景色を見ながら乗れたのに…
d0264892_2353675.jpg

でも、
大歩危駅を過ぎてしばらく、
鉄橋を渡ると…

d0264892_2353346.jpg

あ、見覚えのある景色。

昨年、祖谷へ行ったとき眺めた大歩危峡

やってる、やってるラフティング。
気持ち良いでしょうね!

d0264892_23565470.jpg

小歩危峡の水は澄んでいるようです。

d0264892_23584291.jpg

平行している国道32号線。
再び川は左へ。

d0264892_035194.jpgd0264892_041866.jpg
やがて列車は吉野川を離れ、平野部へ。

d0264892_061294.jpgd0264892_071082.jpg
お城や讃岐富士が近づくと丸亀。 出発地に戻ってきました。
新幹線以外の列車に長く乗ることはあまりないので、久しぶりに楽しんだ時間でした。

このまま列車は瀬戸大橋線に乗り入れて岡山へ。
岡山から新幹線に乗り継ぎ、
午後6時、暑い四国から、それなりに暑い長野に戻ってきました。

≪おまけ≫
お盆休みも明けた数日後、
郵便局で待っている間、いつものように、なにげなく特殊切手を見ているとき、
「ふみの日」の切手シートの中の一枚に目が留まりました。
d0264892_027099.jpg

基となった図案の題は、ただ『川辺』とありますが、
図案化されているとはいえ、この風景は四万十川で見た岩間沈下橋に違いないと思いました。
思わず1シート、買ってしまいました。
d0264892_0482485.jpg


長い連載になりました。
おつきあいいただき、ありがとうございました。
by spring-ephemeral | 2013-09-01 00:52 | おでかけ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://aprilmoon.exblog.jp/tb/19573909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinmama at 2013-09-01 09:12 x

東京から 長野へ避暑に行こうという人が多い中、
逆に 長野から 極暑の四国へ。
思い出深いご夫婦の夏休みになられたことでしょう。

かく言う私も 湖も凍る激寒の北海道へ行ったことがある身ですが
今でも いい思い出になっています。

下準備をしっかりされ、 情報を整理され、
無駄なく周られ、美味しいものを食べ、素敵なお宿に宿泊。

内容の濃い旅を 房総半島に続いて拝見させていただきました。
切手で締めくくる すばらしい構成にも 憧れます。
Commented by Hiro at 2013-09-01 09:52 x
猛暑のシーズンの四国旅行ご苦労様でした。この間のすべてを熟読させて頂きましたが、
高級旅館ゆえ、敷居が高くて中に入る勇気が無く、門前で失礼(読み逃げ 笑) をしていました。
切手が出て来たので、やっと書き込む勇気がでました。

無礼の程お許しを!
Commented by よし坊 at 2013-09-01 10:22 x
何から何までキチッとやっているのに感心してしまいます。
そして、その情報をどこから探し出してくるのか不思議です。

ローカル列車の旅は良いですね、ノンビリしながら回る国内旅行も捨てがたいです。
Commented by みやび at 2013-09-01 16:45 x
酷暑の四国からお帰りなさい。
かなり走ったと思うのですが
走行距離はどのくらいだったのでしょうか?

以前行ったとき「祖谷のかずら橋」には行かなかったので一度行きたいと思っています。
参考にさせていただきます。
お疲れ様でした。(*´∀`)ノ 
Commented by うつきよう at 2013-09-01 23:13 x
 shinmama様、

 「夏はどこも暑いけど、盆地の暑さより海辺のほうがマシかもね」
 な~んて言ってましたら、とんでもなかったです(笑)
 肉布団一枚多く着ているツレアイはもっと堪えたと思います(笑)

 shinmama様がいらした内子も素通りだったので、残念でした。
 shinmama様が写真に撮られた屋根付きの橋を見たいと思っていたのですが、時間の余裕が無く…
 四国の西側はなかなか遠いですね。

 切手は、7月の発売のときは、目につかなかったのですが…
 長くなったブログをうまくまとめてくれるラッキーアイテムになってくれて、
 いいもの見っけ!でした。
 
 
Commented by うつきよう at 2013-09-01 23:33 x
 Hiro様、

 ごらんいただき、ありがとうございます。
 時間ばかりかかってしまって、
 我ながら途中で端折ろうか、と思ったことも。
 でも、ブログは自分のための記録でもあるからと思い直し、
 ようやく、長旅にピリオドが打てました(笑)
 
 切手はアクセントになりますね。
 ブログで拝見していて、いつか真似して使ってみたいと思っていましたが、
 ようやくチャンス到来となりました。
Commented by うつきよう at 2013-09-01 23:49 x
 よし坊様、

 山登りでは、全て私が計画を立てていました。
 そのせいか、旅行も、時間の計算、距離の計算、地図と電卓片手に自分でしないと気が済まないところがあります。
 ツレアイは行き当たりばったりができない性質で、
 寄り道もあらかじめ決めておかないと立ち寄ってもらえないので、面倒だったら!!

 情報はネット検索より、旅行雑誌からが多いです。 そこいらへんが、まだアナログ人間ですね(笑)
Commented by うつきよう at 2013-09-02 00:25 x
 みやび様、

 今回は丸亀で車を借り、高知で返したので、
 一日目 約128㎞
 二日目 約217㎞
 三日目 約203㎞
 四日目   約2㎞  
 合計  約550㎞ でした。

 「祖谷のかずら橋」へは昨年9月に行ってきました。
 参考になりますかどうか、ご覧になってみてください。
http://Aprilmoon.exblog.jp/16831740/
http://Aprilmoon.exblog.jp/16844672/
http://Aprilmoon.exblog.jp/16862537/
http://Aprilmoon.exblog.jp/16875090/
http://Aprijmoon.exblog.jp/16887399/
http://Aprilmoon.exblog.jp/16905468/
Commented by パンジー at 2013-09-02 08:54 x
素敵な旅日記、堪能いたしました。
いつもながら、素敵度★★★
昨年の祖谷のかづら橋も思い出されます。
今の私なら渡れそう…そんな気持ちが後押ししてくれてます。
分厚くなっていくメモが恨めしい(笑)
Commented by うつきよう at 2013-09-02 22:33 x
 パンジー様、

 そうおっしゃっていただけると
 やる気度↑↑↑です!
 ありがとうございます。

 これからブログにお邪魔して
 秋田の続きを拝見せねばφ(..)メモメモ
 
<< 庭の花と… 暑い四国へ その7 ~はりまや... >>